愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ご先祖を供養する

11月24日 安芸市の考える村 山荘都で目が覚める。
車の音もない、静けさは やすらぐ。

八星が目覚めるのを待って ベランダでブランチ。
海が見える山の中・・
d0024504_13213480.jpg
吉本家先祖代々のお墓は高知商業高校の裏山にある。9年前の火事の翌年、思い立って父と高知で待ち合わせをして 場所を教えてもらった。
ほんとうは 2か所にあったというお墓は、ひとつは 山ごとなくなっていて、父はショックを受けていた。今では高知に暮らす親戚はいなくて、もう何十年もだれもお墓参りに行っていない。両親が祖父母のお墓に名前を入れていないことを気にしていたので、かろうじて見つられた祖父母のお墓に名前を入れることと お墓参りを続けてゆくことを 引き受けた。
わたしが 両手を火傷して包帯姿で ひとりで山へ お墓参り(お墓掃除)に行こうとしていたら、当時 コンサートの主催されていたKさんが、同行してくださった。以来、タイミングが合えばKさんは お墓参りにつきあってくださるし、祖父母のお墓に素敵に名前を入れた高知在住の石の彫刻家も紹介してくださった。
今年も、Kさんは来て下さって、八星と3人で 1年半ぶり 落ち葉を片づけ、草を刈り、お花を生けて ろうそくをともし、お経を読んだ。所要時間2時間~3時間。山の中のお墓は やることが 満載。気持ちよかった。
d0024504_12051046.jpg
今年は 祈る時、自分が今後やってゆきたいことが 明確になっていた。長い長い時をさかのぼると きっと、同じ志を持って生きていたご先祖もいらっしゃるからこそ、わたし自身のいのちと生きざまが ここにあるのだと感じた。八星も 今後の活動、方向性が明確になってきている。お掃除して祈り、先祖の応援を受けて力を得た感覚があった。不思議。
d0024504_12052726.jpg
Kさんを 彼の事務所に 車で送り、お礼にミニミニコンサートをさせていただいた。
そして、また、車を1時間半 走らせて 山荘都へ。着いたのは かなり遅かったけれど、昨夜 仕込んでおいたカレーと 高知の地酒をいただきました。
山暮らしは、いいな~

by ainohanaMusic | 2015-11-27 12:49 | 心の旅日記 | Comments(0)

土佐市から安芸市へ

11月22日 香川から一路 土佐市は地蔵庵まで移動。
23日のコンサートの会場の地蔵庵に泊めていただくことになっていて、
夕食は 主催のゆみちゃんの手料理を ご家族と一緒にいただいた。

初めての場所に移動することは 慣れているけれど 成熟した八星と旅する感覚は 新しい。
彼の存在の仕方が 変化しているのを感じた。旅の友。
 また、ゆみちゃんとも家族とも 初対面で おこさんも、ご主人も 一人一人の個性がありのままに伝わってきて味わい深い夜だった。
地蔵庵は 道の駅の隣にある古民家で 素泊まり宿でもあり、イベントもできるユニークな空間。
たまたま 同じ日に 隣の部屋に泊まった若い男性と 翌朝 お話して、彼もコンサートを聞いてくださることになった。
そでふりあうも たしょうの縁
d0024504_13013296.jpg
(ゆみちゃんの描いてくれたイラストと写真のコラボなチラシ。タイトルもいいですね~)
d0024504_13002216.jpg
(この日、八星は風邪で うたはうたえず、でもギターで3曲参加し、インストで 1曲ソロ演奏)

コンサートの後、ゆみちゃんの持ってきてくれたスープとスイーツをいただきながら シェア会をしました。
みんなの想いがあふれ出て、あたたかい つながる空間でした。
子どもたちが とても元気で 幸せそう・・大人の話が聞こえないくらいの時もありましたが ひっくるめて いいシェア会だったと思います。また、初めて 偶然のタイミングで参加してくださった男性も 帰りに少し話すことができて よかったな~
出会いは偶然ではないんだな~と。

初主催に奮闘してくれたゆみちゃん、そして支えてくれたご主人、Nくん ありがとう。

そして、片づけたあと 安芸市の考える村の友人恵美ちゃんの山荘へ移動。
車の中で ゆみちゃんの作ってくれたおいしい夕ご飯を いただき 途中、墓参りのためのお花を買いつつ、かなり時間がかかって 静かな山へ到着。夜のうちに ごはんを炊いて 味噌汁を作ると すごく落ち着きました。
d0024504_13304173.jpg
d0024504_13202015.jpg

「どうぞ、自由に使ってね。」と山の家の鍵を渡してくれる 恵美ちゃん 克さん ありがとうございます。
d0024504_13205585.jpg



by ainohanaMusic | 2015-11-26 13:28 | 心の旅日記 | Comments(0)

尼崎~香川へ♪

11月20日金曜日 長野を出発して今日で6日目。

今回の旅は 両親のルーツである高知へお墓参りも兼ねているので、次男とふたり旅。
猫のライカのお世話のために、中津川から真千子ちゃんが来てくれて、安心して家を空けることができました。
真千子ちゃん ありがとう❤
また、絵描きの友人が 5日間 遊里庵へ 絵を描くために滞在してくれて、遊里庵も 楽しそう。

そして、久しぶりの次男との二人旅、なかなか行けてます(わらい)
車の移動の間 次男が選んで流してくれる音楽や、行く先々での 二人の旅暮らしがなかなか楽しい。
でも、今日で 二手に分かれ 一人旅になります。

午後 高知市のコンサートの前に 次男を駅に送り、次男は 徳島(父親に逢いに行く)へ。
わたしは、明日は淡路島へ。
d0024504_12044072.jpg
さて、今日までの旅の報告をします。

20日は 長野から 尼崎市へ。
29日の 尼崎 ハートフルコンサートの打ち合わせを ヒーリングスペース「つきにこ」にて。

せっかく八星がいっしょなので 二人でミニミニコンサート。
つきにこの朋ちゃんの、「クリスタルハープ」の音色に 次男もわたしも魅了されました。
d0024504_12042280.jpg
 音に対して敏感で いろんなものを取り入れる時期に来ている息子と一緒に旅するのは 楽しいな。

21日 香川の西念寺へ。西念寺は 法然が讃岐に流されたときに最初に過ごしたお寺ということで 念仏が深く浸透している素晴らしい祈りの空間でした。何度も足を運びたくなる 奥深さをを感じました。
昨年 東京は杉並区の本應寺の念仏行脚に参加して、法然寺で数曲 うたを奉納させていただいたとき、声かけてくださったのが 西念寺の修薫さん。そのときのご縁で、四国への旅をお知らせして、今回はお十夜法要でうたわせていただくことになりました。
 また、本應寺の今年の念仏行脚の西念寺に来られる日程が同じ日になり、本應寺のみなさんと久しぶりの再会。

打ち合わせしてないのに 同じ日におなじ場所。すごいお導き、ありがたいことです。
d0024504_12010846.jpg
       (朝ごはんのひととき)
d0024504_12013426.jpg
(お十夜法要の始まり)
d0024504_12025871.jpg
(コンサートの始まり)
d0024504_12022956.jpg
  (八星も ギターで参加)
d0024504_12014812.jpg
本應寺のお上人が 一番前でしっかりと聞いてくださっていました。
うたと出会って34年 念仏と出会って13年 誠さんが光に旅立ってソロで うたい始めて9年。
d0024504_12021771.jpg
新しいサイクル(プロジェクト)が 来年から始まることを感じていました。
人生の中で一番大切なのは たましいを磨くこと。この世を去る時、なにも 持ってゆけないけれど 生きることで磨かれた魂だけは 永遠なるものだから。魂が磨かれてゆく道のりに いろんなチャレンジがある。

日々 素敵な出会いが与えられていること。
そして、祝福されていることを感じたコンサートでした。

22日、コンサートを終えた後、わたしと八星は 高知県土佐市へ
本應寺御一行は 徳山へ♪

by ainohanaMusic | 2015-11-26 12:43 | 心の旅日記 | Comments(0)

遊里庵オープンハウス 冬籠りコンサート3日間

昨夜 遅く眠ったのに まだ暗い時間に目が覚めました。
 今日から 関西~四国ツアー。高知市でのお墓参りまで 次男と一緒。
高知市で二手に別れて わたしは11月30日には 遊里庵へ戻り、次男は さらに旅をして10日後くらいにもどってくる予定。
さて どんな旅になるかな?

ふたりが遊里庵にもどったら、今年最後の 遊里庵のオープンハウスです。
今年は プログラムをゆったりとさせました。会期は 12月11日(金)~13日(日)です。
どうぞ、みなさん 今年の自分をクリアにして新年が迎えられるように 不思議なあたたか空間へ 思い立ったら、身軽な心で いらしてくださいね。
プログラムのない時間もたくさんあるので、みんなと紡ぐ素敵な空間を 自然発生的に作ってゆきたいと思っています。

初日の11日は 今年最後の新月。コンサートの時間に湧いてきた想いを さらに深くして それぞれの願いを宇宙になげる時間。

二日目 12日は 自然の中で 自分を回帰させて 自分自身とつながる 蓮の花ミーティング
初回から3回までは 青梅の「ひだまりの郷」で開催してきましたが、初めて 遊里庵での開催。ギュッと深くはいる コンパクトな目覚め&ヒーリングタイム。お勧めです。

最終日13日は、コズミックアーティスト小静さんをお迎えして くるくる曼荼羅を描くアートワークの時間があります。
午後は 念仏コンサートと、東京の本應寺からご住職をお迎えして、念仏会。
本應寺は、わたしが 6週間 仏道を学んだお寺です。夜は 懇親会の時間。 
d0024504_07070401.jpg
今回、イベントというより「一緒に暮らす」ゆるやかな時間の流れ、
手仕事を持ち寄りながら 火を囲み、話すイメージ。
下記は そんな内容を提案して 手描きのチラシを描いてくれた 東京に暮らすまるちゃんの文章です。

みなさんと お越しをお待ちしております。
2015年の自分への ご褒美に小旅行に いらしてくださいね~

******************************
(スタッフのまるちゃんより)

タイムスケジュールは決まっていますが、参加は自由です♪

ひとつところで、おのおのが一番したいことに
夢中になって暮らせたら幸せだなぁと思います。

私がしたいのは・・
自然の中での暮らしを味わう。
今しかない、ちいさいひと(子供たち)との豊かなときを味わう。

散歩や勤行、歌踊り・・・
頭すっきり胸はみたされおなかはどっしり力がある
遊里庵のゆりさんとの暮らしには、
今ここに生きる秘訣が詰まっています♪

直火料理、冬景色の散歩、染物、たき火囲んで焼き芋・楽器・語らい、鍋料理、絵を描く、縫いもの、書きもの、満天の星をみる・・・!!!

遊里案に行く度に、やりたいこと満載な私です笑。


***************************************************
(まるちゃんの 冬籠り オープンハウスの案内)

暮らしと旅を楽しむミュージシャン吉本有里さんの自宅、遊里庵のオープンハウスイベントです♪

澄んだ空気、おいしい湧き水の出る、身も心もほどける自然の中で、いのち喜ぶ暮らしを実験する♪ 3日間です。

遊里案は、誰もが安らぎ本来の自分を取り戻す場所として、毎年リトリートが開かれていますが、ここに集うとみんな家族のようになるのが不思議です。

出入り自由です。
にじのうたくらぶ(有里さんの活動や志に共感する仲間のサポータークラブ)の会員さんは、宿泊もできます。

お時間や心のタイミングでぜひいらしてください♪



イベント詳細

12月11日(金)新月

14:00~16:00(open 13:30)
吉本有里新月コンサート

冬ごもりライブのオープニングは、モチロン!
ゆりさんのいのちの歌♪

16:00~17:00
新月のねがいを宇宙に投げる

ゆりさんの歌で心を開き、感じた願いを宇宙に投げます♪

参加費 2000円(当日2500円)




12月12日(土)

10:00~15:00(受付 9:30~)

ふかい願いとつながる
蓮の花ミーティングvol4

~子育て・仕事・・わたしにとっての豊かさ~
 
※ ミニリトリートです。深く自分を見つめ 自分自身、自然、人との流れを再調整する聖なる時間。男性ももちろん参加できます❤

東京都青梅市で3回開催した、自分の中の深い願いを、生業や暮らしにつなげてゆく 自分と向き合う時間です♪ 
真ん中の願いに気づくほどに、生きるすべてが輝きます!

参加費 5500円(3日前までに予約。それ以降は6000円。)
    ランチとミニライブ代が含まれます。
    

12月13日(日)

◎10:00~12:00(受付 9:30~)

くるくるバステルでマンダラを描こう
 
コズミックアーティスト 小静さん♪の 
マンダラワークショップです。

初めての方でも簡単にできるバステルであなただけのマンダラを描きましょう。できあがったマンダラは、今しか描けないあなたを表しています。心の解放をもたらし、癒しと表現する喜びを味わえます。

参加費 1500円(材料費込み)

◎14:00~16:00(open 13:30)

吉本有里 念仏コンサート

東京の本のう寺から住職をお迎えして
念仏会を開くのに合わせて♪

参加費 2000円(当日 2500円)

◎16:30~18:30

念仏会

本應寺は、お寺の本来の役割を果たしている、
今では数少ない貴重なお寺のひとつです。

南無阿弥陀仏は、
とーっても簡単に言うと「無限の光に委ねます」ということだそうです。お念仏を唱えていると、心身流れてとても軽くなります。お気軽にご参加ください♪

参加費 無料


◎19:00~

親睦会

住職を囲んで語らいましょう♪
仏教やお念仏への質問、大歓迎♪

参加費 1000円 (食べ物・飲み物ご用意しますが、お酒を飲まれる方はご持参ください♪差し入れ大歓迎です☆)




食事や暮らしは、みんなで協力して行います♪

食事などの経費は以下の通り、カンパをお願いします。
(貯金のない方、ご相談ください♪)


◎食事

食材費・光熱費として、

朝・昼 500円  夜 700円 


◎送迎

ガソリン代として、

駒ヶ根駅~遊里庵 片道500円 (運転手にお渡しください)

◎宿泊

にじのうたくらぶ会員のみ (詳細はお問い合わせください)
(会員登録されたい方はお問い合わせください♪)

◎出店

コンサート or 蓮の花ミーティング にご参加の方、
無料で出店できます♪ お申し込み時にお知らせください☆

☆問い合わせ&申し込み

11月中 栗林満里子へ(有里ツアー中のため)070-5490-5223
12月~ 吉本有里へ 090-4535-4776

みなさんと紡ぐ時間を 心から楽しみにしています♪

by ainohanaMusic | 2015-11-20 06:53 | イベント | Comments(0)

関西~四国ツアーのご案内

もうすぐツアーです。
今回は 次男と一緒に 高知市へお墓参りに行く+コンサート。

・・・なので、遊里庵で 猫のライカのお世話をしてくれる友人を明日 お迎えします。
・・・さらに、5日くらい前に 遊びに来た 別の友人が 中5日、絵を描きに滞在するの。

面白いな~遊里庵の顔ぶれが変わり、それをつなぐのが 猫のライカ・・・。
ゆくゆくは コミュニティーのように、動物もいっぱいいて わたしが 旅に出るときは 必ず 誰か 旅の人が ひとときの定住で充電と、動物たちをかわいがるために 滞在してくれるようになったらいいな~
d0024504_15485599.jpg

❤さて、コンサートのご案内です。❤

11月22日(日) 香川 西念寺
会場 香川県仲多度郡まんのう町羽間2655
電話:0877-73-4258
午前10時半から お十夜法要で11時から1時間ほど歌います。

11月23日(月・祝)土佐市
心ほどけ体おどりいのちことほぐ愛とうたごえ♪吉本有里with八星 コンサート
時間 13時~15時
会場 古民家の宿 地蔵庵 高知県土佐郡土佐町田井446-2 (道の駅 土佐さめうら隣)
チケット 1500円 当日2000円
会場連絡先 ミシマファーム 0887-82-2391  
お問合せ 080-6552-4553 福島優美

11月26日(木)満月の夜の夜  吉本有里ライブ  ライブ  今ここ、感じる 今ここ、感じる音楽祭 音楽祭
19:00~21:30(開場18:30)
●場所:薫的会館 *駐車場有り 高知県高知市洞ヶ島町5-7
●参加費 大人3000円 中学高校生 1000円 小学生以下無料
お問合せ 080-2336-8773(倫) k.michi0315@gmail.com
*是非、家にある音の出るものをお持ちください 

11月28日(土)吉本有里 淡路島隠れ家(絆の郷)ライブ
会場 〒656-0004 兵庫県 洲本市中川原町安坂1118(絆の郷)
時間 14:00 - 16:00

淡路島の古民家にてささやかなライブです。 のどかな農村地帯で高齢化が著しい場所です。近隣には介護施設があります。ゆっくり車を走らせて下さいね。
投げ銭(物納 可)
d0024504_15490885.jpg

11月29日(日)兵庫県尼崎市
吉本有里ハートフルコンサート
日時:11月29日(日)14時(開場13時半)~16時
場所:喜楽苑地域ケアセンターあんしん24
料金:2000円(穀菜食堂なばなさんのお茶&お菓子つき)*中学生以下・65歳以上は無料
申込:tukinicocoro@gmail.com  080-3867-7836(田中)  
申し込み&お問合せ 080-1196-2935(のりこ)

by ainohanaMusic | 2015-11-17 14:27 | ライブ | Comments(0)

思わぬ出来事

長野へ帰宅して10日。
なんだか 忙しいような ゆったりしたような 定住のひととき。
d0024504_14111720.jpg

帰宅して まず、わたしには 珍しい二つの出来事に遭遇して ハートに打撃を受けた。
それで、この10日間は 朝起き抜けの 念仏と瞑想は欠かさなかった。
深いところで 出来事を理解し 消化して手放してゆくプロセスがあった。

ひとつめは ここ3か月 心を傾けて状況を感じ取り、全身全霊でサポートしていた友人とのつながりが急に絶たれたこと。その方の健康が思わしくなくて とても心配だったので、出会ったばかりの施術師さんを友人の元に派遣した(行っていただけた)結果、友人と施術師さんの感覚が同調して わたしに対して とても批判的になった。二人は、あたたかく繊細な感性と優しさを持っているが 常識的な感性の中で暮らしているので わたしの言動は、理解を超えて判断保留になっていることが多々あったように思う。それらのすべてが 悪い方へ傾いた。(※これは あくまでわたしの解釈です)

ツアーから 帰宅して ことの顛末を聴くために施術師さんに電話をして お話を聞いたが、なにか色眼鏡をつけて わたしを見られているようで、話されることのすべてが とても居心地の悪いものだった。
「あなたは プライドのために歌ってるのですか?ほんとうにやりたいことはなんですか?」と聞かれたときには、応える言葉を持たなかった。自分自身が 一番 自分を知っている。わたしには、うたは 日々 流れ込んでくる見えない世界の新鮮な息吹であり、鳥のようにそれをうたうことがとても自然な行為だと感じている。質問自体が わたしを全く違う人物と見ていることが伝わり、不愉快さ マックス。
d0024504_14112547.jpg

3か月 毎日 やり取りしていた友人に関しては、わたしから連絡したい気持ちは すっかり失せてしまった。
わたしは どんな小さなことでも 感じたことを ありのままに 伝えるようにしていた。感じていることを伝える。誠実であることが お互いの成長につながると思っていた。友人は 感じたすべてのマイナス印象を 胸にため込んで、初対面の施術師さんに、全部 ぶちまけたようだった。彼の感じていたことを施術師さんから聞くことになってしまった。それは、まるで わたしと違う人物のお話しみたいで、彼のフィルターに施術師さんのフィルターが加わって 二人は果てしなく遠いところにいた。
 
出会ったばかりの 施術師さんが 友人の代弁者になっていた。なぜ?彼は、施術師さんを信じ、施術師さんは 彼の言葉をそのまま真に受けているのだろう?なぜ わたしと 彼が 話すのではなく、あいだに ほんとうの事を知らない人が 入っているのだろう?

小学校の頃、噂やかげ口が 力をふるっていて 仲間外れとか、いろんな出来事を見てきたけれど、なんだか 似ている。
なぜ、人は理解できないものに出会うと、自分で相手に向かい合わずに、他の人の感情を取り込んで「色めがねの徒党」を組むのだろうか?

一方通行だったんだな・・・。
彼は、自分の感じてることを その都度、わたしに伝えなかった。
伝えれば 調整が起きる。ほんとうのご縁であれば、関わり方は 壊れるのではなく育ってゆく。
ありのままでいるには、自分と相手を信じていることが まず第一歩。
利用するのではなく、ありのままにつながり 育ってゆくことを わたしは やってゆきたい。

でも、深いところでは 一番うまく行っている。大丈夫だと感じられた。友人を サポートした3か月の日々は まごころしかなかった。

その体験は 種のように 彼のハートの奥で眠っている。そこに いろんな条件が整って忘れたころに芽を出すんだろう。
また、わたしも いいことも 悪いことも 判断せずにありのままを伝える親しさの中で 癒された。でも それが 彼の重荷になり、切り離された痛みを感じることになった。

では、わたしは、出会いに対して 自分を制限し臆病になるのだろうか?

いいえ、わたしは ありのままのわたしをうけとり、ありのままの感覚をフィードバックしてくれる友人たちが 素晴らしいギフトであることを改めて感じている。また、この広い地球に 新しい地球を共に創造するまだ出会っていない仲間の存在を 確かに感じ始めた。

とても傷つきやすい 自分であることと 蘇生力の素晴らしさを感じている。

傷つきやすい自分ではあるけれど、転んでも また 起き上がる。

そして また 今日のうたを うたってゆく。こころを込めて ありのままに。
d0024504_14113625.jpg

*************************
もうひとつの出来事は・・自宅の前に置いた車に鍵をかけず 釣銭バックの中のお財布を抜かれてしまったこと。
いつもなら、車には 財布は置き忘れない。

でも、ひとつめの出来事の真相究明で 施術師さんに電話して 衝撃が大きすぎて すっかり注意力散漫になっていたんだな~

現実的には 厳しかった。
なので、この10日間は 緊縮財政。
そして、警察に届けたら すごく丁寧に調査してくださってありがたかった。

そして ふたつの出来事は 本質が とても似ているということに気がついた。

周囲を信頼して 鍵をかけない(用心しない)と 思いもよらぬ時 大切なものを失う。
でも、それで いいんだ。起きることは 起きる。なくなるものは なくなる。
それ以上に、自分が その経験から 大切なことに気がつき 揺るぎがなくなると 無限なるものが 注がれてくる。

わたしは 施術師さんから ずいぶん批判(アドバイス)を受けたが
自分の活動や 人とのかかわりは 愛そのものであると 改めて揺るぎのない 確信を感じている。

わたしは わたしの道を まっすぐ行けばいい。
喜び溢れる道。
d0024504_14105880.jpg
 長野に帰って 各地からいただいた野菜&畑からの収穫を丁寧に料理していました。
友だちも遊びに来てくれたり、次男とのレコーディングも始まり、あっというまの 日々から あと数日で また ツアーが始まります。




by ainohanaMusic | 2015-11-17 13:44 | 心の旅日記 | Comments(0)

南串 ハマユリックスコンサート ツアー終了!!

11月4日
この日も 朝 10時に 小浜フレッシュセンターに泳ぎに行く。
そして その足で コンサート会場 ハマユリックスホールへ。
一足先に 着いていた川内さんが 入口から出てきて 当たり前のように手を振って、一緒に機材を運び始めた。
広い会議室の テーブルを片付けて 絵を飾り、椅子を半円状に並べ 受け受けテーブルも用意する。
13年の積み重ねで もう 説明することは なにもなく、二人で準備してゆく。

合間あいまに、川内さんが 車を運転しない友人をお迎えに行ったり、ランチを運んで来たり。
d0024504_16593667.jpg
午後1時半 川内さんの挨拶
d0024504_16594893.jpg
コンサート
d0024504_17021326.jpg
d0024504_17014543.jpg
最後まで手伝ってくれた仲間と記念撮影。ポーズは 結果はオーライ♪のどんどん元気になる♪
大地を踏みしめて♪の我ら地球のこども♪

 川内さん すごく軽やかなの。この1~2年に
お母さんを見送り、子どもたち3人を育て 末の子が今年家を離れ、つい先日 義母さんを見送り 夫婦二人になった。
大きな務めをなし終えて 寂しいけれど 魂はとても晴れやかに ゼロ感覚にもどり、背中に羽が生えたような・・・

今回は お義母さんの話を たくさんお聞きしました。
生前 コンサートにも 何度か来て下さり、実のお母さんか?と思っていたくらい、お互いを信頼している感じがしていたの。
とても 頭がよく そして強いお義母さんだったらしく、川内さんが お義母さんお義父さん(先に亡くなっている)と同居して 切磋琢磨されて器が大きくなった その月日の濃さとご縁の必然を感じました。
d0024504_17004407.jpg
d0024504_17022559.jpg
夕方、海の見える温泉へ。
海と露天風呂。装飾はなにもなし。シンプルなのがとても 気持ちよかった。
d0024504_17005845.jpg
そして 打ち上げは 新しく開店したという 温泉蒸気を使って料理をする海辺のレストランへ 川内さんご夫婦を お誘いしました。
四十九日というタイミングをご一緒できた不思議、長年の おつきあいありがとう!という気持ち。5泊もお世話をありがとう!
d0024504_17023962.jpg
新鮮な海の幸 温泉蒸気をお料理に使うアイデアが いいな~地の恵 ありがとう 味も濃厚な感じ
ご主人が アルコールを飲まないので、わたしと川内さんと 生ビールで乾杯できました!ありがたい!!

11月5日 朝 9時 川内さんをのせて 諫早へ (諫早でしごとの集まりがあるとのこと)
南串をでるときに 川内さんのご主人から サツマイモ 箱ひとはこと、封をしたお手紙とお茶をいただきました。

高速道路に乗り 最初のサービスエリアで 封をあけてみました。
感謝の気持ちが 溢れました。
1年に1回 ゆみおさんが コンサートを主催すること わたしが滞在することを受け入れていることだけでも ありがたいと思っているのですが、ご主人からのお礼と応援の言葉、心付けまでいただき、ほんと 幸せ者だな~
d0024504_17030606.jpg
そう、お義母さんの遺影の前で うたをうたい 偲んだ夜がありました。
川内さんたちは 明日から遠方から親戚をお迎えして 週末は法事なのです。



by ainohanaMusic | 2015-11-06 21:54 | 心の旅日記 | Comments(0)

長崎 小浜サンマルティーノコンサート

11月3日 文化の日
朝10時に、まずは温水プールで泳ぐ。
ここは、小浜の温泉水をプールに使っていて、プールと同じフロアに小さな温泉が水着のまま入れるようになっていて、気持ちがいい。
d0024504_16102495.jpg
そして、川内さんと合流。
島原フードエキスポへ
d0024504_16095202.jpg
d0024504_16100771.jpg
海を見ながらのドライブ 気持ちいいなぁ。心が柔らかく ひろがってゆく感じ。
まあるい地球、半周水平線が見えるところもあって、海の見える暮らしも やっぱりいいな。
台風や水害の恐れは どうなんだろうか?と聞くと
「ここは内海なので ほとんど荒れないのよ。」とのこと。

ただ、わたしは、泳げる海がいいな。
綺麗に見える海も、南串は排水の垂れ流しが原因で水質が悪いらしく
小さなころから「泳がないように」と言われていたそうだ。

美しい海は 財産だよね。地球環境、いのちへの意識を高めてゆけたらいいな と 心から思うが 現実をすぐに変えたいと思うとくじけるので まずは 心を柔らかく 感じる心を取り戻してゆけるように、できることを続けてゆく。わたしのできることは うたを通して 心の深くにある みんなの「神性」を蘇らせてゆくこと。
d0024504_16091728.jpg
会場に着き、川内さんの知り合いを探す。この日は ランチをエキスポでゲットして、来年のコンサートをやったらどうか?と話しが出ているという知り合いの家で ご飯を一緒に食べることになっていた。
ひじきご飯、コロッケ、ホウレン草とベーコンの天然酵母パン、ドーナッツをゲット。
最後に、知り合いの銀杏の木のまな板を販売している女性の所へたどり着き、川内さんは コンサートのチケットを彼女に買っていただき、わたしは まな板を買いました。川内さんと一緒に 動いていて、ほんとに気持ちのいいのは みんなをつなげてゆく前向きなエネルギー。押し付けがましくなく、いいものを「いい」とはっきり伝えて、循環を促してゆく。
d0024504_16093785.jpg
知り合いの家は、前日 ヘンプのワークショップをしたTさんの実家でした。
加津佐町の懐かしい古くて素敵な大きな家だった。
一日に 訪ねた雲仙の金物屋さんも素敵だったし、Tさんの実家も素敵だね。
さて、1年後 どこで コンサートやることになるか?
どうやってコンサート地の周辺のみんなに来ていただくか?誰が中心になって コンサートを企画するか?
そのへんを考えてみると 川内さん。

すでに 来年のことを考え始めている 川内さん、企画13年目。着想が、早くなってきた。みんなから出てきている アイデアをまず 自分で受けてみて、現実を動かしてゆくために、また みんなに打診してゆくと、なんだか考えが整理されていて いいですね。

午後3時半 この日のコンサート会場 小浜のcafe サンマルティーノに入りました。
d0024504_16111041.jpg
いつも 写真を撮り忘れるので 川内さんとツーショットを先に撮る。
d0024504_16103509.jpg
音響設営を終えて、5時半 早めの夕ご飯は トマトちゃんぽん。おいしかった。サンマルティーノ オリジナルです。
d0024504_16105248.jpg
コンサート 始まり はじまり。
毎年 来て下さる ありがたい顔ぶれ。1年に1回の ありがたい再会の時間であり、また 初めての方も来て下さいました。
一番 響いていたのが 「スピカ」と「ふるさと」かな・・深いところまで届いてる感じがしました。
川内さんのお義母さんの四十九日の供養に うたった2曲です。

♪志を果たして いつの日にか 帰らん 山は青きふるさと 水は清き ふるさと♪

by ainohanaMusic | 2015-11-05 16:42 | 心の旅日記 | Comments(0)

オフの日~ヘンプワークショップ

11月1日 オフ
毎年 コンサートを主催してくれている川内さんの事務所で目覚める。

川内さんは イオン化粧品を使ったことで基礎体温が上がり、長年 待ち続けた子どもを3人産み育てることができて、
イオン化粧品を伝える仕事を情熱をもってやっている。川内さんの家に滞在している間は 朝夕、肌の手入れをしてくださるので、みるみるまに肌が蘇ってゆくのに いつも驚かされる。

この日は、ありがたいことに、川内さんの手配で 整体を受けたり、小浜の温泉を使ったプールで泳いだり、
コンサートに協力して下さるパン屋さんを訪ねたり、整体師の金子さんのお勧めしてくれている「来年のコンサートの候補地」に、川内さんと一緒に遊びに行ったり・・休養と来年の相談、遊びも兼ねて 川内さんと動いた。夜は 金子さんからいただいた釣れたばかりのアジのお刺身と川内さんの手料理。

川内さんの事務所に 今回は5泊の滞在。
ヘンプのワークショップ、コンサート2回、3回の企画に 思いがけずお義母さんが亡くなられてちょうど四十九日の時期が重なった。
そんな中でよく 企画を進めてくださったな・・・お義母さんを偲びつつ、来年の相談も始めていた。
毎日、いろんなことを感じ、分かち合っていた。

なんだろう?家族のようなつながり いいえ 同志のようなつながり
そのつながりが、今回強まったような気がする。

末のお子さんも家をでられ お義母さんも光の世界に旅立ち、ご夫婦二人になって 川内家は急に静かになり 大きな変化の中にあった。

****************************************

11月2日 大村のTさんのお宅でヘンプアクセサリーのワークショップ
d0024504_23183655.jpg
うたも もちろん2曲ほど うたう。いえ、踊りつきうたも 入れて3曲。
d0024504_23184693.jpg
自分で作るということの自然さ、満足感。Tさんとお母さんの手料理もいただき、和気あいあいとした時間を過ごさせていただきました。
d0024504_23191707.jpg
川内さんが、出会った方々一人一人をとても大切にしていることを感じた。
前向きに生きることに 労を惜しまない。また、間違ってることを黙って見ていられず きちんと意見の言える人だからこそ
13年も 続いてきたつながりだと感じた。正義感が 強いんだなぁ~ 
最後は 参加された方の手作りのケーキもいただいて、ティータイムとなりました。
d0024504_23185715.jpg

by ainohanaMusic | 2015-11-04 23:36 | 心の旅日記 | Comments(0)

長崎へ ~あんでるせん~川内邸へ

10月31日 中津から、長崎県川棚にある「四次元パーラー あんでるせん」を経由して、長崎は雲仙市 南串町の川内さんのおうちにたどり着く。中津を出発したのが7時半、わたしより早く起きたゆかりさんが 珈琲とお茶、おむすび、リンゴとバナナをお弁当に用意してくれていた。ありがたいなぁ~。お茶とおむすびを食べながら運転。
 11時前に、川棚駅に着く。1年ぶりのあんでるせん。3時間にわたる四次元ショーの内容については前年も書いたので省略。
今年は2回目だったので、お客さんが 喫茶店に入るときに「いらっしゃいませ。」と言い続けているのが マスターであり、キッチンで働いているのも注文を取る一人の女性以外は、マスター本人であることに気がついた。透視や、予言、念動、コインを大きくしたり小さくしたり、穴をあけたり、はたまた食べちゃったり、元に戻したり、目の前でトリックなしの息つく暇もなく、不思議な現象を繰り広げるマスターが、地に足着いた暮らしと仕事をしていることに改めて感動。ショーのお金をいただいていない、お客さんからいただくのは、ショーの前に注文を取る 食べ物と飲み物の料金のみ。
 前年度と同じく、わたしは 3時間以上立ち続けたので、(一列目以外は立ち席。集合写真みたいに、カウンターの前で集まってショーを見る)とても疲れを感じたが マスターがカウンターに現れて ショーをする 舞台美術も照明もない、このショーは すごいと思う。本物はなにも飾りを必要としないことを改めて深く刻みつけられる。
d0024504_22043841.jpg
5時頃、あんでるせんをでて、雲仙に向かう。とても喉が渇いていたので、ゆかりさんがたっぷり入れてくれたお茶とおむすびが元気を取り返してくれた。山口の秀明会でいただいた無農薬の梅干しが また効いた。すっぱい梅干し、目が覚めるし元気になる。

長崎の海岸線も 元気を与えてくれた。
ああ~海が好きだな~。1年の3か月 12月から3月くらいまで、南国のきれいな海のそばで レコーディングをしたり泳いだりして、暮らせる場所があったらいいな。そろそろ 海のココロをうたいたい。いい場所があったら 教えてくださいね。

川内さんの家にあと15分のところに 小浜町という温泉地がある。
温泉に入って行こうか・・うろうろと迷い、なんだか 「ココ」というインスピレーションが 湧き上がらなかったので
そのまま 川内さんの家へ。
着いたら、「おかえりなさい!」とニコニコ顔の川内さんが迎えてくれた。
川内さんの主催に寄るコンサートは 13年目になるだろうか?

今年、「いらっしゃい。」から
「おかえりなさい。」に なりました。

ただいま!!

by ainohanaMusic | 2015-11-02 22:31 | 心の旅日記 | Comments(0)