愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2006年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

この頃

九州から、長野に帰宅して10日になる。
d0024504_11244960.jpg

また、次の旅が近づいてきた。

こどもたちと過ごす1日1日が貴重なので、仕事はなるべく昼間に済ますように心がけている。
******
今週末、土曜日、18日から12月1日まで、約2週間の旅。

18日から1週間は、東京は本應寺(ほんのうじ)が主催する沈黙念仏断食道場に。
場所は、栃木県の山あいにある愚静庵(ぐじょうあん)。

1年間に1回の、心の垢落としに行ってくるね。

1週間、「南無阿弥陀仏(思惑を超えた偉大なる宇宙の光に全託します)」以外は、しゃべらず、食べず、規則正しい生活の中で、お掃除、お念仏、法話を聞き(お上人だけは、法話の時に言葉を発します)、お風呂に入って眠る。

 ちなみに、断食といっても、1日3回、人参&りんごジュース(無農薬)1杯を味わっていただきます。5日間の断食の後、2日間の回復食(重湯から始まるほんとにおいしい粗食)をいただきます。

そして、断食明けの25日から、約1週間、埼玉~茨城県~東京でコンサートツアーです。

一番最後に、スケジュールを書きますので、断食開けのすがすがしい、ひとときを共有しにいらしてくださいね。
*******
さて、今回の日常の中で、とっても嬉しかったのは、念願の裏山での薪とりが始まったこと。

1週間くらい前から、霜がおりて急に寒くなった。

わたしの暮らす集落は山々に囲まれていて、どこにでも薪があるが、山には所有者がいるので、安易に入るわけにはいかず、実は、この3年、薪ストーブの薪は、森林組合や材木やさんから、端材をトラックで運んでもらっていた。
 そのほとんどは松で、もともと、あっという間に燃える材質であるのに、小さいものばかりなので、薪ストーブに薪を入れ続けなければ、火が消えてしまう悲しい状態だった。

今年の春、隣の守屋さんのおじいさんが亡くなった直後、村の寄り合いや作業懇親会が立て続けに持たれて、その時、村の総代さんに、話してみた。

「山から薪を拾いたいんですけど、いいでしょうか?」
「いいよ、いいよ。昔は、誰の山だからって、うるさかったものだけど、これだけ人も少ないんだから、落ちてる薪は拾ってくれや。」

そのスムーズな流れには、亡くなった守屋のおじいさんの見えない後押しもあったような気がした。

なぜって、隣のおじいさんは、よそから来たわたしの生活を、ほんとに気遣ってくれていたから。

ありがとう。おじいさん。

****
そして、腰をあげたのが、1週間前。(なかなか時間って作れないんだよ~)
総代さんの家に、今年収穫したサツマイモを持って、訪ねた。

「総代さん、今年の春に一度お聞きした薪のことですが、寒くなってきたので、今日から山に入らせていただこうかと思うのですが、よろしいでしょうか?」

そしたらね、総代さん、軽トラで、わたしを山に案内してくれたのです。

「ちょうど、いい時期に来たなあ~。夏に、森林組合に頼んで、うちの山の木を切ってもらったんだよ。増えすぎたからなあ。切捨てごめんで、みんな山の斜面に転がしてあるから、いくらでも持ってていきな。薪にするには、乾いてちょうど、いい頃だろう。」

松のほか、つやつやと木肌の美しい木。枝からふとい丸太まで、なんでもありまして。
今週、ボンゴで3往復して、たちまち素晴らしい薪の山が出来ました。あと、7往復はする予定です。山に入るのは気持ち良いんだ~。

一度、火をおこしたら、1日中燃えている、山の薪たち。チェンソーも初めて買いに行きました。どれを買っていいかわからないし、使い方もしらないので、しつこく質問攻めにしました。

でも、実際に薪を切るのは、誠さんにお願いしました。(笑い)やっと、コツを掴んだようで、新しい体験を楽しんでいます。
****
11日の土曜日。

地元、駒ヶ根の内科まえやま医院の素敵な待合室で、内科医師の前山先生を含んだ男声4部の「こもれびカルテット」とジョイントコンサートがありました。
d0024504_1148508.jpg

第一部が、わたしの歌とお話で1時間。休憩をはさんで、木漏れ日カルテットが5曲、わたしも一緒に旋律を歌って、2曲。そしてアンコールという構成。

実は、2回練習日がありまして、「ゆうやけこやけ」「ふるさと」を男声4部コーラスの上に、わたしが主旋律を歌ったのですが、

「長いこと歌っていると、こんな経験ができるんだ~。」
と、びっくり。

無伴奏、男声4部コーラスと共に歌うなんて、想像もしたことがなくて。。。

こもれびカルテットは、内科医、歯科医、中学校の先生、合唱団の指揮者、指導者の4人で趣味を越えた活動をされています。レパートリーのほとんどは懐かしい童謡。無伴奏で4声だけで、聞かせる世界はすごいなあ。

誠さんに、感想を求めたら、「他の4人は、オペラみたいにすごい顔をして歌ってるのに、有里だけが普通。あってるんだか、あってないんだかわからなかったけど、よかったよ。」だって。一緒に歌った2曲の後の拍手はひときわ大きくて、異なる世界が、共に表現するって素敵なことだなあ~と感動しましたよ。
d0024504_128638.jpg

せっかくのご縁なので、いつか地元のコンサートで、ゲストでお迎えできたらいいなあ~と思っています。誰か、企画してくださいね~~~。

打ち上げは、駒ヶ根のステーキやで、フルコースのお料理にワインをいただきました。
ほんとに、おいしかった。
そして、収穫だったのは、歯科医の小木曽先生に、矯正歯科医を紹介していただいたこと。
長男のアマチは、歯茎から2本歯が生えてなんとかしてあげたいのだけど、信頼できる医師を地元で探す出会いを待っていたのです。
 
「アマチ、なんとかしてあげたいけれど、歯科矯正はとてもお金がかかるし、信頼できる先生じゃないと任せられないし、一度はじめたら、アマチも通わなくてはならない。出会いとタイミングを待つから、少し待ってて。」

冬のうちに、行ってみようと思っています。
********
12日。

このところ、アマチとゆっくり話もしていないし、心が掴みにくくなっている。

「アマチ、日曜日、どこか一緒に遊びに行こうか。どこでも連れてってあげるよ。どこがいい?」

「ボーリング。」

それで、アマチと八星、わたしの3人で過ごしたスペシャルデイ。
d0024504_12183312.jpg
d0024504_12192269.jpg

ボーリング、卓球、温泉、とこや、レストラン、買い物。

という、こどもたち中心の一日。

アマチって、優しい子だなあ。
そう感じられる思いやりのある言動に、触れた一日でした。

お互いの存在をトータルに感じられる一日って、大事だね。

昨夜、いつものごとく自分はコタツに入ったまま、次男の八星に自分の用事をさせようといろいろ知恵を働かせ、八星にしつこく話しかけてるてるアマチに、

「あれ~?それって、なんだか悪い人みたいに聞こえちゃうよ。ほんとは、優しい人なのに~。」

と、わたしが言うと、いつもと違う空気が流れました。

「ママは、知ってるよ。アマチが優しい人だって。もったいないなあ~。」

もっと、もっと、二人のこどもたちのほんとの心に触れていきたいな~。

********
そして、月曜日からは、来春頃、形になるといいなあ~と思いつつ、次のCDのレコーディング作業に再び入っていますよ~。

よかったら、みなさんもイメージしてくださいね。

より柔らかで力強い、素敵なCDが皆さんのところに届くことを。

**************
最後に
これからのスケジュールです。

12月25日(土)埼玉県 アルクトゥルス(カフェ、天然酵母パン、自然食品、フェアトレードのお店) 吉本有里with下村誠コンサート 
開場2時半 開演 午後3時~5時 ライブ料金2500円(前売)3000円(当日) 5時半~7時シェアリング(食事つき・特製カレーとサラダ付き・2000円) お申し込み&お問い合わせ ℡049-265-0525 E-mail arcturus@axel.ocn.ne.jp

11月26日(日) 埼玉県 ふじみ野市 アルクトゥルス(カフェ、天然酵母パン、自然食品、フェアトレードのお店・大井2-11-3) 午前9時半~12時半 吉本有里ヘンプアクセサリーワークショップ 材料費込み 5000円 下村誠のタッチセラピー&ボディートーク(45分・時間をご予約ください)5000円 
午後2時半~4時半 吉本有里with下村誠(ギター)、シーナ(ピアノ) コンサート 料金 2500円(前売)3000円(当日)5時~6時半シェアリング(食事つき・マクロバイオティック弁当付き・2000円) お申し込み&お問い合わせ ℡049-265-0525 E-mail arcturus@axel.ocn.ne.jp

11月28日(火) 茨城県東海村 M2カフェ 吉本有里with下村誠コンサート ゲスト 下山しおり(朗読) 午後6時開場(カレーが食べれます)開演7時 前売 2500円(ワンドリンク付) 当日3000円 お問い合わせ 029-283-0440(M2カフェ) E-mail mhkm21028@yahoo.co.jp(木内)

12月1日(金) 東京 東村山市 MARU(野口町1-11-3) 吉本有里with下村誠コンサート 開場午後6時 開演7時 予約2000円 当日2200円(会場に限りがありますのでなるべく予約してください) お問い合わせ&申し込み 042-395-4430(三島)
by ainohanaMusic | 2006-11-14 11:53 | 心の旅日記 | Comments(0)

長野に帰ってきたよ~

10月27日から車で東京に向かい30日には飛行機で福岡へ。11月4日に山口県宇部市から、新幹線~福岡経由で飛行機に乗り、東京から長野に車で帰宅しました。1週間で、東京、九州、合わせて5ヶ所のコンサートツアーを終えて、今、一息ついています。

日曜日、約1週間ぶりの子ども達との再会。
3年前に別れた元パートナー、パパの家で過ごした、こどもたちの1週間は、どうだったかな?
「どうだった?この1週間。」
「あっという間だった。」と11歳の八星。「ママも、あっという間だったよ。良かった!八星も楽しかったんだね。」
 13歳のアマチは、おこずかいを持って、自転車で友だちと遊びに出かけて、夜は見逃したビデオを観に再びパパの家へ行くとのこと。ふたつの家を自在に行き来しています。

「今日は、八星と二人でなにかしたいなあ~。」花壇を耕し、チューリップと水仙の苗を植え、夕方には、一緒に出かけて買い物してレストランで食事をし、温泉に入ってから、ビデオを借りて並んで寝転がって観ました。くつろぎのひととき。あ~、落ち着くな~。

誠さんは、ツアーから戻っても、自分の家に帰るでもなく、わたしの家、遊里庵(ゆうりあん)が居心地がいいようです。お掃除、お料理など、熱心にしてくれています。ほんとに、ここはお寺のように なっている~。

****
さて、ツアーの報告をいたします。

10月28日は、東京は本應寺でコンサート。今年は、お上人さまから、「観音道場 遊里庵(ゆうりあん)」という家に名前をいただいて、わたしは静音(じょうおん)、誠さんは愚然(ぐねん)という戒名をいただきました。
 リトリートという形で、ご縁の方々と深く出会う場を企画運営して2年。コンサートやシェアリングのほかに、みなで朝の勤行と瞑想を欠かさずしていますが、ここからお念仏に出会い、お寺に足を運ぶ方も多く、いつのまにかご縁が深くなってきています。
 今回は、お念仏とお上人の法話からコンサートを始めさせていただきました。

リトリートで出会った仲間たちが10人以上も、コンサートに足を運んでくれて、あちこちで再会を喜ぶシーンがありました。シーナのピアノ、しおりんの朗読も、よかったな~。

ライブが始まる前に出演者の4人で輪になって瞑想と、シェアリングをしました。
「どんな時間を作りたくて、ここに来てくれましたか?」
輪になって、瞑想をリードしつつ、その問いを発した時、
「今日は、一緒に場を作ってくれるみんながいるんだ~。」
と、それだけで嬉しくなり、そして、楽しみにして来てくれたお客さんの意識もまた、わたしと共にあることに感謝しました。
d0024504_0235251.jpg

さて、翌日29日はオフ。
国立へ。
秋のリトリートのスタッフをしてくれたジャスミン(女性だよ~)とデート。
彼女は、10回のリトリートを、一人で企画運営し続けて、孤独感を吐露したわたしの心をまっすぐに受けとめてくれた。
「一緒にやろうよ。有里さん。」

スターバックスで話し始めたら、止まらない~。
ほ~んとに、アイデアっていくらでも出てくるんだね。
何のアイデア?
それはね、こういうこと実現したいというアイデア。
アイデアのスケッチ。
どれを実現させてもいいんだよ。

子どもを連れて、一緒にカリフォルニア留学しようよ~な~んて話まで、どんどん具体的に展開してゆくの。

秋のイサムさんの個展を観に行って、回転寿司でランチして、月船というお店を覗いて、タイムアウト。また会おうね~と改札で別れました。

わたしは、武蔵小金井の楽器やの主催のドイツのクレメント&ワイス製作のバイオリンのユーザー対象のコンサートに、向かいました。わたしが購入したばかりのバイオリンの製作者が、わたしが東京にいるオフの日程に、来日、コンサート&楽器のお話をしてくれるというので、すごいタイミングだ!と、ご縁を感じて行きました。

クレメントさんは、とっても情熱的でハートフルな方でした。
コンサート終了後、すぐにクレメントさんのところに向かい、彼のバイオリンを使ってレコーディングしたCD「こどもたちのこころ」をプレゼントしました。

「わたしは、2004年にあなたのバイオリンを気に入って購入したのですが、2006年の9月にアクシデントで壊してしまいました。それで、また楽器を選んだのですが、やっぱりあなたのバイオリンが良くて、同じ楽器を買いました。でも、2004年のものと2006年のものでは、断然2006年の音の方が 良かったのです。あなたは、進化しているのですね。ありがとうございます。」

クレメントさんは、びっくりしたような大きな瞳で受けとめてくれました。いい出会いでした。また、お会いするような気がしています。
*********
30日、福岡へ。
これもオフの日。
昨年の夏のリトリートに、子ども達4人を連れて屋久島からはるばる参加してくれた みかに会いに行きました。みかは、屋久島を出て、4人の子どもを連れてカナダに渡ろうとして、入国できず、ようやく福岡に暮らしを落ち着けたところでした。
d0024504_2302519.jpg

みかの家に2泊し、31日は、小さなカレーやさんでコンサートもしました。楽器と機材、こどもたちを乗せたタクシー組とバス組に別れてライブに行って帰ってきました。一番小さい「より」が「有里、有里」と慕ってくれる。寒いというので、わたしの上着を着せてあげたら、とても嬉しそう。カレーやさんの前に公園があり、月夜の公園で子どもたちがブランコしていた。なんとも印象的な夜でした。
 みかは2回の結婚と別れを経験していて、今は一人で4人の子どもたちを育てている。少女のように純粋でまっすぐ。また会いたいな~と思ったら、こうして会えたこと、ほんとに嬉しい。

11月1日は小倉へ。
池田先生というヨガの先生が、厚生年金会館の披露宴のできるお部屋で1日に2回のコンサートを企画してくださいました。池田先生のコンサートの企画はすでに3回~4回目になるかな?ヨガの生徒さんは、社会的にも活躍されてる中堅の男性も多く、うたを深く受けとめてくださって嬉しいのです。
「昨年、あなたのうたを聞いて、CDを20枚くらい購入して、みんなに配って歩きました。半年は、わたしもCDを聞き続けた。でも、また大切なことを忘れていた。来年も来られたら、またわたしは、目の前のことに気を取られて、今、感じてることを忘れてしまっているかもしれない。でも、思い出すことができるから、来年も是非、いらしてください。」d0024504_23434129.jpgd0024504_23435722.jpg



















そして、2日は福岡の遠賀町へ。
こちらは、毎年、小倉でわたしのコンサートの企画を続けてくださっている助産婦さんの金子さんの主催のコンサート。彼女が月に1回、ベビーマッサージに行っている遠賀町のお母さんたちにも、うたを聞いてもらいたい~と企画してくれました。
d0024504_23441847.jpg

金子さんは、2002年から、実に10回も、わたしのコンサートを企画してくれているのです。彼女もシングルマザーで、フリーの助産婦であり、カウンセリングやオーラソーマなどの癒しの仕事をしています。今まで、お客さんが集まらなかった時も、彼女は、「わたし自身が有里さんの歌で癒されるから。これは、わたしの楽しみだから。」と謝礼と交通費を用意し続けてくれていて、そのおかげで、わたしは九州へのご縁を深めることができているのです。

来年の新年のリトリートには、コンサート主催10回を達成した彼女をご招待することにしましたよ。彼女が来れたら、オーラソーマなどの時間も設定しようと思っています。
*****
11月3日は山口県宇部市のお寺、法明寺で、コンサート。
主催は、長野はお隣の家フリーキッズビレッジで、約1年農業と異年齢のコミュニティー的な暮らしを体験した、22歳のひとみちゃん。そして彼女が「おかあさん」と呼ぶ、ひとみちゃんが先生を務めるシュタイナー幼稚園にかかわるふくみさん。
 ひとみちゃんはとっても純粋であたたかい子だけれど、どちらかというと、ほんとにマイペース&スローペースで、現実的にコンサートを企画運営するのは、きっと大変なことだろう~とコンサート企画がうまく運営できない状況も覚悟していたのでした。

ところが、宇部市のいろいろなイベントに重なって集客しにくい日程だったにも関わらず、ほんとにいいコンサートになりました。コンサートに来てくれた方たちが、期待を持って足を運んでくれていることが伝わってくる空気。適度な人数。
 後から、ひとみちゃんが話したことには、「実は1週間前になっても3人くらいしか、お客さんがいなかったの。その時になって、初めて本気になったの。これは、なんとかなる、じゃなくて、なんとかしなくちゃいけないってね。そしたら、本気の本気になったら、♪天使の歌♪じゃないけれど、すべてのタイミングが良くなって、偶然、どんどん人がつながって、こんなに来てくれることになったの。」

そういえば、1週間くらい前に、もらった電話、憶えてるなあ。
「結果として それだけしか集まらないのは、どんな形でも受け入れるよ。
でも、できる限りのことはしてみてね。」そう、伝えたような気がする。

「全力を出してやってみる。」って、ひとみちゃんの言葉は気持ちよかったよ。
d0024504_034529.jpg

そう、どのコンサートでも全力を尽くして歌っている。
手抜きをすることはない。
コンサートの企画も本気でやってもらえると、ほんとに嬉しい。
そして、その本気は、本気をだしたその人の今後の力となってゆく。

この夜、シェアリングも深かった。
お寺は10時まで~と聞いていたので、何度もクロージングしようとしたのだけど、席を立とうとする人はいなくて、話は続いていきました。

また、山口に行きたいな。
「ひびきの森」の理恵さんと再会できたのも、素敵な絵を描くふうてん百姓さんと会えたのも良かったなあ~。

それでは、報告はこのくらいにしておくね。
おやすみ~~。
by ainohanaMusic | 2006-11-06 21:40 | 心の旅日記 | Comments(2)