愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

川の流れ♪

おとといの夕方、こまくさの湯で 岐阜のなほちゃんと待ち合わせ・・
 ほぼ初対面のなほちゃんは、2月1日から9日間 遊里庵に滞在して「虹のうたクラブ」の会報制作を手伝ってくれたたべちゃんが
つないでくれた。ロシアの大自然の中に暮らしている「アナスタシア」の本を 寝そべりながら読んでいたたべちゃんが「有里さん!!紹介したい人がいる!」ってうれしそうに、携帯メッセージを打ち始めた。
 そう、「アナスタシア」に流れている すべてのいのちと自然体で調和して生きてゆく その愛の深さと叡智からの、たべちゃんのインスピレーションで、繋がった不思議なご縁。
 温泉で1時間半、しゃべった・・
 それから レストランで1時間半

遊里庵でも いろいろ話して、1曲 うたをうたったら なほさんの目は 今にも眠りそうになっていて、驚いて・・「おやすみなさ~い。」翌朝は、高烏谷神社に散歩して、たくさんの光と緑を楽しんだ。いつものように、お参りしたあと、歌って踊ったら、なほさんも 即座にうたって踊って・・。たのしい あっという間の時でした。出会いが加速している。そういえば たべちゃんとも 出会って1年にも なっていない。しばらくつながっていなかった岐阜と縁がつながってゆきそうだ・・
d0024504_14583236.jpg
さて、昨日は 新しいCDの4曲目のレコーディングでした。

これもまた、誠さんが 残してくれたとても美しい静かなうたです。
きっと、多くの方々のこころに静かに沁みてゆくのではないかな?

わたしの素朴なギター、静かな広がるうたと 八星のやさしい静かで豊かなコーラス、そして今朝は 髙烏谷神社へ行き、小川のせせぎの録音をしました。小さなせせらぎ、中くらいのせせらぎ、蛇行したせせらぎ、3か所に行きました。それぞれ 音が違う・・蛇行したせせらぎの音が 一番しっくりきたな~~ついでに写真もとりました。

春になったら 鳥の鳴き声も録音して、環境音を重ねてシンプルに仕上げます。
d0024504_15061341.jpg
川の流れ♪

ひっそりとした山の奥の 森の中から こんこんと湧きだした水
やがて泉を作り 沢になり水路を作り 川に流れ込む

川はわたしの心を見通している 全てを受けとめてくれる川の流れ

 喜び 悲しみ そして怒り ひとつひとつ丁寧に流してゆこう

  やがてそこに愛が実る いつかそこに愛の花が咲く
  やがてそこに愛が実る いつかそこに愛の花が咲く

わたしは見つめる わたしの心を すべてを癒してくれる川の流れ

 喜び 切なさ 愛おしさ ひとつひとつ ゆっくりと感じてゆこう

  やがてそこに 愛が実る いつかそこに 愛の花が咲く
  やがてそこに 愛が実 いつかそこに 愛の花が咲く
d0024504_15075097.jpg


by ainohanaMusic | 2016-02-28 15:15 | 心の旅日記 | Comments(0)

感じる♪

今朝は散歩から始まった。
うちは 20歳の次男と猫とわたしの二人と一匹暮らしだけど 一番早く起きるのは 猫。
その次がわたし。なぜかしらないけど 一番元気で若い次男が 最後に起きてくる。

今 遊里庵は(わたし的には)20歳の次男に生きることを伝授する「生活学校」のシーズンに入り、午前中は 外仕事
午後は 音楽。夜は それぞれの時間を持っている。
洗濯をすませて散歩に出る前に、次男に声をかける。
「○○時だよ~起きて~~!!」

そうすると、1時間の散歩から帰った頃には 悪気もなく起きてくる次男。「あのね~君・・・!!」と言いたいところだけど。

散歩の間に、午前中の仕事の内容が天から伝令されてくる。面白いなあ~と思う。
 仕事の内容は、気になっていて なかなか実践できないことを ひとつひとつ取り組むようにやるべきことがクローズアップされる。あたりまえのことだけど。
ひとつひとつ、散歩の間に届いた天の伝令どうりにすすめてゆくと ほんとに気持ちいい一日になる。

今日は、アロマ、トリニティー、重曹を使って、じゅうたんを拭くことから 朝の仕事が始まった。
猫のライカの口内炎がひどくて よだれがアチコチに垂れてしまうの。もう それは カバーできないことなんだけどね、
使っているメインの二部屋を脱臭とクリーンのために拭きました。気になることに時間取れることは幸せなことだよね~
一人ではないから 作業がサクサク進みました。

次は、薪の積み直し。
今年は ほんとにラッキーで たくさんの新しい薪を山からどんどん運んできている。
・・で、これからそれらを 切って割って・・どこに積むか?それが問題。

見渡せば ここ数年、次男に任せて積んでもらった薪は、下の方に古い薪、上に新しい薪となっている。
これが、結構、長年の心痛だったんだ(わらい)薪は新しい薪を積むときは 古い薪を使えるように積み替えてね・・と言葉で言っても届いてない。重要性が理解できていないから、一緒に作業しないと駄目。しかし 母は忙しかった。ツアーでいないことも多かった。

それで 全部を積み替えることはできなかったけれど、今日 1か所 積み替えたの。玄関のすぐ前に 古い薪を運んで積みました。
そして つくづく思いました。

山仕事や薪や、畑、これを次世代に伝えるのも、わたしなの?~って。わたしは、基本誰かに学んだのではなく、やってるうちに身についてきた。わたしは大学の教員の家庭で育ったので、田舎暮らしに精通してるわけではない。でも、得意も不得意もないんだな、わたしが伝えるしかないんだな~と ちょっとびっくり・・・

伝授する時間を持つしかないね~仲間がいたほうが マンツーマンより素直に、伝わるんだろうなあ~

なんとなく やってきた暮らし方の意義を改めて掴むのは・・若い世代に伝えようと思ったとき。

****************************************

さて今日 レコーディングした曲です!!まだ 道半ば。
八星のギターとベース、ジャンべ そして わたしのうたとコーラス、バイオリンで ちょっとファンキーに仕上がる予定。

このうたは、イラストを描くたべちゃんが来たときに 彼女と一緒に仕上げたの。
4月の東北ツアーは たべちゃんが同行する予定。
一緒にうたうのが 楽しみ❤


    
 
     感じる♪   作詞・曲 有里 帆作詞 田部井明子

 何を感じても問題ないよ オーライ オーライ オーライ
 未解決でも時がたてば オーライ オーライ オーライ
不安や怒り 悲しみ 虚しさ ありのままの 自分を知るのさ
そこには 自由な広がりがあるよ 

 許せなくても 自分を責めないで オーライ オーライ オーライ
 長い年月 がんばって来たね オーライ オーライ オーライ
 くやしさ はがゆさ おさえてきた ありのままの自分を知るのさ
 そこには新しい 広がりがあるよ

 不安はいつも どこから来るの オーライ オーライ オーライ
 時代の波に 飲まれているよ オーライ オーライ オーライ
 評価やかけひき 損得 勝ち負け ありのままの時代を知るのさ
 そこには 新しいあり方があるよ

 解決する日が来るなんて 思いもよらないことだね
 いつのまにか 忘れていたよ 昔は 悩んでいたこと
 あの時 あの人は 怒りに満ちて わたしは ただ空しかった
 そこから それぞれに旅立ちがあった そこから自由な広がりが生まれた

 何を感じても 問題ないよ オーライ オーライ オーライ
 いつの間にか 解けているよ オーライ オーライ オーライ
 穏やかな気持ち 溢れている 生まれ変わった自分を知るのさ
 そこには 美しい広がりがあるよ そこには無限の可能性があるよ 






by ainohanaMusic | 2016-02-24 23:16 | 心の旅日記 | Comments(0)

半農半音楽な日々へ

2月という一番寒い時期に 薪とりを始めた。
おととしの秋から、1週間に3~4日は、30分かけて山の神社まで水汲み&祈り、うたの奉納を兼ねて散策に行くようになった。

今年の冬はあたたかい。
それは 山道を歩けば分かる。雪の積もり具合と霜柱の高さが指標。・・雪は溶けてるし、例年なら神社までの坂の階段は背高のっぽの霜柱で真ん中は歩けない。一足踏むごとに ずっぽっと霜柱を突き抜けて足が抜けなくなってしまうので(笑い)今年は安心して道の真ん中歩けるんだよね・・

数日前に、ひらめいた!
「あっ!これなら 今 山に入って薪を取れる!」
道は凍結もせず、安定してるし、冬は山に入る車が皆無だから、細い山道で車のすれ違いがなくて安心だ。

財産区という地域が管理している山で森林を伐採してあり、かたずけたい丸太が秋から積んであって、いい感じでわたしたちを迎えてくれた。「え?枝まで払ってある。これ もらっていいのかな?」心配になったわたしと次男は 支所に電話で確認、電話じゃ分からなかったので、支所まで行って係りの方と一緒に、現地確認すると・・・、
「全部持って行っていいよ!!」と嘘みたいな、太鼓判をいただいた。(さすがに全部は持っていけませんが・・)
信じられないなぁ、松と杉だけではなく白樺やクリの木まで交じっていて、宝物のような薪の山 大金持ちになった気分(笑)
d0024504_23160570.jpg
さて、薪とりは 新しいアルバムのレコーディングと共に始まったの。

午前中は山仕事か 畑の春への準備
午後は音楽

これ、いいバランスだなあ~

畑で、昨年の野菜たちの枯れた株を抜き、支柱をかたずけ、マルチを剥がし、きゅうりと豆のネットに絡まる枯れたつたを根気よく払っていたら、いつのまにやら 瞑想状態になり、妄想が暴走していた。

ああ~生活学校がやりたい!
十代から三十代 人生の方向を求めはじめた頃の年齢の縁のある若い世代と 日々 畑をやり、マキを割り、料理や保存食を作り、イベントを作り、カレンダーや本を作り、次の時代へ共にシフトして行きたい。

20歳になった次男に伝えているのは、音楽は自然との関わり 自分との関わり 暮らし方が結果として生まれてくる実りのようなもの。大切なレコーディングの日だからこそ、山仕事、畑仕事で汗をかいて 山の気をいっぱいいただいてから取り組むといいんだよね~無心になれる。言葉で言っても伝わらないけれど、一緒にやれば 体感があり、身に着く。

次男ひとりに伝えられるだけで十分かもしれないけど、縁のある若者たちと一緒に暮らす生活学校!これ すごーく やりたいな~♪
自然と共に生きる体験とアートのバランス、誰かに学ぶのではなく、内側から爆発的に生まれてくるものを生かしてゆく循環してゆくアート暮らし 生活=アート学校

*****************************

妄想はさておいて・・・今のところ、今は20歳になった次男とふたりの日々です。
d0024504_23164416.jpg

つい先日まで、大事な仕事は、大人の友人知人とやっていたのに、一番大事なココというところを、見守りつつも、大胆に、次男に任せ始めました。・・なので、今や彼は仕事のパートナー也・・(わっすごい)・・昨年は、CD制作部門で、表紙と裏表紙のイラストを任せ、ここ1年はチラシのデザインを任せ、そして、ついに、CD制作でエンジニアを任せることにしたの。

未知の世界を 誰にも教わらず、自分で研究&開拓して、ぐんぐんと実践して力がついて、頼もしくなってゆく。驚きです。

好きな仕事を任せると、いつのまにか 苦手なことも 後回しにせず、やれるようになる。偏らず、なんでも仕事を割り振るようにしています。


それで、たまには 温泉の後に、ソースかつ丼屋さんでリラックスタイムもいいな~。緊張とリラックスのバランス感。

d0024504_23155050.jpg

今、仕上げている曲は。超自然♪自然を超えている・・誠さんの残した曲です。とても 美しい

八星のギターとベース、わたしのうたとコーラスをベースに仕上げます

レコーディングしている間に、うたのエッセンスにわたしの体が共鳴して 光の柱のような声に自然とチューニングされ、声の質が変化してゆくのを、次男はエンジニアしながら初体感。

「ママの声、どんどん変わるでしょ?これ 自分で作ってるんじゃないんだよ。祈りながら唄に集中すると、うたのエッセンスが体に入ってくるの。」「うん、どんどん変わるね。」

また、次男も、アレンジや演奏メロディーがひきだされてゆく。自然神が降りてきて・・ピュアな印象のCDになりそう。

誰かに教わったのではなく、体当たりしてると 自然と生まれてくるオリジナルな道。

初の親子アルバムとなりそうです。

****************
超自然♪

目覚めれば 聞こえてくる
光に包まれた あなたの歌声

海に浮かぶ 月の船
水面に咲いた 蓮の花

あなたとわたしをつないでる
透明な意識 清らかは波動

わたしの心に沁み込んでくる
光の波動 宇宙の鼓動

抱きしめて 解き放って
一つになって 羽ばたいて

輝きを 増してゆく

目覚めれば 聞こえてくる
光に包まれた あなたの歌声♪




そして つけたし

虹のうたクラブの会報とお楽しみCD 各地に届いていて、お便りと振り込みをいただいています。

ありがとうございます!

今年は財政が厳しい状況の方は、会報とCDをゲットできるランクをキープの、無理のない継続でいいので
振り込みはツアー始まる前、2月中にしていただけるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。
(その辺 書き忘れてしまってスミマセン)

※また、にじのうたクラブの会報、見本誌が ほしい方は言ってくださいね。家にいる「いま」ならプリントアウトしてお送りできます!
できるだけ、つながってゆけるように、今 大宣伝中です。まだまだ未熟ですが みなさんと一緒に成長してゆくサポートクラブでありたいです。

d0024504_23593751.jpg





by ainohanaMusic | 2016-02-22 22:44 | 心の旅日記 | Comments(0)

歌あり、ワークショップあり、家族dayあり あたたかな日々 in 静岡

2月10日、出来上がったばかりの虹のうたクラブの会報とCDのあて名書きをすませて、
コンサートの準備、ワークショップの準備、猫のライカを連れてゆくので、ライカの準備。おむすびとお茶も持って、長野を出たのが、午後3時だった・・1月の始めに里帰りして、1か月で また帰れた~。父がとても喜んでくれているのを感じました。

 ご縁が熟して、まつのき農園のいほりさんの主催で、「ゆるびく村」のビーガンベジレストラン「麻ゐ」でコンサートをさせていただくことになり、父との時間、八星との時間、友人との時間 いろんなことがバランスよく満ちた 静岡滞在でした。

2月11日は 午前10時から「麻ゐ」でコンサートの準備。静岡はあったかい・・ランチは外のテーブルで 松の木農園の無農薬野菜を使った優しくて一味違う(どうしてこんなおいしいの?)いただきました。
d0024504_22050467.jpg
d0024504_22031398.jpg
コンサートは、次男の八星とふたりで。
わたしの曲を数曲サポートしてもらい、わたしは八星のうたをサポート。
前半からぐんぐん、深いところで聞いてもらっているのを感じ、コンサートが終わった時は マラソンを走りきった後のような力を出し切った感覚がありました。
d0024504_22084596.jpg
コンサートの後、いほりさんが 皆さん飲み物を御馳走してくださり、輪になってシェアタイムを持ちました。
一人一人が語る時間、みなさんの輪郭が明確になり、とってもいいのですが、初めての方が多い時は、質疑応答をとる余裕があれば、それもいいかもしれないと後で感じました。ライブの時も時間の都合上、話が断片的になるので、聞きたいことがある方もおられるかもしれないですね。

12日は 陶板浴のまつのいほり(松の農園)でヘンプお守りアクセサリーのワークショップ
d0024504_22044770.jpg
定員4名で、ゆったりと編みました。コンテナいっぱいのビーズからそれぞれが選んで自らデザインするネックレス・・今年になって左右不対象も解禁(笑い)されて、ますます自由度が広がってきているのですが、面白いな~

「初めてなので、できないかも?」と言ってる方も、途中からぐんぐん 自分の世界に入ってゆく。色や、バランス、全体像を選んでゆくのは、未開拓の道を自分で歩いてゆくように 面白い。お手本がないから、感じるしかない。決め手は 自分のハート。

いい頃合いでいほりさんが 穀物珈琲を出してくださり、なごみました。

そして時間までに みんなが完成してくれたので、出来上がった作品を みなでシェアすることで、お守りにパワーが宿りました。

いほりさん、はるさん、来て下さったみなさん、二日間ありがとうございました。
とっても楽しかったです。 また、是非、ときどき こんな時間を共有できたら いいですね~

d0024504_22041219.jpg
そして・・友達タイムもありました。
これは11日の夜、コンサートに間に合わなかった おっさまと お茶したの。こいちゃんと3人タイム。

12日は掛川の別の知人宅を訪ねて、深夜12時くらいまで 話し込みました。
なんと、わたしが 自然出産の時、手引き書とした「ウパシクマ」 アイヌの産婆さんのお孫さんだったのです。
たくさんのシンクロがあり、語りあう時間が足りなくて、また ゆっくり会いに行くことにしました。
d0024504_22074323.jpg
そして、15日 父と八星と花見。
d0024504_22080507.jpg
静岡はあたたかいな~冬中、いたいくらいだな・・
d0024504_22081609.jpg
やっぱり海も見に行かなくちゃ
d0024504_22082975.jpg
もう夕方、さて、長野へ出発!!

また、来るね~♪海も山も、人も、里も あたたかい~と感じた5日間でした。

by ainohanaMusic | 2016-02-16 22:55 | 心の旅日記 | Comments(0)

会報&CD作り月間

2月1日に、埼玉からイラスト画家のたべちゃんが来てくれた。
 この日は 北海道からも お客さま。
旭川から、助産師の市川さんがプライベートバースについての論文を書くために、二人の息子のホームバースのインタビューに、来られた。
たべちゃんを駅で迎えてから、市川さんが来るまで 時間があったので、水汲み、買い物、そして温泉に浸かっていろいろ話した。

たべちゃんは9日間 遊里庵に滞在。
それが、すごい9日間だったのです。
勤行、シェア、散策、制作、ミーティング、レコーディング、制作、そうじ、料理、散策、ミーティング
シェア・・・帰る時間ぎりぎりまで 制作していたの。
d0024504_23521660.jpg


たくさんの新しいプロジェクトが生まれ、
虹のうたクラブの会報の制作が着々と地道に進み、
虹のうたクラブのお楽しみCDのトークを 八星と3人で レコーディング とり直し5回以上やったかしら?
新しいうたが 生まれ 動画で3人で 撮影・・撮り直し10回を超えて 夕暮れまでやってた・・
クリエイティブな9日間。
d0024504_23525773.png


******************
助産師の市川さんとわたしの対話を聞いたたべちゃんは、6月11日(土)に東京で、市川さん×わたしのお産トークとうたの会を企画することにしたの。
 プライベートバースは 自然なだけではなく、霊的な体験を伴う・・静かな集中できる環境、家族だけのセイクレッドな空間では、霊的なガイドのメッセージを聞き取ることができる波動に高まってゆく。一人一人には 守護する存在がついていることを 忘れることがないくらい、強烈に体験が わたしには あった。きっと、昔の女性の多くは、そのような導きを体感していたのではないか?と思う。

市川さんは、出産の歴史を人類学的に学んでいて、出産とは まさに霊的な体験・・と考えていて、
そのへんを深めてゆく会にできたらいいな~と思います。場所は 駒込あたり、時間は 午後1時から5時の予定です。

d0024504_23535172.jpg

ところで たべちゃんと暮らした9日間
森へ散歩
d0024504_2354533.jpg
d0024504_23553321.jpg
雪の上にある動物の足跡や、自分が歩くとき 雪のザクザク鳴る音や 帰る時は坂道を滑らないように ジャンプしながら走ってゆくことや、ひとつひとつを楽しむ感覚が とても似ていました

d0024504_23573971.jpg

そして、絵を描いては、気分転換にお料理するとか、お掃除する、洗濯する・・
アートと暮らしの配分も似ていました(笑い)
d0024504_23593751.jpg


1月半ばからとりかかった 会報・・・やっと できましたよ!!
15ページの大作になりました。

とってもいいです!

d0024504_005254.jpg

お楽しみCDは、手焼き、手描きなので まだ20枚・・あと20枚 がんばって 作ります。(八星担当)
3曲、猫のアミのうた、陽気なスピカのうた、母のことをうたった 幸せの気持ち♪
みんなに聞いてもらうのが 楽しみです。

そして、トークは たべちゃんにインタビュアーになってもらい、遊里庵は急きょラジオ局のようになりました。
次男の八星がバックでギターを弾いていました。3人とも真剣で 4~5回 とり直して 完成。
d0024504_055981.jpg


9日間、たべちゃんも 八星も わたしも 走り続けて、形になったよ~

ごくろうさま
d0024504_06583.jpg
d0024504_073499.jpg


雪の中 たべちゃんは9日ぶりに 帰ってゆきました。

そして!4月東北ツアーに 一緒に行くことになりそうです。
たべちゃんの イラストも みなさんに見ていただきたいと思っています。

また、にじのうたクラブ、2月が更新時なので まだ入られていない方は よかったら、会員になってくださいね。充実の会報と CDを、年2回 ご自宅へ送らせていただきます。意識を共有して シンクロして出会いを深めてゆけますように!!

虹のうたクラブには、年会費3千円から参加可能です。(CDは 年会費5千円から・・頼りがいのあるビッグ会員も募集中)
希望の方は メールをください。住所をお知らせくだされば、会報と募集のチラシを送ります。
ainohana☆air.ocn.ne.jp(有里) ※☆を@に替えてくださいね~
by ainohanaMusic | 2016-02-10 00:11 | 虹のうたクラブ | Comments(0)