愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

大分宇佐市 友だちday

ツアーの日程が まだ全部決まっていなかったころ、宇佐市に暮らすゆうこさんからメッセージがあり「一緒にランチ食べる時間ある?」と聞いてくれた。

「もちろんだよ~」

長崎に移動するのを一日遅らせて、大分に一泊長くいることにした。

わたしは そんなに器用ではないから 一日一個のスケジュールで十分。

そしてゆうこさんのおうちに泊めてもらいことにしたの。

そしたら・・・とっても必然な びっしっ!!とスケジュールの詰まった一日となったなぁ~
d0024504_00250158.jpg
12時、風の音というレストランに集合!!
優しい美味しいランチだった。
そして、ゆうこさんがかつて主催したコンサートに来てくださって、わたしに会ったらいいだろうな~と思うお友だちを誘ってくれて4人でおしゃべり。いろんな話の中にアナスタシアのお話しも出してみた・・自然界の愛に共鳴してくれるみんなだった。

そのあと、ゆうこさんが予約してくれた 宮本整形外科病院へ。
優しいおじいさま先生が「経過はいいですよ。一か月ほど左手を使わなければ 治るでしょう。」と。

ああ~良かった!!
下手したら、手術も必要と‥島根では脅されてたから(脅されてよかったけど・・楽器弾こうとしてたから・・痛すぎて弾けないけれど)

そして そのおじいさま先生になら 相談できそうな気がして、ゆうこさんの目くばせもあり 笑 泳いでもいいですか?と確認。

ちょっとびっくりしたようだったけれど、「運動が好きなんだねぇ~」と優しく対応された先生は
手首に負荷をかけない泳ぎ方ならいいですよ。と。

やっぱり、うれしい認可されると。
d0024504_00285135.jpg

そして、近くのプールへ。山口のガンジーのお母さまからいただいた 左手用ショートの保護手袋が とてもありがたかったです。

とても とても気持ちよかったのです。

わたしが泳いでる間 ゆうこさんは、アナスタシアを読んでいました。

そして、ゆうこさんとご主人が 来春からオープンする藁ぶき屋根の古民家カフェのために古民家再生工事中の「つむぎのもり」へ。

とっても大きな家で 今までの仕事もこれからの仕事も山ほどある現場を見て、彼らの手を付けた仕事の壮大さと 夢追い人の
やる気、根気、着実な仕事ぶりに圧倒されました。

「ここでコンサートできそう?」とゆうこさん

「もちろん!!」とわたし。

わたしも夢追い人の一人だな。必ず来るからね。
d0024504_00291382.jpg
ゆうこさんのその夜の心尽くしのお料理は・・・
うなぎの玄米寿司  味噌汁 畑の恵みのあれこれ 写真にはないけれど デザートな洋ナシのコンポート

夜 お茶を飲みながら ゆうこさんが言いました。
「ゆりさん 日本中の 小さな人が集う場所と出会ってるでしょ? そのひとつひとつが つながってゆけば あたらしい世界ができるのではない? わたし有里さんのコンサートの主催者とお友達になりたいな。」

ゆうこさんは、わたしの小学校時代のご近所様で 幼馴染で親どうしも同じ職場でテニス仲間という 不思議なご縁です。

それがコンサートの旅で偶然再会し、出身地を聞かれて、お互いの中にかつての幼馴染の面影を発見したのです。

とても地道で縁の下の力持ちのような ゆうこさんが そんなこと言い出したか・・・。

きっと つながってゆくんだろうな~と 意外なところから 積極的な声を聞けて うれしかったのです。

旅は続く


********



一ヵ月のツアーのあと 長野に着地し 落ち着いたら
新しいCDの制作を考えています。

制作参加応援プロジェクト

よろしくです💛

by ainohanaMusic | 2017-10-27 00:47 | 心の旅日記 | Comments(0)