愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

天然サウナつくり④新しいやり方へ

24日、天然サウナつくりの二日目。
もう、サウナもトイレも作れたから あとは、薪が手薄だから 、薪集めだね~と、スタッフのまるちゃんファミリーとのんびり、遊里庵を出発。スタッフだけだから、ランチも今日はお結びと 漬物くらいでいいか・・なんてピクニック気分。

ところが、河原に着いて、驚いた。わぁ~車が4台?
川原に降りたら、サウナの横に 日陰テントが設営されていて、さらに車が2台。二家族がくつろぎ中。

「うーん・・どうしたものか?」

一応、サウナの横で 楽しんでいる二家族に「今から 天然サウナを用意しますけど、2時間後 いたらやってみますか?」と声をかける。
その方たちは、とってもフレンドリーで サウナに興味をもって「へえ~~やってみたいな~~。」という反応だったけれど・・

さて、リトリートの時、こういう状況だと、自分たちに集中しにくいね・・ということになって 
中州の向こうに引っ越そうか?と 歩きながら 感じてみる。

広大な川原だから、みんなの遊んでいる場所から 川を挟んでしまえば お互い何をしていようと気にならないだろうけれど・・・。

こんなに人が来るのなら、1週間、サウナが誰にも撤去されずに 存在してることが保証できないな~
今までの場所だと、ボール紙で 使う日にちと よろしくお願いしますの挨拶のカードをぶら下げておいて8回は問題はなかった。一回、台風で流されて、1回は強風で倒れていたけれど。

それでね、こどもたちと栗さんは 川原で遊んでもらって、わたしとまるちゃんと、改めてもう一か所を見に行ったの。

そちらは、一家族しかいなくて静かだった~♪車で川原まで行けないところと、一番上流だからかな?

でも、そこの問題点は、道から 見えること。サウナを立てたら、道から見えてしまうので 撤去されてしまう可能性がある。

最後に閃いたのは、サウナを建てないで道脇の草むらにしまっておくこと。トイレもしかり。薪も同じように。

当日 みんなで建てるの。

夕暮れまで 働いて この日はサウナはやらず、温泉へ。

温泉で水とお風呂を行ったり来たり。サウナと川の代用(笑)

うまくいくかどうかは、わからないけれど、いつもベストのことが起きてる。心を柔軟にして、新しいやり方で 道を切り開いてゆこう。
d0024504_14284526.jpg
まるちゃん、くりさん こどもたち、パオ 一緒の日々をありがとう♥

そして夏のリトリートに来てくれるみなさん、待ってるね。

今年は、サウナを建てるところから 一緒にやろうね、ワイルドライフ体験ワークも盛り込まれました♥


by ainohanaMusic | 2016-07-26 14:31 | イベント | Comments(0)

天然サウナつくり③

23日、昼には いつもの場所が変貌を遂げていて、路頭に迷い、新しい地ではクレーマーに出会い、
そのあとは、すばらしい展開で、サウナ設営と簡易トイレ設営がスムーズに進み、バーベキュー、水遊び、マシュマロやいたり、スイカ割りしたりで
日が沈むころまで ワイルドライフを満喫。これって、夏のリトリートの準備デイでもあり、つつがなく準備完了(と思ってたけど、翌日には また 放浪の旅が待ってた~~)
d0024504_12411457.jpg
サウナができるくらい、石をアツアツに焼くために、まずは大きな火をおこします。SちゃんやNさんが 交代で火にかかってくれて わたしは、火おこしから、サウナ設営に。それをしっかり星さんがサポート。今年はね、竹の間隔、円の半径が均一になるように竹をメジャーにして図りながら作ったの。トイレも四方を囲まず、三角にして簡易トイレにしたの。10年目でちょっと進化した?(笑)
d0024504_12405008.jpg
そして、今年のサウナはサイズ的に余裕があって、座りやすいけれど、天井に蒸気が抜けてしまうので わたし的には物足りず、2回目に入る前に、中天井を作りました。2回目のサウナは、スタッフに回って、まだサウナに入っていないまるちゃん夫婦に入ってほしかったけれど、ほかのみんなも一人残らず入りたかったので、わたしは入らず、子ども係に回りました。すると、なんだか、中の様子(気配)がいつもと違う・・・・
後で、聞いたら、水をかけるタイミングや、どの石にかけるかとかをめぐって、みんなが 気持ち的に争う感じもあったらしい。いつもは、ものすごい汗はでるけど、あの異空間に、それなりに みんな安心★調和して座っているのになぁ~
ああ~やっぱり、全体をお世話するオーガナイザーの存在は大事なんだなぁ~でも、慣れてきたら ナビゲーターが交代するのも また、体験だから、いいよね。
d0024504_10183601.jpg
ゆうぐれにちかづいて、空の光が なんとも神々しく光っていました。いつも 空がそのような光を感じさせてくれてるとき、いいことが起きてるって、、メッセージなんだよ。万事うまくいっている。
d0024504_10184995.jpg
だんだん、元気になってゆく みんな。
野外で ゆっくり過ごしているうちに 自律神経が整うのかな、次第に自分の役どころもつかんでくれて、とってもいい顔になるよね。
d0024504_10191458.jpg
最後のスイカ割りは子どもたちでもなく、誕生日のまるちゃんでもなく、のぶさんの武士のような立ち回りで
真っ二つに!!「ああ~割れちゃった~~!!」笑えるね~
そのあとは、温泉タイム~楽しかった~
一緒に過ごせたみなさん、来てくださって、ほんとに ありがとう!

by ainohanaMusic | 2016-07-26 14:03 | イベント | Comments(0)

ワイルドライフ体験 天然サウナつくり②思いがけないクレーマー

星さんとふたりで、あと2か所、上流の河川敷を見る。

2か所とも、道からすぐなので、人が来やすい立地条件なのが 気になったが、どちらも奥へ行けば静かな川がどこまでも、広がっていて、気持ちよかった。最後まで迷って、川原に車を横つけできて、火をたいた跡が何か所もある、キャンプしやすい場所へ引っ越した。犬たちも、子どもたちも伸びやかに遊び、とても気持ちのいい場所だった。
d0024504_10181734.jpg
・・しかし・・火をつけ始めたころ、遠くに、先にテントを張っていた男性が、クレームを・・
「犬の鳴き声はコントロールできないものだよね。犬の鳴き声がうるさいんだよ!(連れてくるのが間違っている)」と。

とっても ひろーい場所なの。すごーい山奥なの。自然が広がっていて、人はその一部。
わたしたち、その方と、ずっ~と離れた場所に いたのだけれど・・・。犬の鳴き声より、川の流れの音や鳥の声が聞こえてるような気がするんだけど・・。そして、犬の吠える理由は、二匹が一緒にいたかったけれど、まだ いろいろ準備中で つないでいたので、「一緒にいたいよ」と鳴いていただけだったんだけれど。

ひとしきり、その方の苦情を聴きましたが、まるで、隣り合っている都会のアパートで、犬や子どもの声がうるさいと苦情を言ってくる人の感覚でした。

対応していたKさんが「なるべく鳴かさないように工夫するけれど、もし、それでもうるさいようなら、こちらも考えます。」と、自分たちが移動する可能性も仄めかしていたので、また移動してたらサウナができない!!思わず、わたしなりの対応を  始めたのです。
d0024504_12410037.jpg
「千葉から来られたんですね。(車のナンバープレートから)わたしは、長野、地元のものです。このへんの河川は、犬を連れてキャンプされる方が多いんですよ。もし、犬の鳴き声が気になるのでしたら、週末は 人が多いので、その都度、その都度、交渉 大変ですね。わたしたちは、埼玉、静岡、愛知と 遠くから、今日のために集まっているので、貴重な機会なので、今日は 泊まらないですけど、楽しみたいんです。この場所は、犬連れで 来る人が多いんですよ。なるべく 鳴かさないようにしますが、わたしたちだけではなく、ほかにも 犬を連れた人は 来られると思いますよ。」
d0024504_12404278.jpg
「犬を放すなんて、法律違反じゃないの?長野は 取り締まらないのか?」
「こんな山奥まで、取り締まりに来ないですよ。(山奥で広々として、人がほとんどいないから、それぞれに、犬を放して遊ばせている)」

その方は、その場所に一番乗りだったから、自分の占有地的な感覚なのか、「僕が先に来てたんだから」とおっしゃっていたけれど、
話してるうちに、勢いが衰えてゆきました。自分の物差しが「絶対」と思っていた勢いが急に衰えて行った感じ。そのあと、
無邪気な家族が、広ーい 川の岸辺の中で、よりによって、その方のテントの 真横に 車を止めて、楽しく川遊びを始めていましたが、苦情は言ってなかったな・・・
d0024504_10172279.jpg
 あとで、焼きそばとチキン、スイカを その方のテントまで(近くないですよ~~)、差し入れすると、
「いたたくけど、これ もらったからって、犬の鳴き声オッケーではないから。」ときつい顔でおっしゃって、
でも、わたしが 帰ろうとするのを、引き留めていろいろ この場所の情報を得ようとされていました。

毎年、この川へ来るんですよ・・と、お話しすると、ぎょっとしたような 顔をして「毎年??」と聞き返すし、
この場所は、好きな人は 毎年遊びに来ますよ。と答えると、さらに、「ええっ??」と驚愕していました。

自分が見つけた 秘密の場所・ほかの人は来ない・・という感覚でいたのでしょうか?
Sちゃんが あとで 教えてくれたこと、その方の車の車検が4月で 切れていた とのこと。(目ざとい!)事情もストレスも抱えて 放浪中だったのでしょうか?それでも、自然の中で過ごせてよかったですね。

まるちゃんと 話したこと
「テーマは 文明だね。」

たしかに。

山の開発によって 自然が失われてゆくこと
都会で 人がすり減って 昔の長屋みたいにお互い(他種のいのちの尊厳も)を許容できない感覚になっている人がいること。

彼との出会いは 癒されてゆくわたしたちが ありのままであること 楽しむこと。
と同時に、いろんな人の存在を同時に 感じる機会でもありました。



by ainohanaMusic | 2016-07-26 12:30 | イベント | Comments(0)

ワイルドライフ体験 天然サウナつくり①

23日、朝起きて、勤行したいね・・とまるちゃんと話し、
みんなで仏壇の前に座り、お経を読み、念仏、瞑想の時間をとった。最後は 輪になって手をつなぎ、シェアをして一日の始まり。

中心を整えると、場が変わる。
一人一人が、見えない世界ともつながり、導かれる。
短い瞑想の時間・・・深い静けさ・・響きあっていた・・
手作りサウナは、焼けた石を扱うから、危険と隣り合わせなんだけど、一人一人が 自分の中心とつながっていたら安心安全だなぁ。

朝9時半、地元の森林組合に勤める星さんが来てくれて、百人力。
昨年は、川へ降りるダートロードに、太い木が倒れていて、星さんがチェンソーで切ってくれて道をあけることができた。そのあと、大きな石もみんなでどけたしね。
d0024504_10193593.jpg
              (サウナを設営してるところ)

なんだかんだで、ちょっと遅めのスタート。いつもの山を車4台連ねて登ってゆくと・・
いつもの、がたがた道に、じゃりが敷き詰められて、いい道になっていた。10年近く通ってきて、初めてスイスイ運転して河原へ。

えっ?なんのために、道が良くなってるの?なんと、道の両脇にたくさんの木々が伐採されていただけではなく、川も中州は、跡形もなく、水も濁っていて、開発による痛手が、今までを知ってるだけに痛々しかった。

今まで、この場所から、どれだけの恵みをいただいただろうか? さて、さて、どうしよう?この場所ではないことは感じられて。わたしたちは 野生動物のように、次なる場所を探す。 ・・・でも どこへ?

天然サウナは今まで3回 場所を移してきた。

2004年~2006年 高遠町 山室の 前の自宅の真ん前の川 →  家が火事になり、すまいを移す
2007年 夏 まだ、自宅で リトリート開催は無理→  松川町の廃村になった一軒家を借りて、その横を流れる川で
2008年 以降~ 与田切川の上流 遊里庵から 車で3~40分のこの場所に落ち着く。

2008年、夏、今の遊里庵は、近くに川がないので、人気のない、うつくしい川を探して 祈るようにあてもなく、一人で車を走らせたことを思い出した。そのとき、たまたま通りがかった与田切川の下流が美しいことに気がつき、近くのカフェ、風の谷絵本館のご主人に 「上流に火を燃やせるような場所はないか?尋ねて連れてきてもらったのがこの場所。

あ!そのとき、ここより、上流を2か所見た!!記憶がよみがえった!!

「星さん!あと、数か所、こういう場所があったはず。場所探しに来てもらえますか?」
子どもたち、犬たちと 歩いて降りてきた まるちゃん、のぶさん 一行に、川で遊んでいてもらえるように伝えて、星さんの軽トラで、急きょ 場所探しへ。
d0024504_10173383.jpg
その後、場所が見つかり、素敵な一日となったのは 奇跡だよね~まるちゃんバーベキュー中~石焼きバナナが おいしかった


~~続く~~


by ainohanaMusic | 2016-07-26 11:10 | イベント | Comments(0)

ワイルドライフ体験 天然サウナ作りワークショップ 準備デイ

7月21日 深夜2時くらいかな?

埼玉からまるちゃん家族が、遊里庵に到着して・・・22日から、ワイルドデーにむけての準備の始まり始まり。

わたし、川の上流での天然サウナ(スェットロッジ)つくりを、もう かれこれ・・10年も続けている。
その魅力は~♪ 計り知れない(笑)一言でいうと 心身共に洗われて、波動が変わる。なんていうのかな?パソコンでいうと・・たまりにたまったデーターが一度 洗われて、データーは残ってるんだけど、なにが必要でなにが必要ないかの、認識できる余白が生まれる。

薪運び、サウナつくり、石を3時間くらい焼いて、その間に、たき火でバーベキュー、サウナで汗かいて冷たい水へ・・の繰り返し、一日山の中の川で過ごす一日。水の冷たさも、火のあつさも、森も、太陽の輝きも、霧も、子どもたちの笑顔も、犬たちのうれしそうな解放感も、みんなトータルに 美しく体の中に溶け込んで行く。
d0024504_10174805.jpg
まあ~一度 体験しに、おいでください。
d0024504_10182754.jpg
22日は、まるちゃん家族(まるちゃんと夫の栗さん、こどもたち、みゆとてんちゃん、犬のパオ)が、長野の暮らしに着地して周囲を散策し、遊里庵を一緒に掃除して、ワイルドデーの河原でのバーベキューランチのイメージを固めた。まrちゃん一家は 買い出しへ。
そして、わたしは、一日前から始めた天然サウナつくりの道具を揃えたら、いつものように プールへ泳ぎに行った。

23日、夜遅く、愛知からのぶさんと犬のまるちゃん、お友達二人到着。みんなで乾杯!!

そして、24日 ワイルドデーに突入。

by ainohanaMusic | 2016-07-26 10:38 | イベント | Comments(0)

虹の歌クラブの会報作り始めました♥

資金もスポンサーもないところで 歌い始めて30年。各地でコンサート、自宅を解放してリトリートを開催して、自主制作でCDを15枚リリースしました。吉本有里サポータークラブである虹の歌クラブを設立して、今年で2年目、1年目と メンバーが多少入れ替わり、今 35人の小さな会ですが支えられていますよ♥ありがとうございます。

1年に2回の 会報 8月号の制作をはじめました。

8月号は、前書きに 一番大きな最近の出来事、次男の家出について感じてることを書きました。
また、今月のわたしに原稿は、「わたしのお志事」について書きました。最近 会員になってくれて デザインで手伝ってくれる栄子ちゃんに、「8月号、わたし なにを書いたらいいかな?」と相談してみたの。

そしたら、「ブログを読んでる人は わかるけど、コンサートに数回来ただけだと、有里さんの全体像が分からないと思うから、活動内容を分かりやすく書いたらいいと思う。」・・と、さすが、栄子ちゃん ありがとう。書いてみると改めて自分が分かる。わたしの重きをおいてる活動は、自己浄化と自然とともにある暮らし、うた(コンサート)やワークショップ、リトリートは、その果実であり、適度なバランスでアウトプットして 自然界から与えられた叡智やエネルギーを回している。

そして、埼玉に暮らしているまるちゃんに、5月の種まきオープンハウスの報告を書いてもらった。遊里庵のイベントを一緒に作っているまるちゃんの存在と視点はあたたかくて、体験を分かち合うことで 育ちあい絆が深まっている。

そして、今 5人の方に わたしとの出会い+今の願い(そのほか)の原稿を書いてもらっているところ。

原稿がそろったら、写真を選んで、栄子ちゃんに、デザイン校正をお願いします。
あ!それと8月に 姪っ子が遊びに来てくれるの。虹の歌クラブのおたのしみCDのインタビュアーをするために来てくれるの。
彼女は、絵も大好きなので、会報の表紙裏の絵も 描いてもらおうと思っています。
 もしかしたら、コラボで1枚の絵を 共同で描いてもいいかもしれないし。

わたしは、大学時代 新聞部にいたことがある。取材と称して、興味のある方に質問をして 話を引き出すことも、文章にまとめて 愛のある情報で 人と人を出会わせてゆくこと、楽しかった。こんなふうにして、「虹のうたクラブ」の会報を作ることで、生きた情報を投資て、出会いのきっかけを作り、また「作る」ということを いろんな人と分かち合って、感性が豊かになってゆけるのは うれしいなぁ~
d0024504_23035487.jpg
              (前回 2月号は、たべちゃんが表紙&裏表紙を描いてくれました)

お楽しみCDの最近のうたの録音は、音楽が好きな人が遊びに来てくれたら 一緒に録音しようかな?と思っています。
誰も来なければ、一人で録音します。(笑)
さて、今日は 本人の承諾を得て、虹の歌クラブの会報に寄せてもらった原稿を みなさんにも紹介したいと思います。

どんなふうに人は出会い、人生の中でかけがえのない「人」となってゆくのか・・
書いていただいた原稿たちにあふれている「出会いの物語」を読みながら、感謝があふれています。
d0024504_23055380.jpg

【有里さんとの出会いとコンサート主催】


長崎県島原市 川内さん


有里さんとの出会いは、14~15年(?)。

知り合いの方から『あなたと同じように前向きに生きていらっしゃるシンガーソングライターのコンサートがあるの!行きませんか?』と、誘ってくださり、いい出会いがあるかも?と、コンサートに参加。


 ゆったりとしたメロディー、やわらかい声、心地よいバイオリンの音色、バタバタして忙しい私は、つい眠たくなりウトウトしていたら、「脳には届いてますから、眠たい方は眠っていいんですよ。』と言われ、なんだか自分を認めてもらった気がして、それから、お話に引きつけられました。


「癒しの森」の歌に感動し、光と影の話に共鳴し、コンサートが終わると、内側からグワーっとエネルギーが湧いてきて、また是非、聴きたい、友達にも聞かせたいと想いが募りました。

帰り際に、「どこでもコンサートに来てくださるのですか?」と尋ねると、「必要とされるなら、どこにでも。」と言われました。


そして、私の仲間のパーティーの中でのコンサートを依頼。なんと!カリフォルニアに戻られる予定を3か月延ばして歌ってくださり、パーティーは大成功。

 感激して、日本に帰られて、九州ツアーをされるときは、コンサートを企画しますと約束。次の年にはカリフォルニアから、日本に帰国され、その後、声がかかり、コンサートを毎年、企画するようになりました。

宿泊も、旅館から川内家になり、コンサート会場も、ホール、お寺、保育園、雲仙の山、カフェと閃くままに開催を重ね、今年で12回目になります。


途中、何のためにしているのか?求められるのは大変と、悩んだ時期もありましたが、自分と全く違う世界に生きていらっしゃる有里さんの感じる心と歌を、年々聞き続けて、いろんな方面で素敵な感性を頂けて、人との出会い、歌との出会いで、人生が豊かになっているような気がしています。


 年々、絆が深くなり、親戚のような感覚になっています。ファンの方も少しづつ増えて、「有里さんに出会わせてくれてありがとう」と言ってもらえた時は、最高にうれしい。今年も秋のコンサートが楽しみです。



by ainohanaMusic | 2016-07-25 23:07 | 虹のうたクラブ | Comments(0)

大地を踏みしめて♪

やっと、やっと・・・完成に近づいてきましたよ。
d0024504_23145959.jpg
まだ、いろいろ手を入れるので、変わる可能性は ちょっとありますが、大枠は決まりました。

いいCDになりそう。繰り返して聴かれること間違いなし(笑)

しっとり感 安心感 意外性 愉快な感じ 広がり 落ち着き 祈り 静けさ 強さ 激しさ 柔らかさ 愉快 不思議 理解

いろんな要素が おもちゃ箱みたいに詰まっている。 

9月にはリリースの予定。
予約受付スタートします!

事前予約はCD制作費を まわしてゆく応援になるよ~~。
いつも 熱い想いだけで 走っているの。

いつも 応援ありがとうございます
制作メンバーのみなさんも ほんとうにありがとう!!


大地を踏みしめて♪


曲目

1 愛の架け橋

2 川の流れ

2 輝く君を歩け
3 幸せな気持ち

4 感じる
5 清らかな心
6 大地を踏みしめて
7 うつくしの空
8 超自然

9 今 旅に出る

11 汚いものがきれい
12
 結果はオーライ
13
 あわのうた

65分くらいになりそう


プロデュース 吉本有里

アレンジ 吉本八星&吉本有里

レコーディング・ミキシング 吉本八星&桝田悟志

マスタリング 桝田悟志

レコーディングスタジオ 観音道場遊里庵

デザイン 忍栄子

イラスト あべおさむ

写真 桝田悟志

Musicians

吉本有里 吉本八星 鵜飼真弓 佐野信幸 桝田悟志 大地のコーラス隊(佐野信幸 西修 桝田悟志)


税抜価格 ¥3,000(税込価格¥3,240


************
事前予約申し込み  以下の内容をainohana★air.ocn.ne.jp

(★を@に替えてね)あてに送ってくださいね。

お名前


住所


メールアドレスと電話番号


CDの枚数

支払いについて 先払いか 後払いか(CD到着後)

************


★事前予約の間のみ、送料は無料で 1枚3000円

 (通常機のネット申込は、送料+税込 3240円になります)

★5枚以上申し込まれるとサポーター価格で 1枚2500円

★10枚以上だとスタッフ価格で 1枚2000円になります。

*************************

お支払いは 

◎先払いの方は

郵便振替 名称 愛の花Music 口座番号 00530-3-41882

◎後払いの方は、リリースされたら CDに振込用紙を同封してお送りします(9月になります)



by ainohanaMusic | 2016-07-13 23:38 | CD | Comments(0)

川の源流に天然サウナを作る ワイルドライフ

あら、気がついたら あと10日。
あっという間にワイルドライフ体験デイだ。案内しなくちゃ!!

大自然の中でのワイルドな遊びは楽しいの。
水の浄化、火の浄化、石とそら、風、緑の浄化
そして、今 観音道場遊里庵 一番 いい季節💛
d0024504_14314502.jpg
静岡から長野へ帰ってきたら夜の涼しさととれたて野菜のおいしさと 子猫きいなの楽し気な様子にやられている。ここは天国みたいだぁ。

野菜ってこんなにおいしかった??
昨日は 畑に行ったら、両手を広げて迎えられた気がしたの。神社へ散歩に行った時も、やっぱり木々が両手を広げて歓迎してくれて
いるのを感じた。
d0024504_14361382.jpg

自然界と 毎日やり取りすると、仲良しになれるんだな~とうれしく思った。
d0024504_14315983.jpg
猫のきいなは よくしゃべる。話しかけると、まずはあくびを連発、ゴロゴロと言い始める。おいしいもの食べるときは「うにゃうにゃ・・」と。

こんな遊里庵の日常。
大根の漬物も きゅうりのきゅうちゃんも、味噌も自家製です。たくさん、食べてね。

*******

薪を集め、火を焚き、川で遊ぶワイルドデイ

心身が清まり 軽やかになり 生きる気力がわいてくる。

お昼は 河原で 火を使ってランチ作ろうね。
帰りは温泉であったまってかえろ。
サウナは熱くて 体中の毒素が 汗になって流れるよ。
川は冷たくて 芯まで しゃっきり

一日だけの参加もオッケー

遠方の方は 前夜には来てね。
朝9時には 遊里庵を出発します。
d0024504_14214503.jpg

集合場所  遊里案 長野県駒ケ根市東伊那4385
 遊里庵から 与田切川へ向かいます
※高速バス 電車で来る方 駒ケ根市駅まで迎えに行きます。
※送迎 片道 千円お願いします。タクシーだと3500
◆時間 両日とも午前9時 遊里庵 出発
夕方まで 河原で過ごし帰りは温泉へ
参加費 ランチ付き 大人 4千円 お子様 3千円
※ 二日目は千円引き
◆宿泊費 虹の歌クラブ会員 一泊大人3500円 お子様3000円 食事はみんなで作るよ
※遠方の方は 出発時間に間に合うように 参加日の前夜に到着くださいね。
持ち物 水着 サンダル タオル 帽子
お申込み&お問合せ
 ainohana★ air.ocn.ne.jp  ★を@に書き換えてね
 090-4535-4776(有里)
d0024504_14220065.jpg


毎年手伝ってくれる 強力助っ人星さん 今年は来れるかな~?

まるちゃん家族が青梅から、のぶさんが愛知から来ることになってる。

そして、なんだかおもしろそう!ドキドキしてるあなた(笑い)来てね~ 人生は 瞬間技、インスピレーションを信頼してね。


このサウナは不思議
生まれる前の 魂の質を思い出す人もいて・・
ああ~この人はネイティブインディアンだったんだなあ~とか
雰囲気が変わるの。

世の中の垢を 浄化しきると その人らしさが輝きだすね。

この日は 夏のリトリートへ向けての準備デイを 分かち合うワークショップスタイルです。

丸一日 大自然の中でワイルドに遊ぼうね。
そのあとは、温泉に行ってあったまり、遊里庵で語り合おう。

まってるよ。

d0024504_14253688.jpg

いいお天気になりますように♪
d0024504_14313690.jpg
※文字の大きさは 普通文字にして読みやすく・・と思って 同じ指定してるのだけど・・勝手に大きくなったり 小さくなったりしてます。(タイトル以外)
読みにくくてごめんなさい・・
解決法が分かる人教えてくださいね。。
by ainohanaMusic | 2016-07-12 14:27 | イベント | Comments(0)

法多山で、ママヨガとコンサート そしてアイヌの生き方 そして選挙

7月4日 ふるさと静岡にて、不思議なご縁で 見えない糸に引き寄せられて再会した 春恵さんの主催する2回目の集まり。
d0024504_15044998.jpg
わたしにモドルコンサート
場所は 初めて行ったんだけど 法多山のお寺の中、緑が美しく 広々としていて、小さなお子さん連れのお母さんたちが、好きなところへ子どもを遊ばせながら ゆるく聞いてくれたの。
d0024504_15050176.jpg
この日は、午前中はママヨガで、酵素玄米のお弁当タイムを挟んで コンサートとシェア会。
d0024504_15051410.jpg
聞き手は 子どもに合わせて、三々五々 あっちにこっちに散らばってゆくのだけど、猛暑日にもかかわらずお寺を駆け抜ける心地のいい風と美しい鶯の鳴き声、そして 集中して聞けない方が多いけれど、なぜ泣いてるのか分からないけれど、涙が止まらなかったという方が多かった。

シェア会では、アイヌの血を引く春恵さんが、数日前から アイヌの生き方を伝えてゆきたいと感じるようになったことを話してくれて、
わたしの中に、「次のコンサートは 春恵さんのアイヌのお話しとのコラボがやりたい!」とはっきりと感じるなにかがあった。
d0024504_15205637.jpg
わたしは、1992年に妊娠8か月で日本を離れて、カリフォルニアの標高1000Mのエルクバレーと呼ばれる 人里離れた山の草原で こどもを生んだ。そのとき、用意したものは へその緒を切るはさみと、出血した場合に塗る、殺菌用の馬油だけだったが、お産の手引書として心底頼りにしてた本が1冊、アイヌの産婆術の聞き書き、アイヌの産婆さん青木愛子さんの図解入りのお話だった。

春恵さんは 愛子さんのお孫さん。わたしたちは 個人的にゆっくり話をするチャンスもないままに、何気にそのことを知って驚いて、「いつかゆっくり二人で話さなきゃ。」と思いつつも、再会できたのが 今年の2月だった。

わたしが、自分にモドルことができたのは、自分の霊性が開花する お産をしたから。そこには 愛子さんの霊性が関与している。

話は、飛ぶのだけど 7月9日は 参議院選挙。お産の話から 政治の話まで みんなつながってるんだよね、わたしの中では。

一人一人が ほんとうの自分に帰る道は どこにあるのだろうか?

小手先ではない 宇宙全体を感じれる生き方、慎まやかだけど心豊かな自然に根差した暮らしを 一人一人が心がける(暮らしに少しでも取り入れてゆく)というような素朴なところに カギがあるのではないかな?

土に触れて、農薬も除草剤もかかっていない、正真正銘の「いのち」をおいしくいただくと、思考でギチギチに固まったものが溶けてゆき、ささやかなことへの感謝が日々あふれて、本物と偽物を 見分けられるようになるの。

昔の人々は 土に触れること、手仕事をいつも片手間にしていたと思う。精神は どこで 正常化するのか?
手足を動かすこと、いのちの母である土と触れ合っていること、散歩でもいいしね・・。

春恵さん曰く「アイヌの人たちは、自分たちがどんなに苦しい生活でも、周囲を助けてゆくの。アイヌより ずっと豊かな和人 わじんが、生活が苦しいと、アイヌの家の前に赤ちゃんを捨てて行った。どんな子どもも アイヌは 自分の子として育てたの。そうして、自分のやることが、いずれは 自分たちに巡ってくることも 知っていたの。」

今さえよければいい、自分さえ良ければいいという刹那的、効率的考えを手放して、助け合い、愛し合う社会を作ってゆきたい。
苦しいことも、自分が損なことも それは、魂の成長を次々促される いのちの輪の中で 受け渡された自分の身の丈に合った「分」なんだよね。

自分に帰るという それぞれの旅を味わいながら
愛し愛しあう 助け助け合う 支えあう社会を作りたいよね。
d0024504_15062772.jpg
シェア会の後は、春恵さん、英嗣さんと ラーメン屋さん→喫茶店 とハシゴしていろいろ話したよ。

つぎは、わたしにモドル、アイヌの産婆さん愛子ばばから学んだことという二つのテーマで
コンサートとトークを 春恵さんとのコラボで やろうね~と3人一致(笑)。

場所も日時も まだ未定。いいアイデアあれば 教えてくださいね。

**************

そして 選挙💛

今や 地球はどこまでも 搾取できる資源の宝庫ではなく どんだけ 汚しても大丈夫な場所でもなく、
いたわり、育み、愛し合う大切な母や父であり、兄弟であると、多くの方々は気がついてきていると思うの。

資本主義は、経済成長をすることが 正しいという仕組みになっている。
地球から搾取し、第三世界から搾取し、そして 搾取するところがなくなり、行き詰ってくると戦争を人工的に企てる。
これは 搾取と破壊の繰り返しだから、
どこまで行っても安心のない世界だよね。
地球も このままでは 持たないよ・・

一人一人が 自分らしくある社会を創造すること、霊性の進化の道を そろそろ本気でチャレンジしてもいいのではないかな?

東京選挙区から 出ている三宅洋平さん
彼の精神の根幹には すべてのいのちは等しく尊い・・というところ いま、本気でそちらに向かわなくてはという
好き嫌いを超えた長老のような覚悟と、突き動かされる調整力が感じられる。

もう 時間がないのですが、この動画を見てみて下さい。 そしてよかったら拡散してくださいね。
そして、自分たちの未来を 自分たちで創造するアクションのひとつに、政治をわたしたちの霊性を高めてゆける 純粋な「愛」によって支えてゆく場所にしましょう。

【三宅洋平ってこんな人】
<①1週間で30万回以上再生された演説動画/https://youtu.be/4hnCHVuzVFI
<三宅洋平の立候補した理由https://youtu.be/PSwyY1g-7Jw
三宅洋平公式WEBhttp://miyake-yohei.com
http://miyake-yohei.com/2016/07/02/line/
d0024504_15070934.jpg
そして、昨日は 実家の草取り・・
でも そろそろ長野に帰って 野菜を収穫、世話しなくちゃ・・この暑さじゃ、おばけきゅうり、トマトは ジャングルつくりに精出してるかも・・(汗)畑の中と外、家周りも ぐーんと草伸びてるかも?オソロシや
明日は 長野へ帰る予定でございます。




by ainohanaMusic | 2016-07-06 15:46 | 心の旅日記 | Comments(0)

静岡へ

7月2日、子猫のきいなを連れて 85歳の父の暮らす藤枝市へ。

きいなは 生後2か月。

隣のおじさんが 快く預かってくれるけれど、なるべく一緒にいる時間を作りたい。

実家にはたびたび行くので、父とも きいなとも 一緒にいれる時間を作ることにチャレンジ。

きいなは、初めての車移動に、うろたえて鳴いたのは最初だけだった。わたしの膝に収まって、安心して一緒に移動できてよかった!


d0024504_03363965.jpg

ずいぶん遅く着いたのだけど、きいなが 家の探検を終えて落ち着いたのを見計らって

父にテルミーをかける。薬草の煙。触れ合い、父の体をいたわりながら、話を聞く。

わたしは聞き役。40歳くらいまでは、父はわたしにとっては 浮世離れした理想主義は尊敬できるけれど 子どもに対しては無関心 無理解で、理不尽に怒る怖い存在だった。

 父に理解してもらうことを 根底から諦めきった時、わたしが父に やってあげられることは なにか?と考えるようになり、母が亡くなってからは、聞き役になった。すると・・父は いつのころからか 優しくなった。

愛って人を柔らかくする。


いつも一緒にいられないから、いる間は 毎日 テルミー(薬草の煙)をかける・・


3日、松の木農園のいほりさんが企画のヘンプお守りネックレスつくり。

初めての場所、おうちカフェ 諏訪さんのお宅で開催。

お子さんが二人を含めた少人数で 作りました。


お子さんお二人とも 水色のトップを選びました。色にも、石にも 波動があり流れがある、二人とも、身近な人とコミュニケーションの時間を持つことで ずいぶん暮らしやすくなる感じがしました。

緑の中に、夕陽色の天然石を編み込んだ女性、この方は夕陽がとっても大切なシンボル。そしてキーワードは「正直さ」

編み込むビーズを直観で選ぶと、そこには、その方の「今」が印され、どう調整してゆけばいいかも見えてきて「お守り」とは、自分自身に帰る道をガイドするんだなぁ~と、毎回 感動します。


いほりさん、忙しく参加できなかったのに、野菜の差し入れとお茶タイムのサービスありがとう。

おうちカフェの諏訪さん、丁寧に接してくださってありがとう。

おうちカフェ・・・ 子どもたちもご主人も みんなが、手伝ったり参加されたり、バイオリン演奏してくれたり家族が一つの流れの中にいる。・・・それって・・・静かな驚ろき。

ここも また 共にある場所なんだなぁ~。

(以下の写真は、実家に慣れて 日々リラックス度の増す きいな ああよかった)


d0024504_03365681.jpg
d0024504_14574435.jpg
d0024504_14575547.jpg


by ainohanaMusic | 2016-07-06 03:50 | 心の旅日記 | Comments(0)