愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:心の旅日記( 984 )

6月&7月、8月のご案内 【コンサート、オープンハウス、リトリート】

6月末に、上京して
 6月29日(金)調布はクッキングハウスでのコンサート
 7月1日(日)杉並区 本應寺のコンサート

2回のコンサート後は、長野は遊里庵で、オープンハウスと3泊4日のほんとうの自分に帰るリトリートが2回とスペシャルサウナデイがあります。

長野の夏は、とても気持ちよく過ごしやすく、畑が豊かでオーガニックの新鮮野菜を食べてもらえて、森や川で心ゆくまで特別な時間をクリエイトできるのがとても楽しみ。

大人も子どもも ほんとうの自分と出会いにいらしてくださいね。

【6月&7月、8月のご案内】

■6月29日(金)東京 調布 クッキングハウス

吉本有里コンサート

会場 クッキングスター 調布市布田1-10-5 稲家屋ビル2階 電話 042‐498‐5177
時間 午後1時30分~4時
参加費 ティータイム付き 1500円
申し込み先 クッキングスター 電話&ファックス 042‐498‐5177(要予約)
  ※レストランでランチ希望の方も、事前にご予約下さい
   (家庭料理ランチ1000円 営業11時半~)


■7月1日(日)東京杉並区

吉本有里 新緑 観音コンサート
会場 東京都杉並区永福1-7-2 下高井戸北口より徒歩6分
時間 開場 12時半 開演 13時 
プログラム 13時~13時20分 プチお寺体験 (お念仏・法話)
      13時20分~15時30分 吉本有里コンサート
      16時~17時 シェア会
参加費 予約 2500円 当日3000円(ドリンク・お菓子付き)
 希望者は本應寺の夕のお勤め(17時半~19時)に参加できます。
ご予約&おもうしこみ
 090‐1167‐7586(梶原)sun-kajiwara@mail.goo.ne.jp
d0024504_20344132.jpg

■7月7日 長野県駒ケ根市

遊里庵オープンデイ  好きな時に来て好きな時に帰るオープンハウス

会場 長野県駒ケ根市東伊那4385 観音道場遊里庵
プログラム 11時~12時半 まあるい食卓 ミニ講座 
         🔶有里と志織のアイデア料理+スイーツ、飲み物+みんなのひと工夫で完成🔶
      13時~16時 お散歩とコンサートとシェアタイム
      16時以降 クラフトワークショップがあります 
参加費 まあるい食卓 1200円(要予約)
    コンサート 2500円(要予約)※駒ケ根市民価格2000円
    ほんとの自分に帰る有里のヘンプ&ストーン(要予約)
             ネックレス8000円 ブレス 5000円

お申込み&お問合せ 0265-81-7819 遊里庵 k9010904@gmail.com(志織)
d0024504_20345294.jpg

■7月27日(金)~30日(月)長野県駒ケ根

ひとつに帰るリトリート

会場 長野県駒ケ根市東伊那4385 観音道場遊里庵
時間 14時現地集合・現地解散
お申込み&お問合せ nijinouta-club★ezweb.ne.jp(有里)★を@に変えてください
    090-4535-4776

人生の調整と充電、気づきの為の特別なリトリートです。生まれ変わりの大切なチャンスを掴みにおいでください
d0024504_20345859.png
■ 8月3日(金)~6日(月)長野県駒ケ根市

ひとつに帰るリトリート


会場 長野県駒ケ根市東伊那4385 観音道場遊里庵
時間 14時現地集合・現地解散

人生の調整と充電、気づきの為の特別なリトリートです。生まれ変わりの大切なチャンスを掴みにおいでください

■ 8月19日(日)長野県駒ケ根市

スペシャルサウナデイ
与田力川の上流で、バーベキュー 手作りサウナ(スェットロッジ) コンサート 温泉

会場 与田力川 
時間 午前9時半 遊里庵集合(または、川の近くのコンビニで合流)18時 温泉で解散
参加費 オールデイ 1万円 ※前後泊 お問合せ下さい
お申込み&お問合せ nijinouta-club★ezweb.ne.jp(有里)★を@に変えてください
0265-81-7819(遊里庵)
d0024504_21413492.jpg




by ainohanaMusic | 2018-06-17 21:42 | 心の旅日記 | Comments(0)

6月の出会いのあれこれ

6月も半ばになりました。
思いも寄らぬ出会いの数々が、楽しく日々を彩っています。
畑も草と野菜が競争して伸びています。

フェイスブックに投稿した記事を紹介する形で、今日は6月前半の報告をしますね。

6月6日【フェイスブックの投稿から】

三重県のジャスピアニスト杉丸さんとの音合わせから帰宅途中、

①そのちゃんとランチ&おしゃべり
d0024504_01241392.jpg
②愛知県幸田のカフェ星の王子様で まあやさん りょうたくん 龍セイさんと ミーティング
③愛知の鶴亀堂で あかりちゃん のぶさん ゆきちゃんとおしゃべりミーティング 念仏 瞑想も やってみました💓
d0024504_01244026.jpg

10月13日土曜日は、カフェ星の王子様で ヘンプお守りネックレス作りと 龍セイさんのメッセージ氣功とコンサートのコラボやりますよ〜〜🌟

さあ 家に帰ります。

明日は、ひかりに旅立った 友のお通夜へ急遽 東京は本應寺へ駆けつけます。

ーーーーーーーーー

レコーディング前段階のリハーサルは、とてもとても満ち足りた時間でした。

ハープの真弓ちゃん ピアノの杉丸さんと 一体感が生まれていました。

同席していたAさんが、、青いひかり 八星を 何度かみて、彼からのメッセージも伝えてくれました。

彼は、大喜びで、今回のCD製作に ひかりの体で参加してくれていると。

新しい時代がやってきているから

ライトワーカーとして豊かな表現でCDを作って欲しいとのこと。

6月10日【フェイスブックの投稿から】


1週間前に、火山の生き生きサロンでボランティアで歌ったことから

昨夜、長野へ帰ったら是非、明日、花見に来てくれとの熱いお誘いが・・。
朝もお誘いに来てくれていたとのことで、断り切れずに今日の午後、お花見へ。

お花見とは宴会なり。

板取・・わたしの暮らす集落・・山裾のお年寄りがポツリぽつりと暮らす過疎化の進んだ集落で26人集まった宴会の席に呼ばれました。

ここに暮らして10年目。

バーベキュー、焼きそば、ビールに、日本酒。
知ってる人はわずか。

ご馳走になるばかりでは申し訳ないので、楽器を取りにいて志織ちゃんと一緒に うたいました。

4曲で終わろうとしたら、アンコール、大地を踏みしめてをみんなと踊ったら、とてもよかった、素朴なおじいちゃん、おかあさん、こどもたちが とても嬉しそう 楽しそうに踊りました。

歌い終わると、秋の行事に出てもらおうとか、野外がいいとか、こんな宴会でもきちんと歌えるって凄いぞ~とか・・次の機会をみんなが活発に相談を始めました。

学校の教職資格を三つ持ってるけれど、親に勘当されても音楽の道へ進んだと、1週間前に火山の生き生きサロンで最後に話した内容を、その時 参加された男性が おじさんなりの解釈で、みんなに説明していて物議をかもしていました。

「学校の先生になればよかったのに。」とか

「音楽で食べていくのはたいへんなことだ。」とか。

総括的には、田舎で素朴な暮らしをするお年寄りたちの共感を得て、
「みんなで応援しよう。」なんて、とても意外な展開に。

草笛の名手のおじいちゃんがいて、今度 一緒にやろうとか、いろいろお付き合いが広がりそうです。

d0024504_01264675.jpg
6月13日【フェイスブックの投稿から】

北安曇郡池田町シャンティクティー
d0024504_01280272.jpg
妖精のいるような花と野菜の入り混じったガーデン 面白い建物や遊びココロいっぱいの場所でコンサート🎵
在来種の種バンクもあり、ゆっくり種を選びにまた来なくちゃ
コンサート後のシェアリングは、深夜11時前まで続きました。

シャンティクティーは、ドネーション制のゲストハウスです。臼井朋子さん 健二さん オーナーのお二人の存在が、とても光ってました。

40年 シャロムヒュッテを営んで、今は、ゆっくりと自分たちの暮らしを楽しんでおられました。

今だから繋がった良き出会い 🌟ありがとうございます


6月13日【フェイスブックの投稿から】 

明日のコンサートの会場は、山道を一時間歩きます。ミニスピーカー マイクスタンド 歌詞カード 楽器その他 4人の共働学舎のメンバーが 荷運び手伝ってくれました。

10年暮らしたカリフォルニアのエルクバレーの静けさを思い出しています。

自然界と人間界のバランスが、圧倒的に自然界の方が大きい場所で暮らすと 人は謙虚に素朴になれるし 考えるより感じる力が強まる気がします。

山道を一時間歩いてコンサート会場にたどり着けるって超スペシャルですよねぇ。笑

コンサートの前に浄化されちゃいます。

木の下で野外コンサートになります
d0024504_01384466.jpg


6月14日【フェイスブックの投稿から】

車が走らない山道を1時間あるいてたどり着いた真木共働学舎でのコンサートは、
荷物を運んでくれた何人ものあたたかい助っ人がいて成立。
d0024504_01333138.jpg

人里離れた別天地は、人より自然の力が圧倒的に強く澄んだ美しさに満ちていた。

木々や風が耳を傾けて聴いていた。
寄り添っていた
真木共働学舎のコンサート
d0024504_01344992.jpg
シェアタイムの締めくくりは、新月の祈りをそれぞれの胸の中に
d0024504_01340588.jpg

パラダイスな日々だった。
様々な障がいを抱えていても、それは障がいとはならず
一人一人が自ら 自分のできることを見つけることで、自分のポジションを作っている。

アラヤシキの人々

出会えて ほんとに嬉しかった
d0024504_01355607.jpg
d0024504_01381088.jpg
6月15日

真木共働学舎から1時間 山を下って足はがくがくなんだけれど、3年前から調布のクッキングハウスの松浦さんが講師で迎えられている小谷村の「カモミール」のみなさんの企画するコンサートに迎えられて とてもうれしくて しゃっきり。

実佐紀さんのつないでくれた 3か所目のコンサート ペンションアンデスのコンサート、気持ちよくうたいました。
d0024504_01444766.jpg
障がいを持つ人も持たない人も競争社会ではなく共に生きる社会を作ってゆく学びをわかちあっている、素晴らしいつながりの中で歌えて ほんとうに幸せなことだと思っています。

3か所のコンサートを終えて帰る時、共働学舎の誠さんから「みんなで泊りに行ってもいい?」と聞かれました。

真木のメンバーは30人近く(26人?)いるのですが、人里離れた山の中で暮らす彼らが、遊里庵に来るなんて想像しただけで とても楽しくなりました。
d0024504_01495731.jpg
        (コンサート後のひととき)

ものがたりは続きそう。


by ainohanaMusic | 2018-06-17 01:51 | 心の旅日記 | Comments(0)

遊里庵に帰ったよ

長野は遊里庵に帰り着いて、10日経ちました。毎日、ブランチは丁寧に料理して、縁側か庭で食べています。太陽も風も花々もとっても気持ちのいい季節。
d0024504_00165088.jpg
帰宅して、志織ちゃんと毎朝、お経、念仏、瞑想をしてシェア(気づきを分かち合う)を再開しました。
志織ちゃんが遊里庵の生活に慣れ始めたころ、朝の瞑想は、それぞれのタイミングで各自でやるようになったのですが、
わたしがツアーで、出かけると、意識(思考)がどんどん離れてしまうので、一緒にいる日々は、なるべく意識を共有できるように、時間を合わせて、シェアもするようになりました。

シェアは話し合いではなく、ただ、それぞれが感じていること、気づいたことを話すだけです。でも、それがとっても大きな力になります。話し合ってるわけではなく、ただ、お互いの想いを聞いてるだけ。それだけで、意識が共有できることが増えて、助け合うようになるのですね・・。

この10日間は、サクサクといろんなことがスムーズに進んでゆきました。
d0024504_00170434.jpg
 帰宅した翌日には苗を買いに行っていました。
d0024504_00172358.jpg
その翌日には、苗を植えました。
d0024504_00175362.jpg
そして、その数日後には、つるものの棚を作り、種まき。これは、素足になって、舌の上に種を載せて祈っています。こうすると、その種は、それを口に含んだ人の体に薬となる実をつけてくれると「アナスタシア」は語っています。
d0024504_00173619.jpg
猫たちは、ほんとに可愛くて。彼らは、わたしたちと一緒にいるのが 嬉しくてうれしくて・・。その在り方がかわいくてかわいくて。
d0024504_00180439.jpg
そして、今は motiongalleryのクラウドファンディングも終了し、資金的には目標額の18パーセントと厳しいですが、レコーディングスタートの足掛かりにはなり、みなさんの貴重な応援を感じて元気が出ています。ありがとうございます。(青色チラシはCD完成まで続投してゆきます。もしタイミングとご縁がつながれば、参加されてくださいね)

マイクとヘッドホンを買い足して、多重録音の曲のレコーディングエンジニアはわたし自身でやる覚悟で、レコーディングの準備を始めました。
d0024504_00181798.jpg
6月4日から、三重県にお住いのピアニスト杉丸太一さんと初音合わせ&打ち合わせが始まります。
岐阜のあいちゃんとしんちゃん ミュージシャン夫婦との初音合わせ&打ち合わせは6月25日。その他、ハープの真弓ちゃん、パーカッションも、声をかけています。さて、どんなCDにできあがるか。楽しみです。コツコツ準備を進めてゆきます。

そして明後日からは、遊里庵の種まきオープンハウスで3日間、コンサートを始めとして楽「今」のわたしとあなたが出会える時間を満載してお待ちしています。今のところ、静かな感じで、チラホラと友人が来てくれる感じなので、ゆっくりたっぷり交流できますよ。

あたらしいうたもいっぱい、新しい心境もいっぱい。散歩、ごはん、コンサート、祈りと瞑想、ヘンプワークショップ
いろんな時間を ふかくしずかにゆっくりと わかちあいましょう。

お待ちしています。
d0024504_00382124.jpg

by ainohanaMusic | 2018-05-17 00:40 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー報告⑪ohanaの家オープン二ングコンサート

5月1日、日比野さんとお会いした後、プールで泳ぎ、リフレッシュしてから、久しぶりに食材を買い出しして、五泉市のohanaの家へ。

ohanaの家でのコンサートは5月3日で、しばらく自炊生活して待機させてもらうことになっていた。
新潟市の泰子さんが手配してくださった。彼女が、コンサートの発起人で、クラウドファンディングのリターンのひとつ、「好きな場所好きな相手にコンサートを届ける」を選んで、ファンディングにエントリーしてコンサートをohanaの家のオープニングにプレゼントしてくださったのだった。

ohanaの家の発起人 未来(みき)さんとは お会いしたことがなかったが、打ち合わせで電話で話し、わたしも未来さんも血縁を超えた家族、安心して暮らせるコミュニティーを作ろうとしていて、響きあえるお導きに感謝。未来さんは、クラウドファンディングに協力したいと言ってくださって、入場料をいただいて、経費を引いたものをファンディングしてくださった。タイムリーな出会いを、泰子さんありがとう。
d0024504_21300556.jpg
未来さんとわたし、似ているところがあったし、学ぶこともたくさんあった。彼女のあっけらかんとした朗らかさがパワフルで素晴らしい。

1日、最初の夜は 一人で過ごした。それが とても味わい深かった。ohanaの家は、前進が「森の泉の家」で、わたしは、2年前に そのクロージングコンサートで歌ったのだった。しみじみとご縁を感じた。

脇を美しい水路が流れていて、森もある素晴らしい場所。

翌日は前夜祭となって、地域の方が ohanaにお料理に来てくださった。
d0024504_21295170.jpg
d0024504_21302103.jpg
天然のものばかりを天然にやさしく料理されていて、山と川を味わいました。

そして 翌日は朝からゆっくり準備して、午後のコンサート
d0024504_21303802.jpg
伸びやかに歌いました。
d0024504_22170619.jpg
いろんな事情の子どもたち、若者を支えているohanaの家は町にあったそうですが、森の家が売りに出されたとき、未来さんには「わたしが思っていた場所はここだ!」と思ったが、買うお金はなかった。みなさんに協力を呼び掛けて買うことができたそうで、「純粋な思いで愛だけでやってゆけば、奇跡は起きる。」と彼女は言います。

ohanaの家を出て翌日の夜、未来さんから「着いたころかな~」って電話をもらいました。
鳥のようにさえずるように 電話の向こうで笑っていて、人をしあわせにする朗らかさ、魔法を持っている。

これからの交流と展開がとても 楽しみです。



*******
CD「とうめいな音」制作支援プロジェクト カウントダウン あと二日。今のところ 目標額の16パーセント。
ファンディングは思うに任せなかったですが、みなさんの想いやありがたい出会いに恵まれています。

ありがとうございます。明日は、最終日です。よろしくお願いいたします。









by ainohanaMusic | 2018-05-07 22:07 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー報告⑨女の子のためのワークショップ&コンサート in関川村

長野に帰宅して3日経ちました。
今日は、雨降り。クラウドファンディングのリターンを送ったり、18日からの遊里庵の種まきオープンハウスの案内する準備をしたりしています。晴れたら畑に植えようとと、苗をスタンバイしています。

そして、コンサート報告2か所、まだ書いてなかった!

振り返って報告です。

4月30日、関川村の志ちゃんの企画で、「女の子のためのお守りアクセサリーワークショップ&コンサート」という不思議な企画が・・

これは、2017年の遊里庵での夏のリトリートに展開された、女のたちの表現の開花の素敵なシーンから、生まれた発想。

緑の星から来た記憶をもつ女の子と友だち、兄弟が、とうめいな澄み切った川で一日遊び、自然界の精霊たちと仲良しになって、遊里庵のコンサートの時、ステージ衣装や色とりどりの布で変身し、花や葉っぱを髪につけてステージに立った時、自然に踊りだしてみんなが魅了されたのでした。
d0024504_19300374.jpg
この日、午前中は、女の子たちがお母さんと一緒に自分のために特別なおまもりネックレスやブレスレットを編みました。そして、ランチは、晴ちゃんの美味しい体に優しい手料理で みんな満足。午後は、みんなで髪に花を飾り、布を巻いてステージ衣装になって、参加型コンサートをしたのです。

わたしの衣装なので、子どもたちには、ちょっとぶかぶかではありますが・・・笑
d0024504_19292642.jpg
ステージと客席が一体になって
d0024504_19303276.jpg
演奏しなくてもステージ側にとどまっていたり、照明を操作していたり。
d0024504_19294061.jpg
聞く側に回っても立ってうたっていたり。
d0024504_19240375.jpg
おまもりアクセサリー作りは、それぞれの「好き」な世界そのままを編み込むことで自分への信頼が高まり、
花や布を飾って、うたうことで また解放されて、みなが主人公になり、溶けてゆく時間でした。

また、やりたいね~とみんなも わたしも思える企画だったなぁ~

本気の遊び、みんなが主人公、いいなぁ~

きっと、この子たち、暮らしの中で踊ったり歌ったりする素敵な女性に育ってゆくのだろうと なんだかうれしくなってしまうのです。

そして、また、長野のリトリートにも来てほしい!!
自然の中で思い切り遊び、うたい踊ること、花々を髪に飾り、踊りうたう体験を分かち合う時間を 重ねて、素敵な主人公たちが素敵な世の中を創ってゆくことを願い祈っているのです。

志ちゃん、晴ちゃん 来てくれたみんな ありがとう~~楽しい時間でしたね。


******
ところで、とうめいな音、次のCDの制作応援クラウドファンディングがカウントダウンに入りました!

あと二日です!最後の追い込み、よろしくお願いいたします。




by ainohanaMusic | 2018-05-07 19:52 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー報告⑧森のコンサート

4月28日 朝、「一緒に勤行しない?」と晴ちゃんに声かけたら、
「コンサートの下見に森に行かない?」と誘われた。「森で勤行しようか」となって、肌寒い森の木々の間に敷物をしいて、お経を読み、念仏、瞑想をした。

晴ちゃんを始めとして、新潟からは 多くの家族が遊里庵(ゆうりあん)の3泊4日の「ほんとうの自分に帰るリトリート」に来てくれている。祈りや瞑想は、野外でもどこでも、ちょっとした時間があればできるし、そのとき、必ずセットでシェアすることの豊かさも体験上、知ってくれている。祈りや瞑想をすると、いつもより感覚が素直でひらけていて、コンサート企画にも、より素敵なインスピレーションを運んでくるはず。
d0024504_15322784.png
森の中に二人で座った。静かな静かな時間だった。

今回は参加者が少ないと聞いて、森の中で座ってシェアして、コンサートは、たき火をしてやろうか?とイメージが生まれた。
d0024504_15315772.jpg
た・たしかに、大人は少数なんだけど・・こ、こどもがどっちゃり。(笑)

それで、コンサートはマイクも使い、森の広場で子どもたちを自由に遊ばせながら進めることになりました。
d0024504_15334290.jpg
シェアタイム~コンサート  シェアタイム~コンサート

森の中のシェアっていいね。素直に思ってることをジャッジしないで話すことができるんだね。
うたも、お話も、シェアも包むようにやさしい森の緑に包まれていて。
d0024504_15430624.jpg
子どもたちは、泣いたり、笑ったり、木に登ったり、探検に行ったり、食べたり、眠ったり、踊ったり、うたったり。
最後はみんなで「大地を踏みしめて♪」

大人も子どももありのままに癒された時間でした。

主催の晴ちゃん 毎年、心尽くしのおもてなしと、天に任せたアレンジをありがとう。来てくださったみなさんもありがとう。
d0024504_15431350.jpg
明日は、関川村の農家民宿「奥山」で、子どもたちのための世界にひとつのヘンプ&ストーンお守りネックレス(ブレスでもオッケー)作りが、午前10時からです。大人も参加できます。ネックレスができたら、参加者みんなで、ステージ衣装になり(わたしの衣装をお貸しします)
数曲練習して、参加型ミニコンサートをやります。時間は3時過ぎまでです。


************
クラウドファンディング いよいよあと10日になりました! 応援ありがとうございましす。

https://motion-gallery.net/projects/nijinouta-88



by ainohanaMusic | 2018-04-29 15:50 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー報告⑦岩手から新潟へ

4月27日、大沢温泉を出発しようとしたとき、新潟の晴ちゃんからメッセージが入った。
「用事ができて6時まで出かけている」

岩手から新潟まで、車で6時間もかかるから早く行かなくちゃ。というモードが 寄り道モードへ。
宮沢賢治好きなんだけど、あんまりゆっくりもしてられないからな~

それで、童話記念館へ
d0024504_15123602.jpg
ちょっと異次元空間でよかった。自然豊かな素朴な暮らし、厳しい暮らしで宇宙的な視点を深く持ち続けた賢治の童話は素晴らしい
d0024504_15124378.jpg
また、読んでみようと思いました。そして運転したんだけど、眠くて眠くて。仙台で思い切って高速を降りて、温水プールで一キロ泳いだ。抜けた~~、影響を受けていたエネルギーが水の中に浄化されて、あと3時間、快調に飛ばせました
d0024504_15130844.jpg
コンサートツアーは、体調管理がとても大切です。長距離運転、音響設営、コンサート、交流会、音響撤収と 続いてゆく旅の中で、人と共にいるときは、ありのままに深く交流し、ひとりの時は、自分の心身の様子に応じて適格な対応をしてゆくこと。泳ぐことは「素」に戻すのにとても効果があります。
d0024504_15125232.jpg
新潟に近づいて来たら、空がとてもきれい、つややか、わたしになにか言っている。
なにかな?と空ばかりチラ見しながら運転してたら、
八星雲(とわたしは感じた)がね、
「ママ もうすぐ行くよ。今度は同じ乗り物に乗って生きようね。」

と聞こえてきました。わたしには「輝く雲」は、いつもギフトなのです。

今日も一日ありがとう。

by ainohanaMusic | 2018-04-29 15:25 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー報告⑥大沢温泉二日目

4月25日、岩手県花巻市の大沢温泉に入って26日もオフ。
25日は、自炊部の台所を借りて、しっかり料理して、洗濯も干して着地した感じ。
25日のよるから26日の朝にかけて、ブログにツアー報告をアップして、昼からは桜の木の下で「アナスタシア」二回目を読んだ。
d0024504_14220547.jpg
2回目に読んでも、まだまだ発見が多い。すべてのいのちには、そのいのち特有の天命(ミッション・役割)がある。科学者が、そのいのちの役割を見極めずに、良かれと思い、足したり、引いたり、遺伝子操作してゆくと、操作された「種」が、うまく機能しなくなるばかりではなく、その「種」を食した人も、他のいのちも健康を害してゆく。ひとつのいのち、ひとつのパーツはあるがままで完璧である。これは「教育」とか「進路」を決める時も、同じだなあ~と思ったのでした。

わたしは、「音楽」は学んでいないの。独学だからこそ、すべての出来事が「音楽」の滋養になる関連性(シンクロの奇跡)を最初から知っている感じ。次から次へやって来るうたは、わたしの人生を支えている。畑を耕して、今はCD制作、コミュニティーつくりをビジョンしている。誰かに教えられたことをやっているのではなくて。わたしという「いのち」の中に元々あったミッション(種のなかのプログラム)が、「音楽」と共に花咲いてゆく。

いろいろ習えばいい(足せばいい)のではなく、プログラム(種)が芽吹く環境で、生き抜くことが、個々の個性を開花させてゆくのではないかな?そんな一人一人が開花してゆくコミュニティーを作りたいな。
d0024504_14221141.jpg
いいころ合いで、花巻の友人が会いに来てくれて一緒におふろにつかり、近況を交換した。お風呂で語り合うっていい時間だね~
d0024504_14222486.jpg
そして、夜は、やえはた自然農園のしょうちゃんとかおりさんが、泊まりで来てくれて、お酒を飲んで語り合うことができて、よかった!知ってると思っている相手でも、ゆっくり丁寧に交流すると、相手のニュアンスが違和感なく溶けて来る。時間を取って逢いにきてくれることそのものが、「愛」なんだなぁと思う。

大沢温泉滞在。ひとりの時間も十分とったし、友と交流もできたし、お湯もよし、昭和の香りも満足満足。玉ちゃん 正ちゃん、かおりさん ありがとう。今度はかおりさんの弾き語りも聞かせてね~
d0024504_14224462.jpg
4月27日、正ちゃん、かおりさんと朝の珈琲をご一緒して、さあ 新潟へ。



***********

さて、あといよいよあと10日になりました。

今年は、CDとうめいな音をリリースすること、自伝を書くこと、自然界と響きあって血縁を超えた3世代のコミュニティーをスタート準備すること

願いの中にいます。

その中の一つ目をひらく 「とうめいな音」

参加応援の輪が広がったらうれしいな~ よろしくお願いいたします。




by ainohanaMusic | 2018-04-29 14:58 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー報告⑤ 岩手 オープンハウスたね

4月24日、宮城 登米市、野菜畑トマトさんを出発して、岩手県北上市の千田家へ。

11時到着予定が10時半に着いて、優子さんは一番下の子を病院に連れて行って不在で、しばし待つ。

こんな時は荷物の整理。4月20日に長野を出発し、東京は暑かった・・・。長野が寒かったので防寒着も各種持ってきて、それらは、もう用がないかも?と車の下の方に押し込んで、ノースリーブなど夏物を取りやすいところに出してあったが、また 場所を入れ替えた。

この数年、天候(気温)が良く変わるので衣装も着替えも寒さ、暑さに対応できる幅広さで持ってきていて正解。お花の水切りもした。今回はいただいた花束をずっとステージに飾っているけど、お花はいいねぇ。
d0024504_08491044.jpg
オープンハウス たねでは3回目のコンサート、6人のお子さんのお母さん千田さんは、お仕事に復活して、家にいられる貴重な火曜日にコンサート設定。しかし、告知の時間はほとんどなかったとのことで、少人数でしたが、ほんとにあたたかないい時間となりました。
d0024504_08481747.jpg
リハーサルしている時に、優子さんにリクエストを聴いたら、山本公成さん作曲、わたしが作詞した「ふるさと」。10年ぶりくらいでうたったかも。この歌は バルト3国のリトアニアで歌による独立が起きたことを、うたっています。

ソビエトに占領された小さな国たちは母国語も、民族衣装も、もちろん母国語の歌も禁止されていたそうですが、歌も民族衣装も密かに守られていて、ある日、みんなが民族衣装を着て「歌野原」に集まり、一晩中、民族のうたを歌ったのだそうです。ソ連の兵士たちに銃を向けられて囲まれ、それでも 歌い続けて、ひとりも撃ち殺されることはなく。そして、うたによって独立を果たしたと。リトアニアの「歌野原」に行ってきた 公成さんが歌野原に立った時、降って来たメロディーが「ふるさと」だそうです。

森と大地と精霊たちと人々  祖国を愛する心 歌ってるわたしにも響いてきました。

そして、やえはた農園の正ちゃんのリクエストは、「夢のなる木」。こちらも、ひさしぶりに歌いました。
わたしが今 うたを歌えているのも、桜の木と、マドローンの木の精霊に導かれてのことです。分からなくても、感じたことを揺るがず、信じて一筋に歩いて来れてよかったなぁ。

 あなたがあなたであることは、家族のみんなのためになり 世界のみんなのためになる♪

また、らいぶのあと、ゆっくりシェアする時間も持てて 素敵な一日となりました。
d0024504_08483778.jpg
その夜、オープンハウスたねに泊めていただいたのですが、改めて認識し感激したのは、
千田家が四世代同じ敷地の中に暮らせるように家が建てられていることでした。

向こうには、おばあちゃんおじいちゃんの家、真ん中には、子どもたち6人と両親、そしてオープンハウスたねは、6人のお子さんの誰かが家族と一緒に暮らして子どもを育ててゆけるように、子どもたちが小さいうちに、すでに家が用意されているのです。

一族の土地(アナスタシアの本読んでね。希望が湧いてくるよ)を実現している。

庭の木々は、いろんな時に祈りと願いを込めて植えられていて、お子さんは「あの木は、〇〇ちゃんの木」と言うのです。

素晴らしいなあ~

そして、また優子さんは、助産婦さんなので、保健センターを、お年寄り、お子さん、妊婦さんたちが集えるコミュニティーとして機能できるように、保健所の建て替えに積極的に関わろうとしています。

実際、コミュニティーは みんなが生きる土地、森、プライベートな建物、公共の建物、いろいろが揃って機能しやすい。

わたしも3世代がつながって有機的に生きれる愛の場所を作ろうと思い立って、今までよりも、いろんなことに目が行き、感動できるようになってきているのを感じます。

優子さん、たねに集って来てくれたみんなありがとう。
d0024504_09262799.jpg
この日、お嫁入を果たした珊瑚のネックレス・・無邪気な心・ピッタリな ご主人に迎えられて良かったね
d0024504_09264086.jpg
こちらも、春風のような優しく美しい、ぴったりなお方に見つけてもらいました。わたしもうれしい。

by ainohanaMusic | 2018-04-26 09:22 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー報告④ 野菜畑トマト

4月23日、野菜畑トマトさんの素敵なおうちに2階で、恵ちゃんと一緒に目を覚ました。
3人でゆっくり朝ごはんを食べて、わたしは、温水プールへ。

3回分のコンサートで蓄積した情報を泳ぎながら流してゆく。泳ぐとほんとに軽くなるんだ。魔法のように。

そして、トマトさんをつないでくれたカフェトルティージャで、トマトさんと待ち合わせ。トルティージャでは6回くらいコンサートを企画していただいた。トマトさんは、ほんとうに律義な人だ。トルティージャと、かかわりが切れずにつながってゆくように、二人分のランチを予約して、ご馳走してくださった。
そして、また、メッセージを出しておくようにとアドバイスしてくださった。

彼の元のお仕事は農機具の営業だったらしい。
「コンサートするだけじゃなくて、営業がしたいなあ~。トマト以外に1~2か所ないと。」と言ってくださるの。
「次回は、営業する日を一日余分に確保して来てね。」と。

あ・・ありがとうございます(涙)
わたし、営業、とかなかなか頭が回らない・・コンサート続いてるのは、ただただ、人に恵まれているからだなぁ。感謝

午後は、トマトさんは買い出しと草刈りと庭のイルミネーション設営
わたしは、地道に音響設営とリハーサル
d0024504_00243093.jpg
コンサートの写真はないのだけれど、これは コンサート後の会食の後、生で一曲歌ったときのもの。
d0024504_00240458.jpg
こちらが一品持ち寄り食事会。
とっても嬉しかったのは、18年前くらいにコンサートを聞いたご夫婦が、「いつか また聞きたい。」と来てくださり、声を聞いて「ああ、これだ、この声が聴きたかった!」と満足してくださったこと。
また、昨年に続いてきてくださった方、森でコンサートを企画されている方もいて、「森のコンサートやりましょう。」と言っていただけて、カリフォルニアの森のイメージが蘇ってきました。森のコンサート、やれたらいいなぁ~

野菜畑トマトさんの次の目標は秋のサンマ祭りだそうです。
昨年は庭で祭りをやって100名集まったとのこと。2年目ですが、なんだか、不思議な「熱量」を持つ人と出会ったこと気がつきました。

渡辺さん、来てくださったみなさん、恵ちゃんも応援ありがとう。


********

クラウドファンディング ラスト13日 応援よろしくお願いいたします。




by ainohanaMusic | 2018-04-26 00:43 | 心の旅日記 | Comments(0)