愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

今年最後のコンサートは東京と長野で♪来年3月と8月は 長野でリトリートです。

しばらくです。

ツアーから帰って あっという間に10日が経ちました。
風邪が抜けて 体が軽くなって 声も またのびやかに出るようになりました。

うれしい・・・

ここ10日間は 毎日 猫たちの手作りごはんに工夫をこらし、でも スピカは 11月1日に打ったステロイドの注射、1か月持たず11月27日に 2回目の注射を受けてきました。ステロイドが切れると口内炎が出てしまい なにを食べても「ギャァ~」と、叫んで 一日 ちじこまってしまう。今のところ、対症療法しか見いだせず ただただ 手つくり食と 漢方処方に祈りを込めています。

また、ツアー帰宅直後 アミも スピカと同じ病気とわかり、漢方薬を 飲ませています。

2匹の猫が病気ですが

面白いことに アミは 動物病院に行くとき、車に乗っても スピカみたいに おろおろしないの。悠然と構えている。運転してるわたしの膝で心地よさそうに眠ったり・・・
また、シリンジで口の中に 漢方やアロエを流し込むとき、スピカは 毎回、嫌がって逃げ出そうとするのに アミは おいしそうに積極的にぺろぺろごくごくするのです。そして何事もなかったように、その場所ですやす眠ったり・・・スピカは また飲まされるんじゃないか~と、さっさと逃げてゆきます。

同じ状況をこうも違ったリアクションで応じられると 猫たちがますますかわいくなります。
みんな違ってみんなかわいいな。いのちって、ひとつひとつがかけがえなくいとおしいものですね。

さて、ことし最後のコンサートのご案内です。

ひとつは 来週末、急きょ決まりました!友人のちゃこちゃんが お料理を作っているのぞみ塾です。
今年最後に あえるかな? 東京近郊の方 遊びにいらしてくださいね。

12月7日(土)

のぞみ塾特別企画
 年末勉強会と癒しのコンサート

場所  東京都三鷹市 クラフトハウスばく


★13時~15時 勉強会(小中学生 どなたでも 無料)
★16時~18時 吉本有里さんの癒しのコンサート(最後の30分 シェアリング)
★コンサートの後は 土曜みな食=ひとりより皆で食べようにどうぞ! 大人千円 中学生 500円 小学生以下 300円 持ち寄り 差し入れ 歓迎!
 のぞみ塾とは
ひとり親家庭など経済的に困難な子どもたちの学習支援の場です。塾だけが学習の場ではないよ、身近な大人から勉強だけではなく「生きる力」を学べる場を作って行こうという有志を募り「のぞみ塾」という無料塾を定期的に開催しています。興味のある方、支援していただける方、ぜひぜひお声掛けください。
お問い合わせ&申し込み 090-4822-1772(露木)
d0024504_185465.jpg


そして、今年最後のコンサートは 地元長野の飯田市で。
大好きな場所風の谷絵本館で、久しぶりです・・夏秋さんと二人で演奏します。
新しい歌もあるので 夏秋さんが どんな演奏でサポートしてくれるかも 楽しみです。
コンサートのあとは、交流会もあります。
家から 30分の距離なので 遠方から来られる方は お泊り 相談くださいね。

吉本有里コンサート with 夏秋文彦
心を柔らかくする魔法 2013


場所 長野県 飯田市 風の谷絵本館

午後1時半開場 午後2時開演
料金 前売り 2000円 当日2500円
お問い合わせ&申し込み 0265-86-55466(風の谷絵本館)
                 080-5143-2798(わいまつ)
d0024504_17481137.jpg



そして! 来年3月21日~24日 新春リトリートです。夏のリトリートの日程も決まりました。

21日が祝日なので 平日休みにくい方には チャンス到来・・月曜日だけ 休めばいいね。
お申込み受付中です!

タイトルは 新しい時代をひらく  

自分が動けば 周りも動きだします。

遊里庵で お待ちしています~

新春&夏の3泊4日のリトリート
自分に帰る旅


リトリートを遊里(ゆうり)庵(あん)でひらきます
有里の暮らす古民家で、コンサート、祈り、瞑想、自然の中での遊びを通して、無垢な自分に帰ります。 手料理に癒され、大人も子どもも動物も尊ばれる空間で、丁寧に気持ちをわかちあい、歌ったり、踊ったり、躍動する自在な心が動きだします。

制限していた枠が外れ、ほんとうの自分を抱きしめるとき、目の前の仲間が かけがえのない家族になり、人生を一歩踏み出す勇気が宿ります。 サポートする仲間と一緒に 待ってます

.

新春リトリート 新しい時代の扉をひらく
3月21日(金・祝)午後2時~3月24日(月)午後2時まで 長野駒ヶ根市 観音道場遊里庵
夏のリトリート ナチュラルサウナ&川遊びが格別です
第一回目、8月8日(金)~11日(月)
2回目、8月22日(金)~25日(月)の2回の予定です。


場 所  長野県駒ケ根市東伊那4385  
観音道場遊里(ゆうり)庵(あん)(有里の自宅)  
アクセスは申込時にお知らせします
参加費  大人50,000円  こども 25,000円

★準備の都合がありますので1カ月前までにはお申し込みください。3泊4日の宿泊、食事、コンサート、4日間のリトリートプログラムの費用です

※温泉代と自由時間の参加自由のプログラムは別途各自支払い
※流れで1回、レストランへ行くかもしれません。各自払いでお願いします
※やむをえず遅れたり早く帰られる方も料金は変わりません  
※キャンセルの場合申込金は準備に使う為返金できませんが、次回参加費用に振替えられます
※ 猫が3匹います。ご了解のうえ参加ください。

定 員 大人8人 こどもは5人まで
大人用のプログラムですが、子どもたちにとってもかけがえのない空間です

申込&お問い合わせ ●090-4535-4776(有里)●Fax 0265-81-7819(遊里庵)●E-mail ainohana@air.ocn.ne.jp

空きを確認の上、申込金を事前にお振り込みください。お席を確保します。お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、参加の動機をメールかファックスでお送りください。残金は来られる前にお振り込みください。◆振込先(郵便振替) 名称 愛の花Music 口座番号 00530-3-41882◆またお名前、ご住所、電話番号、メールアドレス、参加の動機をメールかファックスでお送りください。

by ainohanaMusic | 2013-11-30 17:38 | ライブ | Comments(1)

最終地 新潟 関川村 ハッピーファームのみんなと

11月15日 帯広から小樽へ移動。
急に冷え込んで寒い日だった。午前中 ルミカぺの2階で ブログを更新し、帯広の森の温水プールで泳いで、小樽へ移動する。移動しながら、いつものように 長野の八星と電話。

猫のスピカは 1か月効くステロイドの注射を打ってから、口の中の炎症が治まり自分で餌が食べれるようになった。自分で食べれず、強制給餌を続けていた毎日は、スピカも八星もそれぞれに大変だったけど、安心できる状況になった。これからのテーマは、食べれることを最大に活用して、いかに体に免疫力をつけて、副作用のあるステロイドを減らしてゆけるか・・。

半日かけて小樽へ移動し、15日の夜は 小樽に宿をとって、16日の朝のフェリーに乗り、新潟へ。
d0024504_22451297.jpg


朝、7時半頃 新潟関川村でのコンサートの主催のはるちゃんの家に着く。パートナーのまっちゃんに案内してもらい、源泉かけ流しの温泉へ。まるやかないいお湯だった・・なんだか、小樽への移動日あたりから 寒い~と思っていたけど、風邪ひきの気配が出てきた。なんだか、寒い・・温泉であったまって、ひとここちつく。

この日は 素敵な古民家カフェの蔵でコンサート
d0024504_22501171.jpg
d0024504_22504529.jpg
d0024504_2251847.jpg

主催のはるちゃんが、この日は 託児で外で元気な子どもたちと遊んでくれていた。
はるちゃんに聞いてもらいたい 新曲も数曲あって、残念だったけれど
はるちゃんは 子育て真っ最中の ハッピーファームの仲間たちに コンサートを聞いてもらいたいと願っていた。ハッピーファームは それぞれに自然農を営む6世帯が、自然と調和した食と農を楽しみ、関川村 から元気と幸せを広める活動をしている。 

翌日の 5時間のプチリトリートで、はるちゃんの願いが ちゃんと生かされていることが伝わって来た。

17日のコンサートでは まだまだ軽い風邪だったけれど、喉が痛くなってきていた。夜の交流会の時、1曲歌ったとき、声量が出なくなっていた。風邪をひいているとき、歌うと 声帯が腫れてるので たちまち声がかれてしまうことが多い。

18日の早朝、喉が痛くて目覚めて、「今日は歌は歌えないな~」と 悟った。
リトリートは  歌わなくても十分他に やりたいプログラムが満載なので成り立つけれど、はるちゃんが 前日のコンサートで うたを聞けてないので しばらく考えて、台所で朝食の準備をしていた はるちゃんに相談に行った。

「はるちゃん、実は わたし、今日は 風邪で歌は うたえない状況なのだけど、リトリートのプログラムは バイオリンに演奏にして やれるけれど、はるちゃん昨日 うた聞いてないし、せっかくだから 延期にして うたをちゃんとうたえる時に もう一度 出直して来てもいいけれど どうだろう?」

すると、はるちゃんが
「みんな 楽しみにしてるし、ハッピーファームも変革期で 今 メンバーがみんな参加できるタイミングなので、是非 今日やってほしい。」

ありがたいな~

そんなわけで、18日のリトリート うたはうたわずバイオリンに心を込めて とてもいいリトリートになりました。

参加者6人のうち、4人が前日のコンサートを聞いていたので、心の準備ができていて、
短い時間に 急速に みんながそれぞれに答えを見つけ 改めて深いつながりの育つ場になったような気がしました。

この日は 雨風の中 散策瞑想をしたけれど、みんな そんな自然の有りようの中に 意外な穏やかな美しさを見出して ヒントをもらっていたように思う、
うたえない日も 雨風の日も 味わい深し。

3時にリトリートを終了して
関川村を4時に出発して 400キロの家路を 5時間半で家に帰り着きました。
風邪気味で、途中、暴風雨・・
でも、こんなに すっ飛んで帰れたのは 猫 スピカのおかげだなぁ~ずっと気がかりだったからね。

26日前 口内炎が痛くて 餌が食べれず 元気もないし、無理に食べさせられるのが怖くて 人に寄りつかなくなっていたスピカが 元気に普通に暮らせるようになっていて、さっそく  頭を並べて仲良く一緒に眠りました。早朝、顔に手をのっけてきて、「起きてほしいのかな?」と思いつつも 長旅の疲れで まだ眠っていたら 顔に乗っけてきた手からほんのわずか爪を出して ふたたび「起きてよ~」と、催促・・

待っててくれたね・・ありがとう・・
友人のあきちゃんとてっちゃん 八星 留守中をありがとう。

さて、しばらく 休養です。
by ainohanaMusic | 2013-11-19 22:59 | 心の旅日記 | Comments(0)

ルミカぺでライブ♪

夕方 6時半から コンサート
d0024504_23424640.jpg

出だしは
♪いとしいあの子・・
このごろ あまり歌ってなかった歌を 立て続けに歌った。
♪可愛いっていてくれる
♪光る海

どんどん心がひらかれて あちらこちらで 泣いている。
「いっぱい泣いてくださいね~」と言いながら 泣いたり笑ったりの コンサートを進める。
すぐ足元では 子どもが 譜面台の下から 見上げていて、
後ろの方では お年寄りの方が 手拍子を激しく鳴らしている。

1時間がたって 休憩をはさんだとき、
「えっ、もう1時間たったの?」と 数人が、驚いていた。あっという間だけど 濃い時間。
d0024504_23473954.jpg


後半は リクエストをいくつか入れたので また あっという間に
1時間が満了。
リクエストは ♪竜神さま ♪あなたはあなたであればいい
このうたたちは ♪帰ろう ♪生きてるそれだけで素晴らしい ♪いのちの真ん中と 並んで 全国的に
みんなが好きなうた。

新曲をうたい、近況を語るけれど、みんなが好きなうたも入れてゆくと2時間もあっという間。
コンサートをみんなで作っているような そんな気がする 今日この頃。

ねこさんは デザイナー(アーチスト)であり、無農薬野菜の八百屋を通じて みんなとネットワークしている。
表現とネットワークと暮らしのバランスが、とっても大事だということを 感じ始めてるような気がする。

今回のチラシもとっても素敵だったし、発信も いろんな角度から みんなに伝えてくれた。
ワークショップやコンサートに 足を運んでくださる方は 全体から見れば まだまだ 少数だけれど
今回来れなかったけど、来たいな~と感じた仲間も たくさんいたはず。
d0024504_014196.jpg


こうやって つながる仲間が 一緒にコンサートを作り始めてくれたこと とっても嬉しく思っています。
ねこさん、ともさん、るみさん、めぐちゃん、来てくれたみなさん ありがとう。
by ainohanaMusic | 2013-11-15 23:58 | 心の旅日記 | Comments(0)

ルミカぺでヘンプワーク 癒しのひととき

午前11時半にルミカぺに着くと・・
満面の笑顔のねこさんが出てきた。
そして、ルミカぺのご主人のともさんと、ねこさんの友人で スタッフの恵ちゃん。

ねこさんは30年前に出会い、
5年くらい前に 再会した。ほとんど時間を共有していないけれど 昔から良く知ってる感じがする。
同じ部族にいた仲間という感じ。今は デザイナーと、無農薬八百屋の移動販売を週に二日している。
その仕事の兼業バランス具合がいいみたいで、この1年とても元気。

今まで 帯広のコンサートのチラシ作成や、スタッフをしてくれたりしていたけれど
「主催しない?」と 持ちかけてみた。なんだか、そんな気になったんだよね・・
d0024504_2311455.jpg

(下向いて微笑んでるのが ねこさん)
・・・すると・・速攻でお返事がきた。

「仕込んでみます!」

そして・・
「有里ちゃん、ヘンプのワーク 同じ日にできる?」
いつもは 一日 ひとつの企画だけ。だけど、なんだか、二つ できるような気がしたんだよね・・
「いいよ~~」
「じゃあさ~ヘンプワークは 午後1時からで ライブは 夕方6時半からってのはどう?」
「いいよ~~」

そしたら・・
とっても いい感じだったの。

わたし自身が、20日間も 移動とコンサート続きの日々で、ヘンプを編みたくて 制作に集中することを求めていた、「わーい!人数少ないから わたしも編んじゃお!!」3人の参加者と共に制作に入り めちゃくちゃ 集中力の高い ワークとなりました。
4人4様 素敵でしょ?
d0024504_23151782.jpg

d0024504_23344739.jpg
d0024504_23342452.jpg


11時半に着いてから
3人で 音響の設営を先に済ませ、そのあと、ねこさんのお手製のカレーをランチに食べていて、
スムーズに準備ができていたことと、ねこさんから前夜から仕込んだというカレーのおいしさに癒されたので ヘンプワークが、とっても
贅沢な感じがしたな~
d0024504_23391868.jpg

by ainohanaMusic | 2013-11-15 23:23 | 心の旅日記 | Comments(0)

足寄から帯広へ 泳ぐ時間

11月14日、足寄のありがとう牧場で気持ちのいい朝。
帯広から、1泊旅行でコンサートを聞きに来てくれた初対面の女の子(30代かな?)を車に乗せて お話しながら帯広へ。駅近くでおろして 「また、会おうね」と手を振って 帯広の森温水プールへ。

ああ~気持ちいい

ちょっと、話が脱線するが・・

札幌の太古の森(ハーブサロン)で何気にソルトランプに乗せてあった水晶のブレスレットが
疲れているように見えた。わたしの旅の友、シェアリングのための水晶の石を 浄化するついでに そのブレスレットも 浄化してみた。トリニティーという名前の不思議な浄化スプレーが天然石の浄化に とても効果的でわたしは、シェアリングストーンをこまめに浄化している。

シェアリングストーンは シェアリングで受け取ったエネルギーを手放して、軽くなり 輝きが深くなった。
ところが・・・サロンのブレスレットは、2回 スプレーして 布で磨いたが まだまだ重い感じがした・
長年の疲れが たまっているんだね~と、波動に敏感な友人 映子さんと 見て感じたことを分かち合った。

クリアであればあるほど 簡単に染まりやすい~と そのとき 感じた。

だから、クリアであればあるほど こまめに浄化して
またクリアに戻ることで 自他ともに役立てる自分に帰るんだな~と感じた。

ライブとライブの合間に泳ぐ。

人をありのままに受け入れ 交わる時間と 受け入れたものを手放してゆく時間
両方で ひとつ。

さて、ナビどうりに走ったら、約束した時間きっかりにルミカぺに到着。
by ainohanaMusic | 2013-11-15 22:59 | 心の旅日記 | Comments(0)

ありがとう牧場でファームコンサート

11月13日 足寄の道の駅で 午後3時に 獣医のななちゃんと待ち合わせ。
ほんとは、足寄の温水プールで泳ぐつもりだったのが 1か月の整備点検で閉まっていて、
ななちゃんは そのことを 朝、想い出して、プールまで足を運んで確認して 電話をくれた。
「有里さん、プール閉まってるからね・・」

ほんとに ありがたい・・
おかげで無駄足をすることなく 午前中は 宿泊先、上士幌のよっちゃんの家で
ブログを更新したり、長野に電話したり 洗濯物を畳んだり
少し ゆっくりすることができた。

ななちゃんが獣医として関わっている
「ありがとう牧場」へ。

ここへは 7月に ななちゃんと訪ねて来ていて、
キャンベル農園のコンサートに家族で来てくれて、
11月の ファームコンサートの約束をしてあった。

実は
わたしとななちゃん、ありがとう牧場の吉川さんは
似通った体験を「ありがとう」に変えて 今 暮らしている。

ななちゃんは 火事ですべての家財を焼失し、その後 大切なお子さんを病気で 失った。
吉川さんは 除雪作業中、大切なお子さんが事故で大怪我をし 失うことになった。
わたしは、火事で 大切なパートナーを失った。

「いのち」の尊さは 失って初めて わかるものだから
ななちゃんも 吉川さん家族も わたしも 「今」を精一杯 自分らしく生きているように思う。

深い悲しみは 大きな喜びへの架け橋となる。
d0024504_20131332.jpg


ありがとう牧場は、町から 静かな山道を30分走る。
静かな夜、子どもたちが とっても元気で、パワフルで・・ひさびさに子どもらしい 子どもを見た気がした。
ありがとう牧場には テレビがない。ゲームがない。
子どもたちにとって、見本は 大人なので、
大人の真似をして遊んでいる。
ライブの前は・・・受けつけごっご
入り口で
「2千円!2千円!」とセリのおじさんみたいに 唸ってるのは 長男さん。
お客さんが来ると 下の子も
「金くれ!」と 受けつけに参加している。
研修に来ている 30代の男性は、下の男の子とずっと遊んでいる。
本気で 戦い、じゃれあっている姿が とてもかわいらしい。
「子どもって こんなにうるさいものですかね?」と、彼。
「テレビも、ゲームもないから 子どもたち自身が エネルギーの塊で、表現&主体者になっているのだと思いますよ。昔の子ってこんな感じじゃなかったのかな?」

今は、子どもを虜にする 刺激の強いテレビやゲームにやられてしまって、エネルギーを吸収されてしまっているように思う。

さて、コンサートは ほんとうに親しい人だけが集まった 家族のコンサートとなった。
ステージから 客席を見て、あまりにも 素敵なので 途中で写真をとらせてもらった。
子どもたちが 寝る体制で コンサートを聞き、そこには 子どもと同じサイズの 猫も 気持ちよさそうに横になっていた。
d0024504_20232134.jpg
d0024504_2237163.jpg


静かで 暖かい ファームコンサートの夜が更けてゆく。
7月に やはり ななちゃんが キャンベル農園でコンサートを企画してくれて
このみさんと出会った。お母さんみたいにあったかいこのみさんと 再会。
d0024504_2025461.jpg

「有里さんは いろんなことをクリアにしているから、聞いてるみんなも自分が感じてることを気がつけるのだと思うの。 いつもは そこまで感じれないことを いろいろ深く感じたわ。」

このみさんは 大地の人だ。
また、静かにいろいろ語り合いたいな~

翌朝、吉川さんが言いました。
「猫が指をかんだ話が良かったですよ。最近、 父を見送ったばかりだったから、その話は、自分に語りかけてくれてるように感じました。」

いくつ困難を乗り越えても、大小さまざまなことが やってくるのが人生。
いいことがあるときも つらいことがあるときも、心が晴れ晴れと穏やかでいたい。

だからこそ、出会いつながって、いろんなことを深いところから 理解し 前向きに歩いてゆける叡智のある
世界を みんなで すこしづつ開いてゆけたらいいね~
d0024504_20411334.jpg


ななちゃん、今回も 企画 制作 愛のお世話をありがとう。
大きな家族つくりを ありがとうございます。
by ainohanaMusic | 2013-11-15 20:36 | 心の旅日記 | Comments(0)

美唄から十勝へ

11月12日、岩見沢のコンサート&打ち上げに参加して、わたしが飲めるように送迎担当を まなみさんからバトンタッチされた美唄の友人の家で目覚めた。静内のコンサートからスタッフとして一緒に動いて 家族のようにしたしくなったまなみさんは、岩見沢の打ち上げの会場から 電車で 新冠へ帰ってゆきました。 貴重な3日間を ありがとう。

いつも北海道ツアーを応援してくれる友人が 各地にいてくれることは ほんとに心強い。

外を見たら・・
「うわ~すごい積もったね~。大丈夫かな~ワタシ・・(運転)。」
雪は深々と さらに積もっている。
d0024504_9513169.jpg
d0024504_107859.jpg

美唄の友人が 車用の雪かきと 長靴を プレゼントしてくれた。
あとは、気をつけて安全運転すれば 大丈夫って気持ちになった。ありがとうKさん。
長野の雪は 早くても12月からだ。やっぱり北海道は 早いなあ~

フェイスブックに雪景色をアップしたら、さっそく 十勝のよっちゃん、ななちゃん、ねこさんから コメントが入っている。

「十勝は 雪積もってないし 晴れてるよ~気をつけておいで~待ってるよ~」
d0024504_956419.jpg


そして、峠道を避けて 高速で十勝に入ると あの雪景色が嘘のように 晴れていて気持ちのいい青々とした景色が広がっていた。北海道は 広いなあ~

この日は 移動日と休養。

鹿追町の温水プールで泳ぎ 心身ともにさっぱりしてから、上士幌の温泉にゆき 体をあたためた。
ツアーの間 体調管理に気を使っている。気持ちよく うたを届けたいし いい時間を分かち合いたい。

温泉から上がったら夕方6時くらい、この日 泊めてもらうことになっていた友人 よっちゃんから着信があり。折り返すと
「有里さん、わたし今から 習い事で出かけて 夜9時に帰るけど なに買ってこようか?夕ご飯は 酵素玄米があるからね。好きなように過ごしていてね。わたしは 帰ってからご飯たべるけど、おなかすいたら先に食べててもいいけど 帰ってからも一緒に食べようね。」 

たどり着くと、明かりもストーブもついていて、書置きがあった。
d0024504_1064174.jpg
 
じんわり 嬉しい気持ちが ひろがってゆく。一晩 一緒に過ごすことを こんなふうに迎えてくれる友人たちに恵まれていて、わたし幸せだなあ~

部屋の中を見回すと、なにか神聖な感じのする台があった。
近づいて見てみて びっくり。7月に泊めていただいた時に 一緒に朝の勤行を東京の本應寺の様式で したのだけれど・・・そのコピーが きちんと置かれていた。
d0024504_10144824.jpg

13日の朝、もちろん 二人で 祈りと瞑想の時間を共有した。

旅先で まるで自宅のように 大切な「こと」を共有できる友達が増えていて ほんとにうれしい。
by ainohanaMusic | 2013-11-15 10:29 | 心の旅日記 | Comments(0)

若い力に応援されて

11月11日 岩見沢のえりかさんの家で目覚めた。

30代前半の 若くて美しいえりかさん、えりかさんのおかあさんも素敵な方で台所で
朝から、コンサートに集まる30人分のお昼ご飯を 一生懸命 お料理されていた。
お母さんは、看護師をされていて、朝9時には 仕事へ出かける。時間がないので、お父さんも そばで助手をされて、そのバトンを、えりかさんの出会ったばかりの「彼氏」が受け継いで、お弁当に詰める。

わたしとまなみさんが、会場の真ん前まで着いたのが 朝9時半。
駐車場の入り口への道(左折)が 進入禁止になっていて、どう進んでいいか分からなくなったところへ
迂回路(右折)をふさぐように 照明アーチストの真子さんの車が到着して、 2台の車が、直角に鉢合わせした。わたしも 真子さんも 初めての場所で 道がわからないのでまなみさんの指示を 待った。指示のないまま数十秒がすぎ・・・、これで、もっと車が 来てしまったら困るな~と判断して、対向車が来ないのを見て、わたしは 進入禁止の道を突っ切って駐車場に入り、真子さんは 道があき Uターンができたので、迂回して 駐車場に来た。

めちゃくちゃ印象的な初対面。お互い忘れない。
わたしは 音響、真子さんは 照明を同じ搬入口から 運び入れながら 笑った 笑った。
すっかり 打ち解けて 親しくなっていた。

会場の赤レンガ館の和室は 開場2時間前から 活気に満ちていた。
d0024504_12552294.jpg

まなみさんのイラストのスライドを映す機材の準備は レンガ館の館長さんたちが やってくださり、
真子さんの すごいアートな照明が運び込まれて
わたしの立ち位置、スライドの場所、照明の位置、物販展示の場所、みんながお弁当を食べるテーブルの位置など、同時並行で決めてゆく。いったい、なにが 始まるのだろう?
d0024504_12124547.jpg

真子さんの照明は 初めて見るものだった。自然素材を生かして、柔らかな空間を演出してくれる。
「誰かに教わったの?」と聞くと
自分で探求して創作したものだという。音とのコラボは 真子さんのやりたいことでテーマなのだという。
チラシの中には、照明のことは一言も書いてなかった。
「予算がないから、自分でやろうと思ったの。でも、できないし 真子さんと有里さんが出会ってほしかったから、数日前に急きょお願いしたの。」とえりかさん。
d0024504_12552048.jpg

d0024504_12163490.jpg

コンサートは1時半から始まり、外では しんしんと雪が降り始め会場が暗くなると、一層 照明の柔らかさが みんなを照らした。

後半の始まりは まなみさんのイラストのスライドとのコラボ。
アトランダムな感じで選ばれている イラストに 即興の音を入れるのは難しいな~と思っていたが
準備の時間から始まった 安心感が言葉を選んでくれた。
音と言葉をスライドの映像に響かせて そして 途中から このコンサートのテーマであった♪帰ろうをうたった。

イラストが物語を語るように さらに いのちを輝かせてくれたように思う。

えりかさん、若いのに すごいなぁ~
7月に 静内のプチリトリートに参加してくれて そのときに 「イラストと音楽をコラボさせたい」というまなみさんの夢を叶えることを決めたそうだ。

そして次のうたは 竜神さま♪
えりかさんが 踊りました。
3歳から バレエや習い事を「大会で優勝するために」学び続けてきた えりかさん。
病気をしたことがきっかけで、「勝つため」ではない 体の動き、「ヨガ」と出会い、今はヨガの先生をしている。
「わたし、有里さんの音楽で踊りたい。」
うれしいな、そんなふうに感じてくれるなんて・・踊ってね・・ということで
美しいエリカさんが 踊りました。
d0024504_12261614.jpg


おいしいお弁当、おいしい手作りのデザート、入れたての珈琲、うたとイラストのコラボ、うたと踊りのコラボ
柔らかで見たこともない自然な照明。

すべては えりかさんが出会った素敵なものをみんな集めて、来てくれたみんなに プレゼントしたかった~とエリカさんは語りました。

一番前にいて みんなの顔をみていた エリカさん

「有里さんがうたうだけで みんなが心をひらいて 表情が豊かになってゆくのを見て 来ていただいてる人とスタッフと、ほんとうに心豊かな時間を過ごすことができました。有里さんの力で これからも この世界が明るく、一人一人の道が豊かになってゆくように  応援したいと思っています。有里さんとのつながりを 心と体の栄養にしていつも結びつきを感じています。」

翌日にいただいた お弁当の中に葉書が添えてありました。
畏れ多い お言葉 でした。

その日は、3時半から シェアリング
そして、6時から 打ち上げ・・

楽しかったなあ~

打ち上げでエリカさんが 自分の携帯の待ち受けを見せてくれました。
なんと!7月に まなみさんと3人で撮った写真が 待ち受け!!

この4か月 朝に 有里さん 夕に有里さん 携帯をひらいては 想っていたの。
コンサートの予算つくりのために バイト バイトの 生活して そこで 出会えたのが 彼氏なの。

有里さんに会う前に 自分が幸せになっておかなくっちゃと思ってね・・・

若いみずみずしい感性と力に応援されて ほんとに ありがたい・・・
こんなに 応援されてることは奇跡のようです。 手をあわせます。 ありがとう。
by ainohanaMusic | 2013-11-13 12:36 | 心の旅日記 | Comments(0)

北長沼 のんちゃんカフェにて プチリトリート

11月10日 日曜日
新冠の温泉ホテルヒルズを 朝8時に出発してプチリトリートの主催者の まなみさんをピックアップにして、
長沼へ向かう。昨日の晴天とうってかわって、風が強く、みぞれ交じりの雨。

4時間のプチリトリートに必ず入れているのは自然の中を瞑想散歩すること。

「傘が必要かも・・いやいや この風では雨合羽が必要・・・」
まなみさんがみんなに電話を入れて、わたしが運転。
途中セブンイレブンで 念のためにひとつ合羽を買っておいた。

初めて訪れた のんちゃんカフェ・・
それは それは居心地が良かった~
「リトリートの場所をどこにしましょうか?」と聞いたら 1階でもいいし、2階でもいい・・と案内してくれたのんちゃん。そこを自由に行ききしている子どもたちと、猫たちが 自然体で とても安心だった。
d0024504_2162124.jpg
ランチはスパゲティー、のんちゃんの焼いたおいしいパンも出してくれた。料金はお志・・えぇ~~ それで、やってゆけるの?

2011年の震災で福島から6月には 避難して 今は北海道の長沼に落ち着いたのんちゃんのお話を
ランチ時に聞かせていただいた。

彼女は震災から3か月後には 二人の子どもを連れて避難した。
その直前に お父さんが被爆から急死され その後、犬も亡くなった。
震災を機に、価値観の振り分けがあった。
今までの「彼」と 話が合わなくなった。他の友人達とも・・
こどもたちの「いのち」を優先して ひとりで移住を決めた。
知り合いのいなかった北海道に渡って、今では 彼女を理解する仲間たちとつながり、また のんちゃんも、
震災で目覚めた あたらしい生き方を 人に伝えるために 精力的に「お話会」に出かけている。

さて、プチリトリートは のんちゃん、まなみさんを含めて5人で 濃厚な4時間を過ごした。
のんちゃんが絵を描いて、ゴムの木を入れて壁をぶち抜いて明るくした2階で ライブとシェアをした。
冷たい風の吹く 近くの小学校と中学校の校庭は、 日曜日だったので 誰もいなかった。
そこで みんなそれぞれに 瞑想散策をした。

30分も 木々や紅葉した葉っぱを触ったり 歩いたり、夕暮れの月を見たりしているうちに わたしは すっかり寒さに慣れて、夕暮れの校庭で 踊りたくなった。

そこを のんちゃんの娘さんが走り抜けたり、拾った木の枝を見せてくれたり
まるで 妖精になったかのような みずみずしい時間だった。
他の4人は それぞれに 違う時間を過ごしていた。

冬の木々が 冷たい夕暮れの中で芯を通して自身のいのちをうたっている その有りようは素敵だなあ~
久しぶりに ずっと 鼻歌を口ずさんでいた。みんなが 「今」を感じようと 同じ空間に それぞれに存在していることは 祝福だなぁ~
あっという間に、プチリトリートは 修了。

名残おしい 別れ際 5人のうち、4人が 翌日の 岩見沢のコンサートへハシゴしてくれることが わかり、とても 安心する。家族のように親しくなったみんなと また会えるのがうれしい。
d0024504_2112183.jpg


まなみさんと一路、岩見沢へ。
8時には閉まってしまう 温水プールで泳ぐため、急いで出発。

1キロ泳いで、温泉へ。

この日の宿は、11日 岩見沢のコンサートの主催者のえりかさんの家。
夜9時半につき、翌日のコラボの打ち合わせをして、11時には就寝。
by ainohanaMusic | 2013-11-12 21:02 | 心の旅日記 | Comments(0)

女友達との楽しい時間 静内コンサート

11月9日 静内のコミュニティーカフェサロン ぱれっとでコンサート
d0024504_0504879.jpg


朝11時に現地で 主催ののりこさんと、北海道ツアー全般を3年前から手伝ってくれているイラストレーターであり、牧場にお嫁入りしてまだ新婚の妻であるまなみさんと再会。

会場は障害を持った方が一緒に働くカフェで のりこさんが会場をいろいろ探したが、11月は 他の場所は 行事がいろいろあって使えず、最終的にやっとたどり着いた場所。

木の椅子、テーブル、壁の色、窓の大きさ、そしてカフェのお料理もすべてが とてもいい感じで 気持ちが明るくなった。、2時間の準備の中で 悠々とお昼ご飯を注文して、ライブの休憩では バナナオーレまで 頼んでしまった。そんな気分にさせられてしまう、ゆったりした場所。
d0024504_0133154.jpg

準備をしているときに、まなみさんが主催する翌日、10日のプチリトリートの宣伝状況を確認した。
プチリトリートは7月に静内で まなみさんの希望で特別にショートバージョンを企画し、好評だったので 今回も、まなみさんのアイデアで、場所を変えて やることにした。昨日の段階で、申し込み1名、今日の段階で2名・・そんなに少ないの?内容も充実してるし、素敵なチラシも できてるのになぜ?

「イラストの仕事が忙しくて、徹夜続きで チラシはできあがっのですけど、人に手渡す時間が ほとんど なかったんです。すみません・・」

ええ~~!!人に手渡してないの?電話は?~それじゃあ、あんまりだ・・・今から 宣伝しよう!ということになり、コンサート間際まで、電話とメールをして、友人たちにお知らせして、お知らせを手伝ってもらうことにした。その姿を見て まなみさんも泣きながら、電話を始めた。本気になるって、どうしても必要なときがあるよね。一人ではなにもできないからこそ、人に助けを求めてゆく。物事が動くのは一瞬、伝わるのも一瞬、その一瞬を掴み、生きるかどうかで、自分も世界も変わってゆく。

さっき、ホテルへ戻ってフェイスブックをあけて ほんとに ありがたいと感謝が溢れた。

みんな速攻で フェイスブックでシェアしてくれたんだね。3人の友人が お知らせ記事を書いてくださり、それをお二人の方が またシェアしてくださっていた。ほんとにありがとう。

さて、コンサートは とっても力強かったな~
毎回、聞き手に引き出されて 話して歌うから あとでなにを話したのか 良く思い出せないのだけれど、ほんと不思議 新しい時代 文化をみんなが志しているのを感じている。爆発の祭りのようだ。
d0024504_0305376.jpg

(静内の海 今日は 海も輝いていた)
コンサート、シェアリング、片づけを終えて
3人で居酒屋で打ち上げをすることになっていたが、
「わたし1時間 泳いでから、打ち上げしたい」と 朝 二人に伝えていた。
そしたら、びっくり、のりこさんもちゃんと水着を持ってきて
「わたしも 泳ぐ。」という
d0024504_0331722.jpg

(主催ののりこさんは、トマト農家。猫が大好きで 捨て猫を拾っては育てている)

すると、まなみさんも 泳ぐという・・
「すごい。これからの女子は 打ち上げの前に 泳ぐのがいいよね~」
なんて、言いながら 3人で温水プールへ向かったら、残念ながら 土曜日は閉館が早いんだね・・
それで、静内温泉に3人で行って さっぱりしてから のりこさんのお勧めの居酒屋の小部屋を借り切って打ち上げをしました。

話すことは たくさん あったな~

一人一人の人生が どんどん やりたいことができ、開花してゆくように
常識や家族に束縛されずに お互いを生かしあってゆけるように 3人で模索しながら あれこれ話す。

夜10時には 閉会。
明日があるからね~

別れ際、「また静内に来てね。」とのりこさん
「じゃあ、明日 よろしくお願いします。」と まなみさん
d0024504_0412498.jpg


たのしい一日でした。
明日から11日まで、まなみさんと一緒に旅します。
それも 楽しみです。
by ainohanaMusic | 2013-11-10 00:50 | 心の旅日記 | Comments(0)