愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

虹のうたクラブのご案内

おなじ時代に生まれ合わせて、なんどもうたを聞いていただいてありがとう。
2015年は、吉本有里サポーター★虹のうたクラブを発足します。活動をサポートください。 
つながりを育て進化し、共に夢を実現してゆけますように。

有里のコンサートやリトリートにみんなのシンクロする願いで天職をつなぐコラボを始めます。ひめくりカレンダーや自叙伝本も進行中。深いところで生きる喜びが目覚めるつながりを育てることに ご支援、ご参加ください。

年会費は、現在、予算のない遠隔地へのコンサートの旅費や、遊里庵 専従スタッフへの謝礼(春以降 おひとり来てくれる流れが急浮上中)演奏サポーターへの謝礼、遊里庵の改修費、虹のうたクラブの事務局費用・CD制作費などに充填します。わぁ~予算の必要なポイントがたくさんですね~。いい流れになってゆきますように。
よろしくお願いいたします。

◆年会費 3千円・5千円・1万円・それ以上は任意(更新は2月になります)

会員特典 
❤3千円会員・年に2回、コンサート500円引き。会報が2回届きます。

❤5千円会費・年に3回コンサート500円引き。会報が2回届き虹のうたクラブのミーティング、会報つくり、遊里庵の薪とりやサウナ設営dayに参加できます。また、年に1回 トーク入り新曲ミニライブ(数曲)のCD-Rをお届けします。
イベント時には 先着順で 遊里庵に泊まれます。(実費わりかん)

❤1万円会員&それ以上 *コンサートいつでも500円引き、会報が2回届き虹のうたクラブのミーティング、会報つくり、遊里庵の薪とりやサウナ設営dayに参加できます。また、年に1回、トーク入りの新曲(数曲)ミニライブのCD-Rをお届けします。イベント時には 先着順で 遊里庵に泊まれます。(実費わりかん)

◆以下のことを メールかファックスでお知らせの上、お振込ください。ライブ会場での入会も可能
*メール宛先 ainohana○air.ocn.ne.jp(※○を@に書き換えてくださいね)(有里)ファックス 0265-81-7819(遊里庵)

●お名前 ●住所 ●電話番号&ファックス番号 ●メールアドレス(必ず書いてね) ●参加動機かメッセージ  ●会費どちらですか? 3千円・5千円 ・1万円・それ以上(任意)

★振込は、郵便振り込み  名称愛の花Music  口座番号 00530‐3‐41882


by ainohanaMusic | 2015-01-28 01:18 | 虹のうたクラブ | Comments(0)

2015年前半 遊里庵の使い方

新年の鶴ヶ島コンサートから長野へ帰って2週間。
たくさんのやること&やりたいことがあって、ひとつひとつをコツコツと取り組んで、だんだん前方の景色の見通しが良くなってきた。

ひさしぶりに 高烏谷神社へ 二日続けて散策&お参り、奉納をしてきた。
d0024504_23512654.jpg

寒さが少し和らいで 散歩に出たい気分だったが、山道は凍っていて 転ばないように行きはオソルオソル。
d0024504_23541290.jpg

帰りは 雪の上に自分の足跡をつける音が面白くて ぴょんぴょん飛んで歩いた。
だあれもいない 参道。紅葉がきれいなころ 毎日 歩いたが 誰にも会わなかった。ましてや、こんなに凍った道は シーンと静まり返っているが、川の音、風の音、ユキがパラパラと木の上から落ちてくる音 いろんな音と遊びながら帰った。
d0024504_23575142.jpg

今日 感じたのは、「自然界が与えてくれるものは、イマココの感覚、小さな自分を大きく超えた慈愛、いくらでも降り注いでくる豊かさ」ということ。
d0024504_00330.jpg

道を歩いていると陽のあたるところは雪解けしていて、そこには こんもりと落ち葉が積もっている。そこで、ふわっとしたあたたかさに包まれて 足を止めると、川の優しい音が耳に入ってきた。川に近寄って眺めると蛇行した川に雪解け水が流れて陽の光でキラキラしている。
「わぁ~美しいな~」

神社で祈り、雪を眺めながら 奉納(うたをうたったら)したら、松の枝がキラキラと光った。
「わぁ~なんだろう?」
松の木をよーく眺めたら 枝のあちこちの雪解け水が 太陽の光で 小さなライトのように光っている。

感動がいっぱいで、帰りがけは ぴょんぴょんとびながら 帰った。

帰るときに 思った。
遊里庵に来る人には この感動を味わってもらいたいな~

自然界がいつもわたしたちに うけとりきれないくらいのメッセージを送っていることは
カリフォルニアの標高1000Mの人里離れた山の中に8年暮らした時に 体験した。
自然の中で遊び心を取り戻すと、思考を外して 感じること。宇宙の真実に添って生きることに迷いがなくなる。

昨年末に 虹の歌クラブを立ち上げた。

遊里庵は みんなが本来の自分に立ち戻れる 魂のふるさとに なれるように
具体的に いろんな機会を作りたいと思っている。

*********************************
遊里庵の使い方の案内(2015年 前期バージョン)を ここに 出しておきますね。

よかったら 遊里庵へ遊びに来て下さいね

********************************
遊里庵の使い方

観音道場遊里庵(かんのんどうじょう ゆうりあん)は、吉本有里と次男と猫の暮らす長野の田園に囲まれた 山のふもとの小さな集落にある築100年の古民家です。お部屋は蔵も入れると10部屋。基本的に 本来の自分に帰る 調整の場所として維持しています。
 遊里庵に来られる方は 虹のうたクラブの会員に登録をし、遊里庵がみんなの魂のふるさとになってゆくように願いを共有して 使っていただけたらうれしいです。

★1年に3回の 3泊4日の「ほんとうの自分に帰るリトリート」 一番のお勧め。
自分に向かい合うと、重荷が手放されて、こどものような無邪気な心が戻ってくる。
そのプロセスは、同じように 自分に帰ろうとする仲間がいるとき お互いを助け合い育みあい、加速される。
ダイナミックな体験は一生の宝モノになる。

2015年は3回チャンスがあります。
春のリトリート 4月17日~20日 テーマ 暮らしの中にすべてがある♪
夏のリトリート 8月7日~10日 テーマ 自分の天職を知る♪ 
秋のリトリート 9月11 日~14日 テーマ どんな出来事も味わえる♪ 

8月9月は 川の上流、シークレットスポットで スエットロッジ(ナチュラルサウナ)の体験ができます。
この体験は 何度経験しても素晴らしい。心身共に浄化されるスペシャルな時間です。
参加経験者は、スタッフになることができます。
8月は すでにお二人スタッフ希望者がいるので、4月か9月にどうぞ・・
8月は 参加者も 定員に達することがあるので お申し込みは お早めに・・
(8月のスタッフは オプショナルヒーリングを担当する ひまりさん 木削りワークやマッサージを仕事にしてるサラ)
スタッフ体験も、毎回テーマが浮かび上がりパワフルです。


★そして、1年に4~5回の一日のコラボイベントと その他季節の家族行事があります。
3月7日(土)は、午前10時~12時は 月星座のワークショップ 午後1時半~3時半は有里コンサート。次男の八星がゲストです。シェアリングが5時くらいまであります。大勢が関わる楽しいイベントで、宿泊は 食事もみんなでつくる形式で1泊3500円で参加しやすくしています。
ワークショップランチ、コンサートの参加費は、それぞれ、3000円、500円、2500円(予約)/3000円(当日)出店も受け付けています。仲間のお店 楽しんでくださいね。
夜は虹の歌クラブの第二回目ミーティングです。(チラシあります)

5月22日~25日は 遊里庵 種まきライブオープンハウス 4日間のイベントとコンサートです。
盛りだくさん。たのしいと思います。いつ来ていつ帰っても自由です。(チラシこれから作ります)

5月29日~31日は 田植え(仮予定)。 

8月1日は出産体験&生まれる体験をテーマにワークショップとコンサートがあります。2日は 川の上流でスエットロッジ(ナチュラルサウナ)設営と体験。ワイルドでダイナミック!すばらしい時間になります。

10月10日&11日は稲刈り(仮予定)。田植えや稲刈りに参加されたい方は 連絡ください。土に根差した生きた仕事と収穫を分かち合いましょう。※家族行事の宿泊費はワーキング滞在(下記参照)になります。

★個人的に遊びに来られたい方、自分を見つめてみたい方は 有里のスケジュールとタイミングを合わせていらしてて下さい。プライベートリトリートも始めます。

プライベートリトリートは、2泊以上がお勧めです。(3泊まで)1泊目に感覚がひらけて、2泊目に大きな気づきが訪れることが多いです。日常に気がつかずに取りこんでいる「洗脳」が溶けて 自分の人生を組み立て直すエネルギーが湧き出てきます。
1泊 2万円。基本お二人から。(おひとりだと3万円)食事は、家族と同じように 1日2食か3食と おやつが出ます。料理は、ナチュラル志向な大胆な創作料理。6月から12月くらいは、自家畑のオーガニックのとれたて野菜がめちゃ美味しいです!好きな方は 晩酌もご一緒に!朝は 一緒に勤行(念仏と瞑想)と朝のお掃除をしてシェア。神社や森の中で自然との交歓の時間、シーズンによっては (行きたい方は)畑や田んぼ 薪とりにも 行きましょう。土に根差した暮らしの仕事は気持ちいいです。そして、スペシャルなミニライブ&トークタイム。ゆっくり語り合い 温泉にも行きましょう。
電車かバスで来られる方は 駅までの送迎をします。また、行きたいところがあれば ご案内&お連れします。クリエイティブな あなたらしい人生が輝いてゆくことを願っています。また この訪問がきっかけで かけがえのないつながりが生まれることに感謝します。。

★ワーキング滞在  新しい可能性をひらく暮らし体験を通して 今後の流れを整えていきたい方。

スペシャルなプログラムはしませんが朝の念仏&瞑想とシェアをご一緒して 日常をお手伝いください。仕事が終わってくつろぎタイムには歌もうたいます。❤1泊 4千円 食事は一緒に作りましょう。

★オプショナルワークショップ(日帰りでも 可能です)
  ヘンプ&ストーン お守りネックレス作り 3~4時間のコース。
二人から開催します。料金  ひとり1万円3人以上から おひとり 8千円

瞑想をして 今の自分を感じてみます。自分のテーマ、浮かんでくる色やデザイン 自分を導かれている方向、いろんなものを手放して ただ感じてみます。色とりどりたくさんの天然石、ガラス、陶器、動物の角や骨から 惹かれるものを 考えずに選びます。導かれるままに お守りネックレスに編んでいきます。※滞在時間の間には お茶やお菓子が出ます。
いろんなことを語り合いながら 編みましょう。出来上がったネックレスは 驚くほどに あなたを輝かせてくれて、しばらくの間 力強いガイドになってくれます。早くて半年、ゆっくりで1年後にはエネルギーが変化していますから また新しいものをつくる方が多いです。作ってみて その変化には驚くほどです。面白いですよ~

瞑想とシェア・あなたの応援歌を見つける 個人セッション 90分 1万5千円
静かに 静かに 一緒に 心の深いところ 魂へ降りてゆきます。そこに 今 響く滋養のうたは どんなうたでしょうか? まずは わたしがうたい、今度はあなたが歌えるように いっしょに音魂と言霊を響かせてゆきます。録音してお持ち帰りになり家でも歌い続けてください。あなたへの応援歌。90分はあっという間・・終わったら一緒にお茶しましょう。

★有里と一緒に コミュニティーつくりをしたい方

虹のうたクラブのミーティングに出てくれたらうれしいな。遠方&多忙で無理なら 支部ミーティングを設定しましょう。まずは、虹のうたクラブの会員になってください。なにを一緒にできるのか 相談と実践を重ねてゆきましょう。すでに会員の方、なにを一緒にやってゆけるか おりを見て 相談しましょう。新しい地球と共鳴しながら魂の目覚めさせ つながりのなかで 新しい時代をひらいてゆくことが わたしの願いです。
by ainohanaMusic | 2015-01-28 00:08 | 心の旅日記 | Comments(0)

新年のミニリトリートinひだまりの郷 青梅

日々 あわただしくしています。

今日は、13年も おつきあいしたdocomoを解約してauへ乗り換え。
わたしが カリフォルニアから日本へ戻ってきたころは、
docomoじゃないと電波の入らないところが たくさんあって コンサートツアーでも、自宅でも
迷うことなくdocomo携帯を使って来たのです。

ところが・・・
しばらく前に 家電に 頻繁にかかってきていた、NTT光から KDDIへの乗り換えの勧誘を、
勧誘と気がつかずに うっかり話を聞いてしまってから、気がついて
「変える必要性を感じないので すみませんが。」と切ろうとしたときに
「NTTさんに執着する 理由があるんですか?」(勧誘がほんとうに上手な人でした)と聞かれて

・・正直 それはないけどなぁ~と思い
良く考えて 乗り換えることにした。

理由は ふたつ 安くなることと、通信速度が 早くなりそうだから。

暮らしの中で いろいろが忙しいと、一度決めたことを 見直す時間は なかなかない。

でも、ひとつを動かすと 他が 見えてくる。
「携帯代 高いな・・もっと安くできないかな?」

またも、いろいろ調べて ツアーの時に重宝していた テザリングとネットでの調べものに便利な タブレットは解約して、アイフォン6で スマートフォンとタブレットの二役をこなせそう・・と機種を変えることにした。そうなると、他社に移ったほうが 機種変更より安くなり 家電もAU光回線に変えるので 携帯利用代金に割引が発生する。

それで、今日から 携帯メールのアドレスは変わりましたので、よろしくお願いいたします。携帯の番号は変わりません。

******************
いろいろが忙しい中で、いつも考えてないことを調べたり比較したりして 答えを出して行動した。
13年も使っていたdocomoには ポイントが 3万円分も たまっていて それも使わないと もったいない。ドコモで扱っている商品に変えるか、ギフト券や マイレージに変えるか?

次から次へとやることがある暮らしの中で 一番大事な時間は ひとり時間 自分に向かい合う 静けさの時間だと 改めて気がついた。たくさんの情報は ただの情報・・決めるのは・・静けさの中で。立ち現われてくる軽やかな自分が ただ見えてくることを受け入れてゆくだけ。

わたしのひとり時間は
1キロ泳ぐ30分の温水プールで水の中に溶けている時間。
朝の勤行、念仏と瞑想の時間 ここでは 波動が調整されてゆく より細やかな自分へ。
うたう時間 うたは、過去と現在と未来を結ぶトンネルのよう

そのひとり時間は たくさんの情報が洗われてゆく時間だ。
情報が 流れ去って軽くなってゆく。
「今」というときに わたしが ただ存在している。

一日の間に成し遂げられることがらは、 たくさんの情報を洗い流して 素の自分と宇宙とが存在する その貴重な 聖なる時間によって 支えられていると思う。

目の前の出来事に 巻き込まれてしまわないように 1日に 1回から3回は 短くても必ず その時間をとっている。目覚めてゆくこと、ほんとうの自分に回帰すること そのことが 日常のたくさんの出来事の流れを決めてゆく かなめとなっていると 感じている

*********************************
さて、ここから ミニリトリート~あるがままの自分を受け入れると 何かが始まる~ひだまりの郷in青梅
の 案内です。

・・・ひとり時間を みんなで 持ちます。みんなでもつ「ひとり時間」は 一人一人が 自分を感じていると同時に 世界とつながってゆくパワフルな体験です。

ひとわくだけ 空いています。
今のところ 7人の参加者です。
初めての参加者は おひとり。
あとの6人は、2回目 3回目の 参加です。

もし、ピンと来られた方がいれば 大至急 お申し込みください。

1月30日~2月1日 3時現地集合 3時現地解散です。

2015年は なんだか ワクワク。集まってくるみんなは、光り輝くレンジャー(?)のようだなぁ~と思う。
一人の魂が 軽やかになり 自分の道をクリアに歩き出すと まわりも 自分の可能性に 気がつく。

大きく変容してゆく新しい地球と共に、今までと違った 時間軸 感覚を このごろ感じている。
by ainohanaMusic | 2015-01-24 02:46 | リトリート | Comments(0)

1月12日 コミュニティーカフェ ここほっと でコンサート

1月11日は 鶴ヶ島駅近くのホテルをとってくださったので ゆっくりマイペースで休むことができた。わたしは、どこに行っても やりたいことが山ほどあって・・夜中に 映画を観た。「イントゥーザ ワイルド」。成績優秀な素敵な若者が、両親の秘密を知り許せなくなると同時に文明社会にも嫌気がさして、お金を持たずに旅をして、アラスカへ単身で生活を試みて、最終的には 死に至る実話をもとにした映画。

 いのちの危険にさらされても 最終的には 紙一重で生かされる人もいる。

わたしは、なにも 身を守るものを持たずに、カリフォルニアの山の中で二人の子どもを出産し、たちまち一文無しになったけれど、ストリートでも歌い8年、シンプルな暮らしを維持して カリフォルニアの山の中で子育てをした。子どもも わたしも 自然からの恩恵をふんだんに受け取り 生かされた。

 怒りを動機にして 動くか、愛を動機に 動くか そのへんで、結果が異なってゆくのではではないか・・と 朝、思った。

ただし、アラスカで死んだ若者が人生に失敗したとか、不幸に見舞われたとは、わたしは思わない。やりたいことを いのちがけで 試みて 喜びも恐怖も、感じ尽くし  かけがえのない学びのある「生きた」時間だったのではないかな~と思った。


 12日は 10時にチェックアウトして ロビーで夏秋さんと合流して

会場 ここほっとへ。会場には早くから和子さん、雅子さんが来てくれて 明るくて長細い ここほっとの空間を とても 有効に会場に様変わりさせることができた。入ったところが ステージで 奥を 子どもスペースと 販売スペース、さらに奥を、ランチスペースに。

d0024504_21474622.jpg

ここほっとは、地域の主婦たちが 曜日ごとに入れ替わりで カフェを担当していて 楽しそうに大勢で働いていた。ランチがまた ユニークなメニューでありながら、なじみのある「和」テイストにまとまっていて、とっても美味しかった。雅子さんの説明によると、鶴ヶ島ではこどもたちの遊び場と、主婦の働ける場所、お年寄りの働ける場所がリンクして 市民の手でつくられていて、お金に代わる「券」があり、仲間と働き、仲間とつながれる場所があり、暮らしやすいフィールドになっている。


11日のコンサートの主催は 学習サークル「みやび」 12日の主催は NPO法人子育ちネット つみき

二日間に感じたのは 雅子さんの人となり&動き方が草分け的で 根強いこと。

素晴らしい方と出逢えたな~ということと、鶴ヶ島でのコンサートは まだまだ続いてゆくだろうということ。


12日のこんさーとには、子育てネットつみき の仲間が中心に集い、また、11日のコンサートの主催のまるちゃんや、ひだまりの郷の敬子さんも 来てくれて 鶴ヶ島と青梅も つながった感じがした。

d0024504_21482052.jpg
この日のシェアリングの時、さまざまな話が出たが、なかに 現代の文明の在り方に根本的に 疑問を持ち直観に導かれて 新しい仕事の在り方を模索しようとしている方がいた。今までのわたしと違う閃きが わたしにやってきた。

「あっ!一緒になにか できるかも?」


そして、さっそく 出会ったばかりの方と、再会する時間と、場所の調整を 今 している。

わたしたちに 与えられているのは 貴重な「時間」。

その「時間」のなかに 無限なる可能性をひらいてゆく 時代が来ているような気がする。


by ainohanaMusic | 2015-01-19 21:54 | 心の旅日記 | Comments(0)

1月11日 五茶料理「八幡」でのコンサート

1月11日 青梅のひだまりの郷を出発して、鶴ヶ島へ向かう。


出発前に、10日のコンサートの忘れ物をのぞみさんが届けてくれて、敬子さんと夏秋さんと4人で珈琲をのみながら、9月の青梅のコンサートのイメージを共有することができた。9月5日土曜日は、「生まれる」の映画の上映とミニライブ、9月6日日曜日は、ひだまりの郷で コンサートとシェアリングの一日。二日 連日のイベントだから、虹色チームに若手を新たに誘って、2日 出られなくても みんなで回せるようにしよう・・なんて作戦も練ることができた。


また、のぞみさんは 1月30日~2月1日の ひだまりの郷でのミニリトリートに スペシャルコラボで 森でのお花のレッスンを担当してくれることになった。そのとき、天気がよければ ランチも森で食べようとか、火を起こしてトン汁とかあったかいものを用意しようとか、今年は みんなの力を結集して いい時間を積み重ねていけそう。日々の小さな積み重ねが意識の進化&目覚めを可能にしてくれる。つながりを体験してゆくこと その積み重ねの1年になるだろう。


さて、この日のライブ会場「八幡」には 予定より早めに着いた。夏秋さんと「八幡」の女将さんと 相談して機材を運び始める。じきに、雅子さん、男性のお手伝い、和子さん、女性のお手伝いが来てくれて、6人で準備。一人一人が主体的に準備してくれて 時間にゆとりができて、翌日12日のコンサート会場「いこっと」で珈琲を飲みながら 会場設営の打ち合わせもでき、着替えもゆっくりとできた。八幡のお食事も、丁寧で体に優しく美味しかった。

この日は、初めて聞いてくださる方の中に、親しい友人が混じっていた。年齢幅は子どもからお年寄りまで 幅広かった。

d0024504_00521209.jpg
(主催の雅子さんの挨拶)

d0024504_00524622.jpg
(選曲は、事前に用意してなかったうたも うたいたくなっちゃうんだよね、柔軟に対応してくれてありがとう)
d0024504_00534500.jpg
コンサートが終了して、シェアリングまでの間、夏秋さんの口琴教室で盛り上がっていた。

カフェころんでも 何人か口琴を購入して、早速練習が始まっていたけれど、自分で奏でられる音が日常にあるって たのしい。


この日のシェアリングは お座敷でまるくなっていて、落ち着いた雰囲気も手伝ってか、みんながそれぞれにゆっくり話したし 聞いていたように思う。最初に手をつないだときの波動と、みんなが話し終わってから手をつないだときの 波動とはずいぶん変化している。一人一人が話し終わった時、輪の中には細やかな波動が流れ始めている。つながり感、一人一人は無力ではなく バラバラではない。つながっているし、自分に回帰すれば、おのずとつながりも回帰して なんでも可能なのだという ほんとうの世界が少し見えかけている。遊里庵のリトリートでは その世界を3泊4日かけて体験してゆくので、生きるステージ、リアリティーが変化する。鶴ヶ島からも是非来てほしいな~と感じました。


意識の目覚めと人生の開花は同時に起きてゆく。今年はつながりも テーマ。

今年の遊里庵の3泊4日のリトリートは 4月、8月、9月。

求めている人には答えが必ずやってきくる有機的な空間に ライトタイミングのご縁の方々が来てくれて、意識の家族の基盤を育ててゆけますように。


コンサートのあと、雅子さん、和子さん、夏秋さんと3人で 食事(飲み)に行きました。

リラックスして 雅子さん、和子さんの人となりに触れた時間も とてもありがたいひとときでした。


by ainohanaMusic | 2015-01-19 01:27 | 心の旅日記 | Comments(0)

2015年の願いをたてる新春ライブ in カフェころん 青梅 報告

1月10日 2015年の初ライブ。

うれしいのは チームワークのライブから 始まったこと。


9日 午後4時に 長野を出発。車への機材つみこみは、夏秋さん、八星と3人。運転は 夏秋さんとふたり。


泊りは いつもサポートしてくれている敬子さんの ひだまりの郷で 夕ご飯は 鍋焼きうどん。敬子さんに朝、見送られ、でも ライブ始まるときには 敬子さんは来て下さり、コンサートもシェアリングも終えた夜には、ひだまりの郷で、新春特別レコーディング。新しいアルバム「夢のなる木」に収録する 春の小川♪親子コーラス部門。 レコーディングの場所も 参加したみんなの晩御飯も用意してくださった。ありがたいなり・・

d0024504_20562746.jpg
             (ひだまりの郷の敬子さん 朝ごはんを用意してくれています。お花は のぞみさんから )

10日 朝 10時前に カフェころんに準備に行く。

キッチンには、主催のまるちゃんが みゆを背中に ランチつくり。

泰子ちゃんが、会場準備を一緒にやってくれた。

手作りパンと珈琲の出店の 祐子さんは、両親の家の前に 車を泊められるように手配してくれた。

d0024504_20541729.jpg
                     (これは、ライブの休憩時間のキッチンの様子)


そして、千裕ちゃんとのぞみさんは、会場の最終的なアレンジ、華やかなお花の飾りつけ&こどもたちの遊び場を整えた。

d0024504_20544820.jpg
    (ライブ中、子どもたちは 中庭で遊んでいた。シェアリングの間も 寒いのにもめげず。昔の空き地みたいな自遊空間)

このコンサートは 12月に 急に決まり、年末お正月も 挟んでいたので 準備期間が とても短かったのに、ここ3年 1年に1回 「虹色コンサート」を企画している虹色チームが 動いてくれた。ありがとう。

d0024504_20533339.jpg
                       (みゆを背負ってあいさつするまるちゃん)

まるちゃんと、コンサートをつくるにあたって ずっとメールのやりとりをしていた。

12月20日に チラシを初めて人に手渡す・・という スローなスタートだったけど、まるちゃんの心は揺るぎないなぁ~ 1歳のみゆを24時間 抱えながら 新年の始まりのコンサートを しっかりと育ててくれていた。いつも愛しかないんだよなぁ~まるちゃん。その存在にありがとう。

d0024504_20531418.jpg
そして、泰子ちゃん・・まるちゃんの手助けをありがとう。年末年始に 具合が悪くなり寝込んだんだね。泰子ちゃんは 昨年の4月に 青梅の志村さんのモデルハウスでのコンサート&ワークショップを主催して、9月には 虹色コンサートのスタッフリーダーになっていた。今年は、アルバイトも始めて 社会の価値観に直面しながらも、全体をバランスさせながら ほんとうの自分をより輝かせてゆく流れの中にいるんだね。


毎年、1年に1~2回 あっている仲間たちと今年は、もっとあう回数が増えるような気がする。

d0024504_21292210.jpg
 (初めて 出店した仲間が ふたり・・おいしいパンでした!)
d0024504_20535261.jpg
そして! やっぱり 共演者がいると表現の幅が広がりますね~

この写真は 夏秋さんの口琴のソロ演奏の様子ですが、「涙が出た!」との感想も!


この日、思いもかけず 長野からコンサートを来てくれた方がいました。

急に思い立って 電車に乗ってきてくれたのです。カフェころんの場所は、青梅駅のすぐ近く。ころんの 時が止まったような 昭和な感じを とっても喜んでくれて 嬉しかった!


長野の自宅でのコンサートと、日本各地でのコンサートを並行させて やってゆこうと思います。

行ってもいいし、来てもらってもいい。

地元で聴くのもいいし、遠くまで 旅行気分で行くのもいい!と自由に動ける意識が伝播するといいなぁ~

動けば繋がる。


そのSさんが のぞみさんと一緒に花を生けてくれた方の「こけだまつくり」ワークショップに関心を持ちました。

「遊里庵で こけだまつくりのワークショップしてくれたら わたし参加します。」と言ったらしくて。

面白いな~青梅ー駒ケ根ラインが結ばれたみたい

どこかのシーズンに およびできたらいいですね。

d0024504_20542962.jpg
コンサートのあとのシェアリング。

ゆっくりやれました。

こどもたちが 仲良くなって中庭で遊んでいてくれて。

カフェころんのオーナーの哲さんが 中庭の向こう側の 誰も住んでいないアパートの一室も借りることになった、次回は あのベランダから中庭へ向かって うたったら?と、提案してくれてました。

え~!? ベランダからうたったら 道行く人や周囲にも 生ライブになっちゃうんじゃない?と本気では聞けてなかったけど 昭和の時代に戻って、なんでもありで、やってみるのもいいかも?


夜は、ひだまりの郷で レコーディング

シェアの間に 機材を撤収して 一足さきに ひだまりの郷へ帰り、レコーディングの準備をしてくれた 夏秋さんありがとう。

そして 参加してくれた のぞみさん、敬子さん、りなちゃん、こどもたち ありがとう。

新春ライブから 新春レコーディングへ。

d0024504_20522675.jpg
わたしの今年の願いは ゼロポイントからつながりを育て、無限の可能性&広がりへ。進化&変容。

そのはじまりの一日をありがとう!


by ainohanaMusic | 2015-01-18 21:06 | 心の旅日記 | Comments(0)

新年はレコーディングとライブの日々 ざっと近況報告

新年に入って あっという間の今日は 18日。

充実していました。(笑い)


1月5日から7日は 夏秋さんと 新しいCD「夢のなる木」のレコーディングと、ライブリハの3日間。

9日から 東京へ移動。青梅のひだまりの郷に泊めていただきました。いつもながら、敬子さんの心のこもったお料理はおいしい~❤

d0024504_19195933.jpg

10日は 青梅のcafe:ころんで、新年の願いをたてるコンサート、

夜は 「ひだまりの郷」で、賑やかに、親子で春の小川♪の青梅チームの歌レコーディング

d0024504_19175319.jpg

11日は 埼玉は鶴ヶ島の和食屋さん 八幡(はちまん)でコンサート

d0024504_19184332.jpg

12日は 同じく 鶴ヶ島の コミュニティーカフェ いこっと でコンサート

d0024504_19191495.jpg

13日に 帰宅して

15日が ふたたび「夢のなる木」のレコーディング。収録予定の11曲のボーカルすべて録音できました。予定どうり、ぴったり60分のCDになります。2月は夏秋さんが 中国へ行くので 帰国された3月に バイオリンの録り直しと、いくつかの修正&録り直しをして ミキシング(音の編集)に入る予定です。アルバムの内容は、意外性があって 面白く かつ 深い世界。楽しみにしていてくださいね・・。あと、一息!!CD制作は 長丁場の仕事。なんど聞いても聞き飽きないCDにしたいので、なんども聞き直して 楽器やコーラスを加えたり なにかを削ったり、やり直したり 整えてゆきます。


CDのジャケットとCD版 歌詞カードをどうするか・・考える段階に来ました。八星に絵を描いてもらうか、知人のアーチストに描いてもらうか、写真をとってみるか、自分で描くか・・もう少し感じてみて、導きを感じたら 始めます。アート部門でも 近くに協力してくれる人がいるといいなぁ~


CDの予約申し込みは 大勢いただいて、ありがとうございます!!おかげさまで 順調に制作を進めることができていますが、これからCDを発注するにあたって まとまった資金が必要ですが、そこまでは まだ届いていない状況。(今回も、紙ジャケットにしたいので 製作費は、プラスチックのケースより高くなるの) 引き続き、予約協力を 是非是非!よろしくお願いいたします。(申し込み先mailは、ainohana ☆air.ocn.ne.jp) ※☆を@に換えてください


16日は 3月7日の 遊里庵のイベント ハートで聞こえる春の足音♪のチラシを 月星座のワークショップをしてくれる 小静さんと二人で作成。

一緒に作るってたのしいですね。今回は 小静さんのイラストを チラシの背景にさせてもらいました。始めは わたしがパソコンに向かい 隣で小静さんが見ていたのだけど、後半は 逆になりました。細かいところまで きれいに整ったのは 小静さんのおかげです。


3月7日 まだ 先ですが 楽しみになって来ました。出店も宿泊もできます。よかったらジョイントしてくださいね~

d0024504_19312741.jpg

昨日、17日は 午前午後共に 駒ケ根市の個人宅でひらかれた アロマの講座に出席。妹が「ドテラ」という会社の精油を扱っていて、強力に薦められて たくさん購入したのだけど 使えていないのが、近いところで講座があり参加。 わたしなりの理解では、ドテラの精油は ワイルド(野生)の植物からいただいた精油とのことで、その香りが 導いてくれる世界の広がりは 手つかずの自然の波動。その香りや、波動は 細胞に入ると即座に伝達されて、「脳」からの指令を、「元気」=元の気に、整えてゆく。


わたしが、持っている精油の種類は多いんだよね~どの植物が どんなふうに人の「気」に働いてくれるのか とても興味がある。いろいろ使ってみようと ちょっと楽しくなってきたところ。


また、遊里庵(ゆうりあん)は 2月は 極寒期で例年は わたしの「冬休み」シーズン ですが 来客が多そう。

2015年は「ゼロ」ポイントで 人とじっくり出会い 一緒にできることを育ててゆこうと思っているので、どんなことになるのか たのしみです。


**********************

さて、ざっと近況報告を終えたところで、改めて 新年のライブ報告を書きま~す




by ainohanaMusic | 2015-01-18 18:52 | 心の旅日記 | Comments(0)

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。


みなさん 年末年始はどんなふうに過ごされましたか?

明日から 多くの方は明日から仕事始めですね。

わたしも、今年は なんだか例年と違って 世の中の多勢と同じような季節感&流れ(スピード)で動いてるような気がします。

明日から仕事の始まり・・レコーディングです。5日6日が レコーディングで 7日がライブリハーサル、8日に準備して 9日から東京へ。

10日、11日、12日が新年のコンサートです。東京・埼玉近郊の方は是非 いらしてください。詳細はホームページをご覧ください。


さて、わたしの年末年始は 多くのみなさんも そうだと思うのですが・・・家族時間を過ごしました。

30日、深夜に長男 アマチが帰ってきて、31日は 息子二人と温泉へ。

d0024504_22420740.jpg
面白いな~と思うのは、久しぶりに再会しても お互いに 関心も示さず それぞれがマイペースでやってるのに 半日もすると 雪を投げ合ったり、お互いの今の活動について聞きあったり、急速に仲良くなってゆくことです。雪を投げて追っかけあう姿は カリフォルニアの山で毎日一緒に遊んでいた幼い時代の姿を彷彿とさせ、兄弟に生まれてきた縁の不思議を想いました。
d0024504_22424847.jpg
d0024504_22422119.jpg
温泉の帰りに アマチが30日に、撮影をしたという伊那市の花屋さんに行きました。アマチがデザインした服(ストール?)を、高校時代の友だちに着てもらい、友人のカメラマンに撮影してもらうのを遊び(?)をやったらしい・・その場所で展示販売してあった「イス」が気に入ったとのこと。

 わたしは、せっかくなので 花を買いました。アマチは2万円以上するシアターのイスが気に入って、ずいぶん思案していました。

「アマチ、椅子に2万は高いんじゃないの?それに、いったいどこに置くの?」

「高くないよ。イスで気に入ったものは 初めてなんだよ。気に入った椅子が ひとつもないから、うちには椅子がひとつもないんだよ。」


アマチって面白いなあ~

新鮮。わたしにはない発想だ・・・

気に入ったものがないから、買わない。

気に入ったものが見つかったときは買いたい。


でも、あの椅子、3席でひとつのシアター用の椅子なんだよ。変わったものを気に入るんだな~

実用ではない レトロなものが好きでコレクションしている。それが アマチの作りたい ファッション(デザイン)となにか関係あるのかもしれない。


夕ご飯に、二人に餃子を作ってもらいました。八星の音楽コレクションの中から アマチが気に入ったものをコピーして

そのうちに、八星のオリジナルも パソコンから流して二人で聞いていました。

アマチが帰ったのは31日の夜 10時頃。

アマチは、帰る時に 八星に「卒業制作のファッションショーの音楽作らない?」「いちおう決めてあるけど、それより良ければ採用する。」と八星に持ちかけて、八星は 元旦の日、一日中 パソコンに向って 3分のインストの音楽を打ち込みで完成させたのでした。

d0024504_22415133.jpg
面白い流れです。ちがう分野のふたりがコラボなんて・・。


そして、二日

八星とふたりで 2泊3日で静岡の実家へ。


9月に旅立った猫のスピカと同じような病状が 兄弟猫ライカに現れてきて、毎日親身な看護が必要。さて、どうしようか?

2日の朝、ライカをケージに入れて、静岡へ連れてゆくつもりでいたところ、気がついたら 根気よくファスナーをあけて 脱出。

ライカにとっては 知らないところへ連れて行かれるよりは おいて行かれる方が ずっとストレスが少ないのだろうと 感じなおして、

流動食を2か所に用意して 置いて出かけることに決めました。

d0024504_23222645.jpg
                    (八星の音楽を聴く父)


3か月ぶりに会う父は 少し 年を取った気がしたけれど、2泊3日、川の奔流のように 話の止まらない父の博識、世界観、洞察力は 以前にもまして力強くなっている気がした。今回、父がずっと語っていたのは、「資本主義がどのように始まり、どのように維持されているのか。」搾取することで成り立っている資本主義の在り方を 始まりから現在にかけて 歴史を紐解いた。父はずっと、時代の洞察をし、研究者としてありながら、現在は浜岡原発の廃炉のための運動をしています。


せっかくなので、元旦に作った八星の曲を 父に聞いてもらいました。

八星の曲は、パーカッション、キーボード、弦楽器、ベースなどを全部一人で重ねている。楽器は実際の楽器ではなくサンプリング音を打ち込んだものだ。

すると、父は、「全部一人でできるなんて つまらないね。」といい、クラッシック音楽やジャズの起源の話を始めた。

父の話しは、目の前の相手とのやりとりではなく、 自分の世界観から感じることを川の流れのように語り続ける。


八星は 後で 「おじいちゃんの話 分からなかった。」と言ったので、

「あのね、おじいちゃんは ママが中学校1年生の時、社会科のテスト勉強で、年代暗記をしていたら、『くだらないことはやめなさい!。もっと身になる勉強をしなさい』と怒って、「メソポタミア文明の夜明け」っていう分厚い本を持ってきたんだよ。おじいちゃんは その場に役に立つことを優先するっていう考えのできない 変わった人なの。おじいちゃんの話は、八星のことではなくて、八星の音楽を聴いて 引き出されたいろんな話なの。だから 目線を遠くして、眺めるようにして聞いてたらいいよ。」

d0024504_23221267.jpg

わたしは ずっと父が怖かった。父は社会正義の人で、正しいけれど 人の気持ちを理解していないと感じていた。

そして、「子ども」の目線にたって行動する人ではなかった。


長い時が過ぎて、父の話を わたしは興味深く聞いている。

競争社会の中で 自分の利益と関係なしに 社会の在り方を遠い昔から研究、洞察して どうしたらいいのか?いつも真剣に考えて深めている人は 希少だと思う。父は、大学も退職して 今は講義もしていないが 会うたびになにかを深めていると 感じている。






by ainohanaMusic | 2015-01-04 23:41 | 心の旅日記 | Comments(0)