愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

新しい暮らしへ

こんばんわ。

しばらく更新できず、ご心配かけました。そして、今なお届いている義援金、義援物資、お見舞い、ありがとうございます。そうして心を寄せてくださった方々の総数は200人くらいにはなるのではないでしょうか?
 なかなか礼状も出せずにいますが、ほんとにありがたく受け取っています。明日の心配をせずに心身を癒し、暮らしを立て直す時間を与えられてること。なにが、与えられているのだろう?と自分に聞いたら、「無条件の愛」という答えが返ってきました。
 
そして、わたしが今、もっとも必要なものも、それなのだ、と数日前、気がつきました。

誠さんが光の世界に移行して以来、話しかけると電気のようなあたたかい波動が体に流れ込んできます。そして、誠さんとの対話が、自分自身との対話となって、心静かな時間が持てているにもかかわらず、時々、喪失感に涙が溢れてしまうことがあります。

愛されていたなあ、愛していたんだなあ、という気づきを掴んでしまうと、喪失感になってしまいます。

なにも掴まないで、愛されているし、愛しているという地平から歩き出す。

そう、なにも掴まないで歩き出す。
 
おかげさまで、少しずつ火傷も回復し、今日、ようやく12月6日の火事以来滞在させていただいたフリーキッズビレッジからの引越し先が決まりました。わたしを そっと自由にさせ、お世話してくれたフリーキッズの孝子、みなさんに感謝です。2ヶ月近くもお世話になってしまいました。
そして、この大所帯に食料を送ってくださったみなさん、衣類、火傷の治療薬など、ほんとに心のこもった物資をありがとうございました。衣類などは、すっかりわたしのテイストがそろってしまっています。自分のステージ衣装、販売用のものまで送ってくれた友人もいて、ほんとうに、ありがたかった!
 
引越し先は、高遠町の県営住宅です。今まで10部屋もある大きな家に住んでいたわたしにとっては非常に狭く感じてしまう3DKですが、火傷が完治し、新しい暮らしや仕事のサイクルが落ち着くまでは、いいサイズかもしれません。落ち着いたら、また次なる場所の展開があるのかもしれません。
 
やけどの両手は、傷がふさがり、赤ちゃんのようなピンク色の薄い皮膚に覆われました。部分的に硬いところもありますが、ゆっくりですが順調に治ってゆくのがすごい。こんなに自分の体を丁寧に世話し、観察したことはありません。手術しなくて良かったなあ~。火傷治療のプロセスも、その時期によって適切な情報が入ってきています。

14日の誠さんの念仏法要の時、来てくれた友人から東京の火傷専門のお医者さんを紹介されました。15日、そこへ足を運び、いただいた軟膏で飛躍的に良くなりました。また、同じ14日、友人から火傷についての手紙をいただき、「乾燥を避けるためのラップをはずす時期かもしれない」と直感し、ラップをやめました。また、沖縄の方からコーケントーという光線治療の情報をいただいていましたが、1週間ほど前、偶然、身近にその機器を貸してくださる方が現れ、今、毎日、光線治療をしています。その方は、誠さんとはほとんど話をしたことがなかったのに、10日くらい前から、誠さんが夢に何度も現れていたので、協力を求められてるように感じていたそうです。

*********
14日、東京は本應寺での誠さんの念仏法要&追悼コンサートは予想をはるかに上回る250人を超える集まりとなりました。
 この法要を提案し、早くから準備してくれた本應寺のお上人、みなさん、愛の花の仲間たち ありがとう。遊ちゃん、丁寧に関わってくれてありがとう。そして、遠方から来てくださったみなさん、ありがとうございました。そして、「観音道場 遊里庵 再建資金」をありがとうございました。ほんとうに、ありがとうづくしですねえ。

傷が癒え、暮らしが落ち着いたら、2005年から始めていた、リトリートを再開したいと思っています。安心して自分を深め、自然と共にある暮らし、出会う人の魂と響き合える空間、時間をつくっていきたいです。場所は、どこになるのかな?自宅には選べなかったけれど、家探しの中で見つけたいくつかの素敵なスポットが使えるように交渉してみるかもしれません。
 
そして、今年中に、誠さんと着手していた次のCDのプロジェクトを再スタートさせたいな。CDを製作するプロセス、プロデューサー、ミュージシャン、エンジニア、デザイナーやスタッフと作り上げてゆく世界は、ほんとに面白いのです。シンガーとしての力が飛躍するチャンスでもあります。まだ、未知数の次のCD製作プロジェクト。どんな展開になるのだろうね。あの世を感じながら、この世を生きるようになった今、どんな歌声になってゆくのかな。
 
ところで、誠さんは、わたしと活動を共にした3年半も、相当の人たちと出会い続けていたと思うけれど、それ以前もすごかったんだね。全力で一生を駆け抜けたんじゃないかな~。14日は、ほんとうにさまざまな顔ぶれで、誠さんが関わった世界の広さ、そのフットワークの軽さを痛感しました。そして、ほんとうに音楽が好きだったんだね。音楽関係の出会いの人たちが圧倒的に多かったですね。演奏に参加してくださったみなさん、音響をやってくださった方、ありがとうございました。

27日、誠さんが高遠町に借りていた(ほとんど帰ることのなかった)家を、誠さんの息子さん、娘さん、元のお連れ合い、弟さんと一緒に片付けました。誠さんの生前にはお会いしたこともなかった、家族は、結束が強く、さわやかで素敵でした。半日一緒に働いて、心があたたかくなりました。
 
そして、誠さんのコレクションしていたCDや以前の作品、シングルライフの生活用品など、ほとんどの遺品を譲っていただいたのだけど、、、。

わたしは、彼の残したCDを全部、聞くだろうな、と思っています。

一緒にいた時は、前に進むことに夢中で、誠さんの世界(特に過去のもの)には感心がなく、目を向けることがなかった。誠さんが光の世界に旅立って、初めて 彼の全体を受け取ろうとしているわたしがいる。

レゲェ、ロック、フォーク、民族音楽。自分の中から生まれたものしか興味のなく、情報を遠ざけて暮らしていたわたしが、誠さんを通じて、外の世界の情報に心を向けている。なぜなら、そこに彼の存在を感じられるから。彼の親しんだ たくさんの音楽を わたしはこれから吸収することになるでしょう。

出会いの順番が、現在から過去へ。

それでも、出会い、溶け合ってゆくことには変わりない。

生前は、誠さんが わたしの世界にやってきた。

誠さんが旅立ってからは、わたしが誠さんの親しんだ世界を受け取ろうとしている。

体がなくなってもなお、与えられている「愛」に感謝です。
by ainohanaMusic | 2007-01-30 01:47 | 心の旅日記 | Comments(3)

車を譲ってくださる方 いらっしゃいませんか?

1月四日まで焼津の実家で過ごし、今は長野のフリーキッズビレッジに戻ってきています。

今朝、どうやら風邪をひき、1日寝込みました。

奈良からみどりちゃん、京都からゆうちゃんが手伝いに来てくれています。

ところで、1月14日の誠さんの49日の法要でバイオリンを弾きたい~とブログに書いたら、早速、バイオリンが届きました。

少しの間、お借りするのですが、ほんとうにありがたいです。

また、旅立った誠さんからは、ギターが届きました。

火事の日、たまたま隣のかっちゃんに貸したために燃えずに戻ってきたアコースティックギター。そのギターは、以前誠さんが、
「有里、このギター、修繕したら使えるよ。」と言ってくれていたのですが、修理の見積もりをしたら高かったのと、ネックがわたしには太すぎる感じがして、他のギターを購入して使っていた~という経緯のあったギターで、そのギターを爪弾いてみたら、喜んでくれてる誠さんの気持ちが流れ込んできました。

ありがとう。誠さん。

「もちろん、修理にだして使わせてもらうよ~。誠さん。」

ーーーーーーーーーーー
ところで、火事で燃えなかったたったひとつの財産、1台の車が、1月四日に杖突峠で故障。蒸気と煙をはいてレッカー車で運ばれました。今日、修理工場マツダから連絡があり、
修理に相当お金がかかるので、新しいものを購入することを勧められました。

もう、20万キロも走った、マツダのボンゴ、フレディー。東京は本應寺のお上人から約2年前に譲っていただいた車です。 人も音響機材も充分詰めるサイズで重宝していました。

車がないと、暮らしも音楽活動もままならない。

困ったな~。

もし、状態がよくて手ごろな値段で譲ってくださる荷物も詰める4DWのワゴン(7人のりくらいのサイズ)がありましたら至急連絡してくださいね。 ainohana@air.ocn.ne.jp 有里(携帯090-4535-4776)

わたしは、相当 長距離を移動します。 リトリートでは、みなさんの送迎をします。 毎日、車を使う生活です。

これからの活動を支えてくれる ご縁の車と出会えますように。

よろしくお願い致します。
by ainohanaMusic | 2007-01-06 21:45 | 心の旅日記 | Comments(2)

愛するということ

新年あけましておめでとうございます。

誠さんが 光の世界に旅立って、約一月が巡り、また満月が巡ってきました。

喪中~という感覚~これは ほんとうに自然な感覚で、わたしの心には いつも彼が大きく存在しています。「自分であって自分ではない時期だから見送ることに専念するように。」と本應寺のお上人からのお言葉がありましたが、わたしの思うこと、見ること、話す言葉 祈り すべては 肉体から出たばかりの誠さんに 直接つながっているように感じ、なるべく丁寧に わたし自身の心を見るようにしています。それは、ひいては、誠さんが 誠さん自身の人生、心を振り返り、感じ取るのに 役立つのではないかなあ~と感じながら。

一人になると、布団の中で~お風呂の湯船の中で~~ 誠さんとの対話が始まり、それは日々深まり、涙があふれ、流れてゆきます。

知らなかった、彼の真心。そして、知らなかった、わたしがこんなにも、彼を愛していたということ。

これは、わたしだけにおきていることではなく 彼にご縁の深い方 みなさんと共有している体験でもあるようですね。

ひとつの命が 魂のふるさとから この地球に生れ落ち、そして また還っていった。

ひとつの命が 教えてくれることは なんて すごい。
「愛しかない」ということ。
それは、なんて尊い 教えなのでしょうか。

********
さて、昨日、2日は、こどもたちと一緒にバス、電車に乗って、静岡の町で映画を見て、買い物とお食事をしてタクシーで帰宅しました。

なにしろ、両手の皮膚が まだ再生中で、包帯ぐるぐる巻きの わたしなので どこのお店に行っても、カウンターでお金を払うことにすら 異様に手間取り 人目を集めてしまいます。

でも、不思議ですね。
「その手、どうなさったのですか?」と聞かれる方は、ほとんどいないのです。
あまりにも 見慣れない わたしのありよう、でもあたりまえに一生懸命なわたしに、 誰も聞くことが できないのでしょうね。

でも、わたしを見るみんなの心の声が、聞こえてきていますよ。
「その手、どうなさったのですか?」

実家で1週間、体と心を休ませてもらい、散歩にすら出なかったけれど、1日くらい こどもたちを楽しませてあげたいと、少し無理して出かけました。

こどもたちふたりとわたし。家族3人の時間。

わたしの荷物を こどもたちが持つ~ということすら、こどもたちには慣れない習慣。起きている現実に気がついて、思いやりを育ててゆく~誠さんが、旅立った~ということも、こどもたちと共有できる体験として分かち合いたいなあ。。でも、こどもたちからは言葉にできるものは 今は あまりないみたいですね。わたしの心に動くものが、少しずつ彼らに伝わってゆく~という「今」なのでしょう。

**********

ところで火傷治療に関して、二人の友人から有効なインフォメーションを受け取り、自宅での治療に取り入れています。ありがとうございます。真智子さん、りえちゃん、みち、正ちゃん、それぞれに有効なグッズ&インフォメーションをありがとう。

今、わたしはテルミー治療という薬草の煙を患部にあてる民間療法を 取り入れていますが、
それに合わせて、傷を乾かさずにラップしてそのうえから包帯を巻き、保存するやり方を取り入れ始めました。

従来の火傷治療だと、傷口を消毒し、ワセリンを塗って、ガーゼ、包帯~という処置なのですね。そうすると、時間がたつと乾燥して、ガーゼを取り替えるときには、ガーゼが傷口に張り付いて、再生中のあたらしい皮膚が破けてしまう~繰り返しが起こります。 

これが、ほんとに痛いし、なかなか直らない。

ラップ(サランラップを使っています)を使い始めてから、直りが早くなっています。

ゆうちゃん、みかこさん、インフォメーションをありがとう。

昨日、久しぶりに町に出ると、包帯の間から、ラップが見えてる わたしの両手は、ちょっと異様で 笑えましたが、仕方がないですね。

ゆっくりとですが、確実に再生している皮膚。

今は 両手の平は もう大丈夫。顔も、日焼けしたように部分的に黒くなりましたが ほぼ回復しました。

左手もほぼ7割がた再生。
右手の甲の上半分が、まだ再生していません。

遠隔ヒーリングしてくださっている友達、ほんとに、ありがとう。

あと、2週間くらいしたら 手の原型が整うんじゃないかな~と思っています。

それにしても、熱風のすざまじさを伝えてくれるのは、つめがみんな黒く焼けてしまっていること。よく、この程度の火傷で、済んだものだと 不思議です。

生かされてる命。

泣いても 笑っても 苦しくても 生きていかなくちゃね。

*******
そして、繰り返しになりますが、火事の直後、遠方からも駆けつけてくれた お見舞いしてくださった友だち、ほんとにありがとう。お見舞金、義援金、お見舞いの物資、身の回りのお世話、会いに来てくれた 友だち ありがとう。ほんとうに 助けられました。今も 助けられています。

やはり、まだ礼状はまだかけません。(1通だけ、誠さんのご両親に 書きました)

わたしの気持ちは、今は、ここブログで なんとか書かせていただこうと思っていますので、ご容赦ください。

******
昨日、こどもたちと食事をしているとき、実は、息をするのも苦しくなり、小声で念仏を唱えていました。

 誠さんのいる光の世界に心が奪われて、あるいは誠さんの存在を求めて魂が闇を彷徨し、生きているのが苦しくなる~そんな瞬間が突然訪れるのです。

「自分であって自分ではない時間」喪に服す~そういう時期、ひたすら耐えて祈る~

愛してる~ということに出会って、それでどうするの?愛は、どう育ってゆくの?

****
今朝、ほんとに良く眠り、目覚めは なんとお昼近くになりました。

目覚めと共に分かったこと。

肉体を離れた誠さんは、これから 肉体を持っているわたしを通じて働らいてくれるんだ~という確信。思い、願いは、形を変えても育ってゆくものだということ。スピリットが選択していること、「魂の願い」は 必ず達成されてゆく。
 誠さんは、わたしをサポートすることが、なぜだか分からないけれど、彼の魂の願いであることに出会っていました。わたしは、わたしも含めたすべての命が それぞれの命 本来の姿に回帰することで この地上が愛の楽園になることを 感じ取り その道を、歌やシェアリング、リトリートという形で開拓していましたが、実は2007年からは暮らしそのものをコミュニティー的に変革してゆくつもりでいました。

そんな時に移行を選択した(本人の意思ではなくスピリットの意志として)誠さん。

光の世界の方が、彼には働きやすかったのでしょう。

11月18日に誠さんの夢に やってきた最後の歌を紹介しますね。

なぜ、この歌が、最後に届けられたのだろう?という問いの答え。

♪命を授かり 共に生きてゆく♪というフレーズ。これからは、共に生きてゆけないのに?と疑問に思っていましたが、今朝、分かったことは、これからこそが、ほんとうに共に生きてゆくのだ~ということ。

肉体の制限を離れた誠さんが 本来の彼の姿に還った。
そして、わたしも同時に 本来の愛に気がついた。

共に生きてゆくことは。形を超えている。

今、経験している この愛のプロセスは、深まり、実ってゆく。
うまく言えないけれど。まだ、ちょっと入り口に佇んでるだけだけど。そして、まだまだ たくさん涙を流してしまいそうだけれど。

人生で起きることは、それぞれの魂が選択(同意)したことしか起こらない。

今、わたしが歩いている道は、愛の道。ただただ、深まってゆく 愛の道。

この道を歩いてゆくよ。

**********************

♪美しい瞬間(とき)

やすらぎのなかに 育まれてゆく 深く美しい 瞬間(とき)

命を授かり 共に生きてゆく つつましく 美しい 瞬間(とき)

ほんとに心を 分かち合える 友との 美しい 瞬間(とき)

やすらぎ それは あなたの心の海に浮かぶ 一艘の船

ひとつずつ 壊れかけた愛をつなぎ 心の絆 編んでゆく

おだやかで 美しい 光に包まれて あさやけの中で あなたは

ほんとのあなたに 還ってゆく

ほんとのわたしに 還ってゆく(2006年。11.18・誠さんの夢の中で わたしが歌ったという歌の記録)
by ainohanaMusic | 2007-01-03 16:11 | 心の旅日記 | Comments(3)