愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

NewCDとうめいな音レコーディング始まり~そして東京へ

6月26日&27日、岐阜からAiちゃんと Shinさんが来てくれて、縁側でブランチ、畑~森への散策、語らい、念仏&瞑想して、CD制作に突入した。
 Ai ちゃん Shinさんは夫婦で、二人はミュージシャンであり、Aiちゃんはマツエクやネイル、shinさんは、彫り師、ヒーラーでもある。
お二人とは、2回くらい、岐阜の自遊空間ナマステで会っているけれど、ほんの少し話した程度で、ほとんど初対面。
d0024504_23155376.jpg
フェイスブックでつながっていて、二人の記事は目にするともなく見ていた。レコーディングの主要メンバーに杉丸さんが決まった時、杉丸さんの、音楽オンリーのワールドをバランスしてくれるメンバーを探していた。知らないのに、AiちゃんとShinさんが来てくれたら世界が丸くつながる気がした。Ai ちゃん Shinさんに感じるもの  ラブ&ピース カウンターカルチャー 自由 自然 手作り etc・・・勝手な思い込みですが(笑)

なにも知らず声をかけて、快く来てくれて、なにも知らず始まったレコーディング。
曲はビジョン♪から。
d0024504_23162297.jpg
Shinさんのベースとギター、Aiちゃんのアルトボイス こんなにマッチするんだな。世界が柔らかくなり、とてもいいCDになりそうです。
真弓ちゃんのハープと、杉丸さんのピアノを重ねたイメージで聞いています。




**********

6月29日 1年に1回の再会の時。
長野から東京は調布にあるクッキングハウスへ向かいました。

クッキングハウス代表の松浦さんとは27年前に出会い、日本にいるときは、毎年コンサートに呼んでいただいています。
クッキングハウスは、心を病んだ人たちも地域でご飯を料理して一緒に食べる「心の居場所」。それが、地域にひらかれたレストランになり、お店の中では、メンバーもスタッフもお客さんも、みんなが美味しそうにランチを食べています。キッチンやホールでは、メンバーとスタッフが混じって楽しそうに仕事をしています。

松浦さんの志、「精神病院では心の病は治らない。地域で自分の居場所ができて美味しくご飯が食べれて元気になってゆく。」が30年の時をかけての実績で証明されて 説得力を持っています。
d0024504_23225647.jpg
コンサートは、1時間半のコンサートと1時間のシェア会。シェア会では、クッキングハウスのゴージャスな手作りのデザートをいただきながら全員参加のあたたかい時間でした。一人一人が心の底から感じてることを語って涙していました。
d0024504_23231121.jpg
わたしは、志織ちゃんをサポートしながら暮らしているので、クッキングハウスの松浦さんの活動を他人事と思わなくなりました。四六時中、メンバーやスタッフに、心を配りながら、元気に活動している松浦さんから学ぶことがたくさんあります。9月には、また小谷村でのメンタルヘルス大学、松浦さんとクッキングハウスとのコラボの深まりが楽しみです。
d0024504_23251173.jpg

そして、7月1日は東京は本應寺での観音コンサートでした。初主催の真里さんと、本應寺と。
体調を崩していたお上人が元気になって顔を見せてくれたこと、お寺のスタッフのみなさんが、気持ちよく応援してくれたこと、自伝の出版の話がでて10年になる地湧社の増田さんが来てくださって、コンサートを通じて、本のビジョンを共有できたこと、いいことがたくさん起きたコンサートでした。
d0024504_23355721.jpg
d0024504_23362059.jpg
コンサートの夜も その「良き事」は続きました。長野の高遠のフリーキッズビレッジは、今は里子のホームになってきています。主催の孝子さんの願い、里子を引き受けることのできる状況になり、孝子さんは、カウンセリングを学んでいますが、この日は発達障害についての講座のあと、本應寺に泊まりに帰ってきました。孝子さんは学んだばかりの講義を深夜までかけて わたしに伝えてくれました。

子どもたちを育ててゆくとき、順調に育っていかない、同じ過ちを繰り返す傾向が子どもに繰り返されるとき、発達障害である可能性があります。
知的障害であるか、自閉症であるか、大人になって分かる人もいます。モンスターペアレント(クレーマー)には知的障害を持った人が多いそうです。仕事に成功しているか否かでは判断できない。他者への共感があるのか、他者を含んで考えられるのか?全体を把握できるか?いろんな視点から、それは見立てができるそうです。わたしも過去にコミュニケーションが成り立たっていなかったかかわりが数人思い起こされました。いい悪いではなく、コミュニケーションが成り立たない理由が障がいであるとすれば、相手を良く知りアプローチ(接点)を変えてゆくことが有効であることが分かりました。

お寺に泊まった、3泊4日、一時間半の勤行が朝夕あるお寺で、志織ちゃんが白昼夢というのか、新曲のビジョンを見たそうです。
マントラ(南無阿弥陀仏 根源なる光にゆだねる)を響かせた4日間でした。

さあ、夏になりました。7月8月は、遊里庵に来訪者が続きそうです。いろんなことが進行中。楽しみ たのしみな夏。
★7月7日、遊里庵オープンデイ★
★7月27日~30日 ほんとうの自分に帰るリトリート★
★8月3日~6日 ほんとうの自分に帰るリトリート★
★8月19日 大自然の浄化力が半端ない スペシャルサウナデイ(遊里庵から出発して与田切川の上流へ)★

お勧めです。遊里庵 イベント前後は、泊まれます。

by ainohanaMusic | 2018-07-04 23:39 | 心の旅日記 | Comments(0)