愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

母の旅立ち

5月26日朝10時、静岡は藤枝市の自宅で母は79歳の人生を全うし光に移行しました。ガンを告知されて2カ月目のことでした。

最後に会ったのが5月12日~15日。旅立つ日も近いことを感じて、3日間は母の枕元で1日2時間くらい歌いました。歌は波動・・光の世界に旅立つ心の準備が整うように、わたしのできることは、歩けなくなっている母のトイレ介護やお料理、お掃除の他は、歌うこと。わたしが歌手であることを長年、快く思っていなかった父も、気持ちよく歌わせてくれていました。そして、母の最期を看取るつもりで 27日から 6月の3日を調整して 静岡で過ごす予定にしていました。

でも、母はすごい~・・わたしが到着する前日に あっさりと旅立ったのでした。「自分は大丈夫、でも お父さんをよろしくね。」 と、一人になった父を任せるかのようなタイミングでした。50年連れ添った母を亡くした直後の父の新しい暮らしをサポートするために滞在する1週間となりました。

長年、肺を患って夜は呼吸器をつけて眠る母の下腹部にしこりができて、病院に検査に行ったのが3月25日でした。偶然、静岡に帰っていた わたしが、検査に着き添いました。
 検査の間、東京の妹と電話でやりとりし、 まさか、癌の末期とは 予想していなかったけれど、どんな病状でも、両親の願いである「自宅療養」を、医師に伝えようと 心に決めていました。
母は わたしたち双子姉妹が2歳半の時、入院して1年半家に帰れず、大切な時間を家族と隔離されたことを 心から悔やんでいました。以来、病弱な身体を労わりつつ なるべく病院と関わらずに生きていました。

検査を終えた担当の医師から、遠まわしに「もう手の施しようがありませんし、これ以上の検査や治療は身体の負担になるかと思います。それでも治療を望みますか?」 と聞かれました。
 普段の暮らしでさえ、もう心臓に負担が大きくなっていたので、
「治療は望みません。両親ともに自宅での療養を希望しています。」

医師に、こちらの気持ちをまっすぐ伝えるわたしに母は怒りを感じたようでした。

「先生の一番いいようにするのよ!先生が一番いいと思うやり方でいいのよ!」と、母。
・・・母は、母の意見や希望をはっきり持っているのに、自分の最期を人任せにしようとしている・・

世間の尺度に合わせてしまい、後でストレスを感じる母には、母の考えや願いがちゃんとある。

「先生には、本人の望みはわからないよ。一般的なみんなの望むことと、病院にとって都合のいいことが優先されてしまうよ。お母さん、お父さんがどうしたいかが、一番大事だよ。伝えれば、尊重してもらって一番いいようになってゆくよ。」」

病弱な自分の身体に、得体のしれない腫瘍と腹水までできて、どうにもならない不安と、もう人生を終わりにしたい怒りが混ざって捨て鉢な気分も混じってたような母でした。大切な決断の時に 母に付き添えて 良かった。

最後の2か月を 母たちは家で普通に暮らすことを選択し、「一日一生」と、励まし合いながら 夫婦で共に支えあい生きたのでした。
 
「この2カ月は 泥沼だったけれど(看護する方も身体が持たないかもしれないという)、夫婦の間に今まで経験できなかった実感を持てた。この体験は大きい。」と、父は言っています。どんどん進行してゆく癌を目の当たりにしながらも、2年、3年生きれば 儲けもの~と楽観的に捉え、悲壮にならず 1日1日 楽しく生きようと心を合わせていた両親でした。
さまざまな民間療法を真剣に試し、直そうという意識はありました。死の淵から生き延びるには、死を超えてゆくくらいの生き方や発想を変えてゆくチャレンジが必要だとわたしは感じたのですが、母たちは そこまではなかったけれど、今までの夫婦関係の在り方を完結させるくらいの濃い日々をわかちあっていました。

父の献身的な介護、母のけなげな生きようとする姿、そして鍼灸師の妹の献身的な治療・・・家族がひとつに結ばれていきました。母は最期の10日間くらいは、歩くことも難しかったけれど頭はしっかりして、食事も前日まで食べていました・・痛みもなく、長年 患っていた呼吸の苦しさと心臓への負担、身体の衰弱で、父がその朝 トイレ介護を終えたあと、2階に布団を運んでいる間に 1階のベッドで、息を引き取ったのでした。昏睡状態になることもなく、日常の中で 気がついたら亡くなっていました。

母が旅立った翌日、父は、母の最期の手紙を引き出しの中に見つけました。

いやな顔一つせず、母を看護した父への感謝と、愛の言葉が そこには きちんと書かれていました。
わたしと妹へは、「4人の孫たちは仲がいい。 一生付き合えるようにしてください。」と書いてありました。

魂はお墓の中にはいないけれど、両親や祖先を 集って想える場所があればいいなあ~、草花が大好きだった母、山の好きな父、ふたりで並んで眠りたいと母は言っていました。ふさわしい場所を わたしの暮らす長野の山里に 家族で作っていこうかな。延命処置、お葬式はしないで~というのが 母の手紙の最後にありました。お葬式という形には納まらないオリジナルな追悼。自宅で亡くなり、その後も父を支え家族でたびたび集う日々の中に結実しそうです。

さて、母は最期はお念仏を心の中で唱えていました。
「南無阿弥陀仏」
思惑を超えた偉大なる光に全任する・・・
「かけこみで 唱えて 間に合うかしら?」と 亡くなる直前に 母は妹につぶやいたそうです。

不思議ですね。宗教を持たずに現実主義を通していた母も、その言葉を最後の切符に 光の世界に旅立ちました。


母の思惑を超えていた娘たちだったと思います。けれど、わたしたちを ありのままに愛してくれた母でした。そして母にとって父は やはり思惑を超えていたと思います。その父を愛して、自分自身が変わってゆくことをチャレンジした母でした。

母は、40歳くらいまで 人を引き付ける「花」がありました。
妹が いつも友人に囲まれていた母に尋ねたそうです。
「お母さん、お母さんは 友人を選ばないの?」

母が言うには、母の周りにはいつも人が集ってくるので、その人たちに対処するだけで全部のエネルギーを使ってしまうから 選ぶ余裕はない~・・・と。けれど、晩年は 母の体力の衰えもあって、母がつきあったのは家族だけでした。

母は文才や芸術的な能力がありました。けれど、それを、友人や家族をありのままに受け入れてゆく日常に使ってゆきました。そんな生き方も あったんだね。ありがとう。お母さん、わたしが、今、こうして 書いていることも歌っていることも 母の受容の海の中で育まれていったんだね。

わたしたちを産み育ててくれて、愛情を注ぎ、そして今も愛してくれてありがとう。
病弱なお母さんにとっては マラソンのような79年だったね。ようやくすべての行程を走り抜けて ほっとしているでしょう?

不自由な身体から抜け出て、光になったお母さんの旅立ちを心から祝福します。



*****************


母が骨になって自宅へ帰ってきた翌日の今日、父と妹と 海へ行きました。

「この10年、母の療養生活(肺を患っていたから)ばかりで、海を見ることもなかったでしょう?行ってみようか?」

海の風は やさしいね。

今日は、両親と共に訪れた思い出の場所に、父と行く予定です。

光の身体に還った母も、一人になった父も それぞれにほんとうの自分自身へ還ってゆく大切な このときを
こうして娘として付き添えるご縁に感謝です。

そして、学校に行くために長野に残っているアマチや八星、二人の子どもたちを気遣い 訪れてくれてる友人たちにも感謝です。
d0024504_1159680.jpg


ありがとう。
by ainohanaMusic | 2010-05-29 00:41 | 心の旅日記 | Comments(0)

心の旅

4月24日、満開の桜の散りゆく松本でコンサートを終えて、スタッフのみんなとの打ち上げも終えて 友人Hさんと深夜まで話し込んで、八星の待つ家に帰りついたのは深夜1時半すぎ・・今年は満開の桜に出会えている。そして、その時その時、会いたい人と会いたいときにギリギリに会えてるような気がする。体はひとつ、そのひとつの体を運んで目の前には いつも会いたい人がいてくれているし 限りある時間を限りない想いを分かち合っている。

26日、藤枝市の実家へ。3月の半ばに79歳の母が癌の末期とわかり、時間を作って静岡へ帰るようにしている。今この時も心の半分は静岡へ帰って母と共にある。3泊4日の滞在中には 母が奇跡的回復を願って思いつくことを次々取り組んだ。腹水が溜まってきて、くるぶしまで水があるので 立つことが難しくなり そんな中でも 母自身が 階段を上り下りして 肺気胸で苦しい呼吸を外気に触れて活発にしようとしていた。サトイモシップ、しょうがシップ、まこもシップ、腹水の水を抜くために さまざまな試みをした。また、癌という病気を克服するのには、今までの延長の生き方では無理だろうと感じ、父の保護の外へも出てゆけるように、ネットの検索の仕方を教えたり、たくさん笑えるようにコメディの映画を借りてきたりした。
 
友人が高価な宝石岩盤浴マットを母のために送ってくれた。母の体によさそうなものが集まって来る。けれど、肺結核で呼吸量の極端に少ない母を介護してきた父の考えに合わないものは使えない。一方、父も必死なので その懸命な介護で、母の感謝が日々掘り起こされ 父の許容量も少し増している。
 父から見れば、こどもたち(わたしや妹)は、病弱な母に負担をかける邪魔な存在だったのだろう。なぜ、幼いころから父の愛を感じられなかったのか、わからなかったけれど謎が紐解かれてゆく。父の大切なお母さんが、父が中学生の時に過労で亡くなった。父がまもってあげられなかった父のお母さんを、わたしたちの母の中に見ているのだと 今 思う。もう、わたしたち子どもは子どもではない。  家族として必要とされ、できる限りのことをしてゆきたいと思っている。

また、27日、28日の午後、静岡の友人たちに会って6月2日(水)藤枝市 もみのき 9月19日(日) 静岡市バッハハウス でコンサートすることに決まりました。なるべく 両親のそばにいられるように・・人の繋がりは あたたかいね~ もみのきさんは とってもおいしいケーキ屋さん。バッハハウスは その名のとうり、バッハの音楽が素晴らしく映える 山の中の音響の素晴らしい木造の小ホールです。

29日、東京へ移動

30日 東京 調布はクッキングハウスで1年に1回のコンサートでした。心の病を抱えたみんなが働くことのできるクッキングハウスそのものが、素晴らしい。コンサートに足を運んでくださる方も多くなり、レストランに入りきらず、2階のスペースで コンサートとなりました。
d0024504_23405053.jpg
d0024504_2341127.jpg

金曜日だけ、夜の営業が始まり、ハッピーアワーと名づけられ玄米定食にビールもいただけます。昼のコンサートは 夏秋さんがピアノを弾いてくださいましたが 夜は 一人で 気ままにうたいました。音響もこの頃、わたし自身の好みの設定が育ってきています。自分の好みの音でうたいました。二人の演奏と 一人の演奏~もう、長年のおつきあいのクッキングハウスで なんと、3回もステージができていろんなバージョンを分かち合えて味わい深い日でした。

5月1日 東京は杉並区 本應寺の浄土の響き展でうたいました。3日間にわたる このイベント・・このお寺は並みのお寺ではない(笑い)本気で、お念仏の世界を分かち合おうとしている。うたあり、展示あり、映画、ヒーリングあり、昼のお寺には100人以上の人々が集い、夜は50人くらいが泊まっていたのではないかな?
写真は夜の打ち上げ風景です。
d0024504_23585920.jpg
d0024504_23592868.jpg

5月2日 東京から茨木は水戸へ。
3日が常陸太田市のカフェプラスワンでトークライブ、前乗りで ライブのスタッフをしてくれるちえちゃんの働く「ひろびろ農園」に泊めていただきました。久しぶりにお会いしたMさん あたたかい~野草をたっぷり使った夕食おいしかった。ライブには、「暮らし塾」の一環でみんなで参加してくださるという~ありがたいお言葉でした。
 さて、早めに寝ようと思っていたのですが、5年間にリトリートに参加してくれたYちゃんが仕事を終えて 会いに来て話し込みました。そこへ、出会ったばかりの女性(ひと)も聞きたいことがあると現れ、体当たりで聞いてくれました。二人とも真剣でした。~長い歴史のなかで痛んできた心、でも、無垢な心はそのままだ~・二人の事情はそれぞれで違うけれど、澄んだ心の願いが伝わってきました。一人は、もう薬の必要性を感じていませんが あまりに長く飲み続けてきたので 変えてゆく自信がないけれど、変えたいのです。

だいじょうぶだよ。変えられるよ。だって、尊い、自分の人生だもの。
今、変えられなくても 祈ることでタイミングは やって来るよね。

5月3日 カフェ結い+ワン
素敵なスペース。そして 茨城の信頼できる仲間たち。
もう、5年になるかな?主催者は交代するけれど、変わらず集って 共に作り上げてくれる仲間たち。
ありがたいなあ~安心だなあ~

この日は1時間15分のお話 20分くらい みんなが感じたことを話してくれて 最後の30分 うたいました。Oさんが 撮ってくれた♪生きてるそれだけで素晴らしい の動画を見たら、すごい~あっちでも、こっちでも 泣いてるじゃないの・・でも みんな上手に涙をぬぐって うたってたら気がつかなかったよ。

午後のシェアリングも、大切な大切な 晴れのち曇り、そして雨、さいごはすっきり・・
安心して集える場所 そんな場所をたくさん作ってゆきたいね。
d0024504_0515164.jpg

d0024504_0521797.jpg
d0024504_0525076.jpg
d0024504_0544394.jpg


5月5日 駒ヶ根市の宮下さんのお宅のガレージでコンサート。

茨城から長野の帰路は 400kmのドライブ。 ライブを終えたその足で帰ったけれど、すごく眠くて休み休み帰ったら4日の朝3時ころ、着きました。4日、朝方眠って 昼前に目を覚ましたら 長男アマチからメールが届いていました。夕方駅に迎えに行き、夜まで アマチと一緒に過ごしました。これも貴重な時間でした。

75歳になる地元のおじさんが コンサートを企画してくださったのは初めてのこと・・酔っ払って、わたしの家に来てしまったことから 始まったコンサートです。
宮下さんのご家族と、夏秋さんの声かけしてくれた中沢村のみなさんが聞いてくださって、高烏谷山を見ながら野外でうたえて 幸せでした。宮下さんの娘さん、息子さん、そして施設でリハビリ中の奥さん、みんなが集って 一人ひとりが そのひとの思いで 一生懸命かかわってくださいました。一人ひとりがとても 好きになりました。不思議な不思議な ご縁、出会いでした。
d0024504_11352.jpg
d0024504_1136100.jpg
d0024504_123514.jpg
d0024504_13462.jpg


そして、6日 今日は やっと車のタイヤを冬から夏タイヤに変えて、
田んぼに肥料を撒き
野菜の苗を 3列植えました。

あと数日、家の仕事をしたら11日か12日には 静岡へまた帰る予定でいます。
by ainohanaMusic | 2010-05-07 01:16 | 心の旅日記 | Comments(0)