愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新春リトリート ゆめのひらく瞬間(とき)

やっぱり リトリートっていいなぁ。
d0024504_2350510.jpg

昨年8月以来 半年ぶり・・そして今年 初めてのリトリートをおととい 終了。
d0024504_2349938.jpg

スタッフとは1週間一緒にくらし、1週間ぶりの広~い家に がらんとした 静かな遊里庵。
八星と二人暮らしに戻った。昨日は、外出から帰ってきたとき、みんなが 待っててくれてるような錯覚があった。帰ったことを改めて認識し、寂しいな~と思ったけど、心は満たされている。深いところでつながって、また必ず次の深まりのシーンがあることを心が確かに知っている。
d0024504_23505191.jpg

魂の家族が増えてゆく。
なんて幸せなことだろう。
d0024504_23511356.jpg

さて、今回のリトリートは、参加者大人5名、子ども 一人、スタッフは大人が わたしを入れて4名、+次男の八星・・総勢11人。

1か月前の段階では 参加者大人二人 スタッフはわたしを入れて二人総勢4人の静かなリトリートになる予定だった。
それが、リトリート直前まで 参加者もスタッフも顔ぶれやポジションが入れ替わりつつ、増えていった。

面白いくらい、動き続けていた。参加したくても 家族の賛成を得られず 来れなかった人も何人かいた。連絡をくれなかったけれど、参加を迷って 来なかった人も今回は いたような気がする。

参加したい~という純粋で素朴な気持ちが 状況乗り越え、実際に来れることを わたしは 祈っている。
意識の転換が自然に起こるリトリートに、自分の直感を信じて来て、自分を照らす光と一体になるその不思議。自分自身が日常を照らす光になって自分の家に帰ってゆく不思議。
未知な世界である遊里庵に飛び込んでくる「勇気」と「意志」が、その不思議な実りをもたらしてくれるような気がする。
d0024504_0145146.jpg

霧が晴れたようにクリアになり、自由になったと、Nさんがメールをくださった。彼女は聡明で純粋で、人脈にも恵まれ、思ったことは何でもできてしまうように見えたけれど、遊里庵に来てから毎日、一枚一枚、「人」としての重荷をおろしていった。最後に光の使者としての記憶を取り戻した。同時に わたし自身も 自分を照らす鏡のように 彼女から照らされた。4日にわたる同じメンバーでのシェアリングは 記憶の奥底にある大切な記憶にアクセスする特別な空間になってゆく。
d0024504_0132262.jpg

リトリートで自分を深めたら、「夫と離婚することになるのでは?」と危惧していたMさんは、最後のシェアリングで夫ともういちど一緒にやり直したいと、帰宅してから、夫へ話す内容を「リハーサルしてもいい?」と真剣だった。みんなも もちろん真剣。
思いっきり、真剣に話し、聞き、なごみ、爆笑。時はあっという間だった。
d0024504_0271929.jpg

真っ白な雪道を 神社まで歩き、雪の中で瞑想した。真っ白な雪や 雪解け水や、山の木々が心の中に入ってきてこれもまた素晴らしい気づきの時間だった。
自分に向き合い、
仲間にありのままを話す。
このまま一緒に暮らしていても不思議はないような自然体、家族になってゆく。

何回、輪を囲み それぞれの話に耳を傾けたことだろう・・

最初の夜は 輪を囲みながらも眠ってしまう人が何人かいた。
遠いところから、移動し、家族を残してきた気遣い、仕事を大慌てで済ませてきた疲れ、睡眠不足、日頃のストレス・・
心身の無理が解消するまでは みんな眠い。・・だから、最初は、人の話は なかなか入ってこない。
 けれど、一日二日 たち、疲れが消えてゆくと、耳を傾けるどころではなく、
全身を傾けて 人の話を聞く姿に わたしは感動した。

全身を傾けて みんながみんなの話を聞く風景。
みんなが 自分にも他者にも 判断も 批判もなく ありのままを支えようとする姿は なんて清らか。
ありのままを語り、ありのままを受け入れると、 慈愛と知恵の姿に進化してゆく。その進化のプロセスを一緒にできたこと 感動です。心から ありがとう。
d0024504_0353484.jpg

スタッフは 参加者が来る二日前に 集まってきてくれた。
参加者を 迎えるための 場所つくり 心を整える シェアリング、お念仏と瞑想、献立も相談して買い物、温泉も一緒に行った。

一緒に暮らすことは楽しい。
お互いの 魂の救済のために問題を抱えたまま 一緒に暮らす。
いつのまにか溶けている「とらわれの心」
自然の中の瞑想、毎日のコンサート、シェアリング、
今回は 一日に2回 お念仏と瞑想をした。

最終日の打ち上げ
みんな ほんとに楽しそうだった。
小さな子どもは眠った後なので スタッフと参加者が ひとつになってシェアができた。
d0024504_016834.jpg

3歳の明日花ちゃんは 天使だった。
彼女のおかげで 自由になれた スタッフの心。
雪の上に 明日花ちゃんと一緒に 仰向けに寝転がって青空を眺めたという静和さん。
明日花ちゃんと遊ぶ姿が輝いていた。

最後の夜の眠る間に 自然発生的に、踊った、笑った。
d0024504_0371340.jpg

一人一人がかけがえがなかった。
スタッフのみんな、参加してくださったみなさん、明日花ちゃんも 八星も ありがとう。
八星も、歌ったね。八星のまっすぐなうたに、参加者みんなが涙した。
幼い子どもたちがいつの間にか大人になってゆく その姿・・
みんなの親心がつながってゆく。

コンサートの時は、マイクの前に
「わたしも歌いたい」と一緒に立った(乱入)コンサートも楽しかった~
聞く側が歌い出して、自分の声に励まされて涙した。
初めてスタッフを勤めたのんちゃんの「朗読」も素敵で、お里料理の「きりたんぽ」鍋、おいしかった。
静和さんのお料理のおいしさもいつもながら、格別、パエリアや、お手製のスコーンなど・・出し惜しみなく、みんなを もてなしてくれてありがとう。また、初めてスタッフをしてくれた地元の福田くんの存在感もユニークで、明日花ちゃんに「犬」や「家来」のようにかわいがられて、また そのようにみんなに尽くしてくれて、なごみました。そして、準備から片づけまで1週間を一緒に暮らしてくれたちゃこちゃん、ありがとう。笑いヨガも、楽しかった!
d0024504_8204317.jpg
d0024504_821969.jpg


参加された一人一人の存在感、語れば限りないので、ここでは割愛させていただきますが、
ほんとうに楽しくて清らかで流れるように過ぎた 1週間でした。
来てくださって ほんとうにありがとう。

♪出会えたね、やっと出会えたね、光の友だち 出会えたね やっと出会えたね、魂の家族たち♪ (光のリトリートの歌詞)

次のリトリートは半年後の
夏のリトリート。すでに何人か 申し込みがありますが、スタッフも参加者も まだスペースがあります。
ピンときたら、お申し込みください。次はどんな家族ができるのか ほんとに楽しみです。

夏は静かな美しい川原を借り切って 一日遊ぶ。
石焼手作りサウナで汗を流し、冷たい川で浄化され 子どもも大人も 満喫できるプログラム。

魂の望む方向へ導かれてゆく速度の加速するリトリート。
一緒に暮らす日々は、半年後。 もう 今から(笑い)楽しみ。
どんどん確かにつながってゆく、ありがとう。
by ainohanaMusic | 2013-02-28 00:18 | リトリート | Comments(0)

風の谷絵本館の前で 光る海♪をうたう

えみちゃんから送られてきた2本の動画を紹介し終わったら、
同時にメッセージが届いた。

「今、もう2本 動画が仕上がりました。見てくださいね。」

・・・すごすぎ・・

えみちゃんは6歳の男の子の母であり、おなかに3か月のあかちゃんを宿している。

「脳が活性化されて さくさく進んでいる・・」

こういうのを天職って言うのだろう。

昨日の朝、携帯で なにげに試し撮りした場面が 次々とみんなにシェアできる「形」になった。

これは、もう みんなにシェアするっきゃないんじゃない?

これ、昨日の朝のわたし。そして、この場所が昨日、えみちゃんと待ち合わせした「風の谷絵本館」 です。

素敵なお店でしょ?そして、雪景色、気持ちがいいでしょう?




by ainohanaMusic | 2013-02-19 01:04 | うた | Comments(0)

異なるジャンルを得意としている人と会う

昨日の朝、ひさしぶりの友人と風の谷絵本館で再会した。


出家道場で6週間、学び満行したら、胸の奥深くに眠っていた、自分の願い・・志(こころざし)と出会った。
その志は、一人ではできないこと。
今までの自分の枠を超えること。
そして、シンプルなことだった。

その志は 家が2軒ないと実現に無理があり、また一緒に取り組むスタッフがいないと無理なことがわかった。

さて、その「志し」ってなに?って思うでしょう?
それは、直接 話しますね。
まだ、わたし自身が 自分の志しと出会ったばかり。
今は、 その志(こころざし)が存在していたことへの畏敬の念があり、
どんなふうに 実現してゆくのか さっぱりわからないけれど 安心している。

21歳のとき、突然うたが生まれ始めたように、自分のしらない自分がどんどん生まれてゆくのが自然であり、進化なのだなあ~と感じている。


そんなふうに 思惑外(そうていがい)の自分が生まれると同時に、
ただ、会いたくなった人と会い始めた。

この動きは、今のわたしに フィットしている。のんびりとした気持ちで再会した。

久しぶりに会ったえみちゃんの顔をまじまじとわたしは見た。

???

「あれっ?えみちゃん、えみちゃんってこんな顔だったけ?」(笑い)

え~こんなに美人だっけ?目がくっきり・・

たしか会ったのは1年数か月前・・

ひさしぶりに会ったえみちゃんは、長野の自然や、お店、アーチストを 動画などで紹介し、発信する活動を始めていた。2時間くらい あっという間、脳内が活性化されて えみちゃんが得意とする「動画」の素材提供・・・試し撮りまで 乗りでやってしまいました。

帰りがけに
「有里さん、絵本の読み聞かせムービーに有里さんの音楽使わせてもらってもいいですか?」

「もちろん、どうぞ、いくらでも使ってください。」

なんと、今朝 もう そのムービーができあがっていた。はやくてびっくり~~

物語(ナレーション)と唄が 同じくらいのボリュームで入っていて
最初は どちらを聞いたらいいのか???

しかし・・夜になって もういちど見てみたら、絵とナレーションと、唄が 三位一体 ひとつの世界を表現している。面白いなあ~~人の聴覚と理解力って 一度目と二度目でこうも違う受け取り方をするの?

異なるジャンルの人と会うって面白い。
えみちゃんの掴み方 発信の仕方って面白い・・

みなさんにも、おすそ分け・・

3月にも また会うことにしましたよ~~

絵本の読み聞かせムービー
吉本有里 今日のメッセージ・・なにげに試し撮り

by ainohanaMusic | 2013-02-18 23:39 | 心の旅日記 | Comments(0)

しばらくです~

しばらくです~3週間ご無沙汰してしまいました~とりあえず ひとつのことに絞らず
お便り風 風まかせに 今日は 書きますね・・ほんと、ご無沙汰しててごめんなさい。

いろいろ緩やかで濃い日々・・

1月27日(日)は 長野は松川町、大静庵(だいじょうあん)でお念仏会のあと、新春コンサートをさせていただきました。大静庵は、東京は本應寺の尼さん、お坊さんの静和さんと愚大さんが、探し求めていた暮らしの場所&自然道場で、1年以上探し続けてやっと見つけ その活動が始まっています。26日の夕方 雪が降り始め 大静庵の坂道の私道を、朝上がれるか心配になり、音響設営だけ前日に行ってきました。
 当日、うれしかったのは パートナーが来てくれたこと、そして 3月10日(日)に3・11メモリアルコンサートを計画中のエコロジー&オーガニックのお店「てくてく」の敬子さんが来てくれたこと・・そして、もう10年くらい前、福島でうたを聞いてくれた男性が素敵なパートナーとお子さんと一緒に、うたを聞いてくださったこと。原発事故ですべてが変化して、長野に移住されてきた・・とのこと。一人一人の人生との出会いと深まり、気づきと目覚めが とても大切な気がしました。

静和さん、愚大さん、穏やかな 新春念仏会&コンサートをご一緒させてくださってありがとう。

そして30日 パートナーに誘われて、諏訪湖へおみわたりを見に行きました。今年は寒さが早く到来し 湖は早々と凍り、そしてまた溶け始めていました。映画は「東京家族」。
d0024504_18211552.jpg
d0024504_18212539.jpg


 パートナーが「おみわたり見に行こうかな~」とか・・・「東京家族」見ようかな・・とか・・独り言のようにつぶやくとき(独り言なのか、誘っているのか?いまだにわからないけど)、タイミングをとらえて、「じゃあ、○△日に行こうか?」と提案し直して調整し、一緒に出掛けることが わたしの暮らしにも 味わいを加えているような気がします。わたしが、ことさら行きたい場所や映画ではないのだけれど、彼のピックアップするものが わたしと異なることが、味わいでもあり、わたしをスローダウンさせてくれる感じ。

2月2日は松本は歌カフェで友人のサラが企画してくれた 自分を輝かせるヘンプアクセサリーワークショップ。12時に タウン誌の記者さんからの取材・・楽しかった~1時間も目を輝かせて お話を聞いてくださり、最後に思い出したかのようにあわてて 写真を撮って行かれました。そのあわてぶりと、話を聞いてる時の落ち着きのアンバランスが 自分に似てるなあ~と 親しい友人に再会したような うれしい気分になりました。
d0024504_18354584.jpg
d0024504_18355911.jpg

ヘンプのワークショップには一組の親子が参加。二人が3時間くらいかけて納得のゆくお守りネックレスを制作している間に、知り合いが何人か カフェに来たのでした。
「ちょっと、ごめんね~」なんて言いながら、友達とも話して、歌もうたい、バイオリンも弾いて 過ごした一日、サラらしい企画を~ ありがとう・・・・歌カフェの うたさんも ありがとう。

そして、2月3日から10日まで 東京は 本應寺で、昨年から始まった出家道場の最後の1週間を学び満行してきました。
d0024504_19591028.jpg


さて、出家道場に出発する直前、愛媛に1年 旅していた17歳の次男から ショートメールが届きました。
「2月5日午後12時55分に、駒ケ根に着くから迎えに来て!」

「え~~~~!!!」
帰りをずーっと楽しみに待っていたの このタイミングかぁ・・ どうなってるの?さて、どうしよう?わたしが 帰るのは10日。1年ぶりの再会が すれ違いなんてなぁ・・・でも、しょうがないか・・5日も 離れ離れかぁ~・・
心配しても仕方がない・・
駒ケ根の町中に暮らすパートナーに迎えをお願いして、 留守中の暮らし方をメモして 予定どうり3日に東京へ出発。

そして4日から 最終の道場の日課が始まりました。
朝6時から 夜7時まで びっしり仏の世界で深まってゆく。
d0024504_18533020.jpg

5日のお昼頃、今頃 次男は無事に長野に着いたかな~と 経典の講義中、気になり、携帯を見ると、次男からショートメール・・・えっ?? 

なんと!
「バスに乗り遅れた。もう、お金がない・・どうしよう?」

ふたたび・・・「えええ~~~!!!」

「上人すみません。次男が 今 京都で 困っているようなので やり取りさせてください。」
ありがたいことに お上人は全体の休憩時間にしてくださって、携帯の通話機能が壊れている次男と、ショートメールと、公衆電話からの通話を重ねることができて、結局 京都から夜行で東京に来ることになり、6日の朝、八星を新宿へ迎えに行き、1年ぶりの再会は 本應寺が舞台になったのでした。

d0024504_18564246.jpg

(長野に帰ってから、一緒にカレー屋さんに行ったときの写真。お寺では写真を撮る余裕なし・笑い)

すべては必然というけれど、八星が2泊お寺にいたことで わたしの学びも深まったのでした、また長野で始まった八星と一緒の暮らしに 「親子」のなれ合いを超えた学びあいの要素が加わりやすくなりました。母親が学んでいる場所に 1年ぶりに会う17歳息子が来て、母親の研修である「法話」(勤行のあとのみんなへのお話)を聞くという状況は なかなか わたしには 効果的でした。(笑い)考えても、そんな設定は出てこない・・

八星にも伝わるような話ができるといいな~でも、それは、どんな話なんだろう?
南無阿弥陀仏・・思惑を超えた無限なる光に委ねる・・そう 念仏を唱えながら
阿弥陀仏の前の導師席で お話をさせていただいた時
経典の講義で学んだ 「法蔵神話」が ありありと蘇ってきました。

はるか昔、すべての人々の魂が救われ目覚めてゆけるように願いをたてた 法蔵の願いが受け入れられて 阿弥陀如来になった~というお話。阿弥陀の名前を呼べば、それぞれに合ったやり方で目覚めてゆけるように南無阿弥陀仏というマントラは それを唱える人の魂の記憶を呼び覚ますかのように微細でありながら、確かに働いている。ああ~その不思議は、親心ののような「愛」に基づいた願いの力じゃないのか?

阿弥陀さまになった法蔵の深い親心がリアルに感じられ 実在感を初めて感じました。そして、その親心・どんな人にも 呼ばれれば分け隔てなく愛と知恵をそそぐ「慈愛」が 多くの人の魂の中にも、実は、備わっているのではないか?と、感じたのでした。呼ぶものと呼ばれるものは 実はひとつ。救われるものと救うものはひとつ・・そんな世界を念仏の中に感じた不思議な朝でした。

ひさしぶりに会う、自分のこどもを含めたみんなに 法話をするという経験が 子どもへの親心と出会うみんなへの愛とを統合させて、すべの求める魂に慈愛を降り注いでいる阿弥陀仏の 計り知れない大きなあり方に 心をひらかせたのでした。
d0024504_20182754.jpg

8日のお昼休みに 八星を ふたたび新宿まで見送り、わたしは 9日に満行の受戒慧を授かりました。
d0024504_20235185.jpg

(一緒に学んだ 仲間たち・・貴重な出会い・・ありがとう)

おととしの12月
「断る理由がない」という 消極的な理由で 参加した出家道場。
最初の1週間は 「しまった~~」と思った。苦手なことばかり・・講義を聞くのも、法式を学ぶことも自分には意味がないように感じられて、どうやって逃げ出すかを考えてばかりでした。 6週間の学びの日々で、感覚が変化しました。苦手の中に、見失っていたパズルの一片、開花や完成に至る手掛かりが含まれていることもあるような気がしてきました。結果 参加して とても よかった。

出家の本来の意味は 世俗的な生きる目的を手放して 魂の目覚め(自他の救い)のために計らいを手放して生きること。
そのことに なんのためらいもない。

計らわず、魂の求めるままに まっすぐに 学びあいながら目覚めてゆきたいと思っています。
そのことが改めて クリアになって、
また、そのような願いを生きた先人たちの深い言葉に 腑に落ちることが たくさんあって
そしてまた、一緒に学んだ 仲間たちの自我が崩壊し、柔らかで愛に満ちた再生をしてゆく姿に励まされ
貴重な日々を分かち合えたことが とてもうれしかったです。

本應寺のお上人をはじめとしてスタッフの静悦ちゃん、慕静さん、愚門さん みなさんにもほんとにお世話になりました。

自他ともに役に立てるわたしでありますように。
道場中に 自分のまだ気がついていなかった大きな願いに気がつきました。
どうしたら願いが叶うのかも わかりました。
安心しました。

そのことは また 改めて時期が来たら 書きますね。

そして、22日から 遊里庵で 3泊4日の 新春リトリートが始まります。
スタッフわたしを入れて 4名
参加者 大人3人 こども一人 

まだ 迷われてる方が 一人
八星は リトリート中、家にいるかは まだ未定・・

また、考えても 出てこないような導きの中で 一人一人が 2013年の開花をしてゆくことを とても楽しみにしているところです。
by ainohanaMusic | 2013-02-14 17:59 | 心の旅日記 | Comments(0)