愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

蛍コンサート&リトリートinバーロムサイ タイランド のご案内

こんにちわ~。

なぜかしらないけれど(笑い)
タイでのリトリート案内は どうして こんなに直前になってしまうんだろう?

速攻で 決めてくださいね~。
2月に始めて訪問した タイ北部のバーロムサイ(エイズ孤児の施設)のすてきなゲストハウスhttp://www.banromsai.jp/guesthouse.htmlに蛍が舞う頃、縁のある人たちと静かで深い ライブ&リトリート企画を名古屋の蔵原さんが 立ち上げてくれています。
彼女は 2月に偶然 一緒に バーロムサイを訪ねたメンバーの中にいたのです。(写真左端)
d0024504_1001273.jpg

バーロムサイの代表である名取さんが
「蛍の舞う頃、ゲストハウスの庭で歌ってくださいね。」
と言われた その言葉を彼女が受けてくれて企画された ライブ&リトリートです。

以下、今朝 蔵原さんから 受け取ったファックスのチラシの転載です。

*******************
有里さんと巡る 星祭りツアー

コンサートとリトリート

柔らかな蛍の光につつまれて

さわやかな風と暖かな 有里さんの光の歌声が吹きぬける

とりもどそう あなたの時間 あなたのリズム

5月28日~5月31日(4日間)
タイ北部 チェンマイ バーロムサイの素敵なゲストハウスにて

参加費 旅の実費の他に、リトリート費用としては 一人(2万5千円~5万円の間)
                                 ※参加者人数によります。
     ( 旅券は蔵原さんが 格安チケットを手配してくれます。)

お問い合わせ&申し込み 蔵原090-2694-4322

募集期間は2週間前の5月14日まで。
格安チケットは ボチボチ 空き席が少なくなっていますので 早い方がいいです。
募集を始めたのが 4月21日の今日と 超スローなので、 申し込みが3人になれば 実施しますが
満たなければ 来年 にしますね~。

************************
出発は27日の深夜便で 名古屋から飛ぶつもりです。
蔵原さんのチェンマイでの滞在は 2週間。
わたしは そうですね、1週間~10日の間と 思っています。
(不在中の子どもたちのことがありますからね~)

まだ、海外や、タイに行ったことのない方 よかったら 一緒に行きましょう。

帰る頃には 「もう、次は 一人で来れる!」自分になってますよ。(笑い)

わたしは、日本出ると トータルに調整される感じがします。
場所によって 価値観や文化が違うので 偏りが修正される感じが とても嬉しいです。

次回は 八星は一緒ではないと思うので、ちょっと大人な旅を楽しもうかなあ~と思ってます。

実施が来年となれば、八星(次男)も一緒に行けるような旅を考えてみようかな~。
by ainohanaMusic | 2008-04-21 10:13 | ライブ | Comments(0)

夏のリトリートのご案内

今日は 雨。
アマチを駅まで送り、八星は 自転車で学校へ行きました。

雨漏りは 相変わらずなので 明日応急修理を お願いしました。

今週末は、こどもたちと3人で 高遠町にキープしてあった県営住宅を片付け、全面引越しです。
わたしがツアーでいない間、子どもたちだけで 近くに交通機関のない 駒ヶ根の家から学校まで通学できるかどうか見極めて、アマチの場合、相当頑張りが必要だけど(片道 自転車行き40分、帰り坂道のため1時間+ 電車15分+徒歩30分) 高遠町の家を、引き払うことにしたよ。わたしがいる間は 帰りは迎えにいくし、いない間も 留守番を可能なときは 友人たちにお願いしようと思っています。

変わり目ですね。

4月23日から5月6日までが次のツアーです。
京都綾部~大阪~鳥取智頭町~松山2ヶ所~高知市~吉野~熊野2ヶ所
9回のコンサート。
楽しみだなあ~。

詳細はこちら
http://amanakuni.net/yuri/retreat0808.html
うまく開けない場合は
amanakuni.net/yuri
で、ライブのページをクリックしてくださいね。

このツアーの間は、満月リトリートのスタッフだったエコさんとサッシーが こどもたちのために 時々 遊里庵に滞在してくれることになって、ほんとに ありがたいです。

今夜は 夕ご飯に 招待しています。

楽しみです。

*********************
さて、早いですが 夏のリトリートの詳細
決めました。
よかったら 日程を 今から調整して 是非 「ほんとの自分」に出会いに いらしてくださいね。

スタッフも募集します。

基本的には スタッフは 参加経験者が いいのですが いろいろ考えてみます。ご相談ください。スタッフは リトリートの数日前(遅くとも前日までには)には集合して 準備をしながらのプレリトリートをします。

**********************

2008年  魂の目覚めのための 3泊4日の 夏のリトリート 

  by有里と その仲間たち 第13回&14回目 in 新生観音道場遊里庵 

    お念仏、メディテーション、体ほぐし、光と風、星祭コンサート、ナチュラルサウナ、

川遊び、色んな場所でシェアリング、温泉 (自然な流れでゆったりと)

          長野県駒ヶ根市東伊那火山  有里の自宅にて


♪満天の星のひとつひとつの輝き

世界中でつながっているわたしたち

 声に出して 歌ってみるよ

       あなたのなまえ♪

3月、新生遊里庵にて初回、通算では12回目のリトリートを満了しました。いつも感じることなのだけど 生まれる前、まだ肉体の衣を着る前に 光の世界での わたしたちは こんなふうにピュアーで お互いがお互いであることを祝福しあっていたのだと思います。限られた4日間で わたしたちは 光の自分に戻り 地上に生きる自分を掴みなおす。暮らしの中で降りてきた歌を、暮らしの現場で折々に聞き、心を分かち合い、感じることを深めてゆく。スタッフたちの心のこもったお料理やサポートの数々、子どもたちの笑い声の響く自然豊かな古民家で、グングンと深まってゆくリトリート。    
人ではない、自分自身と出会いに みんなは ここに来てくれるのだと、このごろ思っています。今は忘れているかもしれない ほんとうのあなた自身に出会いに 遊里庵まで どうぞいらしてください。あなたがあなたと出会うとき、実は はるか昔 再会を約束していた魂の兄弟たちが そうとは知らずにそこに集い 手をつなぎ ともに祈り 祝福していることに 気がつくでしょう。     
『一日生きたら 丸もうけ~。』父の言葉が わたしにも響きます。今、できることを精一杯 努め、  遊里庵で待ってます  ~有里~

d0024504_11413855.jpg

d0024504_1142613.jpg

d0024504_11423578.jpg

d0024504_1143165.jpg

d0024504_1147712.jpg


【日程 】8月1日(金)~4日(月)新月リトリート 

     8日(金)~11日(月)星祭リトリート

1日の2時頃 現地集合 4日の午後 現地解散 (名古屋、大阪、東京から高速バス有)

バス停まで送り迎えします。(申し込みされたらアクセスの詳細をお伝えします)

【場所】 長野県駒ヶ根市東伊那火山4385 有里自宅 

【参加費】 3泊4日 大人 45000円 こども15000円(3泊、9回の手料理、

満ちるリトリートプログラム、毎日コンサート&シェアリング 送迎、スタッフサポート) オプショナルプログラム(自由時間に参加自由・参加費別途のプログラム) も用意します。。(ヘンプクラフトワークショップ、ヒーリングなど) 温泉にも希望者で1~2回行く機会があります。こちらは大人600円、 子ども300円です。(※プログラムは3泊の流れで用意してありますので 都合のために短くならざるをえない方も 同じ料金をお納めください。)

【定員】 大人10人子ども5人くらい 申し込みについて 準備の都合がありますので お早めにお申し込みください。お名前、ご住所、お電話番号、メルアド、参加の動機、伝えた方がいいと思われることをメールかファックスしてくださいね。相談されたいことがあれば 申し込み前でも 連絡してください。(ライブツアー中や海外に出ているときは お返事が遅れてしまいますが 了解ください) 先着締め切りになります。空きを確認の上、申込金大人一人 1万五千円、こども一人五千円を郵便局にお振込みください。振込みを持って申し込みとなります。残金は 来られる前にお振込みください。

【その他】 プログラムは大人向けですが、こどもたちのことも配慮して自然な流れのリトリートを実践しています。子どもたちにはスタッフが関わりますが ある程度 自分で世話をする心つもりでいらしてください)食事は酵素玄米 野菜中心ですがベジタリアン、アレルギーのある方、要望のある方は事前に伝えてください。事情や心配事などあれば、遠慮なく事前にお話しください。
また、遊里庵には有里のオリジナルCD,ヘンプアクセサリーの他 タイのナチュラルテイストの衣類や小物が たくさん展示してあります。展示もお楽しみに。

【申込み&お問合わせ】 Tel&Fax. 0265-81-7819 090-4535-4776(有里)E-mail ainohana@air.ocn.ne.jp


振込先 口座名称 愛の花 Music 口座番号 00530-3-41882


愛の花Music http://amanakuni.net/yuri 
有里ブログ http://ainohanam.exblog.jp/ (夏のリトリート&満月リトリートの報告あります)



d0024504_11434864.jpg

by ainohanaMusic | 2008-04-10 11:18 | ライブ | Comments(0)

春休み&入学式、進学な日々

3月28日、午後3時近くまで 満月リトリートの片付けに動いてくれた奈良のみどりちゃんを駅に送り、その足で両親のくらす焼津へ向かいました。
 母は、わたしが2歳半のときに肺を患い1年半入院。手術もして、 人一倍肺活量の少ない母は、わたしがカリフォルニアにいた頃 風邪をこじらせ倒れて、危篤に陥りました。(そのことがきっかけで、わたしが日本に戻ってきたのですが)なんとか持ち直し、今は 定年退職した父と二人で 静かな暮らしを営んでいます。
d0024504_17174595.jpg

早めに休む両親と、少しでも くつろいだ時間を持ちたくて7時を目指しました。
選んだ道が 土砂崩れのため閉鎖されていて迂回することになったが その後スムーズに
飛ばすことができて 目指す7時ぴったり到着。

よかった~、一日でも、すごく貴重。両親が起きてる時間に着けて良かった~!

実家では やりたいことが5つ。

ひとつは 両親と座って 話す なにげない団欒。
2つ目は 八星(アマチは バスケのため長野に残った)と、映画館に出かけること。晴れたら東照宮にも登りたい。
3つ目は 日ごろなかなか 時間がないので ヘンプアクセサリーを心行くまで編むこと。
4つ目は レコーディングしたい歌が 4曲。
5つ目は 高齢の両親には 拭き掃除など たいへんなので、八星と二人で お掃除。

4泊5日は 瞬く間に過ぎてしまいましたが やりたいことは すべて やれて ありがたや~。
d0024504_16351214.jpg

ほんとうはお料理も してあげたいのですが 仕事も家事も子どもの世話も 大人が一人の日常は 日頃から 食事は 簡単。仕事をしていたら 昼間は 食事も忘れてしまいます。映画館に出かけたりしても 帰れば ご飯ができていたり、集中して仕事しても、八星は 両親とご飯を食べ 団欒していて 実家のありがたさを味わいました。

レコーディングは 新曲♪ワンネスを 4月24日 大阪でコラボする予定なので デモ録音が必要で 取り掛かったのですが なんだか 次のCD製作への 呼び水になりました。

なんだ~、一人でも 録音できそうじゃない?

CDのタイトルのインスピレーションも やってきたよ。。

(仮タイトル)♪ 静音① 夢サイト  

光になった誠さんが 旅立つ前に 夢の中で『有里が歌ってたよ。』と書き起こしてくれた向こうの世界から 届いた まだCDに未発表の12曲

♪ 静音② 

リアルサイト 現実の有里に 降りてきた CD未発表の 12曲

2006年1月に「こどもたちの心」「観音さま」の2枚のアルバム(24曲)を 同時リリースしたけれど もしかして 3年後の2009年1月くらいには 2枚完成できるかなあ?

もう、始まってしまいました。。試行錯誤の日々になりそうです。

***********************
さて、77歳になった父が、なんだか大切なことを語ってくれました。

胸に響いています。

遊里庵の雨漏りのことも心配してくれて
一刻も早く 屋根を張りなおさないと~根太が痛むから 梅雨前には工事に入った方がいいという見解を 踏みとどまらせてくれました。

数百万という 費用は 今 わたしには ないのです。

ないものは ない。ないのだから 時期を待つ。
根太が痛んだら それでいいじゃないか~
ほんとに そうですね~。
数年計画で 実現させたら いいと そんなふうに 今 思っています。

また、父曰く

「お母さんより 早く逝くわけに行かないから 一日でも一緒に生きられるように 一日一日を 生きてるよ。お母さんが 亡くなっても そう思えるかどうかは わからない。でも、今は
 『一日生きて、丸もうけ。』  そう思って いきてるよ。」

母が危篤から持ち直してから 父は そう思うようになったのだと思う。もう、あれから 8年。ただ、生きてるだけでありがたい~お互いに そう、思い合って 寄り添う日々がこの世で体験できるのは、ありがたいですね。

ところで、わたしは、誠さんが 光に旅立ってから、1年くらい あの世に心が向いていました。

早く また会いたいな~と 心底は、いつも感じつつ
生かされて、生きることになっている自分の道を 受け入れていました。
でも、あの世と、この世に分かれてしまったことを 受け入れるのには、涙が たくさん必要だった。

あの世とこの世を隔てる壁。それを、初めて味わった。
それは、目には見えないけど 実在する別次元を、いつも 感じ取る 鍛錬であり、今は、生きているけれど、いつかは この世にはとどまれなくなる肉体のリミットを知って 今 ここにあることをありがたく思える気づきへの道のりだった。あの世に逝ってしまうまえに 子どもたちや 無数の魂の家族たちに手渡しておきたい 大切なものがある。今、それを自覚して 取り組んでいる。
「一日生きて 丸もうけ」 ほんとに そうですね~。

今日も 1曲、録りましたよ~。

今は この世にいながら あの世の誠さんと時々コンタクトがあります。
誠さんは おかしな人で ほんとにリアルに ちゃあんとメッセージをくれるのです。
あの世にいても 肉体のない意識体でも 個性は変わらず けれどもクリアな意識で大胆にメッセージをくれる。誠さんらしい ユーモアのセンスを持って。

それで、今は、

長い長い 魂の転生の途中で 会えないひとときをも 愛を育みあっていることが、なんだか、
ロマンチックなことだな~と思っています。

そしてまた、この肉体を持っている間に また誰かを愛することがあるとしたら、それは 誠さんを忘れることではなくて 誠さんを忘れることなく愛しているわたしを 愛する人との出会いであり、また そのひとの中に 誠さんも存在するのだろう~と そんなふうに 感じています。

********************
d0024504_175478.jpg

さて、両親の家を後にして 4月4日と5日は
八星の中学入学式、アマチの高校入学式 と続きました。

今、二人はそれぞれに自転車で 学校に 通い始めています。
アマチの高校は 我が家から 遠いのですね~。
自転車で坂道を30分 電車で15分 徒歩で30分の道のりで しかも電車が1時間に1本しかない。

朝も帰りも 送り迎えをしてあげたい心を抑えて 二人を送り出しています。
ひとつの肉体で やれることは ひとつ。

わたしは今年は 自分の世界(音楽)を深めていきたい。
昨年は 1日2時間の、遠距離通学の子どもの送迎を始めとして、雑用に追われた1年でしたが今年は CD製作にも入ってゆきたい。

アマチも八星も それぞれに 自分でできることは自分でクリアしてもらい お互いの大事な世界が深まり展開してゆける豊かさを、分かち合ってゆこうと思っています。
d0024504_18104473.jpg

by ainohanaMusic | 2008-04-09 17:52 | 心の旅日記 | Comments(0)