愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

高知から神戸へ

3月17日、高知県津野町の寅太郎邸でコンサート
いちばん早く来てくれていたご夫婦が、コンサートのトークの途中に、話しかけてきた。
「わたしたち、沖縄から移住してきたんですよ~。沖縄のことなら聞いて。」って。
d0024504_21464336.jpg
大地を踏みしめてを踊ったら、半端なくみんな激しく踊って、秘めたるエネルギー、熱い心に驚いた。
d0024504_21461530.jpg
龍神様をうたったら明治維新の頃、世直しに立ち上がった27歳の若き寅太郎の心と響きあったような気がした。ダイナミックな空を駆けるようなうねりが生まれていた。
d0024504_21470990.jpg
コンサートの後、残ったメンバーでシェアリングの輪を作ったら、
とても深い思いを交換することができて、ヒーリングサークルのような静かな満ちた時間となった。

会場を片づけた後、主催の掛水さんご夫婦、豊田さん、沖縄から移住されたご夫婦と愛海ちゃんと
飲み屋さんで打ち上げ。

これが、また楽しい時間となりました。酔った勢いで(?)来年の会場まで候補が出てきて、いずれ、沖縄にも、みんなでキャラバンに行こうという話も出て、楽しかった。35年、沖縄に暮らしたというお二人とほんとうに一緒にツアーできたら、素晴らしいことになりそう。

掛水さん、豊田さん、お集まりになったみなさんありがとうございました。

18日は神戸まで移動日。

掛水さんのパートナーのゆりさんが、素敵な昭和なスポット2か所に案内してくれました。
1か所目は、山賊茶屋
あまごの串焼きや、鳥の炭火焼きなど、朝からいただいたよ。なんと、ここの親方は、朝3時から仕込みをしているとのこと。ワイルドな茶屋。夜のお弁当もここで買いました。
d0024504_21590003.jpg
ここから車で2時間、やはり山の中の昭和そのままの映画館「大心館」へ。
d0024504_21593322.jpg
ここのオーナーさんはシンガーソングライターで、「豆電球」さんと名乗っています。
豆電球さんと、ステージで歌の交換をしました。
d0024504_21594599.jpg
やり始めると、音響の音が納得行くまで、探求したりしちゃって・・・。
あまり話す時間もないくらい、ステージでの探求に時間を使ってしまって、楽しかったです。
昭和な映画館、音の反響がとてもいいのです。

豆電球さんのうたに、愛海ちゃんが踊りました。

そして、香川県のプールで泳いで、心身のメインテナンス後、一路神戸へ。

愛海ちゃんを神戸駅に降ろし、わたしは、ビジネスホテルへ。

ゆりさん、高知の観光案内をありがとうございました。

ゆりさんでないと、案内しないであろう、時間の止まった懐かしい風景に、素朴な人たちと出会えて味わい深い いい旅となりました。

愛海ちゃんも、5泊6日の歌い踊り、祈り、暮す旅を一緒に分かち合ってくれてありがとう。

津野町でのコンサートは、高知のスピリットとも、目の前の人とも出会えた素晴らしい時間でした。体調が万全でないのに、準備から当日まで支えてくださった掛水さんあっての出会いでした。掛水さん、ありがとうございました♥みなさんとの再会を、また 楽しみにしています。

by ainohanaMusic | 2018-03-22 22:09 | 心の旅日記 | Comments(0)