愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

思い出だけでは終わらない。自分で作り分かち合う豊かさを知る


8月1日 スタッフ集合。

スタッフに来ることになっていたMさんが、来れなくなったと連絡が来た7月14日、大阪から遊びに来たやっこファミリーが、奇跡的にスタッフに来てくれることになった。誰も考えていなかった思いがけない流れ。大いなる流れに運ばれてきている。

スタッフの集った初日には、畑と神社に行って、この日に三日間のスケジュールと献立を相談。

子どもたちは、派手に兄弟げんか。すべてがストップしてしまうが、感情を爆発させた後、二人は仲良く一緒に遊ぶ。共に暮らすって豊かだな。親以外の大人が介在することで、子どもたちも視野が広がり成長するし、子どもの存在を忘れているわたしたちは、忘れていた世界の全体像を思い出す。
d0024504_21313117.jpg
                 (出会ってすぐに遊びだすこどもたち)

8月2日は、朝の勤行、シェア、お掃除と買い出し、温泉へも行った。二日間でスタッフ同士が知り合い、場所に馴染み、3日間の準備をする。すごいスピードで、関りの薄い個人主導の世界から、お互いを知り、自然体で融合し助け合う価値観のワールドへ、みんなで変容してゆく。

8月3日、参加者大人二人、子ども3人をお迎えしてリトリートの始まり。全体では大人5人、子ども5人。
夕の勤行、シェア、ミニライブ、畑に寄って、高烏谷神社へ参拝。温泉へ行って夕ご飯、そして、シェアリング。
初日から盛りだくさん。たった4日間しかない。なんどか本質へ近づくシンプルな取り組みを繰り返す積み重ねが、微細な感覚の扉を開く。
d0024504_21314806.jpg
(リトリートの始まり始まり)
d0024504_21345976.jpg
8月4日、起きて、お掃除タイム、その間にスタッフたちが朝ごはんを用意して、縁側で朝ごはん。
そのあと、祈りと瞑想、シェア、ミニライブの時間がある。念仏、瞑想は本来感覚を呼び覚ます浄化の時間だ。
初めてでも、それぞれにユニークな手応えがあり、それをそれぞれの言葉で話してくれる。

午前中は森時間、それぞれの森と対話する時間を持つ。森の中でひとりになって1時間過ごす。ほとんどの方は「あっという間に1時間たってしまった。」と言う。森と交流している時間は、広く深く豊かだ。幼いときに、泥んこや雨と遊んだように、大人も自然界と戯れるとき、自分の心身が計らわずして宇宙とつながる感覚を持つ。蘇るいのちのながれ。 ランチは、そのまま森で。
d0024504_21321034.jpg
d0024504_21323307.jpg
午後は子どもたちがヘンプのお守りネックレスを作った、その間、Yさんが、男の子たちと自然体で遊んでくれていた。6歳の男の子は、嬉しそうだった。良かったなぁ。女の子は仲良しグループになっていたし、みんなが自分を大切にしてくれる人と出会えているコミュニティー、そのような組み合わせで、10人はバランスされていたことが、なによりのギフトだった。
d0024504_22225362.jpg
夜のコンサートには、女の子たち3人が衣装を着て参加。楽しそうに踊る姿は、お母さんたちにも、わたしにも とてもうれしい。伸びやかな踊り、踊ったあとの笑顔が半端ない。
d0024504_21332846.jpg
2歳の男の子が、マイクを話さない。初のコラボ。からだ中にエナジーが満ちて、
あまりにパワフルで神がかっていた。
d0024504_21330755.jpg
夜は、離れの蔵の2階でシェアタイム。母屋は、子どもたちの喧騒。静かに分かち合える貴重な空間。
蔵の1階は長男がアトリエにしているが、この時間だけは、母屋のわたしの部屋に移動してもらった。リトリートの要であるシェアタイムは、感情が出ても気兼ねなく叫んだり、泣ける空間がいい。長男がいつの間にか占領した部屋は3部屋あるが、リトリートの間だけは、それぞれの部屋を元々の家の目的に沿って使わせてもらった。長男に、わたしのやっていることを説明するいい機会になった。

8月5日、与田切川の上流へ
d0024504_21355053.jpg
d0024504_21344334.jpg
d0024504_21351267.jpg
d0024504_21360366.jpg
d0024504_21361411.jpg
d0024504_21352497.jpg
d0024504_21354195.jpg
d0024504_22364439.jpg
d0024504_22381255.jpg
この一日は、言葉がいらないくらい。壮大で気持ちがいい。この日は朝から 安曇野のまっちゃんが軽トラでサポートに来てくれて 助けられたー。

こども3人連れて参加してくれたUちゃんは、「世の中に溢れている、娯楽施設が、働いたお金を落とさせるためのまやかしであることに気づいた」(言葉は違ったけど)とシェアで語った。

そう、インデアンサウナは、必要なものは、シンプルなものばかり。気兼ねなく火をおこせて、飛び込めるきれいな川と、竹とビニールタープと紐、しゃべる、ばけつ、じょうろ、マッチ、薪があれば 誰でも楽しめる。

でも、これって、みんなで一日がかりでやらないとできないの。事前の準備もいる。薪を集め、石を集め、テントを作り、火をおこし、火の番をして、熱く焼けた石を運び..
etc...

一日がかりで 太陽の下、水と火と砂に遊ぶ。これほど豊かなことはない。
大人たちは、熱いサウナテントの中で、メロディーを大地へしみこませて、熱い石や冷たい川は、わたしたちを浄化し、生まれ変わらせてくれる。遊んで遊んで、本来の自分の感覚を取り戻す。大地とのつながり。人とのつながり。子どもたちをみんなで育てる自然な輪。
d0024504_21363759.jpg
川へ着くと、挨拶、帰る時も挨拶、そして踊るの。
自然界の精霊たちは、うたも踊りも大好きだし、何者か分かれば 天気もなだめてくれて いつも穏やかに遊ばせてもらっている。

8月6日 最終日、朝の掃除、朝の勤行、シェア、コンサート、そして特別に、希望者は次のCD「とうめいな音」にレコーディング参加してもらいました。
d0024504_19094428.jpg
楽しかったなぁ~準備から5泊6日。
来年も会おうねって、みんなで言ってた。
d0024504_22522685.jpg
リトリートが暮らしになればいいなって思っている。
暮らしから生まれるアート、凸凹コミュニティー
赤ちゃんからお年寄りまで、みんなで作る。手間暇かけて作る暮らしがアートであり、あたたかい分け隔てのない人の輪もアートであり、
勃発する喧嘩と、なにげに知恵を授ける愛の介在もアートである。


*********************
  ◆遊里庵(ゆうりあん)と大自然と遊ぶ、本来の自分に帰るスペシャルな催しに来ませんか?★  ご案内  ★

819日(日)サウナスペシャルデイ

 会場 遊里庵と与田切川  集合場所 アクセスは申込時にお伝えします。

時間 9時半遊里庵(ゆうりあん)集合 18時 温泉で解散

プログラム サウナ設営、バーベキュー、コンサート 手作りサウナ体験 温泉へ 
持ち物 水着、帽子、サンダル、軍手など
料金 1万円(要予約)

お問合せ&申し込み 0265817819(遊里庵またはメッセンジャーで) 

mail: k9010904@gmail.com (志織)
※前泊可能です。お問合せ下さい。


 

91日(土)オープンハウス 長野県駒ケ根市 遊里庵

会場 遊里庵 長野駒ケ根市東伊那

時間 午前10時 遊里庵集合 高烏谷山ハイキング&山頂コンサート(四方が見渡せる気持ちのいい山頂です)

料金 2500円(要予約)

持ち物 お弁当(遊里庵で用意することも可能です)

お問合せ&申し込み 0265-81-7819 k9010904@gmail.com(志織)

※雨天時は、場所は遊里庵で、基本スケジュールになります。11時~ブランチ1200円 13時からコンサート2500
※前泊可能です。お問合せ下さい。



by ainohanaMusic | 2018-08-08 22:57 | リトリート | Comments(0)