愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2013年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新年の不思議な旅②

ちょっと時間をさかのぼりますが
1月6日から13日の出家道場の報告を書きます。

1月は 長男と焼津の実家に父に会いに行った後、東京は杉並区にある本應寺のお上人の誕生日(1月5日)に参加。そして 翌日6日から本應寺の自然道場、栃木の愚静庵(ぐじょうあん)で、1週間の出家道場がありました。

昨年から1週間づつ、5回目の道場でした。
(全部で6回、6週間で満行。 )
出家(しゅっけ)とは、尼さんやお坊さんになることばかりではなく、相対的なこの世の価値観を卒業し、仏という真実、永遠なる魂の解脱に向かって生きるようになること。
d0024504_2014723.jpg

(午前中は 品愚上人の経典の講義)

深い染み入るような時間でした。
勤行、お掃除、経典の勉強、法式(ほっしき)、朝昼ごはん、法話(ほうわ)、勤行、夕ご飯の繰り返し。
学びのプログラムは 朝7時から 夜7時くらいまで続くのですが、1日を3日くらいに感じました。
二日目で、「え?まだ一日しか経っていないの?もう3日はいるような気がするけど?」
その感覚が 参加者4名みんなに感じられていました。なぜだろう?別の次元で学んでいる感じなのか・・プログラムの中にはそれぞれに苦手なことが必ず含まれているので、ほんとにくたびれ、同時に、苦手が克服されてゆくプロセスに、満たされてゆくのでした。
d0024504_2031025.jpg
(お昼ご飯風景)

2000年以上前に書かれた経典は奥が深く、求める人が、魂が永遠性に目覚めてゆけるように
短い文字の中に凝縮した言葉が詰まっている。それが 自分の人生に照らし合わせると、符合してゆくので
過去の歴史を勉強しているのではなく、今 ここに ブッタや法然、親鸞たちが いるかのようにエネルギーが流れ込んでくるのでした。真実の願いを抱いて生きると、スーパースターどころではなく 数千年も その願いの純粋性が、人を導いてゆくのだなあ~と感じました。
d0024504_2061770.jpg


道場では、霊性と人格、日常性が バランスよく鍛えられて行く感じでした。夜はありがたいことに お酒をいただくことができるので(笑い)、この世に戻ってきて、慣れない永遠性の学びから、解放されていました・・
d0024504_2065241.jpg


(昼休み 風景。中国気功をする人と、法話(ほうわ)の準備をしている人と、木を削ってる人と・・それぞれが集中してる気持ちよさ)

さて、わたしも あと、1回で満業です。
最後の出家道場は 2月4日~10日 まで。会場は、東京は 杉並区の本應寺です。
やっと、終わる~~という気持ちと 友と学ぶ日々の気持ちよさとお別れする 名残惜しさが入り混じっています。
d0024504_2085468.jpg


(昼休みの散歩)

ところで、お上人から学んだ仏教の極意は、わたしの暮らしに役立っていて、
たとえば・・

自分で決めるのではなく、思惑を外して偉大なる宇宙に いったん委ねて・・忘れたころ やってくる答えを受け取る。

問題を解決するのではなく問題を抱えたまま、歩み続けているといつのまにか 問題が問題ではなくなっている。

などなど、これから もっと学んだことが 生かされてゆきそう・・・

また、友の個性がそれぞれに面白かったのが、皆がそれぞれのユニークさから角が取れて、まろやかに、 謙虚になり、味わいが出て輝いてくるのが とても不思議でうれしく感じました。

*****
さて、長野の遊里庵ではリトリートが始まります。これもまた、永遠なる自分が目覚めてゆく不思議なリトリート。 一緒に暮らし 学び 祈り 遊びながら ほんとうの自分と出会ってゆきます。


2月22日~25日の 新春のリトリートは 滑り込みセーフの数名を迎えて ほぼ 顔ぶれが決まってきて
とても 楽しみ。和やかで 深まるリトリートになりそうです。

そして、新春リトリートの次は 夏のリトリートになります。

日程が 決まったのでお知らせします。

◆8月9日(金)~12日(月)

◆8月23日(金)~26日(月)
の2回です。

(スタッフは二日前から 遊里庵入りです。)

2013年は いろんなことが深く広くつながってゆく ダイナミックな年になりそう。
リトリートでのご縁は 深いところにつながるので 展開が思惑を超えていて ほんとうに 楽しみ。

参加されたい方は 今から日程を調整しておいてくださいね。

待ってます。
by ainohanaMusic | 2013-01-24 20:10 | 心の旅日記 | Comments(0)

新春コンサート つながりの連鎖

昨年の3月3日、埼玉はふじみ野市の矢野さんのおたくで、高瀬さんと三井田さんが主宰して開催した「新春コンサート」http://amanakuni.net/yuri/yuri_image/20120303.pdf
ふつうのお宅のリビングで 50人以上の方々が歌を聞き、40人くらいの方々が 交流会に残られ輪になって シェアリングをした。集まったのは 子育て真っ最中の主婦の方々が多かった。子育て中の悩みやら 一人一人の心の葛藤がそのまま語られて、悩んでいるのは自分一人ではない~という つながり感と解放感が生まれた。 
 そのなかに、青梅に暮らしている清水さんがいて、自分の仲間たちにも聞かせたい~とその場で声をかけてくれて、5月には 青梅の清水さんのお宅のリビングでコンサートが実現。多くの方々が 交流会まで残られて、再び大きな輪ができて、その中には 初めて参加した宮野さんもいて、「自分の仲間たちにも コンサートを聞かせたい。」と、9月8日に虹色コンサートを企画してくれました。
 
そこに、参加していたのが、エコで健康志向の注文住宅を建設する若き社長さんの志村さん。「うちのモデルハウスでも、ぜひコンサートしてください。」と、その場でお話をくださって、今回の新春コンサートとなった。

コンサート主催は、高瀬さん&三井田さん→清水さん→宮野さん→志村さん
とリレーのように受け継がれて、参加者の多くも次のコンサートのスタッフとなったり参加者となったりで、どんどんかかわる方が増えてゆく楽しみなエネルギーの渦が生まれている。
 
シェアリングに多くの方々が残り、自分に向かい合い語りきることで 次なる自分の展開を自分のものにして 大きな成長を遂げて、それは、ほんとうに感動的。
 また、仲間の成長を目の当たりに、喜びを涙で語ったMさんが2月のリトリートに参加することを 魂が喜んでいるのを感じている。青梅と長野が またぐっと近くなり 共に成長するかけがえのないご縁が、展開してゆくような気がする。それは なによりのギフト。
d0024504_16543977.jpg


さて、今回のライブは3泊4日の小旅行となった。

19日は 長野から青梅に移動して、モデルハウスに 音響の設営をした。
そのとき、前回のコンサートの主催をつとめた宮野さんが ご主人と、友人と3人で新春コンサートの舞台設営のお花を飾ってくださった。無償で太い竹をアレンジして夕暮れまでかけて取り組んでる姿が とてもありがたかった。19日の夜は 前々回のコンサートの主催者の 清水さんのおたくに夕ご飯に呼ばれていた。志村さんと一緒に、宴席についてびっくり・・「え~、こんなにごちそう用意していたの~?」 新春の宴という感じ・・
びっくりした~ありがたいなぁ~~
d0024504_17705.jpg

そして、話は 清水さんたちの夢の話になり、それは家を建てる話で 志村さんとのやりとりを興味深く聞かせていただいた。違う職種の仲間が つながってゆくことで いろんな可能性が開けてゆく。お互いの得意なことが愛を基盤に、いつのまにかつながって展開ゆくことがあるのはないだろうか?

自分を大切にし、人を大切にし、決断は 見えない世界(仏)にゆだねて、自分は やるべきことを一つづつ丁寧にやっていれば 願いがいつのまにか実ってゆく世界があるのではないだろうか?

19日の夜は 清水さんのおたくに泊り、20日は 午前中10時~午後4時まで
自然の中で自分を感じ、自分を輝かせる おまもりアクセサリーを作る ワークショップ。

チラシも作らず、清水さんが直接声掛けした5人とわたし、総勢7人で 静かで豊かで深い時間を過ごしました。最後に みんなの作った 素敵であったかで個性的なねっくれすを写真に撮ろうと思ったけど、時間切れ。もう、ドタバタと・・

みんなに見送られて わたしは 杉並区の本應寺へ。
本應寺のお上人の発案で 今年は お念仏とわたしのうた7~8曲のコラボレーションのCDが6月くらいには完成予定です。この夜はお念仏のレコーディング。念仏と即興のコラボレーションのレコーディングも無事終了。2月末から、わたしのうたのレコーディングも始まります。どんなCDに仕上がるか 楽しみにしていてください。

21日早朝、本應寺を出発して 一路 青梅に。

満ちてゆくコンサート
なごやかな昼ごはん
深い シェアリングになりました。

d0024504_17174048.jpg
d0024504_1718763.jpg
d0024504_17182729.jpg
d0024504_17184614.jpg
d0024504_1719257.jpg
d0024504_17191592.jpg


21日の夜は志村さんのおたくに泊めていただいて いろんな話ができた。
モデルハウスも 泊めていただいた家も 木の香りのする解放的な きもちのいい家でした。
いつか、わたしも みんなが暮らす古民家の近くに あんな家をたてたいな~

わたしは 今の家を いつでも みんなが駆け込める みんなの家にしたいなぁ~と急に思い始めています。
誰もが 孤独感や無力感を感じている。いつでも いつまでも 駆け込める安心な場所を作りたいな~。

そうすると、 みんなの家 観音道場遊里庵の他に
家族(息子たちやパートナー)や猫たちが マイペースで暮らし わたしもレコーディングなどに集中できる自宅が あったら、いいなあ~なんて 清水さんたちの夢の話を聞いていたら 浮かんできました。

さて、青梅のコンサートは 次回は4月20日(土)です。次回は成木の清水さんのおたくです。
21日日曜日は 志村さんの企画で なにかが入りそう・・楽しみ・・
そして また 前後にも 三井田さんのつながりで  なにかが入るかも・・・

つながりの連鎖 夢の連鎖は どこまで続く?
by ainohanaMusic | 2013-01-23 17:19 | 心の旅日記 | Comments(0)

新春ライブ&リトリート

雪解けつららを見ながら 今年の初めのコンサートのリハーサル
d0024504_19423729.jpg


♪あなたの感じる尊いあなたでいてね わたしの感じる尊いわたしでいるよ~~♪

雪景色に 爽やかな言霊がひろがってゆく
今年はいいスタートになりそうだ。
言霊が ちゃんと届いてゆきそうな予感がする。

11月からゆっくりと休んで充電し ひさしぶりのコンサートの機材を車に積む。心が引き締まるなぁ。

やっぱりいいなあ~コンサート・・ 準備してる時から もう手ごたえを感じてる。
リハーサルを終えて 「ああ~いいコンサートだったなあ~。」なんて、感じちゃってるわたし。
ちょっと・・気が早過ぎ?

新春ライブと 新春リトリートのご案内をしますね。
21日は、すでに定員を大幅に超えて 申し込みを締め切っています。ありがたいです・・
また 次回があるかと思いますので、次の機会をお待ちください。

1月20日(日) 

ヘンプアクセサリーワークショップ~ミニリトリート風
~ 自然の中で自分を見つけるワーク&お守りネックレスを編む~
場所 東青梅  清水宅  時間 午前10時~3時半  参加費 8千縁
※一般には 公開はされていない企画です。つながりのある方のみ参加できます。

1月21日(月)

東青梅 吉本有里 新春コンサート  
場所 健幸工房 シムラ モデルハウス 郷の家 青梅市新町5-16-19 電話 0428‐31‐5550
時間 10時開場 10時半スタート 12時まで 
          お昼ご飯 お手製無水料理 そのご 交流会 4時には終了予定
料金 大人1500円 中高生 無料
  ※満員御礼 次の機会をお待ちください。
       (4月20日、青梅市内でコンサート開催が決まっています)

1月27日(日)長野 新春念仏会&コンサート
 
 場所 大静庵(だいじょうあん)
         長野県下伊那郡松川町生田4906-4
お念仏会 昼食会 コンサート

   お念仏会 午前10時~12時半
   昼食会 午後1時~1時45分
   吉本有里コンサート 午後2時~4時ころ
     ★コンサートからの参加も可能です

  参加費 昼食会 500円 コンサート 2000円 子ども 500円(幼児無料)
  お申込み(昼ごはんを作るため 必ず 予約をお願いします)
  お問い合わせ&予約 0265-49-8826  愚大&静和

2月12日(火) 長野県松本市
 
 新春ライブ&ソウルシェア会 
 自分らしさを輝かせるヘンプアクセサリーワークショップ


場所 松本市 歌カフェ ℡ 0263-35-8876

プログラム 午後2時~5時半 自分らしさを輝かせるヘンプワークショップ 
        午後6時から コンサート「自分を感じ 自由に一歩ふみだそう♪」
        7時~8時 ソウルシェア会

参加費   ヘンプワークショップ 1500円+材料費(千円~3千円)
       コンサート&ソウルシェア会 2千円+ワンオーダー

お問い合わせ&予約 0263-35-8876 歌カフェ
 090-6502-2012 サラ
 080-3709-2433 サラ

2月22日(金)~25日(月) 長野駒ケ根市

新春リトリート 夢のひらくとき 
2013年の始まりに ほんとうの自分と出会う

 内容
リトリートは、日常から離れて自然の中で自分を見つめ直し再生すること。山のふもとの有里の暮らす古民家で4日間続くコンサート、一緒に暮らし、子どもも大人も動物も尊ばれ安心して気持ちを分かち合い、祈りや瞑想、遊びやワーク、手料理のおいしさ、個々の個性の素晴らしさを体感し、いつのまにか自分らしい人生を歩く勇気がそなわり、尊い自分に回帰します。何度参加されても 新しい自分と出会う空間です。

参加費 大人5万円 子ども 2万円
 (3泊4日 宿泊、食事、オプショナルを除く すべてのリトリートプログラムの費用)
お問い合わせ&申し込み
 ainohana@air.ocn.ne.jp 有里



 
by ainohanaMusic | 2013-01-18 20:44 | ライブ | Comments(0)

雪歩きの一日

いちめんまっしろ
きれいだな~♪
d0024504_2258257.jpg

2年前のクリスマスに パートナーからプレゼントしてもらったスノーシュー
雪の上を歩く靴
d0024504_22594030.jpg

誰も歩いてない ふわふわの雪の上を歩く。
畑なんか まろやかに ふんわりと まっしろに包まれていて きれいだな~
途中まで 猫たちも こわごわついてきた。かわいいな~
d0024504_2324330.jpg


森の中を歩くとキラキラ
スノーダスト
d0024504_2313026.jpg

木のかたがわだけ 雪がついている ふぶいてた時の風向きの記録です
d0024504_234639.jpg

雪の上の影もキラキラ
d0024504_2353866.jpg

神社でお参り
今年も 大地と山々、水や空の気をいただいて お役にたてるわたしでありますように
d0024504_2338360.jpg


帰りに森に暮らす友達の家に寄り おしるこをいただきました。

まっしろな気持ちいい一日。
by ainohanaMusic | 2013-01-16 23:08 | 心の旅日記 | Comments(0)

ゆきかきの一日

おとといは一日 雪かきに暮れた。
d0024504_23113652.jpg

(今日の お昼撮影)

朝、しんしんと降り積もる雪に驚いたが、午前中はゆっくりして 午後から雪かきを始めた。ひざまでの深さの積雪は 初めて。夜にはパートナーが来るかもしれないので、自分の車が出られるようにしてから、彼の車も停められるスペースを作った。
 夕方になって、市道の除雪がされてないので道に出られない。翌朝は 車屋さんが車検の車を取りに来てくださることになっているけれど、これでは 誰もうちに来ることはできない。どうなってるんだろう?深い雪をズブズブと沈みながら、村の中を歩いてみて驚いた。わたしの家の前の坂道だけが除雪されていなくて、他の家のある道は隈なく除雪車が通って、車が通行できるようになっていた。
d0024504_2313450.jpg
d0024504_23172770.jpg

(おとといの昼ごろ、除雪前)

隣人のおじいさんは、わたしが半日 雪かきしているのを見て、
「市道は夕方までには 除雪車が来るよ。わしは腰が痛いからなにもできん。」と、言ってたけどな~。

坂下の家では庭を3人くらいで雪かきされていたので、事情を聞いてみた。
わたしの暮らしてる村は 過疎化が進んでいて 人と行き会うことが あまりなく、外から入ってきた新しい人へ話しかける人もいないので、村の方々との交流は少ない。

また、わたしの場合、コンサートツアーで家を空けることが多く、世帯が大人はわたし一人なので、会合や行事、飲み会への参加が難しく、部落には入らず、部落協力費参加という形で暮らしている。外から移住してきた方は少ないが だいたい 同じ形で暮らしている。

「すみません、うちの前の道、除雪車がきてないんですが どうなっているのでしょうか?」
すると、迷惑そうな顔で、
「それぞれの区分はそれぞれで雪かきするようになっている。」と言われる。
区分ってなんだろう?と思いながら、
「いつも市道は 除雪車が来てくれるんですが。」と言うと
「雪が多かったから、メインの道だけ除雪したんだろう」と言われる。
でも、家のあるところは隈なく除雪されてるけれど、どうしてだろう?人家は もともと そう多くはないから、どこがメインでどこがメインでないかなんて決められないよね・・直接 担当者に あたってみるしかないな~と思い、
「除雪の担当の方はどちらの方でしょうか?」と聞いてみた。
「そんなの知らないよ。こういうときは災難だと思って 自分でやるんだ。」と やっぱり冷たい。
 坂道に目をやると あんまりの積雪量・・・諦めきれず、「明日の朝は除雪車は、来てくれるでしょうか?」と、もういちど聞いたら
「来ない。急な葬式で東京に行ったようだから。」ときっぱりと言われた。

なぜ、担当者を教えてくれないのかも よくわからないが、どうやら自分で市道の除雪をしないといけないらしい・・・信じられない思いで、40Mの坂道の市道を 夕暮れ 一人で雪かきをした。

半分もやらないうちに 真っ暗になって体も冷えてきてたので、一度 お風呂で体を温めて もう一度 冷え切るまで 雪明りで雪かきしてから、パートナーに電話した。
「うちの前の市道、除雪車が来てなくて、自分で雪かきしてるんだけど もう限界。明日の朝、手伝ってくれる?車、入れないから 道のどこかに置いて 歩いてきてね。雪は相当深いから 気を付けて。」

すると、
「そういうときは 常会長さんに電話してみるといいんじゃない?」
そうだよね、でも常会長さんは誰だろう?今後のことも心配だから 電話してみよう。

まずは、だれが常会長さんか聞くところから・・
今度は上の家の方に聞いた。
とても親切だった。

そして、常会長さんの娘さんと電話がつながったら
「ごめんなさい、父が急な用事で ほかの方に代わって除雪をしたので、忘れてしまったのだと思います。
明日の朝 何時までに除雪すればいいですか?必ず除雪するように言っておきます。また 同じようなことがあったら すぐに電話してくださいね。」
と しきりに あやまってくださいました。

翌朝、早朝、除雪車が来て 道がかたがわ(下りの道)が開きました。よかった~

そして まもなく のぼりの坂道をスコップで雪掻きしながら降りてくるおじいさんが見えたので、
すごい~なぜ、市道を雪掻きしてるんだろう?どうなってるのか 知りたくて、わたしも 雪掻きスコップを持って おじいさんのいところまで 行きました。

すると、
「ここは わたしの区分だからいい。あなたは家の前をやりなさい。」という。
雪掻きをしながら 話を聞くと
「人間一人通ればいいから、どの道も 開けておかないと緊急の時に たいへんなことになる。昔、雪の積もった日に火事になって 水のポンプまでの道が開いてなかったことがあった。だから、道を区分して 昔はどの家も総出で一日中 雪かきしたもんだよ。」と話された。

除雪車を村で購入したのが8年前とのこと。
「それまで どうしてたんですか?」と 改めて聞くと
「全部人力さ。朝には子どもたちを学校にやらなければいけないから 夜通し、雪掻きしてたもんだ。雪明りで結構見えるのさ。」

「え~~!!すごぃ」

なんだか、この村の歴史を垣間見たような 一日だったな~
厳しい暮らし
厳しい責任分担
その片鱗が残っているんだな~

除雪車が わたしの家の前まで来てくれるって ありがたいことなんだな~
苦労せず、その恩恵だけを与えられてる新住民に対しては、無意識に 冷たくあたってしまう人も 中にはいるのかもしれない。

ゆきかきの一日は、この村の歴史に思いを馳せた一日となりました。
by ainohanaMusic | 2013-01-16 22:32 | 心の旅日記 | Comments(0)

不思議な新年の旅①

大晦日から元旦の夜は、パートナーの家で過ごし、一番近くの神社まで歩いて初詣に行った。
日頃はテレビも新聞もまったく見ないわたしだが、ここ数年 大晦日は紅白歌合戦を見ている。子どもの頃 家族で見ていた~今年も半分くらい見た。何人か心にとまった歌い手がいた。たった1曲でも、ほんものであれば、どんな状況からでもハートが伝わってくる。励まされた。
d0024504_1511821.jpg

元旦の夜、長男が 京都から長野に帰ってきた。2日が成人式だった。
3日の夕方長野を出発し、長男と一緒に、父が一人暮らししている静岡は岡部町へ里帰り。5日までの2泊、長男のアマチと父が初めてゆっくり話ができた。
 父は、80歳を超えた今も 分厚い本を原文で読み続けている知的探究心旺盛な頑固な「学者」で、脱原発の運動をし続けている一徹で不器用な「市民運動家」。目の前の人の関心事とか、理解の幅とか関係なく話し始めると止まらない一方的な父の話を アマチは辛抱強く聞いていた。
 アマチは、本気で自分の道を歩み始めたので、分野が違っても本気の人を敬い、なにかを吸収できているように見える。おじいちゃんのように、知的探究心が止まらない人もいることはアマチには驚きだろう・・。アマチにとっては、ファッションは探求したい世界だから、いろんな服を着てみたいが、そうそうお金がないので苦労している。父も、奨学金で大学院まで行った苦学生だった。
 「あのころの渇望が今なお、本を買わせている」
 と、何万円もする原書をうれしそうに次つぎと、書庫から運んできては、アマチに見せていた。
d0024504_2161276.jpg
(父と長男)
d0024504_2181049.jpg
(父とわたし)
一人暮らしの父の家では やることがいっぱいある。父が日頃一人ではやりきれない掃除をしてあげたいし、料理もしてあげたいし、話もしたい。今回は長男が掃除を手伝ってくれた。長男は、自分で暮らすようになって 人一番几帳面であることに自分で気がついたらしい。鞄の中からなにから、すべてをきれいに整理整頓している。その几帳面さと、仕事がマッチしている。人の天性の目覚めは不思議だ。
 短い滞在の間に、静岡でのコンサートに来てくださった男性が、詩を書き始めた17歳の娘さんに会ってほしいと電話をくれていた。わたしも家族と一緒にいられる時間が限られているので、アマチと一緒に会いに行った。その方は事故で片手を失ったが、コンサートで勇気をもらったこと、荒れていた父を見て、娘さんも荒れていたが次第に父親の聞いていたわたしのCDにも関心を示すようになったこと、詩を書き始めたなど語り、娘さんは、詩を書いたノートを見せてくれた。わたしの隣に座っていたアマチも詩を読み、彼女の心をちゃんと受け取っているのを感じた。なんとも不思議な取り合わせ。メロディーのつきそうな詩だったので少しアドバイスしたが、きっとまた、会うことになるだろう。みんな 励まし励まされながら人生を歩いてゆく。
 夜は長男が選んだ映画を見た。「catch me if you can」。いい映画を選ぶ。ずいぶんいろんなことを知っているし 感じている。

5日、 一緒に上京。わたしは本應寺のお上人の誕生日を祝うために杉並の本應寺へ。アマチは買い物をして京都へ帰るので、途中、荻窪駅で見送った。胸がきゅんとした。ほんの3~4日 一緒にいただけだけれど カリフォルニアの山奥で、いのちがけで出産し、育てた実感がよみがえり 自分の人生の流れに帰ってゆくのを寂しいな~と思った。いつのまにか、自分の足で歩き始めた子どもたち。時の流れ 子どもの成長は 魔法のようだ。

 お寺に行く前に、上井草温水プールで1000m泳いで  さっぱりと 軽くなり、その夜は本應寺のお上人の70歳の誕生日のお祝いに参列。上人の願い 「みんなよくなれナムアミダブツ」のバトンをみんなに渡そうとしていることは特別なことと感じ、そこに同席できるご縁の不思議と幸せを感じました。
d0024504_2473460.jpg

(上人と わたし 栃木の愚静庵にて)

(旅は続く)
by ainohanaMusic | 2013-01-14 02:19 | 心の旅日記 | Comments(0)