愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ツアー8日目 大分より

ツアー8日目の今日は、初めてのオフ。

昨夜は宇部のガンジーハウスであたたかなコンサート。

ガンジーハウスで、目を覚まし、大分への移動日&休養日でしたが、急なお誘いとひらめきがあり、予定外に、きらめきの満ちた一日となりました。(詳細は後ほど)
d0024504_22532827.jpg
                (ランプのお宿の神さまを祭った石の前で)

さて、報告は10月17日から 時系列で書きますね。
10月17日は、神戸から兵庫へ移動し、約束した午前11時に普門寺に到着。
えゆう先生にごあいさつに行くと、「あら、ほんとうに時間どうりにいらしたわね。」と褒められました。(笑)

町中にある駐車場から、一番簡易な音響と最小の楽器に絞り込んで、坂道を3往復して運びました。お寺の前に車が付けられなくなって、普門寺で演奏する時は、よく考えて準備をします。一人の時はなおさら。
d0024504_22535731.jpg
午後1時半から観音様の法要に参加。お経の声に、ひたすら眠くなりました。
運転、設営、コンサートと気を張っていたからかな?張り詰めたものが溶けてゆく祈りの空間で、うつらうつらしていました。
d0024504_22552020.jpg
コンサートは、不思議でした。歌って話していると、八星が亡くなるという大きな試練を超えて来れた「杖」が、慈悲と叡智であることが
分かりました。八星に真実を伝え、共に目覚めてゆけるようにうたい続けることが、目の前の方々との縁を深め 新たなる精神性の輪をつないできたのです。

本堂に開帳された千手観音の慈悲と叡智が背中から ひたひたと伝わってくるようなコンサートでした。後半は、踊れや歌えやの世界に転じました。一体感が生まれ楽しかった。「観音様のてのひらで コンサート」は、もしかしたらもう10回くらい開催しているのかもしれませんが、今回ほど、観音様の慈悲を感じたことはなかったと思います。

夜、えゆう先生がお誘いくださって4人で温泉とお食事に行きました。とても楽しくて、お酒も少しいただいて、ご機嫌で気持ちよく眠りました。
翌朝の勤行は5時。いつものように、必ず目が覚めると信じ切って眠りました。

夢のさなかに「はっ!」と目覚めました。

びっくりしました。もう朝??

時計を見ると 6時45分を指していました。

わたしは、必要な時は 目覚め時計より早く目覚めるので、目覚めし時計はかけていませんでした。

本堂での朝の祈りは終わっていて、不動明王の塔での祈りの最後に なんとか間に合いました。

ここで、わたしは 忘れられない体験をしました。お弟子さんは、遅れてきたわたしにびっくりしているか、冷ややかな印象を受けたのですが、えゆう先生は、まったく変わらないのです。ジャッジがないのです。わたしは、朝の祈りの時間が大好きで、この時間を楽しみにしているし、寝る時も「では明日5時に!」とご挨拶して 眠りました。

わたし自身が起きれなかったことに、びっくりしているのに、えゆう先生の気配に変化はなく、咎める気配が微塵もない。

これは、千手観音と不動明王からの 今年のプレゼントかもしれません。ジャッジのないリーダーシップの在り方を肌で体験しました。今のところ、真似しようともまねできるとも思いませんが、この体験は 得難いものと感じました。

そして、普門寺の朝食を、えゆう先生と二人で親しくお話ししながらいただきました。
今年は、観音様の法要で眠くなり、朝のお勤めに遅れ、それなのに、しかし・・・今までで一番 先生は親しく接してくださってるのでした。

八星が亡くなった大波をそのまま受け入れ、自我を超えるしかなく、みんなが目覚めて行ける道を行こうとしていることを、観音さまがねぎらってくれているように感じたのでした。


18日、兵庫県赤穂市普門寺を出発して、広島へ。

遠~い・・・運転の疲れをプールで泳ぐことで調整。
ゆきちゃんと合流。ゆきちゃん、まだ乳幼児ののんちゃん、初めまして。3歳になったきーくん、ちょっとしっかりしたね。
この日は、ゆきちゃんがつないでくれたHOME SPRINGでコンサート
d0024504_00065592.jpg
開場を提供し、全面協力くださった里水さんが、「あわのうた」の動画をメッセージにつけてお誘いしてくださって、ゆきちゃん以外は、みな初めての方が聞いてくださいました。
話すこと、うたうことすべてが共感されていた心ほどけるコンサートでした。

聞き手に引き出されるってこんな感じ?感じるままにに話し続けて(笑)うたい、シェアリングも、わたしとあなたが豊かにつながってる時間でした。
d0024504_22543156.jpg

また来年!と再会を約束し、名残惜しいみなさんとお別れ。岡部明美さんつながりで、200年の古民家でコンサートを!というお話も出ていて、出会いが、出会いをつないでくれそうでうれしいです。

ゆきちゃん、里水さん、来てくださったみなさん、ありがとうございました。

19日は、広島から山口県宇部へ移動。やっぱり 遠~い。途中で泳いで体を整えました。

ところで、ガンジーとわたしは同じ誕生日なのです。
d0024504_22530446.jpg
自分のおうちでお母さまをスタッフに、コンサートを開催してくれる大胆さ。そして想いがまっすぐです。コンサートタイトルは、ほんとうの自分に帰る♪
d0024504_22541038.jpg
まさにアットホームなコンサート。83歳のお母さんの手料理をみんなでいただきました。ありがとう。お母さん。

発酵食品に詳しい男性と、お茶の先生と、ひびきの森のりえさんも親子で来てくださってありがとう。



【そして、今日の出来事はフェイスブックから転載しますね】


今日は、ツアー8日目、初めてのオフの日。昨夜は宇部のガンジーハウスでコンサートで宇部で目覚めました。

 一日の間に、突然思い立って動いて、いろんなことがありました。


まず、昨夜、まちこさんより「どうしても森に来てほしい」コールが。

...

21日の明日、山口はランプのお宿で、1年に1回の森の中で音楽や子どもたちの遊びのイベントがあるらしく出演をお願いされたときは、もう、大分でコンサートが決まっていました。

1年に1回なので、来年のために森を見に来てほしいと。


急だったし、今日移動する大分と反対方向だけど、行けないことはないので、朝、宇部を出て森へ。

まちこさんは明日のイベントの準備で忙しかったので、初対面の中国人の幸子さんと山の神さまをお祭りした場所へ山を登りました。

大きな石に神棚があり、その広場で踊って歌って、「天からの水」は、わたしの手の動きをそのまま幸子さんが真似て、本当に奉納らしいうたになりました。

d0024504_00263053.jpg


また みんなのところへ戻りました。


するとランプのお宿のオーナーが、宇部の病院へ車に乗せてほしいと言われるので、なんだか分からないけど、お乗せして、病院へ。

その方は なんと89歳!!足腰元気で マジシャンもされていて24年かけてランプのお宿を作り、里山を整えてきた話を聞きました。

コンサートをよく企画されてるとのことで、もうすぐやってくるミュージシャンの名前を聞いてびっくり。本應寺でよく顔を合わせるよく知った方ではないですか・・・。

病院には、ランプのお宿のマネージャー骨折で入院されていて、お会いすることに。

深い山で里山を守る活動をされて詩人でもあるお二人と偶然とは思えぬ出会いで再会を約束して別れました。


*****
そのあと、ガンジーハウスへ戻り、ここ数年、宿泊と食事をお世話になっている、ガンジーのお母さんを車に乗せて、ペットショップへ。


ガンジーは朝も早く、夜は遅いので、足腰が弱ってきたお母さんは一日 一人で家の中で暮らされています。一人の時間が長いことが、厳しそう。なんとかならないかな?と思っていたところ、数年前、「昔、小鳥を飼っていた」と楽しそうに話されたのが心に残り、インコを飼えばいいなあ~と思い、ガンジーに提案のメールすること3年・・。


今朝、お母さんと話していたら、わたしがプレゼントすればいいんだ!と突然閃いて、お母さんを車に乗せて、ペットショップへ。

可愛い ブルーのインコを選び、鳥かご、エサ、その他 必要なものを全部買いました。

「お母さん いつもみなさまのお世話をありがとう。」

d0024504_00260911.jpg


家まで送り、鳥かごを組み立てて、まだ幼いインコが夜、寒くないように、湯たんぽを入れ、餌を食べるのを見届けて、
宇部から、一路 大分へ。


大分に入る手前で、プールで泳ぎ すっきり。
明日のコンサートのためにコンディションを整えました。

******
このところ、血縁関係のない若者に家族のように接していますが、血縁関係のないお年寄りに、そのように接したのは初めてかも知れません。


お母さんは、インコの入った箱をとても愛おしく膝の上に乗せていました。

とても うれしかったです。


ハッピーインコ&お母さん ライフが始まりますように。



# by ainohanaMusic | 2018-10-21 00:00 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー5日目 神戸より

10月15日、愛知は鶴亀堂から、奈良県宇陀市の温水プールへ。
長距離運転も、人と毎日会う生活も、1キロ泳ぐことでバランスされる不思議。
たくさんの情報は一度水に流れて、新たな出会いに備えて空っぽのわたしに戻る。

奈良の公民館前で、夕方6時 庸平くんと再会。

わぁ~うれしいなぁ~
さあ、これから 庸平くんのパーカッションがNewCDの音源に加わるのです。
しかし・・・いきなり緊張したわたし。

初めての場所に、レコーディング機材を並べてつないで、エンジニアをするの。
近況を交わしながら、レコーディング機器を触っていたら、どうやって、目的の曲を出すのか?ド忘れした。

心を落ち着けて気を取り直して、使い方を思い出して(笑)・・・ビジョン♪からスタート。
エンジニアがいるときは(過去のアルバムは)、リラックスして、こうしてほしい、こんな音が欲しいと、イマジネーションが溢れて好き勝手な注文をしていたのに、エンジニア役を務めたら、音量の調整、いろんな細かいところに神経が向いて、アルバムプロデューサーとしての全体を見る目が出てくる余裕がないことに、ちょっとびっくり。

でも こんな時もあるさ。今回は、参加ミュージシャンたちの感性を信頼して任せて、おおらかに作ってゆく。すべて必然。

ビジョンをとる前に、庸平くんとミニ念仏、瞑想をして、八星に祈った。
二人で瞑想したらやはり世界は静寂に包まれて、集中力が蘇ってきた。
10時まであっという間だった。超わたしにありがとう、チャレンジパラダイス♪と3曲とりました。

庸平くんのたいこ、とてもいいですよ。アルバムできるのが楽しみです。ツアーの帰路 10月30日に 残りの曲を録音します。

そして、16日は 吉野の木の子文庫で、コンサート。
d0024504_00194769.jpg
13年前に出会った由賀ちゃんが、地域で本を通して人が出会えるコミュニティー作りとして、実現させたブックカフェは、素敵な空間です。小さい子連れのお母さんも、安心してくつろげる場所作りをしている。

この日も、小さいお子さんを二人連れた若いお母さんがコンサートに来てくださった。庭で子どもと遊びながら、ついたての向こうで、子どもをあやしながら、聞いてくれていた。
d0024504_00233762.jpg

コンサートの後、由賀ちゃんお手製のカレーを食べながら みんなで語らった。

「競争社会じゃないあたたかい家庭で子どもを育てても、社会で苦労するのでは?」というテーマについて、お父さんもお母さんも、我が子の自立には心を砕いているので、みんながそれぞれに思うことを熱く話していて、みんなのお子さんへの愛が伝わってきた。

わたしが、これから作って行きたいコミュニティーは、競争しない、助け合う、徹底的に助け合うことを生きれば、競争社会を超えてゆく感性が育つと、信じている。誰も孤立しないあたたかいコミュニティーを小さいところからゆっくりと作ってゆきたいと改めて思いました。

由賀ちゃん、来てくださったみなさん「初めまして また逢えたね ありがとう おめでとう」の素敵な時間をありがとう。

文庫を夕方出発して、温水プールで泳ぎ、買い物をして、今 神戸です。



# by ainohanaMusic | 2018-10-17 00:35 | 心の旅日記 | Comments(0)

ツアー3日目、愛知より

12日、夕方 長野は遊里庵を志織ちゃんと二人で出発。
 今回のツアーは、いろんな取り組みがあるので、準備するものがバラエティーに富んでいて、車が荷物でいっぱい。

①うた声ワーク(森の中へ入ってうたを自然界を通して生み出す
②ヘンプお守りアクセサリーつくり(麻と、天然石、ビーズで オリジナルな自分を輝かせるお守りを編む)
③コンサート
④レコーディング(ツアーの行きと帰りに奈良へ寄って、パーカッションの重ね録音CD「とうめいな音」プロジェクト)

また、各地の主催者へお土産も持っていきたい!最初の方の主催者へは 菊芋、サツマイモ、コスモスの花などを用意したり、
しばらく不在になるので、猫たちの餌のことを考えたり。(志織ちゃんが14日の夜帰るまでの餌・隣の猫たち9匹が猫ドアを覚えてしまったので 相当量を入れないと・・汗)

また、出発の朝気がついたのは、レコーディングの機械を持ち歩くので、アクシデントで機器が壊れたら、今までの録音がパァーになるので、朝から、現状の音のバックアップをとりました。慣れない作業だからかな?6~7時間もかかりました。


12日夜は、愛知は岡崎市の鶴亀堂へ。
いつもあたたかい、のぶさんとゆきちゃん。二人ともお仕事帰りでお疲れなのに、のぶさんの手作りのポテトサラダと長野から持参したお弁当を一緒に食べて、お酒も一緒に飲んで再会を祝いました。

13日の朝は、のぶさんとゆきちゃんと志織ちゃんと4人で、7時から 14日のうたごえワークの会場となる山の広場にご挨拶と、木の枝の片付け。
d0024504_12212417.jpg
この場所は、長年誰も入らなかった山奥の広場で、のぶさんがインスピレーションで見つけて、村の総代さんの許しをいただいて、うたごえワークの会場となりました。その後、台風で木が倒れ、石が道路に転がったりしたのをのぶさんが一日がかりで片づけてくれたそうです。のぶさん、重ね重ねありがとう。

名前を名乗り、挨拶をし、この場所へ入る目的を告げて、祈り、うたったら、視覚では見えなかった、光が 志織ちゃんのカメラの中には差し込んでいました。

久しぶりにやってきた人間たちを快く森は迎えてくれました。

********

8時に、鶴亀堂を出て、幸田町のcafe星の王子さまへ。
愛海ちゃんが東京から夜行バスで 駆けつけてくれて合流。

午前10時半から、大好きな自分に帰るヘンプお守りネックレス作り。

いつも いろんなプロセスを経て、みんな自分を輝かせる素晴らしいネックレスを編み上げます。
出来上がってみると、オンリーワンの個性の輝きは素晴らしいことが形に現わされることに感動します。サポーター志織ちゃん、愛海ちゃんも活躍してくれました。

d0024504_00171945.jpg
午後は、龍惺さんのメッセージ気功とのコラボコンサート
d0024504_12245741.jpg
来て下さった方の中には、仕事で疲れ果てていたのが、コンサートが始まると、即座に体が元へ(健康な状態へ)戻ったと感謝してくださった方、人間関係で頭がぐるぐるし自分を見失っていたのが、自分の決断と行動が、それでよかった!と腑に落ちて、爽快な気持ちになれたと話してくださった方がいました。気功とのコラボで空間自体がやわらかく、包み込むような柔らかさ、ユーモアのようなものに満ちていたような気がします。
d0024504_12252700.jpg
志織ちゃんと愛海ちゃん、わたしと3人で踊ると、みんなで動作を真似て 笑いながら一緒に踊りうたうシーンもあり、楽しく親しい空気で満たされていました。

まあやさん、龍惺さん、りゅうたさん、来てくださったみなさん ありがとう。

また、14日の主催の、お二人、泰子さん、あけちゃん 前夜から参加してくれてうれしかった。ありがとう。

片づけを終えて、鶴亀堂へ戻ったのが深夜11時。 帰ると、のぶさんが素晴らしく美味しい、中華丼を料理してくださり、深夜の晩餐会。
いつもいつも、ありがとう!!ありがとう!!夜は、犬のまるちゃんと一緒に眠りました。


15日は、鶴亀堂周辺の森で うたごえワーク
d0024504_12255580.jpg
これが素晴らしい時間でした。
d0024504_12263422.jpg
森の中で響かせる声に、森がどんどん明るくなり、動物たちや虫たちが活発に動き始めて。
最初は、元々日の当たらない、言葉少ない背の高い針葉樹の森の印象が、なんだか明るい活発な森へ違う世界に転じた感じがしました。
d0024504_12265987.jpg
森の中でのミニコンサートのあと、みんな 自分の場所を探し、森のあちこちへ散らばって、森から自分のうたを授かるのを待ちました。
d0024504_12264471.jpg
ランチは、鶴亀堂へ戻ると、のぶさんの素晴らしい手料理が。鶴亀堂のオーガニックの野菜をメインに、食べきれないほどの品数で、一品一品が素材も調味料も厳選されて、美味しい!美味しいと食べました。 心も体も満たされた感じでした。

残りの時間で、鶴亀堂の庭や和室で みんなが散らばり、曲を仕上げ。最後は発表会。
あまりに力強く、あまりにそのまんま、そして、意表を突く表現でもあり、笑ったり、感動したり、涙が出たり。

ありのままのわたしを歌と共に生きる、新しいステージの始まりでした。

さいごに、志織ちゃんのスイーツをみんなでいただきました。オオバコで作った和菓子に、柿ジャム。暮らしを感じられる優しいお菓子でした。

主催してくれた 泰子さん、あけちゃん、参加してくださった、みなさん、のぶさん、ゆきちゃん、志織ちゃん、愛海ちゃん
ありがとう。森とみんなで作った素敵な時間。

ゆきちゃん、森への送り迎え、駅への送り迎えを何度もありがとう!

また、やりたいな~うたごえワーク♥ 全国の森で 広がってゆくといいなぁと思います。

# by ainohanaMusic | 2018-10-15 13:06 | 心の旅日記 | Comments(0)

明日から月末までツアーへ

明日からツアー始まります。

今朝まで、姪の愛海ちゃんが遊里庵に滞在していました。

4年間、東京から遊里庵に通い、決意を決めて、11月1日から遊里庵に暮らします。大地に根差して暮らし、自ずと生まれたアートを発信してゆく。今でもユニークな愛海ちゃんが、自然の中で祈りのある日々の暮らしに清まり、目覚め、感性が伸びやかにひらいてゆくのが楽しみです。
d0024504_18481317.jpg
志織ちゃんと愛海ちゃんは愛知の二か所に凸凹楽団で参加します。応援に来てくださいね。
d0024504_18405113.jpg




10月13日(土)愛知県額田郡幸田町 吉本有里ワークショップ&コンサート・龍惺メッセージ気功


第一部)大好きな自分に帰るヘンプお守りネックレス&ブレス作りby吉本有里
(第二部) 吉本有里コンサート&龍惺メッセージ気功 
「いのちのメッセージ」  
会場 星の王子さま 愛知県額田郡幸田町芦谷幸田36 0564-63-5660
時間(第一部・ヘンプお守りアクセサリーワーク) 午前10時半~午後3時半
(第二部・コンサート&メッセージ気功)17時~20時
料金 (第一部)ネックレス8800円 ブレス 5500円(ミニコンサート、大好きな自分に帰るおまもり作りナビゲート、材料費)
(第二部) 5,550円(有里さんライブ&龍惺さんメッセージ気功1ドリンク付き)
お問合せ&お申込み
shop@hoshino-oujisama.com または 
お電話にて0564-63-5660
d0024504_12065082.png

10月14日(日)愛知県岡崎市鶴亀堂  うたごえワークショップby吉本有里 

会場 鶴亀堂周辺 愛知県 岡崎市新居町字平津形19-1
時間 午前11時~16時
料金 8000円(のぶさんのランチ・志織ちゃんのスイーツ&お茶付き)
定員 8名
お問合せ&お申込み 村上泰子 Email 
yasukolove1016@gmail.com ☎ 09042179680 

d0024504_14203694.jpg



10月16日(火)奈良県吉野町 はじめまして また逢えたね ありがとう おめでとう 吉本有里コンサート
会場 木の子文庫 奈良県吉野町三茶屋328-1   
料金 前売り 2000円 当日 2500円
お問い合わせ、お申し込み 上田 090-8212-2941

d0024504_12070942.png
10月17日(水)兵庫県赤穂市 普門寺 吉本有里コンサート~観音様の手のひらで~ 
会場 普門寺 尾崎825-2
時間 13時30分~14時30分 観音様の法要
         14時45分~16時45分 吉本有里コンサート
参加費 2000円(予約)2500円(当日)
申し込み先 0791‐42‐3669(普門寺)
        nijinouta-club★ezweb.ne.jp(★を@に)

10月18日(木)広島県庄原市『とうめいな音』が聴こえる 吉本有里コンサート
開場18:30 開演19:00
場所HOME SPRING 広島県庄原市西本町3-9-1
料金 予約2,500円 当日3,000円 プラス1ドリンクオーダー
予約 問い合わせ先 HOME SPRING 0824-72-0337 キノト 09080610374



d0024504_12070291.png
10月19日(金)山口県宇部市ガンデイーハウス 吉本有里コンサート ー ほんとうの自分に帰る ー 
日時:2018年10月19日(金) 18:30~
会場:ガンデイーハウス
   山口県宇部市大字東岐波5513-4
費用:予約¥2,000-(当日¥2,500-)
■お問合せ&お申込み 090‐8600‐4061(正司・ガンディーハウスオーナー)
d0024504_18593322.jpg

10月21日(日)大分県宇佐市 ほっこり温か 命の歌コンサート
会場 カフェ&ギャラリー つむぎの森 
大分県宇佐市末1184             
時間 13時半開場 14時開演
料金   3000円  (ワンドリンク付き)
お問い合わせ・お申し込み先  奈良祐子 080-5205-9667
改築して6月にオープンした、古民家カフェつむぎの森で、有里さんの心温まる歌声を 体に染みわたらせてお聴きください
d0024504_18532023.jpg


10月22日(月)大分県中津市 吉本有里ライブ~心が平和になるために~パートone~
会場 厳浄寺 大分県中津市耶馬渓町川原口393
時間 14時開演~16時ころまで
参加費 大人前売り1800円当日2000円、中、高生千円、前売り、当日共小学生以下無料。
お問合せ&申し込み先、09025824662、村上和代。または0979542229(厳浄寺)
※軽食、スイーツ、珈琲の出店予定です


10月23日(火)大分県中津市 吉本有里ライブ~心が平和になるために~パートtwo
会場 厳浄寺 大分県中津市耶馬渓町川原口393
時間 18時開場 18時半開演~20時半まで
参加費 大人前売り1800円当日2000円、中、高生千円、前売り、当日共小学生以下無料。
お問合せ&申し込み先、09025824662、村上和代。または0979542229(厳浄寺)
※軽食、スイーツ、珈琲の出店予定です(^^;

10月24日(水)北九州市 ハッピー田原 いのちの真ん中を生きていこう吉本有里コンサート

会場 ハッピー田原 北九州市小倉南区田原一丁目7-26
時間 午後2時から
料金はドネーション
お問い合わせ先、090-8357‐9074 一丸由香

10月26日(金)長崎県愛野町 吉本有里~とうめいな音~コンサート
会場 愛野山本美術館
開場 午後1時 開演 午後一時半
前売り券 2500円 当日は3000円(ドリンク付)
お申込み 090-8411-9509(川内)

10月27日(土)長崎県小浜市 吉本有里~とうめいな音~コンサート
会場 小浜カフェサンマルツァーノ
午後6時 開演 午後七時半
前売り券 2000円 当日券 2500円
お申込み090-8411-9509(川内)


10月28日(日)長崎県口之津町 吉本有里~とうめいな音~コンサート
会場 真乗寺
開場 午後7時 開演 午後7時半
前売り券 2000円 (ドリンク付き)
お申込み 0957‐86-2204(真乗寺)090-8411-9509(川内)
d0024504_12065682.jpg

# by ainohanaMusic | 2018-10-11 18:27 | 心の旅日記 | Comments(0)

八星3回忌・東伊那SORAでのコンサート

10月6日、八星の三回忌。生きていれば22歳。 

前夜、姪の愛海ちゃんが八星の肖像画版画を持って高速バスで駆けつけてくれた。
6日は、八星と同級生のお母さんがお線香をあげに来てくださった。午後は、宮崎のTさんが、旅の途中に寄り三回忌に参列してくださいました。
d0024504_20114970.jpg
とてもいい時間だった。仏壇に飾ったコスモスの花が、ものすごく元気だった。花びらが八枚のコスモスは八星のシンボルのように感じる。今日は張りきっているなぁ。

この2年で、わたしは、自然と共に生きる暮らしから生まれるアートのコミュニティー(受け皿)を形成した。八星を失った悲しみが、目の前に現れる若者たちの成長と進化を願う無私な根気のある愛情となった。愛海ちゃんは11月1日には遊里庵に移住してくる。

東北震災で3年、ボランティアとして活動の経験のあるTさんは、数日滞在してくださり、支障が出てきた遊里庵のハード面を整えてくださった。若手たちのリーダーになってチェンソー、草刈り機の使い方の基礎を教え、大工仕事のプランの相談にも乗ってくれた。愛海ちゃんも志織ちゃんもよく働いて、どんどんパワフルに。遊里庵の水路に水が流れ出したのが画期的。10年間も排水路が滞っていたのだが、Tさんはつるはしで大きな石も除いてくださり、水路に傾斜を作ってくださった。
d0024504_20112859.jpg
そして8日は東伊那公民館主催の古民家soraでのコンサート
d0024504_20120987.jpg
古民家の2階の素敵な空間に、感動。こんなにきれいにリフォームされた古民家は見たことないかも?

20名くらいの方々が集まってくださりコンサートの始まり。志織ちゃん、愛海ちゃん 凸凹楽団の息がピッタリ。一緒に泥だらけになって働いて、勤行、シェアを共にし、畑にも行き、ご飯も一緒に料理し食べたから、絆が生まれた。表情が生き生きしている。
d0024504_20123112.jpg
コンサートのあとのシェア会、よかった。
出会いは偶然ではない。
同じ地域に、共通点の感じられる、心がつながる方々と集えて和んだ癒しのコンサート。
公民館のみなさん、SORAのご夫婦、集まって来て下さったみなさん ありがとうございました。これからも よろしくお願いいたします。
志織ちゃん、愛海ちゃん 楽しかったね。また、やろうね。


# by ainohanaMusic | 2018-10-09 20:53 | 心の旅日記 | Comments(0)

9月29日、岡部明美さんとのコラボトーク&ライブ

報告が遅くなりましたが、9月29日、駒ケ根市のcafeヴァンドールで金山明美さんの主催で、カウンセラーであり作家の岡部明美さんとのコラボトーク&コンサート「いのちの真ん中」が実現しました
d0024504_22064485.jpg


金山さんが、敬愛する岡部明美さんを駒ケ根にお呼びした講演会を聞きに行ったのが7月6日。その自然体で静かで説得力のある講演に魅了されました。なんと!翌日7月7日には遊里庵のオープンハウスには、金山さんが岡部さんとお仲間と共に来てくださり、コンサートで一緒に髪に葉っぱを飾って踊って歌って(笑)楽しい時を過ごしました。

そして超スピードでコラボ企画のお話が進み、その2か月の間には、明美さんの著書を読ませていただきました。出会っている人脈や思想(生き方)に共通点とシンクロがたくさん見られて、また、物事を深く観察して真正面から乗り越えてゆく歩み方に他人とは思えない、親近感を感じました。屋久島に暮らしていた詩人、山尾三省さんの出版されたばかりの本を21歳の時読んだ感覚をなぜか思い出しました。三省さんとは、やはりその後、ご縁が続きました。

29日のコンサートは、不思議な感じでした。わたしは、5曲しかうたわなかったのですが、みなさんがいつもよりずっと深くうたを味わってくださったのが分かりました。明美さんが話し、わたしが歌い、明美さんが話し、2時間はあっという間で、その後集まった皆さんとケーキと飲み物をいただきながら一人一人がお話ししたのですが、人生が交差し味わい振り返って、昇華していることが みんなで同時に起きてるような感じでした。
d0024504_22072935.jpg
主催の金山さん、遠方からはるばる集まってくださったみなさん、明美さん、ありがとうございました。サポートの志織ちゃん、かろうじて終わるころ間に合った愛海ちゃんもありがとう。

岡部さんの本、お勧めです。人生という与えられた旅が深くなるきっかけになるかもしれません。読んでみてくださいね。コラボトーク&ライブ、来年の1月、南アルプス市で第二弾が実現しそうで楽しみです

d0024504_22121687.jpg





# by ainohanaMusic | 2018-10-08 21:56 | イベント | Comments(0)

てんやわんや日記も 進行中

てんやわんや日記が始まって、とてもいいことが立て続けに起きている。

ひとつは、しおりちゃんへのメッセージが急に入るようになったらしくて、本人がとても喜んでいること。

今まで、彼女は人と接する時、普通に見せることに自分のエネルギーのすべてを注いできたらしい。

たとえば、相手の質問の意味が分からなくても、相手が答えて欲しいであろう言葉を、過去の聞いたことのある記憶データーから、適当に検索して口から飛び出してくるような感じで、対応していたらしい。

しかし、その涙ぐましい努力の結果としても、「普通じゃない」というミスが起きた時、いたたまれなくて、誰とも長い付き合いができなかったという。

でも、今は、もう自分のことをありのままで分かったみんなが、話しかけてくるわけだから、自分を作る必要がなくてとてもハッピーな安らいだ顔をしている。よかった良かった!

二つ目には、お母さんが、しおりちゃんの発達障がいを知って、昨日、電話で話せたこと。

「辛かったでしょう?」とお母さんは、しおりちゃんをねぎらってくれて、しおりちゃんは さらにリラックスした。

******

わたしは、もうじき、コンサートツアーに出るので、そろそろ書くのがスローダウンするかもしれないのですが、

しおりちゃんの書く勢いは すごいなぁ。

ふたつ また 更新しています。

よかったら 訪ねてくださいね。




違う話に書き換わる


自然と触れ合うこと お散歩すること




# by ainohanaMusic | 2018-10-05 21:13 | 心の旅日記 | Comments(0)

NewCDとうめいな音 進行中

9月18日&19日に 杉丸さんのピアノと真弓ちゃんのハープとわたしの仮うたが入った10曲が録音できて、
その後、時間を見つけては、わたしのバイオリンとコーラスを重ねています。

思いがけず、新曲「目覚めを見届ける」と「ミントの花」が録音できてしまい、エネルギーが新しく、大切なメッセージになっていて、
杉丸さん曰く、「これ入って完成だよ。」ということで、全曲で16曲、時間は78分と超長くて、いろいろな可能性をあたためていました。

①超長い作品にする。(たぶん曲間入れたら80分)
②2枚組アルバムにする(40分2枚)
③2枚別売、同時リリースにする

しばらく①が優勢だったのですが、

アマチは「長すぎる。アルバムとしての特色(ストーリー)が掴みにくい。」というし
しおりちゃんは、「わたしは、車で聴くから長いとCDを変えなくていいから助かる。」と言ってて。

わたしは?両方 わかるなぁ。

それで、全曲並べてみて、曲順を試行錯誤していたら、2曲はじかれました。
流れの中に要素として、今回は入れにくいと感じる曲がありました。

おもしろいですね・・。なので、イメージどうり14曲1時間6分。
アルバムは約60分として、1曲は ボーナストラックで 最後にいれる予定です。
d0024504_20360070.jpg
10月12日から 九州方向にコンサートツアーです。

その行きと帰りに 奈良で庸平くんのパーカッションを重ね録音します。庸平くんのパーカションとてもいいんですよ。たのしみ。

そして、11月に、shinさんのベースとギターの重ねをして(shinさんの音もとても良くって)、わたしのうたを撮り直すものは録り直して、ミキシング。マスタリングへ。いつもは、完成度を目指して、うたは何度も録り直すのですが、今回は仮に軽く歌った感じが 逆にいいのでは?というフィーリングも来ています。最初の録音のままでオッケーにしよか?と思う歌もあって、いつもと違うアルバムになるかも? 杉丸さんは歌いながらピアノ弾いてるから声が入っちゃってるし(笑)椅子の音もしてるけど、それもまた 目の前で演奏してるみたいな存在感があるのです。

音が見えてきたら、ジャケットの絵を依頼しようと準備中です。

時間がかかってますが、予約してくださったみなさん、お楽しみに。

また、先行予約受付中です。予約下さると制作の助けになりますので、どうぞ、よろしくお願いいたします。


************
ここ数日で、バイオリンとコーラスを乗せた曲は、


君を想う♪
チャレンジパラダイス地球🌏
君はなぜ?
人生終わりはハッピーエンド♪
心を大きく動かさないで♪
目覚めを見届ける♪
ミントの花♪



パーカッションとベースを入れてから どんな音を入れるか、あるいは、シンプルで行くか、仕上げ方の方針は、 流れに任せる曲は


池間の海♪
ボーダーを超えて
うたと子猫と山々と♪


そして

2曲ほど次作へ回そうと思っている⭐️


その曲は
ビジョン
光送りのうた



いいアルバムになりそうです。みなさん、聴いてくださいね。



# by ainohanaMusic | 2018-10-05 20:47 | 心の旅日記 | Comments(0)

八星の3回忌

明日10月6日、八星の3回忌を迎えます。

2年前の5月に家出した八星が5か月ぶりで帰ってきたのが2年前の10月3日で、すっかり成長してまろやかな味の出た八星にすっかり安心した。偶然は重なるもので、10月2日、長男のアマチが遊里庵に東京から帰郷&移住してきて、たくさんの段ボールが玄関を占領していて、八星は八星で、スタートしたばかりの京都一人暮らしのアパートへ、自分の荷物を送ることになっていた。家を飛び出して、5か月バイトして貯えたお金で、念願の京都の一人暮らしが始まって3週間。出てゆく次男と、帰ってきた長男の交差した二日間は、かけがえのない家族の時間だった。

出て行かれる母としては寂しいが、あえてなにも言わなかった。彼は5か月前に大立ち回りをして出て行ったのだ。それほど、出て行きたかったんだ!と母は大ショックだったが、やっと受け入れられるようになった。ここは、じっと我慢。またゆっくり話せることもあるだろう。5か月ぶりの再会で、話さなくても分かったことは、お互いに相手に対してもう怒っていないと言うことだった。

畑の野菜をふんだんに使って料理した食事を、とても嬉しそうに食べてくれた。今思えば、八星は、その時、躓いていて、ほんとは、帰ってきたかったのだろう。わたしは、八星が出て行ったときに言い放った言葉にとらわれ過ぎていて、一方で、八星は一度、言い出したことを覆すことができずに相談する機会を逸したのだろう。

あの日の翌日、八星が京都に帰って、そのまま帰らぬ人となったことは、わたしの中では全く納得がいっていない。でも、出来事をまるごと受け入れるしかないので、過去を変えることはできないけれど、未来は変えられるので、今、生きている、生き辛い若い人たちを受け入れるようになった。どんな個性でものびやかに開花して 最後まで幸せに生きてほしいと願っている。

10月6日 明日の3回忌は、

午後1時から 法要
2時半~八星と共に、コンサート

どなたでも 参加できます。八星を感じながらゆっくり過ごしましょう
d0024504_20065049.jpg
八星のお墓(祈りの塔)の周りを囲むように コスモスと猫じゃらしが生えています。
コスモスは、あたり一面に 昨年 種を播いたのですが、八星の塔の周りにだけ咲きました。

正面は猫じゃらしの軍団が咲いていて・・・
どう?僕も なかなかやるでしょ?(ユーモアのセンスのあるいいデザインでしょ?)と言ってるような気がします。

猫じゃらしで猫たちと遊んで、両側にお花ということで。



# by ainohanaMusic | 2018-10-05 20:10 | 心の旅日記 | Comments(0)

志織ちゃんと有里の日常~てんやわんや日記~スタートしました

志織ちゃんが遊里庵にやってきて、1年5か月が経ちました。

熊本のワークショップに参加したとき、家出旅をしている表情の硬い若い女の子が気にかかりました。

次男の八星も、やはり家出をしていて どこで誰にお世話になっているか知れないから・・・良き人たちと出会い守られますように・・という気持ちが重なり、志織ちゃんに声をかけたのだろうと思います。

そこからてんやわんやな日常が始まります。1年、4か月目にやっとわかったのは、彼女は、ADHDと自閉症スペクトラムの両方で、様々な出来事を理解&対処できないまま、必死で周囲に合わせて生きてきたのです。孤独と生き辛さ、生き延びてゆくための独自の方法を彼女は編みだしていました。

発達障がいと気づく前(暮らし始めたその日)から、わたしは志織ちゃんのコミュニケーションを図るために、膨大な時間とエネルギーを注ぎました。

なぜ、こんなことになるのか?分からないままに、注ぎました。注がない限り、彼女は「独り」が一番居心地が良く、田舎にいても自然界やわたしから影響を受け変容する可能性は少なそうでした。

1年5か月で、志織ちゃんは見違えるほどに元気に明るくなりました。

ありのままで人と繋がり、役に立ち、愛される人生をみんなが受け取れる。

みんなが自分らしく肩の力を抜いて生きれば、動植物も、微生物も 尊重され、愛されて、いのちの満ち満ちる世界になるのではないでしょうか?

*********
しおりちゃんとわたしの「てんやわんや日記」よかったら、訪れてみてください。

毎日が試行錯誤で、精一杯の今ココ。 そんな日常を、わかちあって、つながってゆければ幸いです。

9月に長野は小谷村で開催された「メンタルヘルス大学」にシンガーとして参加した時、講師の松浦幸子さんがフィンランドの小さな病院から世界に広まりつつある「オープンダイアログ」という療法を紹介してくださいました。8割社会復帰しているという素晴らしい結果を出しています。心を病んだ方たちへの療法ですが、これは生き辛い方たちすべてに当てはまるのではないか?と感じました。

オープンダイアログは、本人のことを、本人抜きでは相談しないのです。お医者さんと家族、本人をサポートするみんなが対話して、みんなが試行錯誤しながら関係性を育ててゆきます。

わたしは、この日記はある意味でのオープンダイアログ(ひらかれた対話)ではないか?と感じます。

すべてのいのちが尊ばれて つながってゆきますように。


志織ちゃんと一緒に書くブログを 開設することを提案してくれたのは、伊那谷で出会った金山明美さん。 彼女は有能な施術師で アスペルガーでもあり、生き辛さを乗り越えて天職と出会い活躍されています。


またブログの名前をつけてくださったのは、カウンセラーで作家の岡部明美さんです。若くしてビジネスに成功。高収入のキャリアウーマンでしたが、心身がバーンアウトされて危うくいのちの危機を生還し、カウンセラーとして活躍されています。


お二人から背中を押されて てんやわんや日記はスタートします

d0024504_13365223.jpg

**********

しおりちゃんが遊里庵(ゆうりあん)にやってきた

家出を繰り返す

オウム返し



# by ainohanaMusic | 2018-10-02 13:42 | 心の旅日記 | Comments(0)