愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

静岡でライブ&てんつくまん映画・コラボの日々へ そして沖縄

今朝、ミクシーで繋がったぺこちゃんから電話をもらいました。

3月26日~28日まで 3日間空けておいてね~
と、電話をもらったのはずいぶん前のこと。。

おっと、その頃はタイに行くつもり・・・でも、調整するねっと、タイ行きを早くしました。

そのあと、沖縄行きも入っていて日程的には
ギリギリセーフ。

3月22日~28日まで ふるさと静岡へ帰ります。

ずいぶん大きなイベントなんだね~
9年ぶりのてんつくまんin清水の書き下ろし

映画が2本とライブが2本 てんつくまんのかきおろし

ボランティアスタッフ100名募集してるよ。
http://genkibitonet.eshizuoka.jp/e540422.html

ライブは、わたしと「おかん」。

どんな出会いになるのかお楽しみ。

てんつくまんさんとお会いするのも初めてなのです・・

そして、そうした 大きなイベントの前に
小さなふかい集いを ぺこちゃんがおぜん立ててくれています。

焼津の石津港のそばに ガラスのギャラりーを営んでいる ゆりさんのスペースで 3月23日 「いのちがけのお産から転じる~内なる声に素直に」のトークとシェアリングの夕べをやります。

静岡に帰るたびに 出会いを重ねているぺこちゃん、森の熊さん(ミクシー名)そしてひろさんやゆりさんや、たくさんのみんな・・・

昨年のライブはスタッフが50名でした。
そのネットワーク力はどこから?

わたしは それに呼ばれて 9月も10月も 静岡へうたいに行くことになっています。

3月のご案内をしますね

3月23日(火)焼津 きらり(ガラス工房)

場所 石津浜郵便局駐車場隣
時間 午後7時から 吉本有里 トーク いのちがけのお産から転じる~内なる声に素直に
料金 2000円
※ お話し会ですが 数曲歌います。シェアリングもあります。内なる声を感じたい人いらしてね。
連絡 054-623-8150(きらりの ゆりさん)
    080-5594-5482(ぺこちゃん)


3月27日(土)清水
てんつくマン監督映画『107+1 天国はつくるもの』上映会&吉本有里ライブ

日時:平成22年3月27日土曜日
12:30-14:40 『107+1天国はつくるもの』映画上映
15:00-15:30 吉本有里ライブ

場所:清水ふれあいホール(清水区役所3F 清水ドリームプラザから徒歩10分)

二日目は
日時 3月28日日曜日
12:30-14:40 『107+1天国はつくるものパート2』映画上映
15:00-15:30 おかんライブ

チケット:1日券2,000円 2日通し券3,000円

定員:各日230名

申込:メール(skp@genkibito.net)
または竹澤までお電話(080-4220-5337)で
代表者のお名前、人数、チケットの日付(1日目か2日目か通し券か)、電話番号をおしらせください

3月26.27.28.29日の4日間は清水ドリームプラザでてんつくマン個展が開催されています。
映画、ライブの後はてんつくマンに会いにドリプラへ行こう!

*************************************

4月の沖縄ライブが決まって 心が沖縄の旅に向かっています。

また、5月の田植えにも・・・ 田植えリトリートです。長野に来てくださいね。
http://amanakuni.net/yuri/yuri_image/2010retreat.jpg


そして!沖縄でのライブ来れたら来てね・・・沖縄のおじい おばあたちも来れるような ライブと、公民館でやることになりました。 もちろん 海で遊びますよ~。竜神さま♪のうた入れ(レコーディング)は沖縄から帰ったら やることにしました。なんだか、まだひとつやってくるエネルギーがありそうです。



4月1日 大宜味村 公民館 夜7時から
 お問い合わせ 0980-44-2834(てるきな)

4月4日 西表島 公民館 夜8時から
 お問い合わせ 0980-85-5656(ゆうわむら 石原孝子さん)
by ainohanaMusic | 2010-03-11 21:00 | ライブ | Comments(0)

アユタヤ遺跡にて

今回の旅は いつもとモードが違いました。

仕事もあそびも全力のわたしとしては タイへ行くとなると 各地の知人に会うこと、ミニコンサート、海、山、街であそぶこと・・結果 すごく 移動が多くなるのですが 今回は どちらかというと休養。

なので、バンコクから近いアユタヤに3泊したのです。

自転車とトクトク(3輪タクシー)で遺跡を巡りました。

よかった~

赤茶けた レンガを積んだ祭壇にまつられるたくさんの仏像の頭がなくて、屋根がなくて、それなのに祈りの静けさがあって、鳥や たくさんの観光客が憩っている。

階段の上まで登れる塔もいくつか残っていて そこまで登ると風が流れていました。

太陽に照らされて 汗だくだったのに ほんとに気持ちがいい風でした。

風と一緒に メロディーが降りてきて、

かつてその階段や仏像を彫った たくさんの素朴な労働者たちの黙々と働く姿が見えてきました。

あ~そうなんだ、みんな この祈りの塔を建設するとき ただただ素朴に祈りをもって淡々と朗らかに心をこめていたんだなあ~だから、この場所は 「永遠の今」が感じられる。
d0024504_18212596.jpg

目の前のことだけに心をこめて 何年も何年もくりかえす

それは ほんとに素敵なことだ。

でも、それが ほんとに自分のいい状態なのか 魂の求めている道なのか 調整する力が 旅にはあるんだなあ~目の前のことだけに心をこめられるってすごい、そしてその自分をいつも遠くから ちゃんと見守っていられる自分と出会う そんな 非日常も 心は求めている。

風が吹き抜けて 魂がよみがえる感じがするんだ。
d0024504_18173932.jpg

「今」のわたしを 遠くから眺める視界を広げてくれる 文化の違う国や 歴史を伝えてくれる遺跡たち。

そこには ちゃんと かつて生きて人々が息づいている。

仏像の頭がいっこ 木の根っこに取り込まれて 木そのものがご神木となっていました。
わたしは この木が大好きだなあ~と感じました。
d0024504_18203458.jpg


♪アユタヤの遺跡にて

目の前のことだけに心をこめて 何年も何年も くりかえす

アユタヤの赤茶けた丸い塔の 壊れかけた遺跡の階段の上

  風が吹き抜け 歴史がよみがえる

仏像を彫る人や 石を運ぶ人 太陽に照らされてしたたる汗

素朴な祈りと過酷な労働 やがて壊されること 遺跡になることも

 どうして 誰も 知らないの

うーうー うーううー 

目の前のことだけに心をこめて 何年も何年もくりかえす

目の前の人たちに 心をこめて 永遠の今に歌い続ける

 だけど 時には そこからも 離れる

   子どもたちと過ごした 歌い続けるすべての日は 鮮やかによみがえる

目の前のことだけに心をこめて そしてほんとうの わたしの道を

目の前のことだけに心をこめて そしてほんとうの あなたの道を

  いつも遠くから 見つめてる わたし

目の前のことだけに心をこめて そしてほんとうの わたしの道を

  そして時には そこからも離れる

  風が吹き抜け 魂が よみがえる
d0024504_18342886.jpg

d0024504_18344427.jpg

今回は、わたしより背丈の高くなった八星との二人旅。
ほんとうに穏やかな よき 旅のパートナー

こうして親子で 分かち合えるときがあるのも幸せだね。
d0024504_18395237.jpg


  
by ainohanaMusic | 2010-03-10 18:22 | 心の旅日記 | Comments(0)

帰ってきました

タイから帰国し4日目。

南国から帰国したら雪!気温の差が大きすぎです。今朝は 風邪気味です。タイでもゆっくり過ごしたけれど、このまま、休養、そのモードでゆきましょう。

1年に1回、日本を出る。いつも忘れてる。今の感覚。なんのためにこの地球に生まれたか。多様な国々、地域に暮らす人たちを自分自身と感じて歌うこの感覚。

経済的には貧しいけれど健全な心が息づくタイと、経済的に豊かだけれど、仮面の下に心がおしつぶされそうな日本。シンプルな世界だと 人の表現や表情は豊かだなあ~。でも複雑に いろんなことが絡み合う世界が悪いのではない。どの環境も それぞれの段階に応じて現れてる世界で、人はみんな その人の精いっぱいを生きてる。
 タイに行くと、便利さ、快適さを得て失ったものに気がつくよね。どんな世界に暮らそうとも シンプルに物事を見て、生きてることを十分楽しもうとすればいいんんだよね。

さて、タイの報告です。

みんなうたが好きでした。
1泊二日の10名参加のトレッキングツアー(少数民族の村まで歩いて 1泊して 帰りは 象に乗り、いかだに乗り 山を下ってくるツアー)のガイドの青年は 夕ご飯の間も サービスでずっとギターの弾き語りでポピュラーソングを聞かせてくれてました。

食事の間は ボリュームを下げめに、
夜は普通に 焚火の横で また さらにうたっていました。
いつまでもいつまでも うたっていました。

(ちなみにわたしにもギターが回ってきたので うたったよ)

静かな山の中では 生でうたうことは 最大のサービスなんだなあ~

でも、わたしにとって一番 印象的だったのは 山を歩いて歩いて、汗だくで、疲れ果てて休憩していた時のこと。

「先に行ってもいい?」という一人の質問に

振り返りもせず 岩の先に座ったまま 谷を見たまま、うたで答えたこと。しかも ずっとずっと そのフレーズを鳥のように谷に向かってさえずっていたこと。

「いいよ~いいよ~君が行きたいなら~行かせてあげよう 行かせてあげよう」

歌声は 風に乗って そしてうたってる彼の中の 過去にあった出来事の悲しみも乗せて 心に響いてきました。

「♪ いいよ~いいよ~、君が行ってしまうなら。行かせてあげよう、行かせてあげよう。」

ワンフレーズ

鳥のようにさえずる

誰にも縛られず 誰に聞かせるわけでもなく

ただ 鳥のように

繰り返し くりかえし

風のような彼の心。

さてさて 旅の間に2曲 やってきたよ。下に紹介するね。
d0024504_16254324.jpg

(チェンマイのトレッキングツアー二日目、八星と象に乗って1時間山を下りました)
d0024504_1626639.jpg

(トレッキングツアー、3時間歩いて たどりついた少数民族の村です)
d0024504_16262865.jpg

(アユタヤ遺跡、登ったのはいいけれど 下りはコワい、急な階段)

*************************************
さて、2月23日 成田空港で聞こえてきたうたです。

覚えているでしょ?♪
そろそろ夢を思いだそう すべての人に届くよ うたが

この地球に愛の花咲く すべての命 つながってる

   死んでも生まれても 道はつながってゆく
     
   小鳥も虫たちも みんなつながってゆく

あなたはなんのために生きてる わたしはあなたのためにいるよ

出会いはみんなあなたのために あなたはわたしのために いるよ

   覚えているでしょう? みんなひとつだった

   いのちの源で みんな ひとつだった

 あなたのなかの あなたを信じ 目の前のわたし 見つめてよ

 この地球は 鏡のように あなたの心 映し出す

   どうしてなんだろう こんなに愛されて

   どうしてなんだろう こんなに愛してる

みんなの夢が かなってゆくよ すべての人に 届くよ うたが

この地球に愛の花咲く すべてのいのち心 ひらくよ

   覚えているでしょう? みんなひとつだった

   覚えているでしょう?命の源で

   覚えているでしょう?みんなで決めたこと

   覚えているでしょう?



さて、もう1曲 あります。

次の日記に 紹介するね。
by ainohanaMusic | 2010-03-10 16:37 | 心の旅日記 | Comments(0)