愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

CD 静音 西方極楽浄土へ 音源やっと完パケ

昨日の最終レコーディングには 本應寺の尼さんお二人が来てくださいました。
朝、10時 お二人の先導でお念仏。
そして、2曲、
青い空にゆだねて♪
念仏礼讃歌♪
のバックに、お念仏を称えてくださった。天女のようなお二人でした。
d0024504_06309.jpg


今回のCDは、本應寺主催の出家道場に参加して仏典を学び、仏教の神髄に触れて生まれた曲、阿弥陀の国から♪が きっかけになり、本應寺から祈りのCDを出すことになったのでした。

この1年、品愚上人と相談しながら選曲し、CD制作パートナーの夏秋さんとレコーディングを進めました。
今まで 作ったCDは10枚ですが、10枚とも自主制作で、そのうち5枚は、セルフプロデュースでした。

仏道の師の監修の元に制作をしたのは、もちろん今回が、初めての体験。
上人がリクエストした曲と、わたしが選曲した曲で 合わせて10曲になり、ほぼ60分のCDが完成。
純粋な意図が 祈りとクリエイティブなエネルギーをひとつに結び、美しくて 新鮮な音と言葉の流れになりました。

5月29日午後3時、マスタリングも終了。
あとは、デザイナーのお仕事になります。楽しみに待っててくださいね。

****************************
ちょっと さかのぼって 報告・・

5月24日萱野高原へ・・
とても美しくて また不思議を感じる場所でした。
d0024504_0421822.jpg

(つつじと白樺の木がとても 美しい)
d0024504_0421217.jpg


d0024504_0432149.jpg


そして、夫婦岩
d0024504_043199.jpg

(夫婦岩に生えている松は 夫婦の竜のよう)

d0024504_044094.jpg


夫婦岩の 謂れの書いてある看板を読み、畏敬の念を感じました。
この岩のあたりの 松は100本以上が 二つに分かれている夫婦松になっているのです。
二人でいったいとなって 生きるというエネルギーが充満している・・
思わず、岩の前で 竜神さま♪のうたをうたいました。

5月25日は 大月市 癒しフェスタへ
d0024504_051451.jpg


癒しフェスタ 以外に二つの催し つまり3つの企画が 混然一体となっていて賑やかで
どうなることやら・・と思いながら、出店者たちから少し、離れた芝生に ステージを作りました。

歌い始めたら 芝生に座って聞く人、離れたベンチで聞く人 それなりの場ができて、
ライブ終了後には、芝生で ウエクサ満月の日の瞑想に 参加してくださった方は思いのほか多く ウェルネスパークという 公共の公園に輪になって 手をつなぎ瞑想する風景が なかなか良かった~

そのご、ハートのローズクォーツをまわしてシェアリング。
野外で、いろんな方を交えて 瞑想とシェアリングの輪・・なんだか、いつでも 知らない人も交えて
公園でもどこでも 輪になって座り 瞑想したり シェアするような風景が 当たり前になるといいな~と思えた一日でした。

26日は午前中は 泊めてもらったロハス村のログハウスで ひとりでうたをうたい、また 久しぶりにヘンプアクセサリーを編みました。自宅では やることが 多すぎて追われるけど、外にいるときは やれることが限られてるから ゆっくり一人で過ごすのもいい・・

午後は、ウェルネスパークに出かけて ヘンプのワークショップの講師をしました。
満足ゆくワークショップとなり、帰り道で 寄った サービスエリアでは虹と会いました。

それで いいよって言われたみたいで うれしくて、癒しフェスタに呼んでくださった あつみさんに電話をいれました。
d0024504_182698.jpg


「虹が出てるよ。楽しかったですね、いい時間をありがとう。呼んでくれて ありがとう。」
by ainohanaMusic | 2013-05-30 00:37 | 心の旅日記 | Comments(0)

6月6,7,8,9 東京は杉並と調布&山梨は大月市で歌います

もう、出会って21年になる 調布のクッキングハウスから コンサートのチラシが届いた。

お手紙が入っていた・・・「なるべく多くの方に 聞いてほしいので 有里さんの方からもお知らせください」

めずらしいなあ~

クッキングハウスはメンバーさんだけでも 15人くらいは いつもコンサートに集まってこられる。
一般のお客さんは 半数くらいかな?すぐにいっぱいになるので わたしから あまり宣伝したことはなかったかもしれない・・

多くの方とメンバーさんと一緒に聞きたいという気持ちがうれしいね~

とても とても あたたかな 愛に満ちた場所で 安心して食べられる自然派家庭料理のレストラン

ひとりでも多くの心の病気を持った方が快適に自信をもって地域で暮らしてゆけるように、食事つくりで交流する場を設立し、5年目からレストランが始まった。一見、町の素敵なレストランに見えて、実は 心を病んだ人とスタッフがいっしょに働いている不思議なレストラン。愛と叡智のたくさん詰まった場所です。

わたしは、3周年(1990年)のパーティーに呼んでもらって歌って以来 日本にいるときは 1年に1回は 必ず 歌いに行きつづけている場所なのです。
d0024504_025663.jpg


クッキングハウス・コンサート


~うたが降りてくるのです~
             小さな子どもたちもいっしょにどうぞ
日時:6月7日(金)午後2時~4時
会場:クッキングスター(調布市布田1-10-5稲毛家ビル2階・℡042-498-5177)
      クッキングハウス・レストランの2階です!
参加費(ティータイム付き):1500円、乳幼児歓迎!・未就学児無料

今年で26周年を迎えるクッキングハウス。弱い人、小さな人たちの立場から、やさしい文化を作りつづけてきました。
長野県・伊那で「観音道場有里庵」を開き、畑を耕しながら、身軽に、しなやかに、どこにでもコンサート活動に出かけてくれる有里さん。二人のお子さんを育てながら、いのちに寄り添う音楽を作りつづけ、又、被災地でもコンサートを行い、優しさの中に、自立した女性としてのたくましさも併せもっています。「うたが自分の中に自然に降りてくるのよ」とにっこりと語ってくれました。手づくりの癒しのアクセサリーも私たちのおしゃれ心をめざめさしてくれるでしょう。どうぞご参加ください。  

 申し込み先:クッキングハウス・ティールーム
 電話・FAX:042-484-4103(要予約)
Email info@cookinghouse.jp
ホームページ http://www.cookinghouse.jp
※当日レストランでランチを召し上がる方も、事前にご予約ください。
(家庭料理ランチ1000円 営業11:30~)
 
※ハッピーアワー(17:00~20:00)でも、ミニライブを開催します。(ワンドリンク付きワンプレート料理 1300円 要予約)

吉本有里プロフィール
長野在住:大学在学中より歌い手として東京で活躍。妊娠8ヶ月で、北カリフォルニアの大自然に囲まれたエルクバレーに移住。2児を自然出産。2003年帰国。長野に古民家を借り、田畑、薪ストーブ、手仕事のある暮らしをしながら、国内外問わずライブ活動をしている。多様な人生体験に基づいた語り、透明な歌声はゆりかごのよう。心を揺さぶり、それぞれの人生に光をもたらします。吉本有里ホームページ http://amanakuni.net/yuri

********************************************

◆また、その前日
6月6日(木)は杉並区の本應寺http://honnouji.jp/
の大施餓鬼供養で1時間くらい歌います。
午後1時くらいからです。場所は正確に言うと、本應寺の上に 栖願院というお寺があり、そちらで行います。
来られるのは檀家さんがほとんどですが、本應寺に 何度も足を運ばれている方であれば 上手に紛れ込むこともできるかと思います。

◆そして、8、9日は 大月市のピラミッド瞑想センターで みんなつながっている喜び コンサート&1泊のプチリトリートです。

季節も良くて 場所も特別なエネルギーの感じられる気持ちのいい場所です。
東京からも近いので よかったら気軽な1泊旅行においでください。
d0024504_0285343.jpg

詳細は ひとつ前のブログに記しましたが、もういちど書いておきますね。

みんなつながっている よろこび
 吉本有里 コンサートと プチリトリート

会場 ピラミッド瞑想センター
日時 6月8日(土)~9日(日)

自然に囲まれた特別な空間ピラミッドセンターで、有里さんの自然な語りとうた、いのちの真ん中で生きる喜びを伝えるコンサートと1泊のプチリトリート

6月8日 午後1時半 開場
2時~4時 コンサート
4時~5時 シェアリング
6時 夕食
8時 夜のシェアリング
 
6月9日 7時~8時 本應寺で出家したばかりの静音さん(有里のこと)のお経と瞑想
8時半 朝食
10時 解散

定員 コンサート 30名 プチリトリート 15名
参加費 コンサートとシェアリングのみ 3500円  夕食 1000円
     コンサートから1泊のプチリトリートまで 1万2千円

お問い合わせ 090-4420-8480(上条) Eメール mey.sukkon3@gmail.com
ピラミッド瞑想センターへのアクセス
  中央線梁川駅下車 徒歩10分 (高尾駅にて各駅停車に乗り換えて5駅目)新宿から75分

たのしみがいっぱいです。
by ainohanaMusic | 2013-05-23 00:21 | ライブ | Comments(0)

今週末は、大月市癒しフェスタへ

静かな日常へ戻り、3匹の猫と 17歳の息子、畑を世話する日々・・
庭もたちまち 草が伸びるから、朝一番には 庭に出て草を刈っている。

昨日、八星がスポーツクラブの会員になり、水着を購入・・
久しぶりに並んで1000mを泳いだ。
驚いた・・体はすっかり大きく そして、ずっと泳いでないはずなのに 早い・・・イルカみたい。
どんどん泳ぐ。そして、すっきりとした顔になっていた。・・よかった・・八星にも水泳は とてもいい浄化になるみたいだ。

今日も 二人で1000m泳ぎ、帰りにはジム用にランニングシューズを買った。
わたしも真似して 買った。八星が ランニングするなら わたしも 走ってみよう。

新しいことをチャレンジするコツは、タイミングに乗り遅れないこと・・ 楽しいな。

さて、今週末は わたしには めずらしく イベントで歌います。

どんな方々と出会えるのか・・楽しみです。
d0024504_2295786.jpg


5月25日(土)
ウエクサ満月の日

第3回 大月癒しのフェスタ in ウェルネスパーク

入場無料(一部有料のワークショップもあります)
お問い合わせ・会場  桂川ウェルネスパーク 0554-20-3080

ライブ

午前10時~午前11時 風景音楽  ROSSA

午後3時~5時 デバインヒーリングミュージック 吉本有里

◆ワークショップと 出店 多数
野草観察ウォーキング
五感体操
石釜ピザつくり体験
森林ヨーガと音楽のコラボレーション
紙ひこーき体験
手作り酵素
愛犬のためのフラワーエッセンス
星座で選ぶ フラワーエッセンス
自分を輝かせるおまもりつくり
夢をかなえる瞑想会

オーガニックフード
野点teaセラピー トリートメント
健康チェック
絵本キャラバン 読み聞かせ
占い
雑貨

d0024504_2219234.jpg


わたしは、25日 満月の日に 3時から2時間のコンサートを終えたら、そのまま 野外でサークルシェアリングのオーガナイズを任されました。
癒しフェスタが、最後には 一つの輪になって深いところの祈りが生まれ、つながりが生まれるように ナビゲートできたらいいな~と思っています。

また、26日(日)は ヘンプアクセサリー 自分を輝かせるおまもりネックレス作り のワークショップを担当しています。(こちらは有料で参加予約がいります) 午後1時から4時です。

まだ、出店者も募集しているようです。よかったら、ご一緒しましょう。

今回は 昨年9月8日 大月市のピラミッド瞑想センターで セプテンバーコンサートに出演したことから ご縁が始まりました。

6月8日と9日には、 みんなつながっている喜び♪ コンサート& プチリトリートが ピラミッド瞑想センターで企画されています。こちらも 是非おいでくださいね。こちらは 宿泊も可能で ゆったりした 少人数の企画なので また 家族のようなつながりが生まれるかもしれません。楽しみです~
d0024504_22561368.jpg


みんなつながっている よろこび
 吉本有里 コンサートと プチリトリート

会場 ピラミッド瞑想センター
日時 6月8日(土)~9日(日)

自然に囲まれた特別な空間ピラミッドセンターで、有里さんの自然な語りとうた、いのちの真ん中で生きる喜びを伝えるコンサートと1泊のプチリトリート

6月8日 午後1時半 開場
2時~4時 コンサート
4時~5時 シェアリング
6時 夕食
8時 夜のシェアリング
 
6月9日 7時~8時 本應寺で出家したばかりの静音さん(有里のこと)のお経と瞑想
8時半 朝食
10時 解散

定員 コンサート 30名 プチリトリート 15名
参加費 コンサートとシェアリングのみ 3500円  夕食 1000円
     コンサートから1泊のプチリトリートまで 1万2千円

お問い合わせ 090-4420-8480(上条) Eメール mey.sukkon3@gmail.com
ピラミッド瞑想センターへのアクセス
  中央線梁川駅下車 徒歩10分 (高尾駅にて各駅停車に乗り換えて5駅目)新宿から75分
by ainohanaMusic | 2013-05-22 22:23 | ライブ | Comments(0)

一緒に暮らしたありがとうdayコンサート

ありがとうdayコンサートには、大阪、岐阜、松山、茨城、東京、山梨、静岡、長野
7都道府県から、20名が 集りました。

コンサート二日前から 準備の手伝いに3人が遠方から やってきて、コンサート2日後の 今日、みんなが帰って 今、ひさしぶりに 静かな 家に戻りました。
d0024504_20511936.jpg

d0024504_2051574.jpg

ああ~楽しかったなあ~

一緒に暮らした5日間。
d0024504_2101715.jpg

なんと、13人の方がお泊りになりました。
18日は 遊里庵は、満室状態でした。
d0024504_2104816.jpg
(土ころパンの出店は人気)
みんなが思い思いに 持ち寄った 食材は豊かで、料理して食卓を囲み、朝は祈りと瞑想、シェアリング。
夜は 温泉の後はビールタイム!飲みましたよ~
d0024504_2112392.jpg
(18日、コンサート前の祈りの時間の始まり・・)

昨日、わたしは 大阪から来た友人と同じ部屋で眠ったのだけれど・・
布団に横になって、彼女と並んで眠る 空間を味わってると共に、廊下から聞こえてくる TちゃんとA、Yちゃんの本当に親しげで楽しい、語り合いが またうれしくて幸せでした。
d0024504_212984.jpg

(18日 ありがとうコンサートの模様)
わたしの大切にしてる友人が みんな知り合いになり、深くつながってゆく。
d0024504_2124755.jpg

(山梨から参加した友人は うたリトリートで出来上がったオリジナルソングを飛び入り披露してくれました)

あっちでも こっちでも 夢中で話してる姿が いつも ありました。
午前中は みんなが誘い合って、高烏谷神社(たかずやじんじゃ)まで、散歩。
わたしは、その間 やることがあって・・
2時間くらいして 楽しく笑いさざめきながら みんなが帰って来て、合流。
どうやら、境内で踊ったり、笑ったり、
自主的に 持ち寄りワークショップも やってきたみたいで、いっきょに親しくなっているのでした。

ときには 泣いてる人も、怒ってる人も、具合が悪くなって寝てる人もいて、
それらを、包み込む大きなふところが あって、変容がありました。

ふかく、ふかく 出会ってゆく。

心にしっかりガードをかためて、外の世界に翻弄されがちなわたしたちが、 内側を感じながら 安心して人と出会って確実に変容してゆくのを ほんとに幸せに 見守り わたしも また 来られたほとんどの人、一人一人と つながる時間がありました。

みんなで掃除し、料理して・・さっさと仕事をしてしまうと、ゆっくりと輪を囲む時間ができるんだよね~

時々一緒に暮らし
大切な 心を 調整して 元気になってゆく

今度の 一緒に暮らし日々は
8月の 夏のリトリートだなあ~

「じゃあね、次は 夏のリトリートで会おうね」

と手を 振りあって ほんとに 満ち足りた気持ちで 日常に今から着地します。

来れた人も 来れなかった人も みんな みんな 思いを寄せてくれて ほんとに ありがとう。

遊里庵は ひらかれた 場所になりそう・・
思春期の息子のプライベートスペースになり、自分たちの仕事や、暮らしをマイペースで維持できる かわいらしい 静かな山の家を 近くに建てたいな~

そしたら、遊里庵は、みんなの家としての機能を 今まで以上に 発揮できるね。

少しづつ、新しい試みをチャレンジしていこうと思います。

ありがとうday ほんとに素晴らしい体験でした。一人一人が誰に頼まれたわけでもないのに、自主的に なくてはならない役柄を引き受けている不思議なシーンがいくつも ありました。

魂がひらかれて ほんとうの家族になってゆく。

深いところで 満ちていった ありがとうday

素晴らしい体験を ありがとう。
by ainohanaMusic | 2013-05-20 21:10 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

新しい始まり

もりのいえのリトリート
d0024504_2211333.jpg

1年ぶり・・

この1年が なかなか充実した日々だったんだなと感じた。
わたしも まぁさんも それぞれにリトリートの間に気づきがあり 新しい扉をあけた。
準備がないと 扉は開かないから、変化を導く日々だったんだな。

参加してくださったのは もりのいえの主のまぁさんを含めた6名。

その6名が6様で・・その中には、わたしのナビゲートするプログラムを、取り組んでいるように見えても、少しも受け入れなかった方もおられた。その方の波動は、リトリートが始まる2日前から わたしに届いていた。
「あ~大変な人が参加されるみたいだなぁ~。」リトリートの場合は、本人と出会う前に波動が届く。不思議だけど、そのくらい、セイクレッドな内容なので、リトリートは数日前から 実は始まっている。

一方、次々と素直に心の扉をひらいた人もいて、最初の扉で、悲しみや怒りを出してしまうと、後の扉からは、喜びや純粋な好奇心や愛情があふれ出て 見る見る間に美しく開花した。

同じプログラムを共有してるけれど受け取り方が ひとりひとり違っていた。

二日目の午後は、思いもかけずユニークな展開となった。あいにくの雨ふりで、室内で過ごす一日に、体を動かすプログラムを入れたい~と思い、まぁさんの編み出した宇宙的 トーラス体操を みんなで教えてもらった。トーラス体操の後 もっと 体を動かしたい~と感じ、みんなに自由に動いてもらったら 少しだけ動いただけで、みんな なぜか??眠ってしまった。

みんなが眠っている その空間で わたしは思い切りコンサートをした。
ほんとは みんなに自由に動いてもらい、わたしは歌おうと思っていたのが、違った状況になったのだが、まったく違和感がなかった。

そうしたら、まぁさんが シンキングボールを鳴らし、やおら、ネイティブインディアンに伝わるココぺり(種を蒔く人)のように 踊り始めた。

わたしも まぁさんも  眠っているみんなの潜在意識に 自由にうたい 演奏し 踊った。
自然発生的に 始まった空間だったが、なぜだか必然を感じた。

顕在意識ではなく潜在意識に働きかける時間。
蒔いた種に滋養を施す時間。

通常のプログラム(種)は それを受け入れて チャレンジ(発芽)できるかどうかは本人の内的環境の在り方に関わってくる。
顕在意識が眠っている間に、潜在意識に滋養を施すことで、内的環境が整う。

もちろん、いつも 参加者みんなの心が解放されて 別れがたく家族のような絆が生まれれば 幸せだけれどそんなふうな感動に包まれなくても それぞれのペースを信頼して 大丈夫なんだ・・

今回は そのことを 理解した。

つまり 今、リトリートの内容を受け取れない人が参加されても ときの流れにゆだねて いつかは種が開花してゆくであろう必然に任せる自在な心のあり方を 理解したのでした。

最終日は いい天気だったなぁ~
d0024504_22385360.jpg

初日に 山で過ごしたように、一人一人が 自分の過ごしたいように自然の中でくつろいだ。
d0024504_2240357.jpg



このリトリートで 新しいうたが 生まれた。

このうたは、リトリート前夜に、夢の中にやってきた。
まだ、完成してない断片的な このうたをうたうと、みんなの心がひらき涙が流れた。

最後のシェアリングでは やっぱり みんなが家族のようにこころをひらき、つながりと絆が生まれていた。

まあさん、りえさん、参加者の みなさん、スタッフをやってくれた ちえさん、パートナーさん、そしてかわいいこどもたち
ありがとう。また、 会いましょう。

♪光の中 歩いている
光の中 君と出会う
光の中 帰ってゆく

どんな君も許して どんな君も 待ってる
海をわたる 鳥たち 氷河を歩く ペンギンたち

星や空が 道を語る
君の中に 道がひらく
光の中 君を想う

どんなわたしも許して どんなわたしも 待っている
海をわたる クジラたち 氷河を歩く ペンギンたち

光の中 帰ってゆく
光の中 君と出会う
光の中 歩いている


*****************
今週末 5月18日は 屋根葺き替えありがとうday スペシャルコンサートです。
どなたでも 参加できます。

みんなが 家族であることを 観音道場遊里庵を 開放して 集うことで 感じられたらいいな。
いつもは 遠くに暮らしているけれど 会いたい人が この特別な日には みんな来てくれて わたしにとって たいせつな人が 
ここで やっと つながって家族のように親しくなってゆく そんな日になれば いいな。

昨年から あたためていた 楽しみにしていた たいせつな日です。

他の予定と重ならないように、早くから 日程を決めて ずっと 待っていた 特別な日。

そんな日が1年に1回くらい あってもいいよね。

家を開放して 待ってます。
by ainohanaMusic | 2013-05-14 22:56 | リトリート | Comments(0)

5月18日 遊里庵 ありがとうday 特別コンサート

遊里庵屋根プロジェクトの最終日 ありがとうday
きっと、ここが 遊里庵の出発にもなるのだと 思う。
d0024504_0432223.jpg


自足可能な暮らし方は ひとりじゃできないし そしてまた 働くために生きてるわけではなく
日々 思いもよらない やり方で一人一人が 目覚めてゆく その地球でのかけがえのない時間を分かち合い、支えあい 苦楽を共にする そう、ハートを開いて 手をつないで生きている実感を 暮らしの中に実現したいな。

ほんとうの自分に帰る場所としての「観音道場遊里庵」
屋根葺き替えにカンパ&お手伝いしてくださった みなさんをご招待してのコンサートを含んだ二日間を
一緒に暮らしましょう。

カンパ&お手伝いには加わらなかったけれど 参加されたい方は 会費制で 参加できます。

お待ちしています~

*****************
観音道場遊里庵 屋根葺き替えありがとうday
日時 5月18日(土)~19日(日)
吉本有里with夏秋文彦コンサート♪
    18日(土)午後2時~
自分に帰る家 ・愛の始まる場所 遊里庵(ゆうりあん)をみんなで育てる日
みなさんの支援のおかげで無事 屋根の雨漏りの心配がなくなりました。
カンパくださったみなさんをご招待して、また、その他のみなさんは会費制で、二日を相談しながら、みんなと暮らします。出店も出演も可能です。ご相談ください。お泊りも子どもも含めて、予約先着15名まで可能です。(ありがとう企画につき宿泊無料、食事と飲み物は持ち寄り)、また寝袋持参なら20名は泊まれます。寝袋持参の方はお伝えください。お部屋は10部屋。この機会に 遊里庵へおいでください。つながってゆきましょう。
場所 観音道場遊里庵 駒ケ根市東伊那4385
(東伊那郵便局まで来られたらお電話ください。電話でご案内します)
会費 大人3千円、こども1500円(屋根プロジェクトにお手伝い&カンパくださった方はご招待です)
申し込み&お問い合わせ 要予約090-4535-4776(有里)
だいたいのプログラム 5月18日(土) お家びらき午前10時 5月19日(日)お昼頃解散
食事は持ち寄りです。滞在する間に食べる飲み物&食材をお持ちください。台所も自由にお使いください。※前日からお掃除などのお手伝い歓迎です。(連絡ください。安心します)
18日 オープン 午前10時 みんなで場所を設営・
お昼は 持ち寄りランチ 祈りと瞑想 午後1時~2時
 吉本有里with夏秋文彦 コンサート 午後2時~4時
シェアリング 午後4時~6時
6時から みんなで夕食支度、あるいは温泉へ
夕ご飯 7時ころ~
 家のお風呂も入れます。
翌朝、19日 7時半~8時半 祈りと瞑想
8時半~10時 シェア会
10時から もちよりブランチ
お昼まで 自由 
お昼には解散
※ブランチの後、みんなでお掃除タイム
どうぞ、よろしく♥
そして また いつでも来てね。
d0024504_059168.jpg

忘れちゃったかもしれないので ご招待のみなさま ここに書いておきますね~

浜松 おっさま
東京都 露木久子さん 
東京都 宮野のぞみさん
茨城 せこ三平さん 
横浜 てるみぃー      
埼玉 高橋和子さん
埼玉 上野由美さん 
東京 練馬 仲田 紀子さん 
群馬 まさよちゃん 
東京 あすかちゃん
東京 慕静さん  
東青梅 清水延郎&敬子さん  
埼玉 玉置有美ちゃん 
山梨  滝下美知子さん
山梨  中川綾子 さん
山梨 栗山貴行さん
山梨 向山 邦史さん 
長野 宇津孝子さん
横浜 敦井規代さん
北海道 芹澤 一宏さん
長野 渡辺則子さん
長野 赤羽瑞穂さん
長野 山本静和&愚大さん
岐阜 青木珠代さん
岡山 たけちゃん&えみちゃん
岡山 すみれ母さん
相生市 柴原武さん
松山 小川郁美さん
広島 木野戸 由紀子さん
名古屋 岡山友美子さん
東京 本應寺 
長野 やよいさん
千葉 横川敬子さん
新潟 奥山晴子さん
仙台 鎌田のり子さん
岐阜 今村美由紀さん
長野 桜やさん
東京 佐藤泰子さん
埼玉 三井田里奈ちゃんファミリー
埼玉 岡部みさ子さん
東京 ぎょうぐさん
長野 愚大さん
長野 福田くん
長野 星さん
長野 夏秋さん
長野 北川さん
d0024504_059372.jpg

(今日やっと、夏野菜の苗を植えました。今夜は寒いのでちょっと心配です。苗がんばれ~)
by ainohanaMusic | 2013-05-08 00:44 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

30年ぶり、初めてのクラス会

1週間くらい前、夜10時過ぎに 家電が鳴った・・
覚えのない電話番号・・
珍しい・・遅くに電話してくる人は たいてい携帯だし、ごく親しい人だけだから。

「もしもし?」
「あのぅ~・・・」

記憶が一気に30年前に飛んだ。
大学のクラスメイトの一人でクラス会の参加の返事を求めての電話だった。

わたしは 静岡で育ち、東京学芸大学へ進学した。
大学はのんびりしていて自由で、初めて ゆったりと周りを見まわし、自分に必要な世界を探索し始めた。
2年生までは まじめに授業に出席していたが、3年生あたりから 大学の授業には魅力を感じなくなり、近くの公園を走ったり、ボロボロの文科系サークル長屋に通い、新聞会に入り取材の旅をしたり、音楽活動を始め、いろんな人と出会った。

大学の新聞会が、なんともユニークな集まりで、わたしは新聞の取材でエコロジーやコミュニティーに興味を持ち取材を重ねた。けれど、どこに行っても女性は、男性と対等な存在ではなく、比較対象される「かわいい子」の一人にすぎない。同じ違和感を持つ、文科系サークル長屋の少数の女性たちで集まりシェアしたことがきっかけとなり、 自分たちののために、「自分のことを語る会 アイ(愛)」を立ち上げ、その活動は卒業まで続いた。
 学祭ではリサイクルショップをやったり、女性監督の映画会を催したり、山登りをしたりして、女性の発揮&育成しにくい 企画力や創造性を遊ぶ機会を作っていった。メンバーは それぞれのサークルで紅一点。「かわいい女性」を演じてしまう傾向があったが、ほんとうの自分の表現を身に着ける必要性を感じていた。シェアリングで、ほんとうの自分の感情を吐き出すと 仲間たちと やりたいことを次々思いつくまま 誰の規制もなく、自由に、豊かに、進めることができて ほんとに楽しかった。

わたしの所属していたクラスは 社会科で 40人を超えたクラスの中で女性は13人。
クラスのみんなと交流していたのは 2年生までだったし、卒業後は 誰とも会っていなかったけれど、13人の女性、みんなのことをちゃんと覚えていた。

5月5日のクラス会
 今回は 幹事さんが女性だけのクラス会を企画していた。
13人のうち 参加者は10名。鳥取や宮城からも 駆けつけて参加していた。

日比谷公園の中のレストランで 12時から 一人一人が 順番に30年の人生を語った。ほんとに興味深かったし、30年の歳月をみんなが感じて輪になっている10人のつながりが不思議だった。気がついたら3時半になっていた。
d0024504_2329353.jpg


驚いたことに わたし以外全員が 教職についていた。
小学校、中学校、高校、そして管理職。

4年間、学芸大学で学び 教育実習もすませ、卒論も書いて無事卒業し、小学校から高校までの社会科教員免許を取得して先生にならずに シンガーソングライターになっているのは わたしだけ・・

みんなとても 興味深く わたしの話を聞いてくれた。

実は、始まりは 大学時代だったんだよ。
大学時代に 武蔵小金井の小金井公園の桜の木の下で 初めてのうたを受け取った。

********************

今の社会が形成されているベースには 教育の在り方が 大きい。
大学時代の友人たちが 教育現場の中核にいる今、イメージとしてつながりやすくなった。
教育現場が もう少し 融通がきくようになり 風通しが良くなるといいな~
一人一人が実は ほんとうにかけがえなくユニークで 崇高な存在であることを 子どもたちが思い出せるような時間が たくさんあるといいな~
d0024504_0101548.jpg

「有里ちゃん 1曲、日比谷公園で歌って・・」と
友だちが リクエストしてくれたけれど、
時間がぎりぎり・・・

予約したバスのチケットを新宿で買ったのが バスの出発5分前。

今回は 再会しただけで十分満足。また、きっと 次の機会が 待ってるような気がします。

ほんとに 不思議な 一日でした。

企画してくれた幹事の Wさん ありがとう。
by ainohanaMusic | 2013-05-07 23:44 | 心の旅日記 | Comments(0)

思いもかけず 新しいギター

5月1日 本應寺からリリースするCD「静音~西方極楽浄土へ」のレコーディングの大詰め。
最終レコーディング曲♪青い空にゆだねて いい感じでレコーディングができた。あとは、編集(ミキシング)に入り、必要があればレコーディングをし直すけれど、やっと全体像が掴めてきた。

とってもいいアルバムになりそうで、うれしい。
楽しみにしていてください。

5月2日 東京へ。3日の本應寺の念仏会、夕方はボイストレーニング、4日は ビーズの仕入れと楽器屋さんにギターを見に行き、5日は 大学の30年ぶりで初めてのクラス会への参加。

八星は 本應寺で庭仕事を頼まれ、ボイストレーニングも予約していたが、1日の夜から 頭痛と熱があり、家で休んでいることになった。休むことになったらホッとしたのか 元気が出てきた八星を見て、やっと、安心して出かけることができた。

ひさしぶりの一人旅。車ではなく高速バスを使い、ひさびさに本を読んだ。
アナスタシア  ウラジーミル・メグレ 著 (ナチュラルスピリット)
d0024504_1425237.jpg

ひさびさ、魂に滋養を与えてくれる話だった。ロシアの森深くに暮らす若くて美しいアナスタシアと出会った著者が二人が出会った3日間の出来事を本にした。動物や植物とと意志を疎通しあい、星や水から多くの知恵を受け取り、家も持たず 食料も貯蔵せず、高い意識で暮らし、離れた場所に暮らす多くの人々にインスピレーションを送って助けている・・本当の話か創作か~論争もあるみたいだけれど、わたしの中では 本当の話だと感じ、滋養のある真実をたくさん吸収した。

元気の出る本だった・・よかった~

3日の念仏会と ボイストレーニングは それぞれにいい時間・・
念仏会では 出会いもまた素晴らしい 縁の深そうな方は 最初から引き寄せられる・・そんな初対面の方が二人おられた。

4日。ついにエレガット(ナイロン弦を使うクラシックギターで、内臓のマイクがついている)を買った。午前中は ヘンプワークショップの時 みんなが自分にぴったりの天然石やガラスを見つけられるように 石屋さんやビーズ屋さんを見て歩き、体力も気力もお金も使い切ったと(笑い)思っていて・・ 楽器屋さんは下見のつもりだった。

けれど、八星の影響かなぁ~。自分の納得のゆくギターを手に入れることって ミュージシャンにとって大切なステップだ、と気がついて、わたしには エレガットが合うんじゃないか?~と、このところ 自分にぴったりのギターを買うように潜在意識が、指令を出していたみたい。意外とあっさりすんなりと わたしにとっては高価な買い物をした。
そして 買ったとき 喜びがあふれた。わたしの買うべきものを買ったことを魂がよろこんでいるって感じ。
ギターをもって 道を歩き出した時、スピカとライカ(猫の兄弟)を保健所でもらって車で出発したとき、感じた感覚と同じものを感じた。

「かわいいなあ~良く来たね、出会えてよかった!これからは、一緒だよ。」
d0024504_262132.jpg

アントニオ サンチェス制作 スペインのギター 音色はふくよかで明るい

マーチン(フォークギター)の音も このところ 大好きになってきて、ナイロン弦の優しい音をメインにして、ときどき シャッキリした爽やかなマーチンを弾こうかな~と思っている。

ギターを買ったのは新大久保駅のthe 中古楽器屋さん。
すぐちかくにクロサワ楽器もあり 両方の店員さんに随分親切に 対応してもらった。

どちらも また 遊びに行きたいな~と思うお店になった。
今度は 八星と一緒に行こうと思ってます。
by ainohanaMusic | 2013-05-07 02:12 | 心の旅日記 | Comments(0)