愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

25日ぶりの ただいま~~

昨夜 帰りました。
d0024504_14165853.jpg

新潟と比べると、長野は涼しい・・
庭の草も 伸びて、次男も 気のせいか 背丈がのびたような気がするし、猫たちは 一番末っこの アミが 大人びて、スピカは 少しスリムになっていた。
d0024504_14194661.jpg

スピカは 言葉を 理解している。
「長いこと 待たせたね、ただいま、ありがとう。一緒にいられる時は 貴重だからね・・今日は一緒に寝ようね。」と声をかけたら、やっぱり気がつくと 隣で寝ていた。そして、今も わたしのふとんで 寝ている。
d0024504_1515786.jpg

さて、 このブログを書きあげたら 八星と一緒に スポーツクラブに行ってこよう・・
八星は 25日間、留守番の まさよちゃん、晶ちゃんと とてもいい時間を過ごしたようだ。ライブに3回くらい誘ってもらい出かけたり、台所も 晶ちゃんの創意工夫で 大改革が行われていて、八星も 巻き込んでもらい戸棚を作ったという。また、取れすぎた野菜は、晶ちゃんが動いてくれて、直売所に ほんの少し出荷したみたいで 「売れて 感動した!」とのこと。
ゴミ箱などは、それぞれに 何を入れるか 明記してあって「ご協力ありがとうございます!」まで書いて 貼ってあって、
昨夜 300キロ以上を運転して疲れていたのに、楽しくて 台所を見渡して、声を出して 笑ってしまった。

たのしくクリエイティブに過ごしてくれて ありがとう。まさよちゃん、晶ちゃん、八星。

*******************************
さて、7月27日のコンサート報告をしますね。

新潟港から  市内の鷲津さんの家へ 車を走らせました。
朝早いので 一度 コンビニから 電話。
1年ぶりに聞く、泰子さんの朗らかな声
「いつでも 来てください~」
d0024504_1551867.jpg


懐かしいな~
昨年は、新潟のコンサートを主催してくれた 晴子さん、場所を提供してくれた 泰子さんと初対面だったし、新潟が ツアーの初日だった。そして、弥勒(みるく)の照美さんと二人だった。

今回は ツアーの最終日で、一人。いろんなことが 違ってきている。いのちが 流れて 躍動している。
とても いいツアーだったなあ~そして、もうすぐ 家に帰れるのも うれしい・

午後1時半からのコンサート
d0024504_1583390.jpg


聞いてくれてるみんなと よく響きあっていて、また 鷲津家の ご先祖様も 喜んでいる力強い空間となった。

夕方から シェアリングをして、みんな別れがたくなった。
Kさんが 神様カードで、残っている何人かの 過去、現在 未来を読み解きはじめて

わたしは、音響のかたずけを始めて

「さあ~バーベキューですよ。」
と 呼ばれたときにには、だいたいかたずけも、カードリーディングも終わっていて ばっちりのタイミング。

コンサートには いなかった 泰子さんのご主人も 加わって 楽しい時を過ごしました。
すっかり ごちそうになってしまいました。ありがとう。

d0024504_15144132.jpg


28日は
朝、10時から ヘンプ お守りアクセサリーのワークショップ・・

早起きの泰子さん 晴子さんにつられて 朝6時に起きたら
ゆっくり 準備をして
Kさんに 神様カード リーディングまで してもらちゃった。
d0024504_15232986.jpg


過去  変容の蝶
現在  感謝と爆発の祭り
未来  結びの橋

なんだか あたっている・・
今までは 変容を促す使命を 果たしてきた。

でも、その枠組みにも とらわれず

これからは 自由に
感謝と爆発の祭り

自らが みんなと一緒に まつりごとを 爆発的に感謝してよろこびの中で やってゆく。
そして、結びの橋・・次なる次元に わたってゆく。

d0024504_15294423.jpg


ヘンプお守りワークショップに参加された方は 5人。
そのうち おひとりは 13年ニュヨークに 暮らしてたピアニストの方で、偶然チラシを目にして、これからの自分を導く お守りを作るために 誰に誘われたわけでもなく ひとりで やってきたのでした。

帰る頃には 家族のような親しい集いになっていた。

わたしは めったに 自分のためのお守りを編まないのに、
展示販売する作りかけのネックレスを 編み始めたら それを 自分のためのお守りとして 仕上げたく なった。
d0024504_15335672.jpg


期日前投票から 始まった今回のツアー

変容を促す わたしの役どころが
爆発的な 感謝のお祭りへとへんげして
結びの橋に向かいます。

新しい サイクルに入る自分に お守りもできました。
Kさん がネックレスに 名前をつけてくれました。 「新しい船出」

すっかり エンジョイした 今回のツアー
出会えた みなさん ありがとう。

次の 南へ向かうツアーは 9月21日~10月8日 関西~長崎

北へ向かうツアーは 10月24日~11月の半ばころまで  栃木~東北~北海道 です。
また、8月は 長野の 観音道場 遊里庵にて、、みなさんをお迎えする
1年で一番 味わい深くて 楽しい 夏のリトリート。

お待ちしています。

また、長男が 8月半ばに 帰省すると連絡をもらいました。
家族が 集う かけがえのない時間 ・・それも・・楽しみです。
by ainohanaMusic | 2013-07-29 15:38 | 心の旅日記 | Comments(1)

本日 新潟市 ツアー最終ライブです。

無事、フェリーで新潟まで着きました。
昨日の 朝10時半 小樽出港、今朝 6時に 新潟港に到着

d0024504_11195117.jpg


今日の ステージも 設営できました。

まってますね~新潟のみなさん 集まれ~~


7月27日(土)新潟

うたで宇宙とつながるホームコンサート  
会場 鷲津家のお座敷 新潟市港南区鍋潟新田1140
時間 開場 午後1時 開演 午後1時半
参加費 2千円 
申し込み 鷲津泰子 025‐280‐3503 携帯 080‐1243‐4835
 奥山晴子 0254‐64‐0190 携帯 080‐1243‐4835

7月28日(日)

ヘンプお守りアクセサリーワークショップ  
♥ 歌も数曲歌いますね~
会場 鷲津家のお座敷 新潟市港南区鍋潟新田1140
時間 開場 午前9時半 スタート 午前10時~午後3時
参加費 6千円 (材料費込 )
申し込み 鷲津泰子 025‐280‐3503 携帯 080‐1243‐4835      
奥山晴子 0254‐64‐0190 携帯 080‐5429‐1149
by ainohanaMusic | 2013-07-27 11:22 | 心の旅日記 | Comments(0)

ひびきの村 美しい丘でコミュニケーションの大切さを学ぶ

7月23日、新冠から修理工場を経て、無事 伊達紋別へ。

伊達の温水プールで泳いでから ひびきの村、ミカエルカレッジに入ろうと思って、パーキングで 伊達の温水プール2か所に詳細の確認の電話をした。1か所はすでに閉鎖されて、1か所は建て替え中。がっかり~

そこで、方針を変えて伊達温泉へ。露天風呂から空を見上げると彩雲が出ていた。いいことありそう。

ひびきの村(シュタイナースクール)には 10年くらい前に歌いに来たことがある。・・ひびきの村も いろんな変遷を経て、今回ご縁がつながったミカエルカレッジは、美しい丘に広がる大人のための学び場で、新たな展開でできあがった場所だった。
d0024504_8581097.jpg
(丘の上のカフェから見た風景。右下の赤い屋根が オイリュトミーホールです)

代表を務めるなほさんとは、30年くらい前 東京で出会っていた。フェイスブックでつながり、コンサートさせていただくことになり、ゆっくり話をしたのは この日が、初めて。つい先日の選挙で 若い人たちに心揺すぶられて 世の中を良くしたい~という熱い思いが動き始めたこと、 これからの お互いの方向性など、いろいろ話した~お互いを感じることができてよかった。

ミカエルカレッジの宿泊したお部屋は丘の頂にあり 静かでいろんなことに集中できた。もちろん心地よく眠りに落ちた。
d0024504_9184162.jpg


翌日は、午後3時30分からのコンサートだったので、わたしは 40キロ先の室蘭まで 午前中に泳ぎに行くことにしていた。わたしにとって、泳ぐことは、自分をクリアにするのに もっとも効果的なエクソサイズ。

朝、パソコンをひらくと いろんなメッセージが来ていて、連絡調整にあっという間に時が過ぎ、出かけようと玄関口で1年ぶりの友人と再会して、しゃべってるうちに 11時になった。
時間を計算。往復に1時間。30分 泳いで、着替え&シャワーが30分ぎりぎりで会場準備の午後1時に戻ってこれる。

そして、午後1時を3分すぎに 食事や宿泊をする建物から少し下ったところにあるコンサート会場のオイリュトミーホールに 車をつけて準備をした。自分としては、予定から3分 遅れても、その分急ごうと 思ってしまう・・まだ誰も来ていなかった。忙しいのかな?気がついていないのかな?でも、みんなが集うカフェから、この車が見えるはずだから そのうち、誰かが気が付くだろう・・電源の場所も 照明も、会場を歩き回って確認して、場所も ひとりで決めた。受付のテーブルも探して、並べた。知らない会場に一人で設営するのは、初めてだと思いながら、2時になっても 誰も来なかった・・ほんとに この設営でいいのか?オイリュトミーホールは ほんとに素敵な建物で 照明もあてて雰囲気も出るけれど、外の緑が見えない。 一番端っこの 部屋が ホールではないけれど、窓があって、あっちの方がいいかなあ?・・みんなのいるはずの建物に電話したけれど 誰も出なかった。

2時半すぎて、Aさんが来て、「会場、カフェの方(丘の上の別の建物)でやりましょうって おっしゃってるよ。」とのこと。なんだか、泣きたくなった。
窓の大きいカフェの方が わたしのコンサートには いいと思う。でも、1時間半かけて ひとりで設営した会場を かたずけて車に積み、移動して 今度は 1時間以内で、設営しなおさなければならない。大変さを察してくださった その場にいたみんなが 手伝ってくれて 無事移動して 気持ちのいいコンサートになりました。
d0024504_952352.jpg

コンサートの後にシェアリングの時間を持つことができた。
最後に わたしの番が来て、 「一人で準備をして 寂しかった。」ということを 言葉にした。
言葉にしたら 涙が出た。

シェアリングのあと、3人の方が、わたしの「涙」について、話しかけてくれた。

「やっぱり、感じたことは その場で 開放したら 病気にならないですよね・・」

1年以上 不眠症や疲れ 体の衰えを感じている友人だった。

「そうだよ、ちっちゃなことでも 積もり積もると 感じなくなってくるし 感じなくなってくると 体に出てくるからね。かっこ悪くても、その日のうちに 出してしまうと、解決の道が見えてくるよね。」

もうひとりの方は
「わたし、寝ながらでも 怒ってるみたいなんです。どうしたらいいか わからなくて・・」

「そっか~ ひとりになる空間が必要かもね・・・感じてることひとつひとつが 自分へのメッセージだから、ひとつひとつを ありのままに 自分で受け止めてあげて 自分に優しくしてあげる勇気を持てるといいね」

その方は 大勢の方と一緒に暮らしていて、どこからストレスが来てるのか自分でもわからない~とおっしゃっていた。

*****
あとで なほさんとゆっくり話した。実は なほさんも 同じ時間に キッチンの中で 「ひとり」を感じていたという。
楽しそうにみんなが 食後の語らいをしているときも、そこに混じわる時間がなく 、キッチンにいたという。わたしが一人で 準備を始めていたことには、気が付いていなくて 食事を食べに来るのを待っていたという。

わたしの場合は、コンサートの準備をすませてしまわないと 食事が喉を通らない。時間がないときは 食べずに うたう。コンサートは 設営からが 始まりだと思っているので2時間はかけている。時間に遅れた・・という思いから、食堂に寄らずに まっすぐ、会場へ向かった。

それぞれが なにを大切にしているのかを 伝えたつもりでも、伝わっていなかった・・それぞれの日常は、違う優先順位を生きているから 一緒に取り組むときは、そのつど、調整してゆくことで、お互いの動き方が変わってゆく。

 「忙しいだろう」と相手を思う気持ちが 先に立つと 相手への思いやりと遠慮から、コミュニケーションを省略して、一人でも 始めてしまう傾向が出てくるよね。そうすると空回りになってしまうんだね。
これから多くの方々と 出会い続けてゆくだろう。

それぞれが 自分らしくありながら周囲とも 響きあってひとつに流れを共有してゆくとき、たくさんのコミュニケーションを必要とするだろう。
そして きっと みんなが さらに素敵に輝いてゆくのだと思う。

なほさんと出会えたこと 日本とは思えない、美しいミカエルカレッジの静けさに、触れたことも とっても よかった~
来てくださった みなさんも ありがとう。
by ainohanaMusic | 2013-07-27 09:13 | 心の旅日記 | Comments(0)

2013年 夏のリトリート ボランティアスタッフ募集

小樽に来ています。

今夜は 明日の朝の 新潟行きのフェリーに間に合うように 小樽のビジネスホテルに泊まっています。

今夜が 今回の北海道ツアーの最終日の夜です。

さて、今週末は、新潟のライブとワークショップですが、長野へ帰宅すると
間もなく、夏のリトリート。

今回は 8月9日~12日のリトリートも 8月23日~26日のリトリートも 両方とも
バランスよく 参加者とスタッフが 申し込んでくださっている気がします。

でも、スタッフが もうひとりづつ入ってもいいかなあ~

家族が増えるのは うれしいことです。

リトリートに参加したいけれど、なかなか そこまで決意できずにいる方、ボランティアスタッフで入ってみませんか?それぞれの回に ひとりです。(それ以上だと スタッフが多くなりすぎるので)

スタッフの役割は 具体的には 食事を作る、掃除をする、子どもたちと遊ぶ、リトリートのプログラムを有機的に裏方で支えることですが、一番のネックは 自分自身に素直になり、心をひらいて動くことです。

リトリートが始まってしまうと スタッフ同士のシェアもできないので リトリートの2日前に遊里庵に入り 準備しながら つながってゆきます。

ピンときた方は 連絡くださいね。

観音道場遊里庵(かんのんどうじょうゆうりあん)の一番のお楽しみの 自分に帰り、魂の家族との再会の祝福に満ちた時間です。

連絡先 ainohana★air.ocn.ne.jp  有里まで
★を@に変えてください。
by ainohanaMusic | 2013-07-25 21:41 | 心の旅日記 | Comments(0)

満月のせいかしら?ハラハラした日

7月23日
新冠から 一路 伊達紋別へ。

朝、11時に出発したので ひびきの村へは 夜7時までに着く予定にして
ゆっくりと気ままに 旅しようと思っていた。

急がない一日って とっても大事だよね・・
あっちで道草 こっちで 道草 みたいな・・・

それで、まずはコンビニに車を止めて 長野の家に電話することにした。

22日のプチリトリートで みんなが 草原をはだしで歩いた時、
野の草をゆっくりと味わってみている時間があり、 八星(次男)を想った。野の草の波動は、次男が そこに生きているように 存在を伝えてくれた。コンサートツアーでは、どんどん 景色が変わり、出会う人が変わり まっすぐ前を見て走り続けてるわたしがいる。足元の草を ゆっくり眺める時間は なかなかないのだけれど、幸いに リトリートが そんな時間を与えてくれた。足元の草は 長野にいる次男を伝えてくれていた。

電話に出たのは、留守番にいてくれている晶ちゃん。
八星のこと、畑のこと、ネコのことなど聞いて、わたしの近況をシェアしたら、楽しくて 長電話になった。八星に 変わってもらい、そこでも 長電話になった。

暑い日だったので 冷房をかけていたが、エンジンをかけ続けているのは 良くないという意識もあり、エンジンを止めて 話に夢中になっていた。

切った後、エンジンがかからなくなっていた。

あ~ しまった!! やっちゃったよ~バッテリーがあがった。

それで、お店に来ていたコンビニまわりの営業の男性にお願いして バッテリーをケーブルで繋いでもらった・・・(わたしは 車音痴なので)

そしたら!! 信じられない
繋ぎ方を 間違ったみたいで 繋いだ時、バチッと 電気が走り、思わず・・
「つなぎ方 大丈夫ですか?」と聞いたが
「大丈夫」と 確信に満ちた返答に、とっさの不安を 自分で消してしまった。

「エンジンかけて」と指示されたので エンジンをかけたら かからない。

「どうしたのだろう?」と 考えている間に
4か所からけむりがあがり、ケーブルのビニールが溶けだして 見るからに危険な状態になった。

あわてて、男性は、車のエンジンを止めて 熱くなったケーブルを 必死で外した。素手では 外せず、ハンカチも燃えてしまい、お店に軍手を取りに行って 戻ってきたときは かなり煙があがっていた。

なんとか 危機を脱して・・

「どうして、こんなことになったのでしょうか?」と 男性に聞くと
「わからない」と言う

そこで ガソリンスタンドの方を呼ぶことになり 事情を説明し、どうして煙が上がったのか、どうしたらいいか聞くと・・
「ケーブルのつなぎ方を間違えたのでしょう。その場合、車が故障した可能性もあるので、修理工を呼びましょう。」ということになった。

その間、お店の男性は ずっと自分の車の中で 携帯で あちこち電話をかけ続けて たのしそうに笑ったり・・こちらに無関心の様子。

携帯をかけていないときに 車をノックして
「原因は ケーブルを間違えてつながれたとのことで、車が故障したかもしれないです。」と伝えた。

******
ツアー中 わたしが 心配するのは車の故障。

わたしの車は すでに もうすぐ19万キロになり、2月の車検の時は インジェクションポンプからオイルがにじみ始めるなど いくつか支障が出て来ていたが その修理費が とても高いので 車屋さんの アドバイスで今回は 「最低限」の修理にして 次の車を 近いうちに探す方向にしていた。

でも、マツダの軽油 オートフリートップ ボンゴ 大好きなんだよね。今の車で 2代目なのです。
愛着がある。まだ 走ってるので なかなか次を探す気になれない・・ この形は 今は製造されていない。

そうですね~まだ そんなに走ってないツアーに適した4WDの大きな車(できれば軽油)を ご縁のある誰かが事情があって 手放すけれど 愛着があるので知ってる人に譲りたいとか、ツアーに使ってほしいとか・・安く譲るので乗ってください・・なんてうれしい話があれば ボンゴを手放す気持ちになれるかも・・・車って、自分を運んでくれるツアーパートナーだものね~安心してツアーできる次の車に いいタイミングで 出会えますように。

******
話を戻して、修理屋さんが コンビニに到着して 車を見てくれた。
バッテリーを取り換えたら 走ることが分かったので、営業の男性は
「じゃあ、大丈夫ですね。」と 逃げるように去って行かれた。
d0024504_143671.jpg


新しいバッテリーは 2万円・・高いなあ~なんでこんなことになったのかな~

と思いつつ、運転していたら

エンジンの音が軽快なのに気が付いた。

そっか~もうバッテリーそろそろ変えたほういいよってことで、普通に バッテリーが充電されず
放電しちゃったのかもしれないね。そうすると あの男性は、
バッテリーを変えるように導いてくれたエンジェルかもしれない・・・

親切そうだけど、周りに無関心で 責任逃れの男性(でも、実はエンジェル)と
親切なガソリンスタンドの男性二人と
親切な修理工のお二人
それから 真新しい バッテリー

あらら・・全員 わたしにとっては 天使ということになる・・

道草する前に ドラマと一度しか会わない登場人物に出会い
買い物をしようとする前に 買うものが指定された ハラハラドキドキ 満月の日

**********************
by ainohanaMusic | 2013-07-25 01:05 | 心の旅日記 | Comments(0)

むかしから友達だったような・・・

7月22日、新冠の まなみさんのご自宅で 午後1時から5時までプチリトリートを開催しました。

「少人数で濃厚な時間を過ごしたい。」という まなみさんの要望に応えて、考えた企画。

プチリトリート  ほんとうの自分に帰る~~聖なる輪の中で~~

新冠に集まったメンバーは まなみさんを入れて6人。
札幌からお二人、浦川から二人、岩見沢からおひとり・・・
遠くから来てくれたね・・

浦川から来てくださった 女医さんのRちゃんのことは、人づてに聞いていて 会いたい人の一人だった。
その彼女が、不思議なタイミング&導きで 偶然、プチリトリートのチラシを見つけてくれて 仕事を休んで やってきてくれた。

集まった 一人一人が 昔からの友人のように 親しく感じられて
リトリートが終了したときには 別れがたく、家の中で しゃべり、家の外で しゃべり、レストランへ行ってしゃべり、閉店したレストランの前でも いつまでも 話していた。
d0024504_1183082.jpg


プチリトリートはいいなあ~
輪になって、お念仏、瞑想、そして うたを聞いていただいて、シェアをして
広~い草地を それぞれに はだしで歩き それぞれに自然と交流。

再び、うたを聞いてもらい、シェアをして 静かに祈って 終了。

シンプルなプログラムだけれど、激しい感情も湧き上がるし、幼いころの自由な感覚も蘇る、涙も流れるし、ビジョンもやってくる・・ みんなの表情や 波動は 刻々と軽やかに きめ細やかになってゆく。

そして、むかしからのともだちのように 仲良しになる。

たましいの家族って、引き寄せあうんだなあ~

素敵な一日でした。

****
次のリトリートは 8月9日~12日 と 8月23日~26日 3泊4日で 長野です。
わたしの家 遊里庵で 行います。詳細は ホームページを 見てくださいね。
by ainohanaMusic | 2013-07-23 01:27 | 心の旅日記 | Comments(0)

ヤチダモの木の下で

7月21日

今回の北海道ツアーの日程のとっかかりとなった
桜丘小学校へ向かう。

昨年の夏の静内でのコンサートに来てくださった 桜丘小学校の校長先生が、小学校の校庭に素晴らしい大きな木があり、その木の下でコンサートしたらどうだろう?と提案くださった。ヤチダモの木の葉がしげるのが
7月半ば過ぎということで、春のツアーを 思い切って この時期に繰り下げた。

大きな木の下は、わたしにとっては 特別な場所。

人生最初にやってきた歌は 桜の木の下。

赤ちゃんを産んでからは、わたしの練習場所は 当時暮らしたカリフォルニアの森の真ん中のマドローンの木の下になり、
お母さんのような美しい その木が、楽器を持つことも ままならない子育てまっさい中のわたしが、木の下で 音を奏でる時間を持つことは、「あなたの家族のためになり、世界のみんなのためになる。」と応援してくれた。

わたしは 大きな木の懐に抱かれるようにして、音楽を続けてきた。
d0024504_016967.jpg


d0024504_0143931.jpg


午後3時半 コンサートスタート
 
風が気持ちよく流れたり、曇ったり、晴れ間が出てきたり、カラスがいっせいに 鳴いたり、虫が出てきたり・・とても自然な気持ちのいいコンサートとなった。

休憩後には 校長先生にも 友情出演。読み聞かせと、素敵な「ありがとう」のうたを 娘さんと一緒に演奏してくださり、わたしの歌1曲にもコーラスとウクレレで参加してくださった。先生のお声は 甘くて優しく、歌うことの楽しさを伝えてくれていた。

5時半近くなり、最後の1曲を迷い、
「相談ですケド、いつも何度でも♪にしましょうか?それとも 竜神さま♪にしましょうか?」
と みんなに 聞いたら
「両方・・」
ということになり さらに相談の結果、 校長先生にも もう1曲歌っていただくことになり
和気あいあいと 森林浴のような 気持ちのいい時間を夕暮れ時まで みなさんと共有した。
d0024504_0261215.jpg
d0024504_027518.jpg


静内&新冠のエリアでコンサートのご縁をいただいて3年目、まなみさんが中心になり
「さて、次は どこで やろうか?どこにつなげようか?」
と、当たり前のように、考えてくださる そのことの ありがたさ・・

小学校の校庭で コンサートが行われたのは このエリアでは 前例がないとのこと・・
そのために尽力くださった 校長先生の素朴で誠実な お人柄。

いつも 素敵な出会いを ほんとうに ありがとう。
そして、遠いところからも、あるいは 多忙な中を時間を作ってきてくれた みなさん ありがとう。
毎回 会える 友人に恵まれて 安心してツアーをさせてもらっています。

11月は 浦川へ行くことになりそうです。

そして、11月のコンサートツアーのテーマも 湧き出てきました。

一人一人の内面の進化と、 新しい世の中を自らビジョンし創造てゆくこと
その両方を 耕してゆくようなコンサートと シェアリング(交流会)をしてゆきたいな~

********************

さて、明日は 伊達紋別に移動し

あさって、7月24日は 今回 北海道での最終ライブとなります。 

みんな 伊達紋別に 集まれ~~

そして・・・次は 11月です。

*********************

吉本有里コンサート
会場 ひびきの村 オイリュトミーホール
コンサート:午後3時~5時 シェアリング:5時~6時 交流会 夕食後
参加費 2千円 ワンドリンクつき
お申込み 0142‐25‐6735 ひびきの村 (金井)
by ainohanaMusic | 2013-07-23 00:16 | 心の旅日記 | Comments(0)

政治に祈りを

今日は 何の日? 選挙の日です。

政治に祈りを

選挙に行かれることと 行かれたあとも

もうひとつ たいせつなこと。

祈ること。


なにを祈る?

わたしたちの未来のビジョンを 一人一人 心を込めて祈りましょう。

今日と 明日 そして 毎日 祈りましょう

目に見えない 波動は まず内側から 自分自身を穏やかにさせて 内側に存在している尊いもの・・すべてのいのちとつながった感覚を目覚めさせます。

一人でも 多くの方々が 祈ることで その瞬間に起きる出来事 感じ方すら 変化してゆくます。

一人一人が 大きな影響力を持っているのです。

まずは、自分の内側を 静めて 深く豊かな 光のグリッドをつなぎましょう。

わたしたちは 愛して あいされています。 


わたしの祈り方を紹介すると・・・ 南無阿弥陀仏を繰り返して 声に出して 唱えるます。(最低10分)
なむあみだぶつは・・・思惑を超えた無限なる光に ゆだねる・・という意味のマントラです。

これは、他力の祈りで まず 自分自身が勝手に思い込んだり、決めつけたりしていることが リリースされます。ゼロになる・・クリアになる。毎日毎日 自分を浄化して 毎日毎日 無限の宇宙とつながり 自分自身を充電するのです。

そのあと 静かに呼吸を深めて 瞑想します。

この瞑想の間に、そのときにふさわしい 行動の指針が降りてきます。



いろんなやり方があると思います。

静けさ、宇宙とつながった叡智と愛が 今の時代にとても 必要です。


祈り、瞑想し、そして この地球と深くつながり 行動しましょう。


新しい風が 吹いています。

若者たちが 動き始めている。

さあ~ わたしたちは なにをする?

d0024504_9582081.jpg


target="_blank">https://www.youtube.com/watch?v=H7uE26gwF7Y


*************************

さて、わたしは 今日は 日高市 桜丘小学校へ

ヤチダモの木の下 素敵なコンサートになるでしょう・・・

ほんとうに感じてることを 語り うたい つながる毎日が ありがたい。

北海道の方は 木の下に 集まれ!!

d0024504_1011325.jpg

by ainohanaMusic | 2013-07-21 09:55 | 心の旅日記 | Comments(0)

地球感謝リトリートの森 たき火と月と青空と

7月19日、帯広。

帯広で出会った和子さんの企画で、会ったことのない カズくんの暮らしている「地球感謝リトリートの森」でコンサートをすることになっていた。

カズくんも わたしもお互いを知らなかったので 本番になるまで お互いに なにも期待をしてなかったと思う。

午後4時頃 十勝から やっとコンサート会場に到着。

わたしは、選挙に ひとりでも真剣に向かい合い、自分たちの思い描く世界のビジョンを持って 1票を投じてほしくて、ツアーのさなかにも 寝る時間を惜しんでパソコンに向かったりしている。

また、旅の間も 祈る時間を持ち始めた。
素晴らしい世界になってゆくには まずは 自分の内側を静かにクリアにしてゆく必要がある。

そして 静かに瞑想したとき、なんだか 円盤に乗っているみたいに 超スピードで立ち位置が かわってゆくのを感じた。

*************************

和子さんは、打ち上げ交流会の 料理を作ることに忙しく、お友達が会場に案内してくれて、娘さんと カズくん、カズくんのお友達のタクちゃんが 会場準備を手伝ってくれた。みんな初めて会う30代の若者たち・・初対面だったので 最初は表情が固かったけれど、会場準備しているうちに 馴染んできた。ほんとに良く気がつき、身軽に動いてくれる若者たちだった。

蚊取り線香の手配から 薪のお世話、照明やろうそくなど 惜しみなく創意工夫して 準備してくれた。

とてもいい会場になった。
d0024504_2151995.jpg

会場ができたころ、友人が 次々と来てくれた。

ななちゃん、ネコさん、よっちゃん・・・家族のようなみんな・・1年に 数日しか会えないのに、いつもそばにいてくれてる感じ・・うれしい。

d0024504_1202993.jpg


月が出て 火がたかれて 

d0024504_1212480.jpg

d0024504_1392041.jpg


たくちゃんが 真ん中で デジュを演奏した。

お会いしたことのない 男性が 「精霊の歌」という自作の詩を朗読してくださった。

フィナーレ 竜神さま♪では 真理子さんが 舞った。

タイトルをアナウンスすると、カズくんが とても驚いていた。

「この場所は 竜神さまをまつっていた 祠があったと聞いているんですよ!」

そして、カズくんは 翌朝 三宅洋平くんの 選挙フェスタの最終日を応援するために 東京へ。

偶然なんだけど ぴたりと符合していたように思う。


三宅洋平くん(比例代表区、緑の党で立候補)のまっすぐな熱い思いが 彼らを動かし わたしも動かされていて、改めて自分の人生の舵を取ることと、あたらしい世界を 共に作ってゆくこと両方合わせてビジョンしてること・・なにか 見えない流れが 合流した気がした。

打ち上げも 和子さんの手料理を囲み みんなが和気あいあいと自然に つながっていった。
d0024504_2162646.jpg

翌日は 和子さんのやっている お茶カフェ ちゃこあんのお庭で
お料理に専念して コンサートを聞けなかった 和子さんのために 2曲うたいました。

ここでも 素敵な出会いが あった。続編があるかもしれないな~
d0024504_1302241.jpg


さて、今日は(今 深夜3時) 投票日ですね・・

UAさんのホームページ 紹介しますね。

政治に祈りを

重い気持ちがするのは、あなたの想いが本物だから。
そして選挙に行きましょう。

by ainohanaMusic | 2013-07-21 01:31 | 心の旅日記 | Comments(0)

選挙と祈り

とても たいせつな 選挙になったなぁ~と感じている。

7月5日 ツアーの初日が 期日前投票の開始日だった。
長野県駒ケ根市の 市役所に一番乗りで 投票を済ませた。

7月7日 茨城のコンサートで
自民党が出している 改憲案のプリントをもらい、その内容を知った。
国が望めば戦争が始められる 危うい内容で、個人の人権、表現の権利など なくてはならない大切な条文が、削り取られていた。憲法は 国の軍国化や、暴走を止める国民を守る最高法規であるはずが、逆に 国が国民を管理するような内容にすり替わっていた。

さらに、 非常事態宣言が書き込まれていて、宣言が出ると、誰もが国の指示に従わなくてはならない。
かつて「天皇のため」と、死ぬことを良かれとされていた頃を思い出すような 時代の逆行。

わたしたちの感覚と まったく違う・・なんなんだ?いつのまに こんな改憲案が出てたのだろう?

人と人はとことん受けとめあい、とことん出会い 一つになってゆく
自然環境を大切にして持続可能な 世界を作ってゆく。
そんな世界を紡ぐために 毎日 うたい、耕し、祈っている。

政治は苦手だと思っていたけれど、わたしたち一人一人が 自分たちの世界を作っている主人公を生き続けてゆくためには、 政治を誰かに任せてしまっては 危険なんだ。

ツアーの間に たくさんの情報が入ってきた。
俳優を横に置いて いのちのために 立候補した 山本太郎さんの姿



シンガーの三宅洋平さんが声をからして 等身大の自分の考えを 語り選挙をまつりとして 歌い 語り そこに数えきれないくらいの若者が 真剣に 耳を澄ませている映像





一方では 戦争に行かなければ死刑
と、驚くような発言をしている 政治家の発言
d0024504_0185875.jpg


光が強ければ 闇も深い

選挙は祈りの時でもあるね。

また、選挙は 21日 午前7時から午後8時までとされていますが

驚くべきニュースを今日知りました。

『投票率を下げるための投票時間変更に要注意!全国1万6960か所で投票開始時刻の大幅な変更をする予定!群馬は99%の投票所で繰り上げ!』

明日か あさってに期日前投票に行かれるか、21日は 時間を 投票所に確認していかれることを 強く お勧めします。

また、比例区の政党を 決めるうえで参考になるかと思うので、各党の方針を、まとめた表をここに 紹介しますね。

持続可能な健やかな地球と人とのつながりが 育ってゆくように この選挙を 一つの機会として
人の心が ひとつに溶け合い 育ち 花咲いてゆくように 祈りましょう。

不正選挙が行われている~という 話も聞きます。 みんなで 選挙を祭り、祈り
一人一人の胸の奥から 絶対大丈夫の光で選挙を包んでゆきましょう。

一人一人の胸の奥に存在する光の偉大な力。そこには 思惑を超えた無限の光が宿っているので、その光に包まれると 闇も消えて まったく新しい世界が開けてゆくと思うのです。

ありがとうございます。
by ainohanaMusic | 2013-07-19 00:12 | 心の旅日記 | Comments(4)