愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2009年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

CD製作エンジニア&ギター、ベース演奏協力者、長野に来てくださる方募集

こんにちわ。

唐突なタイトルですが 今朝、畑に葱を植える前に直売所まで鶏糞を買いに行ったのです。

そしたらね、1ヶ月も旅をしてきたばかりだから 家に帰宅する前に山の中の「高烏谷神社」に挨拶に呼ばれた気がしたの。

それで赤松が両サイドに植えられた参堂を歩いていたらインスピレーションが降りてきました。

それが、わたしの家まで来てくださるCD製作の為のエンジニア&ミュージシャンの公募です。

そろそろ作りなさいって また促された気がしました。

そうだよね、まだCDに収録していない新曲がなんと!30曲。。。みなさんお待たせしてごめんなさい。。

協力してくださるであろう好きなミュージシャンたちには、声をかけるかもしれないけれど、みんな基本的にはお忙しい方たちばかりだから 最初から最後まで通しで サポートをお願いできる方は この日本の中にきっといるはずだけど、わたしは まだ出会っていないかも?あるいは出会ってる人か?

エンジニア&演奏サポートを最初から最後まで自分で望んで 協力してくださる方が一人いれば いいCDができるでしょう。もうひとりのハートと耳が加わって相談しながら進めたいです。それは、誰かな~?


*******************************
CD製作エンジニア&ギター、ベース演奏協力者募集

2006年1月に「こどもたちの心」「観音さま」の2枚のCDをリリースしてから 早3年。
この3年の間に 30曲の新曲が生まれて CDになってみなさんの家でも聞かれるときを待っています。
コンサートに行って求められるのは 歌っている新曲の入ったCDなのですが。。タイミングを待っていました。
この曲数はCD3枚分なのですが、2枚くらい同時並行で 製作できたらいいですね。

わたしの望むレコーディングは長野の自宅で暮らしの波動の中で。
また、一緒に製作に入る方たちとは 遊里庵(わたしの自宅)での朝の勤行&瞑想(お寺式)とシェアリング(感じてることの分かち合い)をして、畑などの田舎暮らしとも触れ合っていただいて、音楽のバックグラウンドや方向性、感性を融合させ 音楽(CD)にその響きを吹き込んでゆきたいです。

CDを製作すること自体が、縁の導きであり、魂の浄化を共に分かち合うことになるという そんな捉え方をしています。

製作という有機的プロセス、イコールCDの響きとなるとも思っています。

わたしの購入した機材は ローランド2000 でマイクやスタンドケーブルなども揃えています。
すでに一人でデモCDを多重録音したけれど、ミキシングなどに強い方に協力いただくことで クオリティーの高いものを仕上げたいです。(今までは 下村誠さんが やってくれていたポジションです。)
 
また、曲によっては ピアノ、(鍵盤楽器)、メロディ楽器、自然音を入れたいので 多重録音ばかりではなく、好きなミュージシャンに声かけしていっせいに演奏したり、あるいは重ねたりする時間もつくろうと思っています。

構想としては 5月、6月、9月に 1週間づつくらいをレコーディングにあて、10月くらいにはCDジャケット&歌詞カードのデザインも終えたいと思っています。

それでは、気持ちが動いた方は 連絡くださいね。よろしくです。

連絡 ainohana@air.ocn.ne.jp (有里まで)
by ainohanaMusic | 2009-04-23 19:57 | 心の旅日記 | Comments(0)

長野に帰宅

19日の夜 天橋立より長野の自宅に1カ月振りに帰りました。
d0024504_20122852.jpg

20日には、帰りを待っててくれた伊那市の友人二人が訪ねて来てゆっくり話を聞くことになりました。
 ひとりは北海道から移住され、伊那市の委託を受けて、野生動物と人間との共存のために人里に降りてくる野生動物を追い返すためのアイヌ犬の訓練に入り昼夜を問わず奉仕していた家族で、地元業者の利権問題もからんだであろう行政の方針の変化にプロジェクトを打ち切られ、今後の方向性を見失っていました。地元で活躍する心ある友人たちの話に、地元でも素直な心で本心と出会える輪を育ててゆけるよう歌ってゆきたいな~と思いました。
d0024504_20405762.jpg
そして夕方、1カ月ぶりに長男のアマチを迎えに高校近くに借りたアパートまで行きました。わたしの留守中は2002年に別れた元パートナーである父のところにいるのですが、父の送り迎えが大変なので信州大学の学生のアパートを借りて、自炊生活を始めたとのこと。6畳二間はシンプルだけど わたしの大学時代のアパートより快適そう。快活なアマチの要望で靴を買い替え、整髪、必要な買い物に付き合ったのですが、ツアーの疲れが体に堪えました。少しは休まないとね~
 そして、今日はチューリップの咲き乱れる庭に花を植え足し、畑に苗を植え、種をまきました。キャベツ、ブロッコリ、カリフラワー、レタス、マメ、ニンジン、チンゲンサイ。。明日はネギの苗を植えます。
d0024504_2052654.jpg

ところで、昨年の冬を越したブロッコリとネギ、そしてこぼれだねからレタスが収穫!
夏には、また食べきれないほどの たくさんの新鮮な野菜に恵まれることが今から感じられてたのしい。
d0024504_20553922.jpg

さて、ツアーの報告の続きを書きますね。

4月14日 徳島は徳島は神山へ。
神山に暮らすきょうこちゃんとは、過去に何度か顔を合わせたくらい、個人的にやりとりしたのはネットのミクシーを通じて数回でしたが、時間を共有したいという思いがありました。
きょうこちゃんのパートナーのちゃんさんは昨年、12月、光の世界に旅立ったばかり。
癌を抱えて7年、周囲に人家のない見晴らしのいい静かな神山のログハウスをきょうこちゃんと一緒に整えていのちを全うし、光の世界へ移行したことを わたしは他人事と思えませんでした。
 パートナーが次なる旅路、光に導かれたとき、残された者には この世での次なる旅路が待ってるんだよね。
人知れず泣きながらでも一人で歩き続けた自分の2年を振り返ると なにもできないけれど そばに行きたいな~立ち止まらず歩き続け今に至った「生きているわたし」で、出会いたいと感じたのでした。
d0024504_2195951.jpg
d0024504_21102567.jpg

14日、途中で待ち合わせ。 眠そうなわたしに きょうこちゃんが運転を変わってくれました。そして焼山寺にお参りして、きょうこちゃんのログハウスへ。

15日午後、持ち寄りの昼ごはんとコンサート。
ひさしぶりの友人とも再会できていい時間でした。きょうこちゃん、ゆきちゃん、そして集まってくださったみなさんありがとう。夕方、きょうこちゃんの案内で、周囲の山を歩きました。地元の森林再生プロジェクトに、間伐のほか、数か月アーチストを迎え入れ森林の中にアートを制作してもらっているプロジェクトもあり、散歩道に個性的なオブジェがありました。そんな豊かな発想の森林再生への活動の中で きょうこちゃんと ちゃんさんの土地との出会いもあったと聞き、森や人とトータルにかかわってゆける暮らしへの思いを馳せました。いつか、家も建ててみたいな~。
きょうこちゃん、ありがとう。

16日、一路 京都は加茂へ。
珈琲を送っていただいている珈琲焙煎屋さんのけいさんを訪ねました。けいさん迎えてくださってありがとう。タイミングよく、サンフランシスコから画家のまこさんや、友人夫婦、まこさんのお母さんも来られて 夜は屋上でバーベキューパーティーとなりました。まこさん、バーベキューのお世話ありがとう。柳生からRUPAの直ちゃん、わたるくん、かなとくんも会いに来てくれて、新曲の♪竜神さま を歌いました。直ちゃん、わたるくんとはいつもシンクロしている。彼らも、この頃「竜」を感じていたみたい。陰陽の和合というテーマも共通していました。

竜神さま♪

あなたの胸で眠りたい ともにこの世を生きましょう

みどり紫 寒露の湯 舞い踊る風 光の輪

あなたとわたしが異なる姿で地上に降り立って

新しい世を作りましょう 新しい世を作りましょう


太古の昔降り立った竜のすがたの木の根たち

寒露の泉湧き上がる 打ちよせる波 藍の風

男と女の異なる波動が ひとつに溶け合って

新しい世を迎えましょう 新しい世を迎えましょう 
(2009.4月9日の夢)

17日、一路 天橋立へ。

お昼には真名井神社で磐笛を吹かれる大浦さんと合流。ミクシーで出会い、最初のコンサートを天橋立で企画してくれたあまねさんも合流。

大浦さんの案内で 天橋立めぐり。
竜宮城(神さまの始まりの場所)は、沓島と冠島の間の海底にあると伝えられると話を聞かせていただいて、海に向かっての岩笛を聞き、歌もうたいました。
d0024504_21455718.jpg

丹後半島に朝鮮から始皇帝の家臣たちが上陸してきたという入り江の断崖の上に墓跡があり、そこでも岩笛の音色が響きました。
d0024504_21503296.jpg
d0024504_21504912.jpg

丹後半島を海沿いにぐるりと回りながら、祈りの場所を中心に案内していただき、冷たい風にあおられながら体の中に丹後半島の魂が入ったかのようでした。

18日 天橋立ワイナリーでツアーの最終コンサート。
d0024504_22478100.jpg

準備の休憩中、大浦さんと八星と3人で話しました。毎日、場所も人も入れ替わってゆくコンサートツアーを共に乗り切った八星ですが、わたしにとっては毎日が変化に富んでいるのに、彼にとっては「つまらなく」なっていました。八星の今の好みの音楽は「ハードロック」、そして希望楽器は「ギター」。
 でもね、出会いが導く人生、与えられたポジションで、毎日新しい発見を見いだすことも成長だよね。それでも、最後までしっかりと母をサポートしてくれた八星、ありがとう。
次のロングツアー 東北~北海道は八星は来ないかもしれない~。宮崎のしの笛奏者の遊人が来たいと言っています。すべては必然なので、喜びも大きいが、体力的にも精神的にもタフなツアー、同行者もきっと決まっている。導かれるように思います。

さて、天橋立コンサートも恒例のシェアリングができてよかったです。最後は大浦さんの磐笛で締めくくられました。

翌朝、あまねさんの家で、コンサートに来られなかったお友達ともお会いしました。幼いころから見えないものが見える男性。今はその能力を生かしてカウンセリングのようなお仕事を始めていました。人はそれぞれに授かったものが違うからこそ、素晴らしい。そのことをありのままにうけとり、それぞれでありながら同じ目線で貢献しあえて行けたらいいですね。

話の流れで♪竜神さま、♪天からの水を歌い、長野へ帰路につきました。

最後の最後まで 楽しい旅でした。

大浦さん、あまねさん ありがとう。

そして、この1か月 各地で迎えてくださり、出会ったみなさん ありがとうございました。

また、逢いに行きます。
by ainohanaMusic | 2009-04-22 20:54 | 心の旅日記 | Comments(0)

高知より

高知市のホテルに滞在しています。
高知商業高校裏山にある吉本家のお墓の1年ぶりのお掃除とお墓参りを終えて、夜は八星と映画を見に行く合間の2時間。。旅の報告をしておきますね。
d0024504_17135330.jpg


4月4日(土)長崎は大島から宮崎まで移動。5日には、宮崎在住のしの笛の遊人と、2か月ぶりの音合わせ、6日には急きょ決まったお花屋さんでのコンサート。コンサートを決めて わずか数日後のライブだったので 集まれたお客さんは少なかったものの、味わい深いコンサートでした。そして庭で花に囲まれてのシェアリングも良かったです。お花屋さんアナ―センのオーナーに夕ご飯を誘っていただいてお話しできたのも素敵な時間でした。協力してくださった池辺さん、アナ―センのスタッフのみなさん、主催の遊人、ありがとう。
d0024504_17212592.jpg

せっかく音合わせができたので、7日、鹿児島のコンサートに遊人をお誘いしました。運転、設営、撤収も お手伝いいただいて、13歳で母を助け頑張っていた八星も息を抜けたようだし、3曲のコラボレーション、力強く満ちた感じがして良かったです。
 鹿児島でのコンサート&シェアリングも巡り合わせの妙を感じました。会場のギャラリーに昼間、絵を見に来ていた18歳のかわいらしい女の子は、ちょうど大学のオリエンテーションの日で大学になじめない気持ち、ご両親には言えない気持ちを涙ながらに語りました。一方、子どもの本当の幸せを願う母の気持ちを、涙ながらに語ってくださった方もいて、それぞれがそれぞれでありながらお互いの幸せを願う輪をつなげて、ありがたい時間でした。「りんく」の松尾さん、ギャラリー白樺さん、集まられたみなさん、急きょ参加してくれた遊人、ありがとうございました。また、大ちゃん、語り合えて良かったです。ありがとう。
d0024504_17382611.jpg

さて、鹿児島から、遊人の提案で桜島に寄り、「ふるさと温泉ホテル」の竜神露天風呂に入り神秘的な体験をしました。
 予備知識もなく寄った温泉は海に直接つながった混浴(厚手の浴衣を着るので服を着てお風呂に入ってる感じです)のお風呂。開放的な海に面した露天風呂に、鳥居としめ縄があり、観音様がまつられて、巨木の根っこは人の手が加わっていないのに、竜の姿をしていました。木の根っこが、自然にそんな風な姿になるはずもないのに、ロウソクのとけた痕までも竜の姿で溶けていて、竜の神さまがここには存在してるような、祈りたくなる波動に満ちていました。海で、初泳ぎ。広い広い海の穏やかさが沁み入りました。

「湯気が踊ってるよ。」と遊人が言うので見ると、湯気が渦巻きのように独特に舞っていました。わたしも舞いたくなり手のひらと体を そっと動かしたら歌いたくなり、観音様の歌を奉納しました。
 光の渦巻きの中に、遊人は、みどりと紫の光を見て、そして生まれるの最初の文字「う」の形に光がとおってゆくのを見たと伝えてくれて、何気に見た看板には、
この温泉は○○年の4月8日お釈迦様の誕生日に、巨木の根っこに発見されたと記述があり、その日が 4月8日であることに、気が付きました。また、改めて、露天風呂にしめ縄でまつられている岩が、男性性と女性性のシンボルであることに気が付きました。

翌朝メロディがやってきました。その音の中には、姿の異なるもの波動の異なるもの 男性性と女性性の調和によって開く新しい時代というモチーフが内在し、タイトルは竜神さまという感じなのです。長野に帰宅したら仕上げてみますね。。

4月10日、八星と二人で宮崎から松山まで移動。
10時間!かかりました。1時間はフェリーに乗っていたので 運転の中休憩となり、体力回復しました。夜、おでんとおにぎりで迎えてくれたいくみさん、、ありがとう。夜遅く、大ちゃんと会いに来てくれた由美ちゃんありがとう。

11日は ワンズカフェで♪ありのままのあなたでいいんだよ♪コンサート。
昨年12月光の世界に旅立った足摺岬のヒーラーの綾ちゃんの追悼もかねたライブでした。
d0024504_18224835.jpg

光になった綾ちゃんのリクエストをたびたび感じ、選曲がどんどん変わりました。
彼女がリクエストしてきたのは「形ではなく愛から」「生きているだけで素晴らしい」「観音さま」「花びら流れて」
などなど。。「形ではなく愛から」は、まさに綾ちゃんの生き方だったね。まさに、型破りの愛の人だったと感じています。
この歌を歌っている時 光に包まれました。下の写真が そのときのものです。白い光に包まれて、わたしの姿が見えなくなったところをカメラがとらえてくれました。不思議ですね~。あやちゃん、素晴らしい人生を生き抜いて光そのものになったんだ~と感慨深いです。ありがとう。そして、おめでとう。綾ちゃんを偲んで集ってくださった方も多く、ワンズカフェに泊めていただいたこともあり、綾ちゃんがガンで亡くなるその時まで 病気と向かい合いながらも愛の人であったこと、お葬式の喪主を務めた綾ちゃんの息子さんたちが語った話も聞けて、「死」を終わりではなく「生」の延長上の自然なこととして明確にとらえていた綾ちゃんの存在を、今はより軽やかに働けてると息子さんたちも感じていること、人生途上で亡くなったのではなく、やることをやり遂げてライトタイミングで旅立ったことを感じることができました。
いくみさん、えりちゃん、スタッフのみなさん ありがとう。
d0024504_18264492.jpg
d0024504_18361375.jpg

12日は高知市へ移動、昨年から引き続いて「じきゅう村」の影浦さんの主催のコンサートでした。
d0024504_18355038.jpg

ライブ、シェアリング、そして シェアリングした仲間たちと食事に行き、新しいつながりは初めてであったにも関わらず、小学校の幼馴染のようなつながりを感じました。経営者の立場の男性がお二人最後までいらして、お金や経営や、形を超えて人生を豊かにしてゆきたいという願いに共感できて 楽しかったです。
じきゅう村の影浦さん、コンサート、宿泊のお世話、そしてお墓参りもご一緒してくださって ほんとにありがとうございました。また、いっちゃん、お手伝いくださったみなさん ありがとうございました。

そして、高知市の最後の夜は 八星と映画のレイトショーを見終えて 今帰宅したところです。

明日は 徳島へ向かいます。


 
by ainohanaMusic | 2009-04-13 18:28 | 心の旅日記 | Comments(0)

明日は宮崎のお花屋さんで急きょコンサート♪

昨日、長崎は大島から宮崎まで移動。

急ですが、明日 宮崎は一ツ葉のお花屋さんで午後2時からコンサートとなりました♪
なんと、二日前に決まったので、宣伝期間は3日間。(わらい)
どなたでもいらしてくださいね。
シェアリングの時間もあります。

しの笛のゆうと(角脇さん)とのコラボレーションも久しぶりに やってみます。

急なことだし、平日の昼間なので ほんとに御縁の方しか来れないと思いますが それだけにインスピレーションを感じたら、調整して駆けつけてくださいね。きっと、素敵な出会いの時間になるかと思います。

*********
♪吉本有里コンサート♪with八星、遊人
      
2009年 4月6日(月)
場所 アナ―セン (宮崎市新別府町前浜1401-136)
時間 午後2時~4時
会費 2500円(ワンドリンク付き)
連絡先 0985-73-2607 090-1192-6973(角脇)

コンサートの後 希望者でシェアリング(分かち合い)を行います。
by ainohanaMusic | 2009-04-05 14:02 | 心の旅日記 | Comments(0)

長崎は大島から

長崎は大島のえりちゃんの家です。今朝、長崎は南串から移動して、夜のコンサートを終えたところです。
d0024504_1251494.jpg
d0024504_1242431.jpg

沖縄に暮らし、2005年の夏、沖縄は「ポランの広場」のコンサートに来てくれたえりちゃんが、介護中の大島のおじいちゃんの家でコンサートを企画してくれることに決まったのは、10日前のこと。。短い準備期間で、迎えてくれてありがとう。もう、深夜ですが、ネット環境が整っているので、みなが寝静まったところでパソコンを開きました。我ながらタフです。。(笑い)

さて、3月28日からの報告です。
28日(土)は、小倉から豊前市に車を走らせました。満開の桜に迎えられ、手仕事村「やまぼうし」で、コンサート。実は、今回、このコンサートを進めてくださった荒巻さんとは20歳ころ東京で出会っていました。九州に移住されたことも知らず、大分は九重のお祭りで歌っていた時、荒巻さん、村上さんと偶然再会し、築上町の「やまなみ農園」のコンサート企画を経て、今回のコンサートの運びとなりました。
d0024504_355992.jpg
d0024504_1425642.jpg
d0024504_1432267.jpg
d0024504_14343100.jpg

豊前の山々の独特な空気、オリジナリティーのある手作りの品々を製作、展示、販売しつつ、みなの集えるスペースを維持してゆく仲間作り。親しみを感じました。懇親会も楽しかったです。荒巻さん、そしてお世話くださったみなさん、聞きに来てくださったみなさんありがとうございました。

29日(日)泊めていただいた「やまぼうし」を、朝7時半出発、一路 長崎は島原へ。毎年、長崎でコンサートを企画し続けてくださっている南串町の川内さんと合流して温泉で体を休めてから、今回のコンサートの主催者である本田さんの自然食のお店「チャンプル」に立ち寄り、一緒に、コンサート会場である江東寺に入りました。
 本田さんとは この日 初めてお会いしました。川内さんと松尾さんを通じて紹介していただき、CDや手紙、電話でやり取りしていましたが、お会いしたのは初めて。病気をされたご主人の体のこともあり、みんなに「癒し」の食事を提供し「ただいま~」と帰ってきてほしいという思いでお店をされている本田さんが中心になって、江東寺のみなさんと、川内さん、チカちゃん、松尾さんみんなで気持よくコンサートを作り上げてくれました。ありがとうございました。
d0024504_232573.jpg
d0024504_234626.jpg

最後の2曲が、操作ミスで急に音響が使えなくなって、肉声と生音で締めくくったのですが 結果的には良かったかもしれません。(もう 同じミスはしませんが)

30日はオフ。川内さんのお宅で久しぶりに洗濯、そして午後は、みんなでヘンプアクセサリーを作りました。子どもたち、ゆみよさん、ご主人、それぞれの選んだ色や組み合わせが個性的。全く違う個性の4人が家族として出会ってるんだなあ~と感慨深いですね。内面を感じることのできる創作の時間。楽しみました。

31日、オフ。午前中は 初めての長いツアーにミュージシャンとして参加し緊張と疲れの出ている八星と二人で過ごすことにしました。

イルカウォッチング。
これが、とても良かった。
イルカさんたちありがとう。
一つ一つのボートに自ら 近づいてきてくれる野生の彼ら。
ありがとう。ありがとう。
わたしも八星も癒されたよ。
d0024504_2295474.jpg
d0024504_2301586.jpg
d0024504_2303543.jpg

そして、海辺でも憩いました。
海岸近くまで人が暮らしているのに、海はまだまだきれいで八星もおかずになりそうな貝を探して楽しそうでした。
d0024504_2323453.jpg


4月1日 雲仙市でコンサート。
朝は、午前10時から標高800Mの峠で市の催し大声&おおぼら大会の前にゲストで歌いました。
この峠では数日前に雪も降り、この日は強風のうえ冷えていて 立っているのも辛いほど寒かったのですが
気持よかった。うたっていると、山の気が全身を満たしてくれました。
d0024504_2385561.jpg
d0024504_2391731.jpg
d0024504_239396.jpg

そして、午後2時から「やまびこ会館」に移動してコンサート。
d0024504_2393964.jpg

コンサートを終えたら、くたくたでしたが 八星が彼のための時間を必要としているのを感じました。
午後5時過ぎ、雲仙の蒸気がもうもうと立ち上っている「地獄」を観光し、「昔のおもちゃ&駄菓子屋」をめぐり、温泉に寄って、ヨーグルトとおでんを食べ、7時に川内さんの家に帰宅。おいしいてんぷらをいただきました。
d0024504_2462693.jpg


1か月に及ぶコンサートツアー。
今までと違って大人に近づきつつある子どもとともにコンサートをして、
彼を気遣うことが自分たちのスペースを時々意識的に作り出すことになり、豊かな旅になっています。

夜も更けてきましたので、このくらいにしますね。

明日はオフ。
八星が釣りをしたいので、えりちゃんのおじさんに、釣りに連れて行ってもらうことになっています。
また、今夜のコンサートに来られたご夫婦を訪ねることにもなっています。

あさっては、宮崎へ。6日に、宮崎をすることに決まったばかり。

また、チャンスを見てアップしますね。

それでは、またね~。
by ainohanaMusic | 2009-04-03 01:49 | 心の旅日記 | Comments(4)