愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:イベント( 27 )

オープンハウス 高烏谷山ハイキング&山頂コンサート

なんて楽しい3日間だったのだろう。
9月1日 高烏谷山登山と山頂コンサート
数日前からお天気が思わしくなかったのに、誰もひるむことなく、予定どうり前夜から愛知、東京から5人が泊り、2日の朝はみんなで掃除をして、ブランチを用意してから、
朝の勤行
d0024504_00253804.jpg
d0024504_00261260.jpg
祈りと瞑想の時間はとても豊かだ。誰もが夢や希望を胸に抱くけれど、日々の余裕のなさ、周囲の人への気遣いで、自分の夢や願いに対して投げやりになったり、諦めることも多々あるだろう。祈りの時間では、自分の願いの中に普遍性を見出すことができて、諦めないこと、丁寧に取り組む精神性が起動するように思う。
d0024504_00265753.jpg
いつもの縁側に家族のような顔ぶれが並んだ。うれしい時間の始まり。
d0024504_00270703.jpg
高烏谷山のふもとに暮らすわたしが山頂まで登るのは1年に1回くらいかな?いつものように、ふもとの神社で祈り、うたと踊りを奉納し、そこから1時間、急な傾斜を歩き続けた。神社までは車で行ったのだけれど、森に入ると車のすぐ前を鳥が道案内に飛んでは道に降り、飛んでは道に降り、駐車場まで。今日は山の神さまのお使いが来てくれた。
d0024504_00272780.jpg
もくもくと歩く時間は自分との対話。登頂した時は解放感に満たされる。裏道を志織ちゃんが車で楽器や機材、お弁当を運んでくれて頂上で合流。素晴らしく美味しいランチだった。のぶさんが火をおこして、あったかいスープとドリンクを用意してくれた。
d0024504_00274675.jpg
頂上には山小屋があり、わたしと志織ちゃんはステージ衣装に着替えたよ。愛海ちゃんも、わたしの赤い衣装に着替えた。
さあコンサートの始まり。
d0024504_00283338.jpg
空を見上げたり、伊那谷を見下ろしたりしながら歌う。みんなも 思い思いの方向をみている。
d0024504_00292224.jpg
d0024504_00280127.jpg
この日は龍神様、いつもなんどでも、新曲などたくさんうたい、さらに広場へ移動して、みんなで踊った。
d0024504_00301542.jpg
山頂に祠があり、広場があり、コンサートするには最高の場所。天気が不安定だったから、完全貸し切り状態。
そしてお天気は、ランチ、コンサート、片付けまで雨は降らず、待っててくれて下りの道で少しパラついたくらいだったの。ありがたい限り。広場で踊る時は常さんが太鼓をたたいてくれた。
d0024504_00304937.jpg
d0024504_00281222.jpg
d0024504_00302934.jpg

そしてシェアタイム
d0024504_00295781.jpg
すっかり時間を忘れてめいっぱいいたかも?山を下ったころ、薄暗くなる直前だった。そんなことを見越していて、遠方からのみんなは、その夜も泊まってくれて、温泉に一緒に行きました。まるで家族のような幸せな時間。

オープンハウスは、大地に根差した暮らしをみんなと分かち合う家族の時間。どんな暮らし、どんな生き方が自分の心を穏やか、豊かにするのか?当たり前でシンプルなことを体験してつながる時間。言葉だけではなく 体験と実感を共有し奇跡が起こる時間

どんな奇跡が起きたかって?それは、ひとりひとり違うよ。癒しと気づき、変容の時間なの。今度 また聞いてね。

主催の志織ちゃん、来てくれたみんなありがとう

次回は12月1日(土)です。薪割スペシャル。前夜からきて、当日も泊まるのがお勧めです。2日 薪割りできます。
d0024504_01001861.jpg

12月1日(土)スケジュール

午前9時~10時 祈りと瞑想

10時~11時 薪割り体験time

11時~午後12時半 ランチタイム

午後1時~4時 吉本有里コンサート&シェアtime

午後4時~ 薪割time

翌日も薪割りたい方 ゆっくり楽しみましょう




by ainohanaMusic | 2018-09-04 01:11 | イベント | Comments(0)

遊里庵 オープンデイの始まりはじまり

遊里庵に暮らし始めて1年生の志織ちゃんが
「こんな夢みたいな暮らし、自分だけで体験するのはもったいない、みんなにも体験してもらいたい。」と企画&主催して、
オープンデイがスタートした。

主催を初めて経験した志織ちゃん、声かけしたのが、5月は、4名さまだったとのことで、来場者は少なく、びっくりしたけれど、

それは、それは いい時間に満たされました。次回はもっと来てくださいますように。

とてもとても 満たされる光あふれる時間です。ホームグラウンドって、こんなに見えない力が働くんだなぁ~と今回、驚きました。

たのしかった。

わたしが日々受け取っているインスピレーションを 来てくれたみんなが体験した 驚くほど 光あふれる時間だった。

365日、続けていることを みんなに伝授するって ほんとうに自然なことで、伝わってゆくし、神社の森の木々たちは大喜びしてた 笑
d0024504_19565233.jpg
お庭でブランチ
d0024504_19563088.jpg
友人とゆっくりしゃべり、食事できる満たされた時間
d0024504_19573223.jpg
来て下さったみなさんに、モミジ髪飾りをしました
d0024504_19571322.jpg
そして、こごみ(シダ)の葉っぱも配って うたって踊って。
d0024504_19575713.jpg
二日目の「うた声ワーク」は、まず 好きな音を出し、音から声を引き出してもらい(一音一音 世界が変ってゆく)、次は、庭の木々に歌を1本選んで、その木の枝に声を響かせるところから始めました。声を張り上げるのではなく、木々に声を届けてゆくと、おなかから安定した太い声が出てきます。普段から背中が緊張している人が多いので、背中に手を当てて緩めてゆきました。

わたしは、標高千メートルのカリフォルニアの森の中で(家の中だと子どもたちが 来てしまうので)一日30分 うたっていたのですが、
そのとき、森からインスピレーションを得て 小動物を脅かさないで みんなが平和で日常を続けられる「声」を授かりました。歌っているすぐ足元で、リスがドングリを食べ、木の上ではキツツキが ドングリを埋めるお仕事に余念がなく、鹿たちもゆっくりと歩いてゆきました。

それは、みんなが受け取れる「自分の響き=平和」なのです。

神社の森に散歩して
d0024504_20194407.jpg
大好きな樹に背中を預けてみんなで声を出しました。やっぱり安らかな声が出てゆくなぁ。みんなで響かせると気持ちいいなぁ。
そして、樹に顔を寄せて 声を出しました。こちらの方が 太いあたたかい声がでました。それは、木がうたを受け取っているからかな?うたを受け取っているのは、一本の木だけではない。同じ種の木が世界中で受け取ってくれているのを感じるの。不思議でしょ。

木には木の広大なネットワークがあるから、響かせてゆくと、それは 世界中の同じ種の木々に響いて自分に帰って来る。

最後に、30分、それぞれが 自分の場所を見つけて、森に散らばり、そこで自然を愛でて、「音」がやってくるのを待ちました。
3人が3様の音を受け取りました。音を受け取った時、感じていたこと、見ていたことを言葉にして、音とあわせました。

3人3様の素晴らしく魅力的な「うた」が生まれました。

このうたは、作ったのではなく自然界と触れ合い、授かった その人固有の音であり、言葉なのです。
響かせると、自分に帰ることができるパワーの宿った大切なうたなのです。
d0024504_20343184.jpg
そして、夜はコンサート&シェアタイム

こちらも とてもとても いい時間でした。


*******

次回は 6月2日(土)です。

午前11時~12時半 気持ちのいいお庭でブランチタイムです~~ミニミニ暮らしの講座~~~参加費1200円 
                                    ランチ、スイーツ、飲み物付き
午後1時~4時 お散歩して、森と響きあってから コンサート&シェアタイム、聴こえ方感じ方が変化して驚くと思います。
             2500円(駒ケ根市民価格 2000円)

         ※コンサートは、うたごえワークの希望があれば そちらに振り返る場合があります。3500円 
          うたごえワークに振り返る場合、早めにみなさんに告知したいので、早めに希望をお伝えくださいね。
午後4時~  志織と有里とそれぞれに クラフトワークショップがあります。

     物つくりも素晴らしい時間です。よかったらゆっくり過ごしてくださいね。

お泊りも可能なので、ご相談ください。お泊りの方は翌朝、瞑想、お経、念仏 ご一緒しましょう。
d0024504_00382124.jpg


        
       






by ainohanaMusic | 2018-05-24 20:55 | イベント | Comments(0)

春になって 遊里庵(ゆうりあん)オープンハウス  夏にはリトリート

日々の暮らしすべてがアート。
お料理、お掃除、畑、ブログを書くことも、虹のうたクラブの会報つくりも。

地道な日々の暮らしにインスピレーションが降りてきて、同じことの繰り返しのようでスパイラルに軽く調和に向かって上昇してゆく。
そのように暮らしていると、一人一人がアートのような存在になってゆくよね。

ステージに立つこと、音楽することの背景に、日々の暮らしがあって、
そこから分かち合えたらいいよね~って思っているし話しているの。

それでね、遊里庵(ゆうりあん)を解放して、料理すること、食べること、畑を耕すこと、音楽を聴くこと、祈ること、制作すること、シェアすること・・いろいろを、来てくださる皆さんと分かち合う日オープンデイ を作りました。チラシの中に、スケジュールなど細かく書いてあるので、読んでみてくださいね。なるべく長く滞在することをお勧めします。だんだん、リラックスしてきて、心身が満たされてつながりが深くなってゆく。

そんなスペシャルな時間にしましょう。
d0024504_18412940.png
★春になって、暖かい日は 庭や畑や、散策にも案内できるし、ゆっくり時間をとっていらしてくださいね★

遊里庵(ゆうりあん)は、長野は駒ケ根市にあります。高速バスで東京や名古屋、関西から来れるのでアクセスはお問合せ下さいね。
お泊りも可能です。(詳細はお問合せ下さい)
d0024504_18375795.jpg
4月7日(土)第一回目 オープンデイ  志織ちゃんdayです

5月18日(金)~5月20日(日)種まきオープンハウス(チラシにスケジュール書いてあります。見てくださいね)前夜祭から3日間すべてのプログラムに参加できたら、いろんな体験がバランスよく、心身に沁み込んで行くように考えてあります。
もちろん、来れるところだけの参加でも可能です。
  
6月2日(土) 第二回目オープンデイ 有里もいます。チラシの基本スケジュール 見てくださいね♥



暮らしから生まれるアートが、遊里庵のコンセプトですが、それはつまり「生きた人」であること
オープンデイは基本スケジュールは朝11時から
予約オープンなので、3日前までに予約してくださいね。

お待ちしています♥


また、ほんとうの自分(ひとつ)に帰るリトリートを夏に開催します。

今年で14年目の開催になります。こちらは、3泊4日を同じメンバーで深く探索し解放してゆきます。
山や川で思い切り遊び、大自然の浄化力と、そこにいる人が ジャッジを手放して、ほんとうの自分に帰ることを選択してゆくとき、
奇跡のように空間の波動が微細に調和的になって愛が胸の奥まで浸透して、必要がなくなった古いプログラムを自ら手放すことができ、流れがいい方向に転換してゆきます。森の散策、朝の祈り、子どもたちの伸びやかな姿、音楽、食べ物、空気、様々なものが有機的に働き、人生の質を転換する機会となります。

ものすごくお勧めです。言葉では説明しがたいのですが、深くて満ちてゆく大切な出来事がたくさん起こります。浄化や気づきに導かれて、人生が調整されます。
費用は高くないですよ。それだけのことが起こる時空間です。

地球そのものが変容してゆく時期に入っているので、今、とてもタイミングがいいです。
(分割もオッケーです。ご相談ください)

申し込まれたその時から リトリートが始まるようです。
今年は、どんなメンバーで リトリートを迎えられるか、楽しみにしています。

日程は 3泊4日 1回目 7月27日(金)~30日(月)
        2回目 8月3日(金)~6日(月)

    6泊7日  8月17日(金)~23日(木)
d0024504_18554555.jpg




by ainohanaMusic | 2018-03-23 19:09 | イベント | Comments(0)

遊里庵オープンデイ

昨年4月から遊里庵にくらしている27歳の志織ちゃんが中心になって、今年は
遊里庵オープンデイを開催することになりました。


遊里庵(ゆうりあん)ライフを体験してもらいたいな~というのが志織ちゃんの想いです。
森に癒され、インスピレーションが豊かになる暮らしで、音楽は暮らしから生まれてくるのです。

お料理も、畑の野菜を収穫するところから、イマジネーションが湧いてきます。そんな暮らしを分かち合いましょう。

まだ、誰も知らないくらい(笑)お知らせもしていないので、最初は少人数だと思います。
遊びに来てくださいね。


開催日は


4月7日(土)
6月2日(土)
7月7日(土)
9月1日(土)★ 高烏谷山ハイキングスペシャル
12月1日(土)

【基本スケジュール】

11じ~12時半 まあるい食卓      有里としおりのアイデア料理+スイーツ、飲み物
(ブランチアイデア交換会)
              +みんなのひと工夫

13時~16時 お散歩とコンサート&シェアタイム


16時~17時 しおりのチクチクワークショップ

16時~有里のヘンプ&ストーンお守りブレス、ネックレス ほんとの自分に帰るワーク


★予約オープンです。予約のない日は開催しません。3日前までにお問合せご予約くださいね

*******

5月は種まきオープンハウス、3日間のオープンハウスをやります。
遠方の方もいらしてくださいね。

■5月18日(金)

前夜祭 夜6時半~  コンサート&シェア

夜の宴


■5月19日(土)

10時~12時 畑タイム
12時~13時半 まあるい食卓
14時~17時 種まきコンサート&シェア



■5月20日(日)
8時~勤行

9時 お掃除タイム

10時~12時 畑タイム

12時~13時半 まあるい食卓

13時半~16時半 歌声ワークショップ

17時~18時 ミニコンサートとシェア
d0024504_22331062.png

by ainohanaMusic | 2018-01-29 00:07 | イベント | Comments(0)

八星一周忌のご案内

昨年の10月6日に、光に帰った八星。

八星が生きていたときは気楽だったなあ~と思う。
生まれて20年間、いつも当たり前に側にいた八星。お互いが大好きだったから その空間はあたたかく優しさに満ちていた。

繊細で、わたしよりもはるかに霊媒体質で、外の世界に出ると体中が重くなって寝込んでしまっていたので、
学校には行かなくなり、バイトも そう長続きせず、

でも わたしは全く心配していなかった。

大地と一緒に暮らし、暮らしの知恵を身に着け、音楽を紡いでゆけばいいと。

のんきに構えて、遊里庵の暮らしの仕事、音楽の仕事を分かち合うようにしていたが、わたしの全く予想していなかった出来事が急展開で起きた。

いったい何が起きたのか?この一年、真実を知ることと対峙した。奇跡のような出会いが重なって、何が起きたのかを知ることができた。

****

八星が わたしに教えてくれたことは、ほんとうのことを愛をもって伝え続けることの大切さ。

そして、いのちの終わりが終わりではなく、ここは、ひとつの区切りに過ぎないこと。

10月6日、八星の一周忌には、法要、コンサート、その後 みんなでゆるりと過ごすときを持ちたいと思います。
よかったら 気軽においでくださいね。
d0024504_13261895.jpg
いま 畑は コスモスが満開


朝、縁側で瞑想すると、可愛い猫たちが集ってくる
d0024504_13291236.jpg
可愛すぎて 動けない~笑
d0024504_13303160.jpg
そして、美味しいブランチを(野菜はみな 畑からとりたて)志織ちゃん、アマチと一緒に食べています。
遠くから一周忌においでくださる方は 前泊、当日泊 大丈夫ですよ~
d0024504_13222741.jpg
一周忌のお坊さんは わたしが勤めます。4年前、本應寺の出家道場で学び、お上人から 差定もいただきました。

息子のためにお経を読むとなると、その意味を改めて噛みしめているところです
d0024504_13175872.jpg
八星は、水の中で生まれ(水中出産)静かな山の中で育ち、小学校1年生 6歳から日本にやってきました。

今は、天の源の叡智と合体して、共に音楽を奏でている・・と励ましのメッセージをくれています。
d0024504_13164942.jpg
自然の中にいる時が 一番 いい顔していたな。
一緒に自然の中で暮らしてゆきたかったな。

でも、八星が伝えてくれたことを大切に、「いま」ここにある愛を選択して、天地をつないで一緒に響かせてゆく。

この写真は2014年、上高地で。


*********

八星一周忌の祈りとコンサート

一緒に過ごしたい☆会いたい☆八星とは会ったことはないけれど その「時」をわかちあいたい・・etc
自然な気持ちが寄り集まって、新しい明日を八星とクリエイトしましょう。

お待ちしています


場所
 遊里庵 駒ケ根市東伊那  アクセスは申込時にお知らせします 高速バスが便利です
時間 14時~15時 法要 15時半~17時半 コンサート
料金 コンサート お泊り それぞれに お気持ちで お願いいたします
申し込み(事前にお知らせください)090-4535-4776 
ainohana@air.ocn.ne.jp(有里)




by ainohanaMusic | 2017-10-02 14:04 | イベント | Comments(0)

12月24日 念仏会&クリスマス in 遊里庵 長野

観音道場遊里庵 念仏会&クリスマス会


東京は杉並区の本應寺から念仏行脚が なんと!クリスマスに!!遊里庵にいらっしゃいます。

10月6日には、次男の八星(21才)が 光に旅立ち11月16日には「送る会」にお集まりいただきましたが、さらなる祈りとうたで供養し天地をつなげたら幸いです。

それぞれのご家庭で計画もおありかと思いが、よかったら 光をつなぎにいらしてください。

準備から一緒に暮らして手伝って遊ぶ友達は 22日から来てね~♪
わたし自身が 沖縄から帰るのが 12月21日なのです!!

詳細は いまのところ まだ微調整中ですが、
日程が近いので 心つもりもあるかと思い・・・お知らせしておきます~

日時 2016年 12月24日

場所 駒ケ根市東伊那4385
時間  13時 開場 13時半から本應寺のみなさんによる念仏会

d0024504_21211402.jpg
                (これは、2014年2月 本應寺の出家道場の最終日の写真)
       15時~17時 クリスマスコンサート
                うた おはなし 吉本有里 踊り 愛海ちゃん
d0024504_21345995.jpg
   (この写真は、今年9月、愛海ちゃんが コンサートに参加した始まりのミニツアー 写真サイズがなぜか画面上小さくならず上の写真とそろわないのだけど・・・)
     一品 持ち寄りクリスマス食事会にしましょう。
    夜までいる方は クリスマスシェア会をやりましょう。
お泊りできます。(サンタさん来るかしら?)

料金 コンサート 前日までの予約 2000円(当日2500円)
申込 ainohana★air.ocn.ne.jp(★を@に)有里
   090-4535-4776(有里)
    0265-81-7819(前日と当日連絡場所 遊里庵)


★つぎの集まりは 1月13日(金)

八星の100日の供養の祈り・・来れる方は お花かお供物も持ってきてくださると 華やかになって、八星も喜ぶかな?ほんとにありがたいです。
前夜が 満月、まだ どんな流れにするか 決めてないけれど、来てくれる人で 数日一緒に暮らし 心を込めて光をつなぎましょう。


by ainohanaMusic | 2016-11-29 21:26 | イベント | Comments(0)

天然サウナつくり④新しいやり方へ

24日、天然サウナつくりの二日目。
もう、サウナもトイレも作れたから あとは、薪が手薄だから 、薪集めだね~と、スタッフのまるちゃんファミリーとのんびり、遊里庵を出発。スタッフだけだから、ランチも今日はお結びと 漬物くらいでいいか・・なんてピクニック気分。

ところが、河原に着いて、驚いた。わぁ~車が4台?
川原に降りたら、サウナの横に 日陰テントが設営されていて、さらに車が2台。二家族がくつろぎ中。

「うーん・・どうしたものか?」

一応、サウナの横で 楽しんでいる二家族に「今から 天然サウナを用意しますけど、2時間後 いたらやってみますか?」と声をかける。
その方たちは、とってもフレンドリーで サウナに興味をもって「へえ~~やってみたいな~~。」という反応だったけれど・・

さて、リトリートの時、こういう状況だと、自分たちに集中しにくいね・・ということになって 
中州の向こうに引っ越そうか?と 歩きながら 感じてみる。

広大な川原だから、みんなの遊んでいる場所から 川を挟んでしまえば お互い何をしていようと気にならないだろうけれど・・・。

こんなに人が来るのなら、1週間、サウナが誰にも撤去されずに 存在してることが保証できないな~
今までの場所だと、ボール紙で 使う日にちと よろしくお願いしますの挨拶のカードをぶら下げておいて8回は問題はなかった。一回、台風で流されて、1回は強風で倒れていたけれど。

それでね、こどもたちと栗さんは 川原で遊んでもらって、わたしとまるちゃんと、改めてもう一か所を見に行ったの。

そちらは、一家族しかいなくて静かだった~♪車で川原まで行けないところと、一番上流だからかな?

でも、そこの問題点は、道から 見えること。サウナを立てたら、道から見えてしまうので 撤去されてしまう可能性がある。

最後に閃いたのは、サウナを建てないで道脇の草むらにしまっておくこと。トイレもしかり。薪も同じように。

当日 みんなで建てるの。

夕暮れまで 働いて この日はサウナはやらず、温泉へ。

温泉で水とお風呂を行ったり来たり。サウナと川の代用(笑)

うまくいくかどうかは、わからないけれど、いつもベストのことが起きてる。心を柔軟にして、新しいやり方で 道を切り開いてゆこう。
d0024504_14284526.jpg
まるちゃん、くりさん こどもたち、パオ 一緒の日々をありがとう♥

そして夏のリトリートに来てくれるみなさん、待ってるね。

今年は、サウナを建てるところから 一緒にやろうね、ワイルドライフ体験ワークも盛り込まれました♥


by ainohanaMusic | 2016-07-26 14:31 | イベント | Comments(0)

天然サウナつくり③

23日、昼には いつもの場所が変貌を遂げていて、路頭に迷い、新しい地ではクレーマーに出会い、
そのあとは、すばらしい展開で、サウナ設営と簡易トイレ設営がスムーズに進み、バーベキュー、水遊び、マシュマロやいたり、スイカ割りしたりで
日が沈むころまで ワイルドライフを満喫。これって、夏のリトリートの準備デイでもあり、つつがなく準備完了(と思ってたけど、翌日には また 放浪の旅が待ってた~~)
d0024504_12411457.jpg
サウナができるくらい、石をアツアツに焼くために、まずは大きな火をおこします。SちゃんやNさんが 交代で火にかかってくれて わたしは、火おこしから、サウナ設営に。それをしっかり星さんがサポート。今年はね、竹の間隔、円の半径が均一になるように竹をメジャーにして図りながら作ったの。トイレも四方を囲まず、三角にして簡易トイレにしたの。10年目でちょっと進化した?(笑)
d0024504_12405008.jpg
そして、今年のサウナはサイズ的に余裕があって、座りやすいけれど、天井に蒸気が抜けてしまうので わたし的には物足りず、2回目に入る前に、中天井を作りました。2回目のサウナは、スタッフに回って、まだサウナに入っていないまるちゃん夫婦に入ってほしかったけれど、ほかのみんなも一人残らず入りたかったので、わたしは入らず、子ども係に回りました。すると、なんだか、中の様子(気配)がいつもと違う・・・・
後で、聞いたら、水をかけるタイミングや、どの石にかけるかとかをめぐって、みんなが 気持ち的に争う感じもあったらしい。いつもは、ものすごい汗はでるけど、あの異空間に、それなりに みんな安心★調和して座っているのになぁ~
ああ~やっぱり、全体をお世話するオーガナイザーの存在は大事なんだなぁ~でも、慣れてきたら ナビゲーターが交代するのも また、体験だから、いいよね。
d0024504_10183601.jpg
ゆうぐれにちかづいて、空の光が なんとも神々しく光っていました。いつも 空がそのような光を感じさせてくれてるとき、いいことが起きてるって、、メッセージなんだよ。万事うまくいっている。
d0024504_10184995.jpg
だんだん、元気になってゆく みんな。
野外で ゆっくり過ごしているうちに 自律神経が整うのかな、次第に自分の役どころもつかんでくれて、とってもいい顔になるよね。
d0024504_10191458.jpg
最後のスイカ割りは子どもたちでもなく、誕生日のまるちゃんでもなく、のぶさんの武士のような立ち回りで
真っ二つに!!「ああ~割れちゃった~~!!」笑えるね~
そのあとは、温泉タイム~楽しかった~
一緒に過ごせたみなさん、来てくださって、ほんとに ありがとう!

by ainohanaMusic | 2016-07-26 14:03 | イベント | Comments(0)

ワイルドライフ体験 天然サウナつくり②思いがけないクレーマー

星さんとふたりで、あと2か所、上流の河川敷を見る。

2か所とも、道からすぐなので、人が来やすい立地条件なのが 気になったが、どちらも奥へ行けば静かな川がどこまでも、広がっていて、気持ちよかった。最後まで迷って、川原に車を横つけできて、火をたいた跡が何か所もある、キャンプしやすい場所へ引っ越した。犬たちも、子どもたちも伸びやかに遊び、とても気持ちのいい場所だった。
d0024504_10181734.jpg
・・しかし・・火をつけ始めたころ、遠くに、先にテントを張っていた男性が、クレームを・・
「犬の鳴き声はコントロールできないものだよね。犬の鳴き声がうるさいんだよ!(連れてくるのが間違っている)」と。

とっても ひろーい場所なの。すごーい山奥なの。自然が広がっていて、人はその一部。
わたしたち、その方と、ずっ~と離れた場所に いたのだけれど・・・。犬の鳴き声より、川の流れの音や鳥の声が聞こえてるような気がするんだけど・・。そして、犬の吠える理由は、二匹が一緒にいたかったけれど、まだ いろいろ準備中で つないでいたので、「一緒にいたいよ」と鳴いていただけだったんだけれど。

ひとしきり、その方の苦情を聴きましたが、まるで、隣り合っている都会のアパートで、犬や子どもの声がうるさいと苦情を言ってくる人の感覚でした。

対応していたKさんが「なるべく鳴かさないように工夫するけれど、もし、それでもうるさいようなら、こちらも考えます。」と、自分たちが移動する可能性も仄めかしていたので、また移動してたらサウナができない!!思わず、わたしなりの対応を  始めたのです。
d0024504_12410037.jpg
「千葉から来られたんですね。(車のナンバープレートから)わたしは、長野、地元のものです。このへんの河川は、犬を連れてキャンプされる方が多いんですよ。もし、犬の鳴き声が気になるのでしたら、週末は 人が多いので、その都度、その都度、交渉 大変ですね。わたしたちは、埼玉、静岡、愛知と 遠くから、今日のために集まっているので、貴重な機会なので、今日は 泊まらないですけど、楽しみたいんです。この場所は、犬連れで 来る人が多いんですよ。なるべく 鳴かさないようにしますが、わたしたちだけではなく、ほかにも 犬を連れた人は 来られると思いますよ。」
d0024504_12404278.jpg
「犬を放すなんて、法律違反じゃないの?長野は 取り締まらないのか?」
「こんな山奥まで、取り締まりに来ないですよ。(山奥で広々として、人がほとんどいないから、それぞれに、犬を放して遊ばせている)」

その方は、その場所に一番乗りだったから、自分の占有地的な感覚なのか、「僕が先に来てたんだから」とおっしゃっていたけれど、
話してるうちに、勢いが衰えてゆきました。自分の物差しが「絶対」と思っていた勢いが急に衰えて行った感じ。そのあと、
無邪気な家族が、広ーい 川の岸辺の中で、よりによって、その方のテントの 真横に 車を止めて、楽しく川遊びを始めていましたが、苦情は言ってなかったな・・・
d0024504_10172279.jpg
 あとで、焼きそばとチキン、スイカを その方のテントまで(近くないですよ~~)、差し入れすると、
「いたたくけど、これ もらったからって、犬の鳴き声オッケーではないから。」ときつい顔でおっしゃって、
でも、わたしが 帰ろうとするのを、引き留めていろいろ この場所の情報を得ようとされていました。

毎年、この川へ来るんですよ・・と、お話しすると、ぎょっとしたような 顔をして「毎年??」と聞き返すし、
この場所は、好きな人は 毎年遊びに来ますよ。と答えると、さらに、「ええっ??」と驚愕していました。

自分が見つけた 秘密の場所・ほかの人は来ない・・という感覚でいたのでしょうか?
Sちゃんが あとで 教えてくれたこと、その方の車の車検が4月で 切れていた とのこと。(目ざとい!)事情もストレスも抱えて 放浪中だったのでしょうか?それでも、自然の中で過ごせてよかったですね。

まるちゃんと 話したこと
「テーマは 文明だね。」

たしかに。

山の開発によって 自然が失われてゆくこと
都会で 人がすり減って 昔の長屋みたいにお互い(他種のいのちの尊厳も)を許容できない感覚になっている人がいること。

彼との出会いは 癒されてゆくわたしたちが ありのままであること 楽しむこと。
と同時に、いろんな人の存在を同時に 感じる機会でもありました。



by ainohanaMusic | 2016-07-26 12:30 | イベント | Comments(0)

ワイルドライフ体験 天然サウナつくり①

23日、朝起きて、勤行したいね・・とまるちゃんと話し、
みんなで仏壇の前に座り、お経を読み、念仏、瞑想の時間をとった。最後は 輪になって手をつなぎ、シェアをして一日の始まり。

中心を整えると、場が変わる。
一人一人が、見えない世界ともつながり、導かれる。
短い瞑想の時間・・・深い静けさ・・響きあっていた・・
手作りサウナは、焼けた石を扱うから、危険と隣り合わせなんだけど、一人一人が 自分の中心とつながっていたら安心安全だなぁ。

朝9時半、地元の森林組合に勤める星さんが来てくれて、百人力。
昨年は、川へ降りるダートロードに、太い木が倒れていて、星さんがチェンソーで切ってくれて道をあけることができた。そのあと、大きな石もみんなでどけたしね。
d0024504_10193593.jpg
              (サウナを設営してるところ)

なんだかんだで、ちょっと遅めのスタート。いつもの山を車4台連ねて登ってゆくと・・
いつもの、がたがた道に、じゃりが敷き詰められて、いい道になっていた。10年近く通ってきて、初めてスイスイ運転して河原へ。

えっ?なんのために、道が良くなってるの?なんと、道の両脇にたくさんの木々が伐採されていただけではなく、川も中州は、跡形もなく、水も濁っていて、開発による痛手が、今までを知ってるだけに痛々しかった。

今まで、この場所から、どれだけの恵みをいただいただろうか? さて、さて、どうしよう?この場所ではないことは感じられて。わたしたちは 野生動物のように、次なる場所を探す。 ・・・でも どこへ?

天然サウナは今まで3回 場所を移してきた。

2004年~2006年 高遠町 山室の 前の自宅の真ん前の川 →  家が火事になり、すまいを移す
2007年 夏 まだ、自宅で リトリート開催は無理→  松川町の廃村になった一軒家を借りて、その横を流れる川で
2008年 以降~ 与田切川の上流 遊里庵から 車で3~40分のこの場所に落ち着く。

2008年、夏、今の遊里庵は、近くに川がないので、人気のない、うつくしい川を探して 祈るようにあてもなく、一人で車を走らせたことを思い出した。そのとき、たまたま通りがかった与田切川の下流が美しいことに気がつき、近くのカフェ、風の谷絵本館のご主人に 「上流に火を燃やせるような場所はないか?尋ねて連れてきてもらったのがこの場所。

あ!そのとき、ここより、上流を2か所見た!!記憶がよみがえった!!

「星さん!あと、数か所、こういう場所があったはず。場所探しに来てもらえますか?」
子どもたち、犬たちと 歩いて降りてきた まるちゃん、のぶさん 一行に、川で遊んでいてもらえるように伝えて、星さんの軽トラで、急きょ 場所探しへ。
d0024504_10173383.jpg
その後、場所が見つかり、素敵な一日となったのは 奇跡だよね~まるちゃんバーベキュー中~石焼きバナナが おいしかった


~~続く~~


by ainohanaMusic | 2016-07-26 11:10 | イベント | Comments(0)