愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

新月の集い in 法多山

8月11日 法多山
d0024504_22304293.jpg
とてもいい風が吹いていた。
志織ちゃん曰く。「○○さんが、有里さんのうたと風がコラボしていた」と。

助産婦の高橋美穂さんとのコラボ、志織ちゃんとのコラボ、風とのコラボ、みんなの祈りとのコラボ

この日は偶然が重なって、集った人は「あれっ?なぜここにいるの?」なんて・・・一人一人が知らずして、チームのようなみんなが集まっていた。
d0024504_22284027.jpg
ここ法多山は、自然豊かなお寺、参拝する人たちが外をぞろぞろ歩いているし、「ごりやくカフェ」なんて心くすぐられる名前のcafeもあるの。わたしたちは、美穂さんのおかげで、広々とした和室を占領してコンサート。
d0024504_22311172.jpg
美穂さんのトークは情熱にあふれていた。なぜ看護婦にならず、助産婦になったのか、そして、なぜ助産院を建てることにしたのか?
その気づきは、真実の生き方、一人一人を尊重し、愛のある生き方を求めたから、ほんものと出会い そこをまっすぐ目指すようになったのだと思う。

お産は、子育ての始まりで、助産院は、子育て中のお母さんも支えてゆく終わりのない、始まりの場所。と美穂さんは言う。それは、お母さんたちにとって、心強いこと。来年オープンするお茶畑助産院、素晴らしい助産院になること間違いなし。出会えてよかったなぁと、つくづく思いました。
d0024504_22294717.jpg
美穂さんが、体に優しそうなお弁当をお友だちに注文してくれて、みんなで輪になってランチタイム。
わたしは、久しぶりに再会した懐かしい友人と近況交換しました。
d0024504_22291945.jpg
そして、マイクを回して、ピンクの紙に書いた「新月の願い」をシェアしました。口に出せば、叶う確率は高まる。
わたしは、newCD「とうめいな音」のミキシングしてくださるエンジニアと出会うことが まずさしあたっての願いでした。

なんと、コンサート終了後、エンジニアの方とつないでくださるお話が・・ありがとうございます。

また、みんなの願いは、素朴だったり、ユニークだったり、希望に満ちていたり、いろいろでしたが「等身大」という共通点がありパワフルでした。

また、志織ちゃんが長野から自主的に手伝いに駆けつけてくれて嬉しかったです。お友だちが3人来てくれていました。

また、お茶畑助産院がスタートしたら、オープニングコンサート&トークのコラボができたらいいな。ふるさと静岡に素敵なつながりが生まれました。

美穂さん、志織ちゃん、来てくださったみなさん、チラシを作ってくれた英嗣さん、美穂さんを紹介してくれた春恵さん

ありがとう。楽しかった♥
d0024504_22300807.jpg


# by ainohanaMusic | 2018-08-15 00:58 | 心の旅日記 | Comments(0)

静岡へ

8月9日 長野を出発して静岡へ。
リトリートの間、畑の草刈りをしていなかったので8日、9日、汗だくになって草刈りと収穫。
父には、なるべく無農薬の遊里庵の野菜を食べてほしい。

あれも、これもと車に積み込んで、地元のスーパーで、実家になさそうなアレコレを買い込んで、高速に乗ると・・・方向違い。
また、駒ケ根に戻ってしまった。気を取り直して、再び高速に乗り、一路静岡へ。

藤枝市の実家に着いたのは、夜8時は過ぎてた。父は、自分の部屋でテレビを見ていて出てこないし、わたしは、台所の掃除に取り掛かるとエンジンがかかって、ご飯も食べずに、洗面所もお風呂も掃除して、11時になってしまった。父は意外と元気そうな声をしていて安心した。7月は来れなかったから、一人暮らしの習慣から、人と共にいるモードへの切り替えに時間がかかっている。

夜寝る前に、テルミー温熱療法をした。父の体調がこれで少しわかるし、父もしゃべりだす。子どもたちにも、自分にも、旅で出会う方々にもテルミー療法は、柔らかくあたたかく、喜ばれて、つながる時間を紡いでくれた。

10日、朝からたっぷりお料理。父にとっては、2か月ぶりの家庭料理かな?。素材は、新鮮な遊里庵の野菜。暑くて仕方ないからフルーツもたっぷり。これでいいかな?と出来上がった後も、カルシウムもとってもらわなきゃとヒジキの煮つけを作り足し、「あっそうだ、お父さんは味噌汁が好きだった!」と味噌汁を作った。         
d0024504_23435961.jpg
ところで、こんな風に書いているとさぞかし、仲のいい親子と、思う方もいらっしゃると思う。
こんなふうに父の為に動くようになったのは、2000年以降(カリフォルニアから日本に戻ってきて)から。それまでは、父は
わたしにとって、ただ怖いだけの存在で会話することすら考えられなかったが、今では その状況を想像することの方が難しい。

人は、自分の中の無償の愛と出会うように導かれ、後戻りすることはないのだと思う。

フェイスブックに そのことを少し書いているので、転載しますね。

【8月12日のフェイスブック記事】

猛暑・・エアコンが生きてるのは父のいる4畳半のお部屋だけで、居間も二階もゆでだこみたい、大汗をかいて 物を整理し、掃除機をかけ、雑巾がけ。トイレも台所もきりがないけど、料理 洗濯も平行。

いま、一人暮らしの父のいえ 静岡。


父は87歳。...

自然派の父が、一人暮らしになり、電子レンジを多用し、
洗濯石鹸が、普通の洗剤になり、ご飯を炊かなくなり、プラスチックの入れ物の一人用ごはんをチンするようになり、

そこを たまーに来るわたしが、洗濯せっけんを買ってきて洗濯をし、ご飯を炊き、掃除をする。とにかく、物に囲まれて どう掃除していいか分からない 本がいたるところに積まれているおうち。


南無阿弥陀仏(根源なる光にお任せします)というマントラが、いつのまにか わたしの心に宿り、やるときはやれることをやるけど、あとは、無限なる宇宙にお任せするようになり、損得 勝ち負けを超えた 天の声に素直に動くようになったことが不思議。


********

わたしは、父に愛されていると思ったことがない幼年時代を過ごしたけれど、愛されたいという思いを手放した。
他者に関心のない父は、そういう人なんだと諦めて、父にできることをできるだけすると決めてから、父の愛を感じるようになった。


「ゆりこの作る料理はおいしい。」とか
「おいしそうだ。」
「ありがとう。」と
このごろ父は言う。


掃除しても洗濯しても草刈りしても、気がつかないみたいだけれど、

気がつかなくても いいの。 まったく気にならない。

そのとき わたしのできることを 勝手にやってるだけだから。


父がしてくれたことに対してのお返しをしているわけではなく、わたしができることがあると気がついたから始めた。


13年+2年 合計15年、勘当されて縁が切れていた年月が
わたしのやる気を引き起こしたのかもしれないな。縁は自分で作るもの。


自分らしく生きて また出会えていることに感謝

d0024504_23574784.jpg
    (これは、8月13日、志織ちゃんが実家に泊まった翌朝の風景、一緒にブランチを作って食べている)


# by ainohanaMusic | 2018-08-14 23:49 | 心の旅日記 | Comments(0)

長男と青木クリニック・ふしぎ治療院へ

夏のリトリートが開けて8月7日、志織ちゃんと天地と縁側に並んでゆっくりブランチを食べていると、「このところ2か月くらい体調が悪い。」と長男、アマチが言う。そういえば、夜寝ないで仕事をしていたアマチが、「眠ろうとしても、なかなか眠れない。」と言ってた。あれっ?そこそこの時間で布団に入るのも珍しいし、眠れないのも変だな・・と気になっていた。

原因の分からない、体調不良は心配だな・・。「アマチ、富士宮市に青木クリニックっていう、病気の原因を突き止めてくれて確実に治せるクリニックがあるんだけど、そこ行こうか?体あっての仕事だからね。」

善は急げ、数時間後には、青木クリニックに向かって車を走らせていた。急ぎの用事のない日は限られているから、リトリート明けの休養日は、体がお疲れ気味ではあるけど 出かけられる。チャンス。

往復ほとんどノンストップ、6時間以上運転して、青木クリニックへ行ってきた。

見事に原因を見つけ出す凄腕先生。「あの先生、怪しく手を動かして、なにしてたの?」と疑っていたアマチも、出された漢方を飲んだら、「体が軽くなっている。」と驚き、処方された薬を欠かさず飲んでいる。指導された食べていけないものは牛乳及び、牛乳の入ってる可能性のある加工品すべて。

わたしが、咳がひどく止まらなかったとき、わらをも掴む気持ちで、青木クリニックに来て、帰る時には咳が半分におさまり、食事の指導(わたしはココナッツオイル以外のオイル、農薬、牛乳をとると体調を崩しやすいと指摘されて、)を実践したら、残っていた咳が完全に治ったことをアマチに伝えた。体調不良の原因は、意外なところにある。

アレルギー源となるものは、食べ物の他、電磁波や重金属、界面活性剤など、人によって異なるらしい。

アマチはチーズもパンも(市販のパンはほとんどが牛乳が入っている)好きだから文句を言っていた。
「減らすくらいでいいでしょ?」しかし、家に着いたら、自分の部屋にあった菓子類(加工品)を全部、自分はたべないと持ってきたから、治ると分かっていたら、体調不良の原因を作るものには、執着しない。

自分の心身を弱らせるものが何なのか?知ることは大切だな・・。東洋医学とか代替え療法とか、祈りとか、人と心をシェアすることとか、自然と語らうこと・・アマチには怪しいと思える母の世界の一端を、偶然分かち合えるチャンスに恵まれて、ありがたかった。大多数が常識と思っていることが正しいわけではなく、誰の儲けにもならない、治療法や真実が世界に溢れている。洗脳を溶き、目を覚まそう。

帰りは、わたしもさすがに眠くなり、居眠り運転にならないように、アマチに協力してもらった。

アマチが母から仰せつかった仕事は、「しりとり」のお相手。笑 意外と楽しかった。結果は?わたしの負け。途中で、温泉により、そばを食べて・・・

・・・・いい一日でしたね~。


# by ainohanaMusic | 2018-08-14 23:17 | 心の旅日記 | Comments(0)

思い出だけでは終わらない。自分で作り分かち合う豊かさを知る


8月1日 スタッフ集合。

スタッフに来ることになっていたMさんが、来れなくなったと連絡が来た7月14日、大阪から遊びに来たやっこファミリーが、奇跡的にスタッフに来てくれることになった。誰も考えていなかった思いがけない流れ。大いなる流れに運ばれてきている。

スタッフの集った初日には、畑と神社に行って、この日に三日間のスケジュールと献立を相談。

子どもたちは、派手に兄弟げんか。すべてがストップしてしまうが、感情を爆発させた後、二人は仲良く一緒に遊ぶ。共に暮らすって豊かだな。親以外の大人が介在することで、子どもたちも視野が広がり成長するし、子どもの存在を忘れているわたしたちは、忘れていた世界の全体像を思い出す。
d0024504_21313117.jpg
                 (出会ってすぐに遊びだすこどもたち)

8月2日は、朝の勤行、シェア、お掃除と買い出し、温泉へも行った。二日間でスタッフ同士が知り合い、場所に馴染み、3日間の準備をする。すごいスピードで、関りの薄い個人主導の世界から、お互いを知り、自然体で融合し助け合う価値観のワールドへ、みんなで変容してゆく。

8月3日、参加者大人二人、子ども3人をお迎えしてリトリートの始まり。全体では大人5人、子ども5人。
夕の勤行、シェア、ミニライブ、畑に寄って、高烏谷神社へ参拝。温泉へ行って夕ご飯、そして、シェアリング。
初日から盛りだくさん。たった4日間しかない。なんどか本質へ近づくシンプルな取り組みを繰り返す積み重ねが、微細な感覚の扉を開く。
d0024504_21314806.jpg
(リトリートの始まり始まり)
d0024504_21345976.jpg
8月4日、起きて、お掃除タイム、その間にスタッフたちが朝ごはんを用意して、縁側で朝ごはん。
そのあと、祈りと瞑想、シェア、ミニライブの時間がある。念仏、瞑想は本来感覚を呼び覚ます浄化の時間だ。
初めてでも、それぞれにユニークな手応えがあり、それをそれぞれの言葉で話してくれる。

午前中は森時間、それぞれの森と対話する時間を持つ。森の中でひとりになって1時間過ごす。ほとんどの方は「あっという間に1時間たってしまった。」と言う。森と交流している時間は、広く深く豊かだ。幼いときに、泥んこや雨と遊んだように、大人も自然界と戯れるとき、自分の心身が計らわずして宇宙とつながる感覚を持つ。蘇るいのちのながれ。 ランチは、そのまま森で。
d0024504_21321034.jpg
d0024504_21323307.jpg
午後は子どもたちがヘンプのお守りネックレスを作った、その間、Yさんが、男の子たちと自然体で遊んでくれていた。6歳の男の子は、嬉しそうだった。良かったなぁ。女の子は仲良しグループになっていたし、みんなが自分を大切にしてくれる人と出会えているコミュニティー、そのような組み合わせで、10人はバランスされていたことが、なによりのギフトだった。
d0024504_22225362.jpg
夜のコンサートには、女の子たち3人が衣装を着て参加。楽しそうに踊る姿は、お母さんたちにも、わたしにも とてもうれしい。伸びやかな踊り、踊ったあとの笑顔が半端ない。
d0024504_21332846.jpg
2歳の男の子が、マイクを話さない。初のコラボ。からだ中にエナジーが満ちて、
あまりにパワフルで神がかっていた。
d0024504_21330755.jpg
夜は、離れの蔵の2階でシェアタイム。母屋は、子どもたちの喧騒。静かに分かち合える貴重な空間。
蔵の1階は長男がアトリエにしているが、この時間だけは、母屋のわたしの部屋に移動してもらった。リトリートの要であるシェアタイムは、感情が出ても気兼ねなく叫んだり、泣ける空間がいい。長男がいつの間にか占領した部屋は3部屋あるが、リトリートの間だけは、それぞれの部屋を元々の家の目的に沿って使わせてもらった。長男に、わたしのやっていることを説明するいい機会になった。

8月5日、与田切川の上流へ
d0024504_21355053.jpg
d0024504_21344334.jpg
d0024504_21351267.jpg
d0024504_21360366.jpg
d0024504_21361411.jpg
d0024504_21352497.jpg
d0024504_21354195.jpg
d0024504_22364439.jpg
d0024504_22381255.jpg
この一日は、言葉がいらないくらい。壮大で気持ちがいい。この日は朝から 安曇野のまっちゃんが軽トラでサポートに来てくれて 助けられたー。

こども3人連れて参加してくれたUちゃんは、「世の中に溢れている、娯楽施設が、働いたお金を落とさせるためのまやかしであることに気づいた」(言葉は違ったけど)とシェアで語った。

そう、インデアンサウナは、必要なものは、シンプルなものばかり。気兼ねなく火をおこせて、飛び込めるきれいな川と、竹とビニールタープと紐、しゃべる、ばけつ、じょうろ、マッチ、薪があれば 誰でも楽しめる。

でも、これって、みんなで一日がかりでやらないとできないの。事前の準備もいる。薪を集め、石を集め、テントを作り、火をおこし、火の番をして、熱く焼けた石を運び..
etc...

一日がかりで 太陽の下、水と火と砂に遊ぶ。これほど豊かなことはない。
大人たちは、熱いサウナテントの中で、メロディーを大地へしみこませて、熱い石や冷たい川は、わたしたちを浄化し、生まれ変わらせてくれる。遊んで遊んで、本来の自分の感覚を取り戻す。大地とのつながり。人とのつながり。子どもたちをみんなで育てる自然な輪。
d0024504_21363759.jpg
川へ着くと、挨拶、帰る時も挨拶、そして踊るの。
自然界の精霊たちは、うたも踊りも大好きだし、何者か分かれば 天気もなだめてくれて いつも穏やかに遊ばせてもらっている。

8月6日 最終日、朝の掃除、朝の勤行、シェア、コンサート、そして特別に、希望者は次のCD「とうめいな音」にレコーディング参加してもらいました。
d0024504_19094428.jpg
楽しかったなぁ~準備から5泊6日。
来年も会おうねって、みんなで言ってた。
d0024504_22522685.jpg
リトリートが暮らしになればいいなって思っている。
暮らしから生まれるアート、凸凹コミュニティー
赤ちゃんからお年寄りまで、みんなで作る。手間暇かけて作る暮らしがアートであり、あたたかい分け隔てのない人の輪もアートであり、
勃発する喧嘩と、なにげに知恵を授ける愛の介在もアートである。


*********************
  ◆遊里庵(ゆうりあん)と大自然と遊ぶ、本来の自分に帰るスペシャルな催しに来ませんか?★  ご案内  ★

819日(日)サウナスペシャルデイ

 会場 遊里庵と与田切川  集合場所 アクセスは申込時にお伝えします。

時間 9時半遊里庵(ゆうりあん)集合 18時 温泉で解散

プログラム サウナ設営、バーベキュー、コンサート 手作りサウナ体験 温泉へ 
持ち物 水着、帽子、サンダル、軍手など
料金 1万円(要予約)

お問合せ&申し込み 0265817819(遊里庵またはメッセンジャーで) 

mail: k9010904@gmail.com (志織)
※前泊可能です。お問合せ下さい。


 

91日(土)オープンハウス 長野県駒ケ根市 遊里庵

会場 遊里庵 長野駒ケ根市東伊那

時間 午前10時 遊里庵集合 高烏谷山ハイキング&山頂コンサート(四方が見渡せる気持ちのいい山頂です)

料金 2500円(要予約)

持ち物 お弁当(遊里庵で用意することも可能です)

お問合せ&申し込み 0265-81-7819 k9010904@gmail.com(志織)

※雨天時は、場所は遊里庵で、基本スケジュールになります。11時~ブランチ1200円 13時からコンサート2500
※前泊可能です。お問合せ下さい。



# by ainohanaMusic | 2018-08-08 22:57 | リトリート | Comments(0)

とうめいな音 newCD 進行状況

8月3日~6日 3泊4日のほんとうの自分に帰る夏のリトリート♪

今年も 濃密で自然な、自分に帰る時間。大人も子どもも、朝から晩まで 自然と人と繋がり、その存在が天性の自分・・純度の高い「本物感覚」を取り戻す時間となりました。

最終日、レコーディング体験の時間を設けて、希望者4名が、「超わたしにありがとう♪」の三番にユニゾンで参加。子ども3人、大人一人。そして、あと二人は、9月2日に 大人の男性が加わる予定です。プロではない、つながりのある大人、子どもたちが 自然体で参加するパートがあるといいな~と思い、チャレンジ。
d0024504_19094428.jpg
さて、今、shinさんがベースとギターで骨格を作ってくれた4曲を、新潟の知人が紹介してくれた音楽家にミキシング(音質調整)に出しましたが、条件が合わなかったようで、残念ながら音沙汰がなくなってしまいました。

それで、もしミキシングができて協力してくださる方がいれば、連絡をください。ビジョンを共にして、純度の高いCDが作れたら幸いです。こちらの録音状況は、ローランドのVS2000で、ほとんどが今のところ8チャンネルくらい、曲によって16チャンネルくらいをトラック別に重ねています。長野のわたしの家でミキシングしていただき、わたしも聞けて相談できるのが一番安心ですが、どんな形態であれ、世界観が分かち合えて心が通じあい 今後もつながって行けるエンジニアさんと出会えることを願っています。

マスタリングは、沖縄の安次富さんにお願いをしてあります。
ミキシングを担当してくださる方が現れたら 見通しが見えてきます。

収録予定曲のあと10曲は9月18日&19日に ピアニストの杉丸さん、ハープの真弓ちゃんとレコーディング予定で、そのあと、わたし自身のコーラス、バイオリンを重ね、最後に友人のパーカッション、shinさんのベースなど重ねて完成の予定。

******
7月末に
水色チラシで応援プロジェクトに参加してくださったのは・・

水色チラシ 参加
17人目は 木村路子さん(静岡)

ありがとうございます!

♥エンジニア、ミュージシャンへの謝礼が準備できるようにプロジェクト続けます♥

CDの先行予約も ありますので どうぞ、よろしく♥

# by ainohanaMusic | 2018-08-08 19:43 | とうめいな音CD制作参加応援プロジェクト | Comments(0)

制作支援プロジェクト「とうめいな音」続いてます

ようやくレコーディングも始まり、4曲 ほぼ形が見えてきたNewCD「とうめいな音」。

あと10曲は9月18日&19日、三重県でピアニストの杉丸さんと、ハープの真弓ちゃんとレコーディング予定。そこに 音を重ねて作っていきます。楽しみです。

motionギャラリーのクラウドファンディングは、32名の協力を得て無事終了しました。応援くださったみなさん ありがとうございます。

親しい友人や、思いも寄らない方の応援が、とてもうれしく励まされました。

金額的には、残念ながら目標額には到達できず、ミュージシャンの交通費や謝礼が厳しいのが現在、悩ましいところです。きっと、なんとかなると前向きに制作中です。ライブも積極的に計画しています。

まだ続行中の水色チラシの応援プロジェクトがあるので、参加いただけるとありがたいです。
ライブオファーも、コンサートやイベント参加も助けになります。応援プロジェクトでは、CD先行予約、あなたのためのヘンプアクセサリー制作や、プライベートリトリートなど、この機会ならではの企画もありますので、CD完成まで どうぞ よろしくお願いいたします。


d0024504_15434348.png



3名、新しい応援がありましたので、お名前を紹介しますね。

水色チラシで、

14人目は、江頭美月さん(東京)
⑮大江眞有美さん(東京)
⑯小矢野由美さん(石川)


ありがとうございます♥


# by ainohanaMusic | 2018-07-23 16:03 | とうめいな音CD制作参加応援プロジェクト | Comments(0)

夏の醍醐味★サウナ設営デイ

7月22日 サウナ設営デイ

前夜から張り切った!夏の醍醐味、川遊び、バーベキュー、手作りサウナ、
畑の野菜をたあくさん バーべキューように切って、サウナに必要な道具一式を準備した。
d0024504_14373424.jpg
前夜、愛知から来てくれたのぶさんといはたさんと、「とうめいな音」NewCDの現状の音を聴いてもらう。
彼らに「超わたしにありがとう♪」レコーディング大地のコーラス隊で参加を願ったけれど、時間がなかった。また次のチャンスに。
d0024504_14371317.jpg
そして、翌日 のぶさん、いはたさん、星さん、実佐紀さん、中丸さん、志織ちゃん、わたし総勢7名で 川へ出発!!

出発前に、車の鍵とお財布の入ったわたしのカバンが雲隠れして、みんなで捜索するハプニングが。笑える・・教訓は・・はどんな当たり前のことでも 答は一人じゃ見つからない。
d0024504_14374849.jpg
さてと・・・14年もつくってる手作りサウナなのに、あら?どうやって作るんだっけ?1年にたくさんの出来事がありすぎ、忘れてる・・・!!
d0024504_14381918.jpg
できあがり。なかなか保温力があり、サイズも7人みんなはは入れてばっちり。これで、リトリート、サウナスペシャルデイに、スムーズに作ることができると思います。
d0024504_14385077.jpg
以下は、のぶさんのフェイスブック投稿紹介。人それぞれに体験は違うと思うけれど、大自然の中で童心に戻り、生命力が蘇る感覚は共通している。

【のぶさんからの報告】


その辺で拾い集めた薪で火をおこして、
石を火の中に入れて、焼石に!
焼石をテントの中に入れて、
川の水をポタポタ。

遊里庵に育ったミントを焼石にのせて。
テントの中に蒸気とミントの香りが充満。
最高のデトックス。

カラダが熱ったら、川に入って、冷え冷え。
4回もやってしまった。

BBQもしてもらって、
吉本 有里さんと宇都宮 志織ちゃんが育てたタップリの野菜を!
川の上流に行ったら、岩場があって、
天然ジャグジーとミニ滝。
滝行もできちゃった。

水と火の浄化力、スゴイ!
ひとと大自然に感謝
d0024504_16322483.jpg
d0024504_16324056.jpg

バーベキューtime。すごく暑かったけれど、川遊びがその分、めちゃ気持ちよかった。
d0024504_16353317.jpg
d0024504_14391846.jpg
d0024504_14383590.jpg
帰り際の空
d0024504_14380820.jpg
男性陣の尽力で、薪は十二分に用意できました。
d0024504_16361246.jpg
川にお礼のあいさつ。さあ、あとは、来てくれたみなさんと、楽しむのみ。
d0024504_16325733.jpg

リトリートとスペシャルサウナデイの2回、体験できるチャンスがあります。よかったら、夏の醍醐味 ナチュラルサウナ体験においでください。

準備に来てくれた、星さん、のぶさん、いはたさん、みさきさん、中丸さん、志織ちゃん ありがとう!!楽しかったね♥



*********************************************


■ 8月3日(金)~6日(月)長野県駒ケ根市
ひとつに帰るリトリート
会場 長野県駒ケ根市東伊那4385 観音道場遊里庵
時間 14時現地集合・現地解散
人生の調整と充電、気づきの為の特別なリトリートです。生まれ変わりの大切なチャンスを掴みにおいでください


■ 8月19日(日)長野県駒ケ根市
スペシャルサウナデイ
与田力川の上流で、バーベキュー 手作りサウナ(スェットロッジ) コンサート 温泉
会場 与田力川 
時間 午前9時半 遊里庵集合(または、川の近くのコンビニで合流)18時 温泉で解散
参加費 オールデイ 1万円 ※前後泊 お問合せ下さい
お申込み&お問合せ nijinouta-club★ezweb.ne.jp(有里)★を@に変えてください
0265-81-7819(遊里庵)


# by ainohanaMusic | 2018-07-23 15:00 | 心の旅日記 | Comments(0)

千客万来~長崎から来てくれてありがとう

7月16日、17日、2001年から長崎でコンサート主催を続けてくれている川内さんが、遊里庵まで足を伸ばしてくれた。
 百聞は一見にしかず。
d0024504_13274300.jpg
1泊二日の間に分かち合えた日常と音楽。
d0024504_13275584.jpg

NewCDの現在のレコーディングの現状の音を聴いてもらって・・・

畑で草取り、神社まで散歩、縁側でブランチ、朝の勤行とシェア、楽しいひと時でした
d0024504_13280631.jpg
d0024504_13282828.jpg
d0024504_13281838.jpg
あっという間の時間だったけれど、雲仙の風景と、東伊那の風景が重なって見えた貴重な時間でした。

歌っている歌たちの生まれる場所、暮らしを見て体験してもらって、家族のように暮らしている志織ちゃんと出会ってもらえて。

暑い中、ジャガイモほりもしました。掘り出したジャガイモを紫外線にさらしたら苦くなること、ジャガイモ料理も教えてもらって、肌のお手入れもしていただきました。

神社で奉納のうたと踊り、日々の暮らしとうたと、コンサートの境目が溶けてゆきます。

秋になったら、また 行きます。長崎へ。お土産のひじきと黒砂糖、カボチャもありがとうございます♥


2018年の長崎のコンサート

10月26日(金)雲仙市吉本有里コンサートin山本美術館
 会場 山本美術館 雲仙市愛野町乙5886-1
 お申込み&お問合せ 090-8411-9509(川内)

10月27日(土)小浜町吉本有里コンサートin小浜サンマルツァーノ(予定)
会場 サンマルツァーノ 長崎県雲仙市小浜町北本町2
お申込み&お問合せ 090-8411-9509(川内)

10月28日(日)南島原市 吉本有里コンサート
会場 真乗寺 長崎県南島原市口之津町丁2694
お申込み&お問合せ 090-8411-9509(川内)


# by ainohanaMusic | 2018-07-23 13:46 | 心の旅日記 | Comments(0)

千客万来★ 遊里庵の夏


★7月6日、駒ケ根で出会ったばかりの通じ合える貴重な友人が、NPO法人駒funの代表理事をしていて、彼女に誘われて、岡部明美さんの講演会に行ってきました。

講演タイトルが「いのちの花を咲かせましょう」
彼女は30代の頃、年収が1千万を超えるバリバリのキャリアウーマンだったらしいが、体を壊し、命がけの手術とリハビリで生還された。その時の経験で、世界の見え方感じ方が変わり、本を書かれ、今は、セラピストとして活躍されています。
d0024504_13364818.jpg
自然体な語りに徐々に引き込まれて、そのうちに彼女の熱いメッセージが胸に届いている女性らしいきめ細やかさと生還されて生き方を変えた情熱が会場に浸透していました。

★7月7日は、友人と、仲間たちと一緒に七夕の遊里庵のオープンハウスのコンサートに来てくださり、お互いを知り、よき出会いとなりました。
d0024504_13263593.jpg
山のモミジはお部屋に飾るだけではなく、みんなの髪に。みんな葉っぱ族。(笑)ささやかなことだけど、楽しい和やかな気持ちになります。
d0024504_13265435.jpg
そして、踊るのは、いつだって楽しい。
d0024504_13270673.jpg
あっという間に9月29日に、岡部明美さんとわたしとトーク&ライブコラボが決まりました。最後にインフォメーションを紹介しておきます。よかったら是非おいでくださいね。地元の方と、遠方の方がまじりあうオープンハウスは、いろいろと魔法が働きます。
 夕方には、ゆきさんが みんなに、四方の舞を伝授していました。また、松本から来てくださった木工アートをされる「まっちゃん」が8月26日に松本で満天祭を企画されることになり、うたいに行きます。とても楽しみです。志織ちゃんオープンハウス運営企画お疲れ様。いろんな出会いが起きる素敵な空間を一緒に作れてよかったです。ありがとう。

★7月8日から10日まで、岐阜からshinさんが来てくれました。
「とうめいな音」NewCDのレコーディングが、4曲進みました。

■みんな凸凹でいいのさ
■超わたしに ありがとう
■ビジョン
■とうめいな音

shinさんのベースとギターの音、そして 曲全体をとらえて静かに確実にアプローチしてくれる姿、誠実な人となり 安心感が広がりました。shinさん貴重な時間を来てくれてクリエイティブな優しい音世界の基盤を作ってくれてありがとう。
d0024504_13272179.jpg

★7月11日、北安曇野小谷村の、歩いて1時間半の大自然の中にコミュニティーを営んでいる実佐紀さんが、お友だちを連れて遊里庵へ訪ねてくれました。
d0024504_13275943.jpg
実佐紀さんの主催してくれたコンサートは、こんな様子。
d0024504_13554564.jpg
何しろ人里から歩いて1時間半離れていて、大自然の力が強い場所。ヤギとニワトリと人が暮らしている。食べ物を作り、個性豊かなメンバーが自ら仕事を決めて 助け合って、縄文時代みたいな平和な時が流れています。

遊里庵と真木共働学舎がつながって、いろんなことが始まる気がします。わたしは、真木共働学舎のみんなが うたを自然界から受け取るお手伝いができるかな?と思っています。暮らしがいのちに満ちていると、生まれる歌もきっと、聞いた人がそれを思い出せる波動を持っています。

みさきさんたちが帰る直前、虹のうたクラブのお楽しみCDに収録するお楽しみトークの録音をしました。
2月以降に生まれた新曲3曲とあわせて30分のお楽しみCDができあがり。台本なしライブならではの、トークで、聞いてるみんなとお話しするわたしたちの境目が消えてゆきます。会報は また凄いボリュームなりそう。半年に1回出す会報、半年の間の濃い出来事を書き切って、会員さんの原稿とあわせてレイアウトして仕上げをしております。レイアウトは志織ちゃんが担当して細やかにきれいに仕上げてくれています。
虹のうたクラブにはいつでも入会できます。是非参加されてくださいね。
d0024504_13282124.jpg

★7月14日、大阪から梅ちゃんファミリーが遊びに来ました。ランチを一緒に食べるくらいの短い滞在だったけれど、梅ちゃんが、「八星君のお焼香をします。」と言って、仏壇で大人3人で手を合わせて、そのまま輪になってシェアタイムに突入すると、インスピレーションが降りてきました。
d0024504_13280815.jpg
「やっこ、子どもたち連れて、8月1日から6日まで遊里庵に来ない?」

夏のリトリートのスタッフに即決。夏のリトリートは3日から。昨年も参加してくれた3兄弟が参加されるのですが、この二家族、ご縁がありそう。素晴らしい夏になること間違え無し。スタッフは二日前から心身の調整をしながら、準備をします。楽しみです。

★7月16日から、フリーキッズビレッジで出会った咲ちゃんが遊びに来ました。一緒に畑をしたり、散歩したり、祈りと瞑想とシェアをしたり、レコーディングした音源も聞いてもらいました。さきちゃん楽しかったね。また来てね。
d0024504_13283571.jpg
というわけで、千客万来な夏。

まだまだ 千客万来・・・続きます。そして、コンサートにも出かけます。

さて、次のオープンハウスは 8月19日(日)サウナデイ 9月1日(土)高烏谷山ハイキング&山頂コンサートです。
長野は 夜は涼しくなり過ごしやすいです。是非 遊びに来て、遊里庵時間を体験してくださいね。


**********

【8月 9月の ご案内】

811日(土)静岡

 

新月の集い 

~生きる力呼び覚ます ほんとの自分に帰る集い~

 会場 法多山紫雲閣 静岡県 袋井市豊沢2777

 時間 10時~13時 前半 うた 後半 ランチとお話し会 

    うた・バイオリン 吉本有里

    おはなし・みほ ゆり みんな

 料金 2500円(ランチ付き)

申し込み 090-84575480(高橋)

d0024504_14213237.png

819日(日)サウナスペシャルデイ

 会場 遊里庵と与田切川 ◎集合は遊里庵 長野県駒ケ根市東伊那4385
 駅まで送迎します。アクセスは申込時に。

時間 9時半集合 18時 温泉で解散

プログラム サウナ設営、バーベキュー、コンサート 手作りサウナ体験 温泉へ 
料金 1万円(要予約)

お問合せ&申し込み 0265817819(遊里庵またはメッセンジャーで) 

mail: k9010904@gmail.com (志織) ※宿泊も可能 お問合せ下さい



8
26日(日)長野県安曇野 葉月 満天祭 輝くいのちのスピリットを天に捧ぐ!

吉本有里コンサート

会場 四賀のヴィオパーク劇場

時間 午後6時くらいから

お問合せ 松尾和哉facebookメッセンジャーで受け付けています

 

91日(土)オープンハウス 長野県駒ケ根市 遊里庵

会場 遊里庵 長野駒ケ根市東伊那

時間 午前10時 遊里庵集合 高烏谷山ハイキング&山頂コンサート

料金 2500円(要予約)

持ち物 お弁当(遊里庵で用意することも可能です)

お問合せ&申し込み 0265-81-7819 k9010904@gmail.com(志織)

※雨天時は、場所は遊里庵で、基本スケジュールになります。11時~ブランチ1200円 13時からコンサート2500


9
11日(火)&12日(水) 長野県小谷村 メンタルヘルス大学

メンタルヘルス市民大学スペシャル  

松浦幸子さんとコラボコンサート 

~いのちの輝きコンサート~        

お問合せ 090-2232-5108(高橋きよみ)

922日(土)東京都青梅市

 コンサート&ワーク企画中


9
23日(日)東京都 本應寺お彼岸コンサート

     会場 栖岸院 杉並区永福町1-6-12

     時間 午後1時くらいから約1時間

お問合せ&お申込み 03-3321-7860(本應寺)


9
24日(月)振替休日  埼玉県 吉本有里コンサートinアルクトゥルス

秋分の集い

澄み通った歌声と語りで、ほんとうの自分に帰るいのちの時間

吉本有里コンサート

会場 会場Cafeアルクトゥルス 埼玉県ふじみの市大井2113  

時間 開場 1330分 コンサート+茶話会 14時~17時 コンサートのみ 14時~16

料金 茶話会付き (お菓子・お飲み物付き)3500円(要予約)当日4000

コンサートのみ2500円 当日3000

予約・お問合せ 0492650525(アルクトゥルス)

d0024504_00181526.jpg

9
29日(土)


岡部明美・吉本有里
「いのちの真ん中トーク&ライブ」

伊那谷在住の歌姫、アーティストの吉本有里さんと
心理カウンセラーであり作家の岡部明美さんの初のコラボトーク&ライブ

会場「ヴァンドール」
住所 長野県駒ヶ根市赤穂23-170 駒ヶ根家族旅行村内
電話 0265-98-6911

参加費
:
ヴァンドールの手作りケーキとお茶代
1000
トーク&ライブは、ドネーション

お申し込み 金山明美までFBメッセンジャーかメール knym4691@docomo.ne.jp

吉本有里FBメッセンジャーでも大丈夫です。





# by ainohanaMusic | 2018-07-18 13:47 | 心の旅日記 | Comments(0)

NewCDとうめいな音レコーディング始まり~そして東京へ

6月26日&27日、岐阜からAiちゃんと Shinさんが来てくれて、縁側でブランチ、畑~森への散策、語らい、念仏&瞑想して、CD制作に突入した。
 Ai ちゃん Shinさんは夫婦で、二人はミュージシャンであり、Aiちゃんはマツエクやネイル、shinさんは、彫り師、ヒーラーでもある。
お二人とは、2回くらい、岐阜の自遊空間ナマステで会っているけれど、ほんの少し話した程度で、ほとんど初対面。
d0024504_23155376.jpg
フェイスブックでつながっていて、二人の記事は目にするともなく見ていた。レコーディングの主要メンバーに杉丸さんが決まった時、杉丸さんの、音楽オンリーのワールドをバランスしてくれるメンバーを探していた。知らないのに、AiちゃんとShinさんが来てくれたら世界が丸くつながる気がした。Ai ちゃん Shinさんに感じるもの  ラブ&ピース カウンターカルチャー 自由 自然 手作り etc・・・勝手な思い込みですが(笑)

なにも知らず声をかけて、快く来てくれて、なにも知らず始まったレコーディング。
曲はビジョン♪から。
d0024504_23162297.jpg
Shinさんのベースとギター、Aiちゃんのアルトボイス こんなにマッチするんだな。世界が柔らかくなり、とてもいいCDになりそうです。
真弓ちゃんのハープと、杉丸さんのピアノを重ねたイメージで聞いています。




**********

6月29日 1年に1回の再会の時。
長野から東京は調布にあるクッキングハウスへ向かいました。

クッキングハウス代表の松浦さんとは27年前に出会い、日本にいるときは、毎年コンサートに呼んでいただいています。
クッキングハウスは、心を病んだ人たちも地域でご飯を料理して一緒に食べる「心の居場所」。それが、地域にひらかれたレストランになり、お店の中では、メンバーもスタッフもお客さんも、みんなが美味しそうにランチを食べています。キッチンやホールでは、メンバーとスタッフが混じって楽しそうに仕事をしています。

松浦さんの志、「精神病院では心の病は治らない。地域で自分の居場所ができて美味しくご飯が食べれて元気になってゆく。」が30年の時をかけての実績で証明されて 説得力を持っています。
d0024504_23225647.jpg
コンサートは、1時間半のコンサートと1時間のシェア会。シェア会では、クッキングハウスのゴージャスな手作りのデザートをいただきながら全員参加のあたたかい時間でした。一人一人が心の底から感じてることを語って涙していました。
d0024504_23231121.jpg
わたしは、志織ちゃんをサポートしながら暮らしているので、クッキングハウスの松浦さんの活動を他人事と思わなくなりました。四六時中、メンバーやスタッフに、心を配りながら、元気に活動している松浦さんから学ぶことがたくさんあります。9月には、また小谷村でのメンタルヘルス大学、松浦さんとクッキングハウスとのコラボの深まりが楽しみです。
d0024504_23251173.jpg

そして、7月1日は東京は本應寺での観音コンサートでした。初主催の真里さんと、本應寺と。
体調を崩していたお上人が元気になって顔を見せてくれたこと、お寺のスタッフのみなさんが、気持ちよく応援してくれたこと、自伝の出版の話がでて10年になる地湧社の増田さんが来てくださって、コンサートを通じて、本のビジョンを共有できたこと、いいことがたくさん起きたコンサートでした。
d0024504_23355721.jpg
d0024504_23362059.jpg
コンサートの夜も その「良き事」は続きました。長野の高遠のフリーキッズビレッジは、今は里子のホームになってきています。主催の孝子さんの願い、里子を引き受けることのできる状況になり、孝子さんは、カウンセリングを学んでいますが、この日は発達障害についての講座のあと、本應寺に泊まりに帰ってきました。孝子さんは学んだばかりの講義を深夜までかけて わたしに伝えてくれました。

子どもたちを育ててゆくとき、順調に育っていかない、同じ過ちを繰り返す傾向が子どもに繰り返されるとき、発達障害である可能性があります。
知的障害であるか、自閉症であるか、大人になって分かる人もいます。モンスターペアレント(クレーマー)には知的障害を持った人が多いそうです。仕事に成功しているか否かでは判断できない。他者への共感があるのか、他者を含んで考えられるのか?全体を把握できるか?いろんな視点から、それは見立てができるそうです。わたしも過去にコミュニケーションが成り立たっていなかったかかわりが数人思い起こされました。いい悪いではなく、コミュニケーションが成り立たない理由が障がいであるとすれば、相手を良く知りアプローチ(接点)を変えてゆくことが有効であることが分かりました。

お寺に泊まった、3泊4日、一時間半の勤行が朝夕あるお寺で、志織ちゃんが白昼夢というのか、新曲のビジョンを見たそうです。
マントラ(南無阿弥陀仏 根源なる光にゆだねる)を響かせた4日間でした。

さあ、夏になりました。7月8月は、遊里庵に来訪者が続きそうです。いろんなことが進行中。楽しみ たのしみな夏。
★7月7日、遊里庵オープンデイ★
★7月27日~30日 ほんとうの自分に帰るリトリート★
★8月3日~6日 ほんとうの自分に帰るリトリート★
★8月19日 大自然の浄化力が半端ない スペシャルサウナデイ(遊里庵から出発して与田切川の上流へ)★

お勧めです。遊里庵 イベント前後は、泊まれます。

# by ainohanaMusic | 2018-07-04 23:39 | 心の旅日記 | Comments(0)