愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

明日から北へ♪

昨夜は12時過ぎまで 子どもたちと過ごしました。
 午後3時半に18歳になるアマチを学校でピックアップして15歳の次男の八星と3人で映画~買い物~食事というコース。バスケット部のキャプテンの長男は高校のそばにアパートを借りて一人暮らし。ひさしぶりに次男と二人で並んで町を歩くとき、仲がいい兄弟だなあ~。駐車場では二人でボクシングの真似をしてふざけていました。大人への階段を上っている二人は、カリフォルニアの人里離れた静かな草原で生まれて、幼少時代を広大な自然の暮らしの中で育ちました。そんなことも このごろ ふと感慨深く思いだしています。
 長男はコンビニでバイトも始めました。ツアーに出る前に 彼らの欲しいものも買ってあげたいとお金を使い果してから入った深夜のレストランで、
「好きなもの頼んでいいよ。 あれ?ママもしかしたらお金ないかも?」と、つぶやいたら
アマチが「だいじょうぶ、バイト代があるから貸してあげるよ。」だって。いつのまにか育ち、来年は東京へ出て服飾関係のことを学びたい~と話しています。彼らの物語の扉が開いて導かれてゆきますように。

さて、明日からのツアーの案内をしますね。
お近くの方 是非 この機会に 足を運ばれてください。

 
6月30日(水) 上越市吉川町 吉本有里コンサート 手をあわせ心をあわせて祈りの中でひとつになって♪上越 第2回目
場所 吉川コミュニティープラザ多目的ホール (下町1126吉川区総合事務所3F 電話 025-548-2311)
時間 開場 午後5時半 開演 6時   
終演後 シェアリング 8時半から(希望者のみ)
チケット 前売り券 2000円 当日券 2500円
チケットお求め ご食事処ひさご 025-543-2906  なおえつ茶屋 025-539-5205   マザーソウル 0255-78-7137
主催 お問い合わせ cafe わんこ亭 025-548-2271


月3日(土) 札幌  第65回ホロトロピック・タイム 「自然流の生き方」 吉本有里・西谷雅史 トーク&ライブ 時間 16:00~18:30 第1部 西谷雅史 わたしの自然流の生き方 ホオポノポノに学ぶ トーク 40-50分 第2部 吉本有里 舞い降りる詩を歌い、内なる声にしたがって生きる トーク&ライブ  吉本有里  90分
参加費 一般2000円、会員1000円  定員30名(先着順)
申し込み 011-616-3228(響きの杜クリニック)E-mail letter.holotrosap@gmail.com
場所 響きの杜クリニック2F ひびきホール 札幌市中央区南2条西27丁目1-9  地下鉄東西線 円山公園駅4番出口より徒歩3分 駐車場もあります。
主催 ホロトロピック・ネットワーク札幌   

7月4日(日) 富良野 吉本有里コンサート in上富良野
午後1時半開場 2時開演
予約2300円 当日2500円 終演後に希望者でシェアリング 4時半~5時半
予約&お問い合わせ (電話&ファックス) 0167-45-4444  mail deodeo@k.vodafone.ne.jp
場所 丘のテラス 上富良野西4線北32号 深山峠    

7月7日(水) 士幌 吉本有里七夕コンサート 生まれる前から知っていた安らぎ静けさ今ここに♪
上士幌町図書館2F視聴覚ホール


開場 6:30pm 開演 pm7
前売¥1500/当日¥2000
問い合わせ:090-3468-1094 前野  

7月9日(金)吉本有里 ライブ 室蘭 19時より 庫楽夢 津田額縁店裏 

料金1500円 当日2000円
お問い合わせ 0143-45-1690 ほしの贈り物(大谷)

7月10日(土)ニセコ 調整中 おといあわせ 木村 0142-38-3387 

7月11日(日) 吉本有里ライブ 伊達 1時30分より 長和コミニィーセンター 

料金1500円 当日2000円
問い合わせ 木村洋子 0142-38-3387

7月15日(木) 盛岡市 吉本有里夕暮れコンサート

場所 スロー・キュア ナチュラルハウス
時間 16時~18 トーク&コンサート  途中お茶タイム 18時~希望者のみシェアリング
お問い合わせ 電話&ファックス 019-635-1413(工藤)

7月16日(金) 岩手 一戸町 岩手県二戸郡一戸町奥中山

場所 社会福祉法人 カナンの園にて 
午後2時半~3時半 コンサート 入場無料
場所 奥中山教会 
午後7時~ お話し会 カンパ
お問い合わせ 0195-35-2470(上泉)

7月17日(土) 岩手 東和町 コンサート企画進行中 問い合わせ 0198-42-3606(恵さん)

7月18日(日) 花巻 ヘンプアクセサリーワークショップ
参加費 講師料 1500円 材料費 ネックレス 3000円 チョーカー2000円 ブレスレット 1500円
お問い合わせ 0198-42-3606(恵)

7月19日(月・祝) 宮城県登米町 場所 デイケアホーム みんなのいえ
 午後2時くらいから デイケアのお年寄りへ 1時間くらいコンサート 夜は一般向けに 1時間くらいコンサート お問い合わせ 022-394-3459(猪俣さん)

7月21日(水) 米沢市 吉本有里のお話し会とうた

午後6時半開場7時開演
場所 笑い茶屋米沢市門東町2-6-25 ℡0238-49-9322
前売り2500円当日2800円(ワンドリンク付)
お問い合わせ&お申し込み090-2363-5037(Paran内藤)

7月22日(木)茨城お話し会 企画進行中お問い合わせ 080-3694-5007(神永)

***********
そして、長野の自宅ではリトリートを開催します。

■第20回目 星降る夜と川遊び①リトリート 7月30日(金)~8月2日(月)
♪ start up again ~生まれなおす瞬間(とき)~   
■第21回目 星降る夜と川遊び②リトリート 8月20(金)~8月23日(月)
♪世界のみんなが思い出す自分が独りでないことを ~ほんとうの家族~ 
(案内文から~)
もうすぐ夏だね。恒例の川遊びと、石焼き・手作りテントのスチームサウナ、3泊4日「今」を感じて生きる。深くから なにか大切なものがこんこんと湧き出す。心の底で求めている ほんとうのつながり、それを共に生きていきたい。朝のお念仏に瞑想、インスピレーションで湧きあがる歌と踊り、素足に土、採れたてオーガニック野菜、みんなで囲む愛情料理、子どもたちの無邪気な声、高烏谷神社にお参り、深まるシェアリング。感情と言葉と行動がひとつになって、日常の暮らしを変革してゆくリトリート。自分らしいほんとうの人生に帰ろう。子どもも大人も生まれてきて出会えて良かった。そんないとおしい瞬間(とき)を分かち合う。 ~長野で待ってます

そして、リトリートの効用は・・・

・日常に絶えず降りてくる直観をうけとり それを生きる風とおしのいい身体になる
・感情が解放され若返り、ため込まない方法を習得して、疲れない身体になる
・成長を止めていた内なる「子ども」が成長を始め、経済や人間関係が円滑になる


詳細は ホームページをご覧くださいね。http://amanakuni.net/yuri/yuri_image/2010retreat.jpg

それでは、北へ 行ってきま~す。
by ainohanaMusic | 2010-06-30 00:43 | 心の旅日記 | Comments(0)

出会いはいつもタイミング♪

こんにちわ~
いろいろ報告したいこと アップできないままに あわただしく今日に至りました。
30日には 東北~北海道へツアーが始まります。
なので、今日は、駆け足で 近況と新曲の紹介です。そして 出発前に 夏のツアーの案内、夏のリトリートの案内をできるといいですが、アップできなければ、ホームページでスケジュールを覘いてくださいね。新潟を皮切りに北海道各地、東北~茨城とコンサートをして、7月30日(わたしの誕生日!)から 長野のわたしの家で夏のリトリートが企画されています。

ああ~ 夏がやってきますね~(笑い)
昨日は、畑の草取りしてたら もう、きゅうりが次々生っていることに気がつきました。
初田んぼの草取りも終えたところです。
なんとか 間に合い、旅支度に入ります。

■ 5月25日 初田んぼ 

母が旅立つ前日の5月25日田植えをしました。朝9時、「竜神さま」のCDを共に製作し、今や隣村に暮らす夏秋さんが到着。八星と3人で裸足になって泥の中・・ああ~気持ちいい・・隣の一人暮らしのおじさんが苗を育ててくださりなにかと、お世話くださいますが酔っ払っていて、だいじょうぶかな~って感じ・・
 そこへ、下の部落のおじさんが また田植えの様子を見に来てくださって 二人が言い争いになってしまいました。隣のおじさんの言い分は「おまえは邪魔だから帰れ。」
  お二人は共に75歳、孤独な暮らしに時々、交流のあるわたしに好意を持ってくださっているのはいいのですが それが次第にエスカレートしてきて マンガのような出来事が始まっていました。知り合ったばかりの北川さんも手伝ってくださって、夕方には 田植え 終了。

■ 6月2日 焼津のケーキ屋さん「もみの木」ライブ

母が旅立って1週間後、亡くなる前に母が食べたいと言って妹が買いに行ったケーキ屋さん「もみの木」でコンサートでした。母が亡くなる1週間前、枕元で母のための子守唄ライブをしたのですが、そのとき 「おかあさん、体から出たら どこに行くのも瞬間移動でコンサートにも来れるよ。」と話してありました。49日を過ぎると 魂は次なる旅路へ導かれるようですが 亡くなってからしばらくは家族たちのそばにいることを 2006年に誠さんが旅立った時 実感していました。このライブは 母の存在を感じて広がりの中でうたいました。母の人生をより深く理解することができました。もみの木のゆかちゃん、集ってくださったみなさん、手伝ってくれた友だち、ありがとう。
 「死」は別れではなく、再会を約束した旅立ち・・だから、次に母に会える時まで もっともっと、成長していたいです。
d0024504_1951785.jpg
d0024504_19553182.jpg


■ 6月3日 母の供養念仏 4日 念仏会 

母が癌の末期であることを宣告された時、本應寺の品愚上人に母のために祈っていただけるようにお願いしました。生きる死ぬは、母が決めること・・(本人がそう思っていなくても)・・けれど、魂は永遠であり その旅路を煩悩に遮られずに気持ちよく旅ができるように祈りの中で光を送ることはできる。
 
母は宗教を持たず、目に見えることを中心に生きてきたのですが、亡くなる直前に「南無阿弥陀仏」を唱えることを ひそかに決めました。「人知を超えた根源なる光に全託する」という祈り・・他力の祈り・・お葬式もしないでというのが母の遺志でしたが「ふみちゃんとふたりでお念仏してくれたらいいから・・」と 言っていました。

3日、静岡を出発して、東京は本應寺へ。ちょうど この日は仏典講座で集ったみんなが 母のために念仏供養をしてくださいました。母の写真を飾らせていただき、母の旅路を照らす念仏は安らかでした。4日は、本應寺の定例の念仏会。朝6時半から 午後7時まで 長時間にわたる 念仏と瞑想の一日。日常から離れて 祈り瞑想し、自分の中心を整えるという行為は 非生産的に見えて 大きな力になる~また、こんな時間を作ってゆこうと 感じていました。

本應寺のお上人、スタッフのみなさん、集われたみなさん ありがとうございました。

■ 6月6日 本應寺 お施餓鬼供養

6月6日、本應寺の行事 お施餓鬼供養の法要でうたうことになっていました。お上人は、
「お母さんのことも 話したらいいね。」とおっしゃってくださって 100人以上の檀家さんにも母のことをお話ししながら歌を歌わせていただきました。「餓鬼」とは 人の心に住まう「執着」のこと・・人間にはたくさんの欲があるけれど、人の寿命や死に方までコントロールしたいと願うことで、最終的な人生の仕上げに入る
「死」のあり方が 限定されてきているように思います。自宅の日常で父に看護されながら息を引き取った母の最後は父への感謝に満ちていました。50年連れ添った二人が、永遠の愛を確認したそんな大切な最後の時でした。そんな両親に育てられてよかった~とわたしの中の両親象も改まったのでした。
d0024504_20213867.jpg


■ 6月7日~長野~ 出会いの深まり

母の旅立ちとシンクロして 変化が起こりました。
父との間の溝がなくなったこと・・そして 信頼を育てあえるパートナーとの突然の出会い。
そして、隣のおじさんの常軌を逸した ストーカーのような行動も はじまりました。
これについては また 改めて 書きます。

今日は 新しい歌 の歌詞を
紹介するにとどめておきます。

■ 6月12日~3日 岐阜 もりのいえへ そしてライブ

1月の末の岐阜の円徳寺でのコンサートに出店していた「もりのいえ」の主催で かしもホールでお話し会とコンサートを行いました。夏秋さんと前日から かしもへでかけ、渓谷を散策したり、もりのいえの循環型暮らしを見せていただいたり、山菜や手作りビールの なんともおいしい夕食をごちそうになって いい時間を過ごすことができました。夏秋さんとの演奏も息が合うようになってきて気持ちよかった。
次回は、8月の27日から2泊のリトリートをしようか~と話が持ち上がっています。楽しみです。
d0024504_20332868.jpg

d0024504_20335763.jpg

d0024504_20342853.jpg


■ 6月18日~21日 天橋立 お話し会 フレンチレストラン ビオラビットライブ

大好きな場所のひとつが 天橋立。
そして、必ず お参りするのは「真名井神社」。

しばらくぶりに行けて しかも3泊4日の間に コンサートを5回、お話し会を1回持つことができました。
スタジオ木のゆかりさん、ビオラビットの対馬さん、家族のみなさん、いつも真名井神社へ招いてくださる大浦さん、集ったみなさん ありがとうございました。
きっと、また 行くような気がするナ。
新しい歌がやってきました。
青い海原で泳ぎました。
d0024504_2052381.jpg
d0024504_20531013.jpg
d0024504_20535254.jpg
d0024504_20563794.jpg
d0024504_20542149.jpg

♪出会いは タイミング 

出会いはいつも突然 夜が明けてくように
だけどいつも必然 潮の流れのように

打ちよせる波の音 目覚めるとき 聞こえてた
過去の痛み 手放そう 青い海原泳ぐ

 いつも信じてたこと それを忘れるほどに
 遠く旅してた時 あなたは やってきたね

 いつも求めてたこと それを手放すほどに
 人を受け入れたとき あなたは やってきたね

出会いはいつもタイミング 今を生きてるリズム
いいことも つらいことも 表と裏のメロディー

受け取れなくて ごめんね つらい気持ち 許してね
いつも愛をありがとう 君のことも 愛してる

 いつか 通ったこの道 振り返らずに歩く
 いつも泣いてたあの道 今のわたしで歩く

 君が求めてたこと それを思い出そうよ
 心閉ざした あの時 今の君で 歩こう
d0024504_21314325.jpg

by ainohanaMusic | 2010-06-26 21:03 | 心の旅日記 | Comments(0)

Live in 岐阜、天橋立

明日から、ライブにでかけます。
お近くの方は是非おいでください。
New CD ♪竜神さまリリースの記念ライブになります。

吉本有里さんトークライブ&コンサート
共演:夏秋文彦さん  in 岐阜かしも
日にち: 6月13日(日)


会場:ふれあいのやかた かしも(ホール、食堂) http://www.kashimo.net/fureai/
参加費: 第一部(トークライブ) 1500円  第二部(コンサート)  2500円     通し 3500円

【第一部】 10:00開場 10:30~12:00 トークライブテーマ:「いのちがけのお産から人生大転換・ 内なる声に素直に」 12:00~14:00 会場食堂にて昼食、団らん、休憩

【第二部】 14:00~15:00 コンサート(前半) 15:00~15:10 休憩 15:10~16:10 コンサート
(後半) 16:30~17:30 シェアリング(希望者のみ)

お問い合わせ&申込もりのいえメールアドレス: mori★mori-no-ie.com (★を@に換えて入力してください。)岐阜県中津川市加子母2220番地 〒508-0421 電話&FAX: 0573-79-3268 代表者: 森本正則 (携帯:090-6203-9043)

吉本有里さんのお話し会 in 天橋立 
6月18日(金)

場所 スタジオき与謝野町字男山265上田建築内
 
昼の部 午後1時半スタート:出産、育児を中心としたお話(1時間半)そして、交流会(30ぷん~1時間)  心安らぎ時間にしたいと思います。

夜の部 7時半スタート:生きること全般のお話(1時間半)キャンドルのあかりで交流会(30分~1時間)

主催 こだわり母ちゃんのものづくりの会
お問い合わせ&予約 090-5970-4849(植田)

吉本有里コンサート&オーガニックフレンチ
 in 天橋立
6月19日~21日

ビオラビット(フランス料理)にて 有里コンサート4公演
19日(土)開場 17時30分 食事 18時~ディナー  演奏 19時15分~20時
20日(日)開場 11時半  食事 12時~ランチ 演奏 13時~13時45分
20日(日)開場 17時半 食事 18時~ディナー 演奏 19時15分~20時
21日(月)開場 11時半 食事 12時~ランチ 演奏 13時~13時45分

料金 ランチ&コンサート 4800円
    ディナー&コンサート 7000円
    コンサートのみ 2000円
※ 演奏10分前からのご案内になります。
http://www.biorabbit.com/top/
お問い合わせ&申込 biotsushima@yahoo.co.jp (対馬さん)
by ainohanaMusic | 2010-06-11 21:38 | 心の旅日記 | Comments(0)

竜神さまNEWCDリリースしました

お待たせしました!

予定より2か月遅れて、やっと、CDが完成しました。
d0024504_2235465.jpg
待ちくたびれ方、注文したことも忘れてしまわれた方もおられるでしょうか?昨年11月風邪をひいて以来体調が整わず、♪龍神さまのレコーディングに、体調の回復を待ちました。お待たせして、すみませんでした。

プロジェクトが始まったのが昨年の6月10日。実に、1年かけて出来上がった4年ぶりのCDです。聞く方々の心の深くに届きますように。

今回のアルバムに、制作パートナーとして関わってくれた夏秋さんは、CDのレコーディング中に、隣町の中沢に素敵な家を見つけ移住されるという思いがけない展開がありました。今後のCD制作やライブ活動もご一緒できそうで嬉しいです。
 また、奈良から直ちゃんがリコーダーで、ようへいくんがパーカッションやクリスタルボウルで、宮崎から門脇さんがしの笛で演奏に加わり、岡山のひろんちゃんがジャケット&歌詞カードのデザインで、東京から静悦さんがイラスト&写真で参加してくれました。

自宅でのレコーディングを理解&協力してくれた子どもたちにも、感謝です。

CDの完成の直前には、静岡に暮らす母が78歳の生涯を終えて光に移行しました。
うたっていること、表現してることのすべては 両親の愛情のたまものだと思っています。
この、アルバムを母に捧げたいと思います。

病弱な身体で、困難を愛で受容して、光の世界に羽ばたいた母の旅立ちを祝福しています。
また、これからは、一人になった父との関わりを感じながら築くことができたら心残りがないです。

そして、6月、7月は ライブツアーもあり、岐阜、宮津、新潟、東北、北海道へ行きます。また、多くの深い出会いを楽しみにしています。スケジュール詳細は ホームページのライブ欄をご覧ください。
http;//amanakuni.net/yuri

 また、今年は 小さいながら田んぼも始めました。こどもたちや畑、田んぼ、静岡の父、そして身近で大切な人や、全国に繋がっているみなさんとの繋がりの中で 育ちあってゆけたら幸いです。 

*************
NEW CD リリース

竜神さま

1 それは奇跡
2 風の中 光の中
3 根っこの世界
4 いとしいあの子
5 踊って泣いて過去から今へ
6 小川
7 手紙
8 something great inside of you
9 いのちのまんなか 
10 ケゴン
11 あなたはあなたであればいい
12 龍神さま
13 愛の始まる場所

Produce : Yuri Yoshimoto
Coodinate Assistant : Fumihico Natsuaki



Yuri Yoshimoto : vocal, violin, guitar, voice, chorus, kalimba, bell
Natsuaki Fumihico:piano, melodions, percussion, kalimba, 口琴, balafon, guitar,
keyboard, udu drum

Yohei Yamaura : bougarabou, crystal bowl, vibe glocken, woodbongo, percussion, chorus
Naoko Kondou : soprano recorder alto recorder, great bass recorder, chorus
Atsuhide Kadowaki : bamboo flute, stone flute, chorus, talkin’


P&C Niji-003 税込価格 \2,940(税抜価格 \2,800)
愛の花 Music  http://amanakuni.net/yuri

**************
記念すべき、4年ぶりのCD
欲しい方はお名前、希望枚数、サイン希望の有無、ご住所、連絡先を書き
下記のアドレスにメールでご注文ください。
ainohana@air.ocn.ne.jp
振込用紙を同封してCDをご住所にお送りいたします。

価格は1枚2800円
2枚以上の方は、1枚2500円になります。

多くのの方々の心深くに届きますように。
by ainohanaMusic | 2010-06-10 22:44 | 心の旅日記 | Comments(0)

変化の瞬間(とき)

26日 先週の水曜日 母が 光に移行して1週間がたった。
 
癌の末期だったが、痛みに苦しむことも、意識がなくなることもなく、26日の朝ごはんが食べれず、トイレが大変そうだった他は いつもと変わることもなく 父が ふとんを干しに2階に上がっている間に 息を引き取った母の、「お葬式はしないで」という言葉どうり 日常の中で 母を追悼している。

27日に母は骨になり父はひとり暮らしになった。28日には 妹たちと海で過ごした。50年、母と連れ添い、最後は24時間看護した父の心は 幼子のように心もとなく そして素直である。ひとつの愛を全うして そして空白になった時間を 今は全身で受けとめているのだと思う。
 
妹たちが東京へ帰ったあと29日に、藤枝市に家を建てるまでの20年を両親が過ごした静岡大学の職員宿舎や、久能山など思い出の場所を訪ねた。
 実に、父が わたしの車の助手席に乗ってくれたのは、今回が初めてだ。父は、排気ガスを出す車を個人が所有することに気持ち的に反対していて、自転車か公共の乗り物に乗ることに徹してきた人だ。
 父は、看護疲れの ふらふらする足で、どんどん先を歩いていった。父の博識と探究心には圧倒される。
 静岡大学職員宿舎の横にはわたしや妹が 幼い頃 ザリガニをとったり、フナを捕まえたり、 いかだで池を横断したりした池があって、そこにはたくさんの水鳥や動植物が生息しているが、40年以上前に埋め立てて公園にするという計画が持ち上がり 両親共に 自然保護の観点から 反対運動を続けていた。その池が、自然保護と折り合った形で 池のある公園となっていた。たぶん、できたばかり・・・
わたしにも、父にも 驚きだった。父と一緒に 公園を一回り 感じながら歩いた。

「いい公園だね。運動は無駄にならなかったんじゃないかな?」とわたし。
「まあ、折り合いをつけたんだね。てい子(妻)に報告しなくっちゃ。」と父は言う。

また、10年前に退職した 静岡大学構内へも、父は足を進めた。40年前には苗木だった木々が道の両脇に伸びて 木々のトンネルのような緑地エリアとなっている。アメリカからの輸入木々の伸びの速いこと・・父の自然のあり方への考えを交えながら思い出話を延々と語ってくれた。

30日には役所でのさまざまな手続きをした。昨日は、父は疲れが出て、一日 家で過ごした。ぐったりと横になっている父が心配だったが、わたしは久しぶりに 一人で泳ぎ、心身をリフレッシュさせた。

この1週間、わたしは 長野に残してきた二人の子どもたちのことを気にかけながらも、父のために食事を料理している。実は、父は5年以上、母のために料理してきて 家事は堪能だ。残してきた子どもたちは、料理も掃除も 1年生。・・・なのに、わたしは、今 こどもたちではなく、父のそばにいて 家事をしている。なぜ?

そして 気がついた。

これは、母が 父に一番してあげたかったことなんだ・・
わたしが、母の死後の1週間、父に付き添うことは 母の願いであり わたしは母の願いをも生きているのだ。

亡くなった人の意志を継ぐということは 誠さんを亡くしたときに経験した。自分の中に 旅立った人の願いが自然と着床する。死という形でしか伝えられない「愛」がある。愛は、身近な人に吹き込まれて継承されてゆく。

わたしが、父のために料理するとき 母の気持ちが重なって愛がこもり お父さんのこれからの人生を後押ししようとしている。不思議だなあ~

父が眠るとき、そして朝起きたとき、 そばに行ってあげたくなる。テルミーを背中にかけたり、やさしくマッサージしたりしている。
そうすると、頑固だった父が 
「ありがとう。」と 言う。その言葉は 心から発信されていて わたしの心に響く。

わたしの手は 母の手。そして 父の心の宇宙は 母一人に向かっていた壁を超えて、やさしく わたしにも届き、全てのものたちとつながる 慈愛に満ちている。

わたしは、父に愛されず育ったと そう長年 想ってきた。
父は、わたしに無関心で わたしをおろかな娘として見下げてきたように 感じていた。

わたしと父の間には 大きな壁があり その壁が わたしと男性とのつきあいを阻むトラウマにもなっていた。

ところが、今 わたしは 父を愛し、父は わたしをありのままに感じてくれている。

これは、お母さんが 旅立ちに プレゼントしてくれた奇跡だね。
d0024504_11493536.jpg

不思議な 変化の瞬間(とき)に 立っています。

*********************

美しい瞬間(とき)♪

安らぎの中で はぐぐまれてゆく 深く美しいとき

命をさずかり 共に生きてゆく つつましく美しいとき

ほんとに心を 分かち合える 友との美しいとき

やすらぎそれは あなたの心の 海に浮かぶ 一艘の船
ひとつずつ 壊れかけた愛をつなぎ こころの絆 編んでゆく

おだやかで美しい光に包まれて 朝焼けのなかで あなたは
ほんとのあなたに かえってゆく
ほんとのわたしに かえってゆく

****************************

今日、両親の家から 車で15分 「モミの木さん」というケーキ屋さんでコンサートです。

♪美しい瞬間(とき) みんな 日常の中で 変化してゆくね。素敵なときを分かち合いに 是非いらしてくださいね。母が 旅発って ちょうど1週間です。

なんだか、スペシャルなライブになりそうな予感がしているよ。

**************************

吉本有里 ミニコンサート in もみの木(かわいいケーキ屋さんです)
~うた、バイオリン、ギター、お話
時間 午後7時~9時
料金 予約2500円 当日3000円(ワンドリンク+お菓子つき)
コンサート終了後 有里さんとの交流会を行います。ぜひご参加ください。
申し込み先 モミの木所在地 〒426-0071 静岡県藤枝市志太1-6-10
連絡 054-645-2723
by ainohanaMusic | 2010-06-02 11:31 | 心の旅日記 | Comments(0)