愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:遊里庵屋根プロジェクト( 13 )

一緒に暮らしたありがとうdayコンサート

ありがとうdayコンサートには、大阪、岐阜、松山、茨城、東京、山梨、静岡、長野
7都道府県から、20名が 集りました。

コンサート二日前から 準備の手伝いに3人が遠方から やってきて、コンサート2日後の 今日、みんなが帰って 今、ひさしぶりに 静かな 家に戻りました。
d0024504_20511936.jpg

d0024504_2051574.jpg

ああ~楽しかったなあ~

一緒に暮らした5日間。
d0024504_2101715.jpg

なんと、13人の方がお泊りになりました。
18日は 遊里庵は、満室状態でした。
d0024504_2104816.jpg
(土ころパンの出店は人気)
みんなが思い思いに 持ち寄った 食材は豊かで、料理して食卓を囲み、朝は祈りと瞑想、シェアリング。
夜は 温泉の後はビールタイム!飲みましたよ~
d0024504_2112392.jpg
(18日、コンサート前の祈りの時間の始まり・・)

昨日、わたしは 大阪から来た友人と同じ部屋で眠ったのだけれど・・
布団に横になって、彼女と並んで眠る 空間を味わってると共に、廊下から聞こえてくる TちゃんとA、Yちゃんの本当に親しげで楽しい、語り合いが またうれしくて幸せでした。
d0024504_212984.jpg

(18日 ありがとうコンサートの模様)
わたしの大切にしてる友人が みんな知り合いになり、深くつながってゆく。
d0024504_2124755.jpg

(山梨から参加した友人は うたリトリートで出来上がったオリジナルソングを飛び入り披露してくれました)

あっちでも こっちでも 夢中で話してる姿が いつも ありました。
午前中は みんなが誘い合って、高烏谷神社(たかずやじんじゃ)まで、散歩。
わたしは、その間 やることがあって・・
2時間くらいして 楽しく笑いさざめきながら みんなが帰って来て、合流。
どうやら、境内で踊ったり、笑ったり、
自主的に 持ち寄りワークショップも やってきたみたいで、いっきょに親しくなっているのでした。

ときには 泣いてる人も、怒ってる人も、具合が悪くなって寝てる人もいて、
それらを、包み込む大きなふところが あって、変容がありました。

ふかく、ふかく 出会ってゆく。

心にしっかりガードをかためて、外の世界に翻弄されがちなわたしたちが、 内側を感じながら 安心して人と出会って確実に変容してゆくのを ほんとに幸せに 見守り わたしも また 来られたほとんどの人、一人一人と つながる時間がありました。

みんなで掃除し、料理して・・さっさと仕事をしてしまうと、ゆっくりと輪を囲む時間ができるんだよね~

時々一緒に暮らし
大切な 心を 調整して 元気になってゆく

今度の 一緒に暮らし日々は
8月の 夏のリトリートだなあ~

「じゃあね、次は 夏のリトリートで会おうね」

と手を 振りあって ほんとに 満ち足りた気持ちで 日常に今から着地します。

来れた人も 来れなかった人も みんな みんな 思いを寄せてくれて ほんとに ありがとう。

遊里庵は ひらかれた 場所になりそう・・
思春期の息子のプライベートスペースになり、自分たちの仕事や、暮らしをマイペースで維持できる かわいらしい 静かな山の家を 近くに建てたいな~

そしたら、遊里庵は、みんなの家としての機能を 今まで以上に 発揮できるね。

少しづつ、新しい試みをチャレンジしていこうと思います。

ありがとうday ほんとに素晴らしい体験でした。一人一人が誰に頼まれたわけでもないのに、自主的に なくてはならない役柄を引き受けている不思議なシーンがいくつも ありました。

魂がひらかれて ほんとうの家族になってゆく。

深いところで 満ちていった ありがとうday

素晴らしい体験を ありがとう。
by ainohanaMusic | 2013-05-20 21:10 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

5月18日 遊里庵 ありがとうday 特別コンサート

遊里庵屋根プロジェクトの最終日 ありがとうday
きっと、ここが 遊里庵の出発にもなるのだと 思う。
d0024504_0432223.jpg


自足可能な暮らし方は ひとりじゃできないし そしてまた 働くために生きてるわけではなく
日々 思いもよらない やり方で一人一人が 目覚めてゆく その地球でのかけがえのない時間を分かち合い、支えあい 苦楽を共にする そう、ハートを開いて 手をつないで生きている実感を 暮らしの中に実現したいな。

ほんとうの自分に帰る場所としての「観音道場遊里庵」
屋根葺き替えにカンパ&お手伝いしてくださった みなさんをご招待してのコンサートを含んだ二日間を
一緒に暮らしましょう。

カンパ&お手伝いには加わらなかったけれど 参加されたい方は 会費制で 参加できます。

お待ちしています~

*****************
観音道場遊里庵 屋根葺き替えありがとうday
日時 5月18日(土)~19日(日)
吉本有里with夏秋文彦コンサート♪
    18日(土)午後2時~
自分に帰る家 ・愛の始まる場所 遊里庵(ゆうりあん)をみんなで育てる日
みなさんの支援のおかげで無事 屋根の雨漏りの心配がなくなりました。
カンパくださったみなさんをご招待して、また、その他のみなさんは会費制で、二日を相談しながら、みんなと暮らします。出店も出演も可能です。ご相談ください。お泊りも子どもも含めて、予約先着15名まで可能です。(ありがとう企画につき宿泊無料、食事と飲み物は持ち寄り)、また寝袋持参なら20名は泊まれます。寝袋持参の方はお伝えください。お部屋は10部屋。この機会に 遊里庵へおいでください。つながってゆきましょう。
場所 観音道場遊里庵 駒ケ根市東伊那4385
(東伊那郵便局まで来られたらお電話ください。電話でご案内します)
会費 大人3千円、こども1500円(屋根プロジェクトにお手伝い&カンパくださった方はご招待です)
申し込み&お問い合わせ 要予約090-4535-4776(有里)
だいたいのプログラム 5月18日(土) お家びらき午前10時 5月19日(日)お昼頃解散
食事は持ち寄りです。滞在する間に食べる飲み物&食材をお持ちください。台所も自由にお使いください。※前日からお掃除などのお手伝い歓迎です。(連絡ください。安心します)
18日 オープン 午前10時 みんなで場所を設営・
お昼は 持ち寄りランチ 祈りと瞑想 午後1時~2時
 吉本有里with夏秋文彦 コンサート 午後2時~4時
シェアリング 午後4時~6時
6時から みんなで夕食支度、あるいは温泉へ
夕ご飯 7時ころ~
 家のお風呂も入れます。
翌朝、19日 7時半~8時半 祈りと瞑想
8時半~10時 シェア会
10時から もちよりブランチ
お昼まで 自由 
お昼には解散
※ブランチの後、みんなでお掃除タイム
どうぞ、よろしく♥
そして また いつでも来てね。
d0024504_059168.jpg

忘れちゃったかもしれないので ご招待のみなさま ここに書いておきますね~

浜松 おっさま
東京都 露木久子さん 
東京都 宮野のぞみさん
茨城 せこ三平さん 
横浜 てるみぃー      
埼玉 高橋和子さん
埼玉 上野由美さん 
東京 練馬 仲田 紀子さん 
群馬 まさよちゃん 
東京 あすかちゃん
東京 慕静さん  
東青梅 清水延郎&敬子さん  
埼玉 玉置有美ちゃん 
山梨  滝下美知子さん
山梨  中川綾子 さん
山梨 栗山貴行さん
山梨 向山 邦史さん 
長野 宇津孝子さん
横浜 敦井規代さん
北海道 芹澤 一宏さん
長野 渡辺則子さん
長野 赤羽瑞穂さん
長野 山本静和&愚大さん
岐阜 青木珠代さん
岡山 たけちゃん&えみちゃん
岡山 すみれ母さん
相生市 柴原武さん
松山 小川郁美さん
広島 木野戸 由紀子さん
名古屋 岡山友美子さん
東京 本應寺 
長野 やよいさん
千葉 横川敬子さん
新潟 奥山晴子さん
仙台 鎌田のり子さん
岐阜 今村美由紀さん
長野 桜やさん
東京 佐藤泰子さん
埼玉 三井田里奈ちゃんファミリー
埼玉 岡部みさ子さん
東京 ぎょうぐさん
長野 愚大さん
長野 福田くん
長野 星さん
長野 夏秋さん
長野 北川さん
d0024504_059372.jpg

(今日やっと、夏野菜の苗を植えました。今夜は寒いのでちょっと心配です。苗がんばれ~)
by ainohanaMusic | 2013-05-08 00:44 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

観音道場遊里庵 屋根葺き替えありがとうdayコンサート♪

今年になって なんどか大風、大雨の日、安心した気持ちで過ごしていました。

2月の新春リトリートの時
「なんだか、あたたかいね、去年と全然違う。」って、半年以上 遊里庵に暮らしたことのある静和さんが言ってたなぁ~

そして、おととい、初めてうちに来てくれた若い助産婦さんお二人が、「へぇ~天窓が素敵ですね~おしゃれですね~」と感心してくださった。

??なんだか、ちがうぞ 遊里庵・・

これって・・おかげさまなんです・・

昨年、みなさんの応援のおかげで、雨漏りしながら暮らした7年の歴史にピリオドを打ち、屋根の葺き替えを無事に終えました。

屋根の葺き替えの時に、せっかくなので天井裏を掃除、断熱材を入れ、天窓をつけることができました。

家の気配が軽くなり、あたたかくなり、明るくなり、なによりも雨の日も安心して暮らせるようになりました。

***********************

そこで、ありがとうday コンサートのご案内です。

遊里庵・をみんなでめでる日 

みなさんの支援のおかげで 無事屋根の葺き替えができて、雨漏りの心配がなくなりました。カンパしてくださった方をご招待して、また その他の方は 会費制にして 二日間を相談しながら、つながり深まりあう暮らしをします。どなたでも参加できます。メインは 18日 午後2時~4時のコンサート、そのあと4時~6時のシェアリングですが、ゆったりと交流し合う貴重な機会なので、自分の大切な宝物&表現を紹介し合う出店や、出演も可能です。ご相談くださいね。

自分に帰る場所・愛の始まる場所

観音道場 遊里庵のおいえびらき

この機会に 暮らしに来てね♥

一人一人の 過去 現在 未来を照らされ みんなの本質がつながる
大家族の2日間


5月18日 朝10時おいえびらき
終了 5月19日 お昼頃

☆★ 食事はみんなで持ち寄りです。食べる食材、飲み物をご持参ください。
台所も自由にお使いください。★☆

会費 大人3千円 こども 1500円
(屋根の葺き替えプロジェクトに カンパ&お手伝いくださった方は ご招待です)

タイムスケジュール
 
18日 午前10時 オープン みんなで場所を設営
      持ち寄りランチ
      午後1時ー2時 祈り(念仏)と瞑想
      午後2時~4時 吉本有里 with 夏秋文彦 コンサート
      午後4時~6時  シェアリング
       6時~      夕食支度 あるいは 、みんなで温泉へ
19日  朝 7時半~8時半 祈りと瞑想
      8時半~10時   シェアリング
      10時から 持ち寄りブランチ
      みんなで お掃除タイム
      
       お昼 解散

※ 前日からのお手伝い歓迎・・そうすると3日一緒に暮らせるよ❤
コンサートの会場どこにしようか?とかお布団の用意やお掃除など いろいろ相談して 楽しく準備しましょう。
     

※ お泊りの方は 15人まで ありがとう企画につき 宿泊費はいただきません。必ず、予約ください。先着15名がお泊りになれます。スペースがなくなってしまったら ご容赦ください 駒ケ根市駅近辺にホテルや旅館はたくさんあります・・寝袋持参なら 20名までお泊り可能・・

お問い合わせ&お申込み
 
メール  ainohana★air.ocn.ne.jp (有里) ★を@に書き換えてください。
by ainohanaMusic | 2013-03-16 18:53 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

屋根プロ ありがとう つながるコンサート

11月、屋根の葺き替え工事が 無事終了しました。

瓦おろし作業や、天井裏の掃除、資金カンパ、協力くださったみなさんありがとうございます。
d0024504_18344288.jpg

2007年の8月に 購入した築80年の古民家は、蔵の二部屋も入れると10部屋。
 近くに広い畑も借りていて、半農半音楽の暮らしで自宅であると同時に、1年に3回行われている3泊4日のリトリートの他、念仏会や レコーディングでは、魂の家族たちと自分を見つめ一緒に暮らしたり、遊んだり、制作したり、深い気づきや、発信を分かち合ってきました。
 75坪の広い家の屋根は、購入した時から雨漏りがありましたが、工事費用が高額なため5年も延ばし延ばしになっていましたが、みなさんの協力のおかげで無事屋根が新しくなり、雨漏りのない安心な空間に、これからの展望を感じています。

瓦おろしなど、一部の作業を自分たちでやることにして、大工さん&板金屋さんへの支払い額が226万円でしたが、長野県から補助金が20万、屋根プロカンパが59万円。カンパしてくださった方々は総勢36名おられました。ありがとうございます。

 そして、今回 屋根プロジェクトに協力してくださったみなさんをお招きして、ありがとうコンサートを企画したいと思っています。
 遊里庵をみんなで「魂のふるさと」として 自分自身と出会い、魂の家族と深い絆を結ぶ大安心(だいあんしん)の場所として みんなで維持し使ってゆける素敵な始まりとなりますように。

遠方から来られる方もいると思うので 宿泊もオッケー・・そのときの流れで楽しく過ごしましょう。

一緒にご飯を食べたり 温泉に行ったり、 朝の勤行とシェアリングも気持ちいいですね~ 布団の数的には 15名まで。寝袋など お持ちであれば 20名くらいまでは 泊まれます。定員があるので 泊りの予約してくださいね。(無料)食べもの飲み物は持ちよって、料理や、片づけなどは みんなで楽しく やりましょう~きっと、出会いが あると思います。
 
★また、屋根プロジェクトに関わっていないけれど、ありがとうコンサートスペシャルdayに 参加されたい~方は 屋根プロジェクトカンパはコンサートまで、受け付けます。どうぞ、仲間入りされてください。

*******************************************

遊里庵屋根プロジェクトありがとうコンサートday 暮らしリトリートスペシャル
5月18日(土)午後2時から~4時 コンサート(もちよりで昼ごはんからご一緒しましょう)
午後4時30分~6時半 シェアリング(トーキングサークル)

飛び入り どんなふうに過ごしたいかアイデア 歓迎 事前に相談ください。
掃除&企画 など 準備を手伝ってくださる方は 前日からどうぞ。 
ゆっくり親交を深めたい方は 当日 泊りオッケー(定員あり)
出店(自分の大切な わかちあいたいもの) たのしいこと 相談。
素敵な一日にしましょう。



by ainohanaMusic | 2012-12-22 18:52 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

同じ家だけど なにかが違う

11月9日、京都から2週間ぶりに帰宅。
ツアーの直前始まった 屋根葺き替え工事は 無事終了してすっかり整った家になっていた。
d0024504_16575832.jpg

ツアーの途中体調を崩して得た教訓から、まずは 自分が元気になるまでは とにかく休む。
とりあえず ツアー報告を済ませたらブログもひとやすみ。報告が遅くなってすみません。屋根葺き替え無事終了し素敵な遊里庵になりました。ありがとうございます。

風邪の方は 咳と痰が残っているけれど ほぼ抜けてきた。
昨日は午前中は 庭に春の花の球根をたくさん植え、午後は、 ものだらけで収集のつかない自分の部屋をよ~く観察し本棚を買ってきて、3時間もかかって組み立てて(すごく苦手な分野)部屋の整理をした。

家の屋根が整って 天窓から光が差し込み明るくなった家が、今後どのような役割を果たしてゆくのか、当たり前だけど 当たり前でない大切な活動(生き方の調整の場所としてのふるさと)が きっと、よりクリアになってゆくような気がする。
d0024504_16584127.jpg

さて、屋根プロジェクトの報告です。

屋根工事は11月15日にスタートし
d0024504_171266.jpg

瓦を降ろす作業は 4日予定していたのが、みなさんの協力で 2日で終了。
d0024504_172173.jpg

そのあと、長年気になっていた天井裏に80年積もったほこりが、屋根板が外されてる間にパートナーとFくんが掃除し、家の気がグンと軽くなりました。
 その直後、屋根の野地板張替の時期に大雨に遭遇して たいへんな雨漏りに遭遇。
雨から家を守るために孤軍奮闘の二晩を経て、大工さんの見通しの甘さ、いざという時に駆けつけないことへの疑問をストレートにぶつけた後、心の改まった大工さんの真摯な仕事ぶりに わたしの気持ちも晴れました。
d0024504_17181181.jpg

(古い野地板を無駄に捨てたくないので、薪にしたい~とお願いしたら こんなふうにしてくださいました)

人とのコミュニケーションは大切ですね。
落ち度があったとしても指摘されたとき、落ち度を素直に認め 改められると信頼感は深まる。落ち度があるかないかではなく、なにかがあったときコミュニケーションが成り立ち成長できると、 未来につながってゆく。
 

さて、屋根プロジェクトのカンパしてくださった方は32名、総額は52万円
県からの リフォーム助成金が 20万
支払額の総額は 226万4600円

なので、支払い総額の4分の一を みなさんのカンパで賄うことができました。
一人では担いきれない 大きな家 遊里庵の 大きな維持費。

ありがとう~~

屋根プロジェクト ありがとうコンサートを 5月の半ばころ
今、考えています。遠方の方が多いので 参加できる方が 限られてしまうかもしれませんが 
そうですね、お泊りもでき、出店もできる 静かなお祭りというか、つながってゆく素敵な機会になるように
イメージしています。

ありがとうございます。

また 屋根プロジェクトのカンパは ありがとう コンサートまで続行します。今後も 遊里庵の活動を応援し遊びに来てくださいね。素敵なありがとう企画になりますように。
by ainohanaMusic | 2012-11-22 17:34 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

次の雨までにルーフィング 日曜日も働く

屋根工事が始まって間もなく 大雨が二日降り、前代未聞の雨漏りに見舞われた。
雨漏りの中、孤軍奮闘し 畳や廊下が水浸しにならないように 深夜までできる限りのことをして迎えた朝、大風で 雨養生のビニールシートが みごとにはがれて家の周りに落ちていた。

朝、8時 やってきた Uさんに思いっきり 言わせていただく。

「朝、雨が降らなかったから良かったけれど、雨が降っていたら家じゅう水浸しになっていましたよ。
こんな雨養生では 素人と同じじゃないですか?取り返しのつかない事態になる前に、 できる限りのことをやってください。」

そして、ここ数日、Uさんは ほんとうに頑張ってくださっている。
工事に入る前に 屋根から落ちるゴミや砂を養生シートで 受けるように入念にシートをかぶせ 仕事が終わられたら ほうきや掃除機で しっかり掃除してから帰られるようになった。

また、ほこりと雨でダメージを受けた ロフトの畳を
「自分の責任で替えます。」と言われ、階段や手すり、漆喰の壁を 塗りなおすと申し出てくださった。

火曜日 23日は 雨の予報。

明日中に ルーフィング(雨が通過しない)を終えるために 今日も一日 集中して働いておられた。
手伝いの大工さんも 2~3人よばれている。

日曜日を返上して雨の前に、間に合わせるために、朗らかにそして真剣に、働いてくださっているのを感じる。

良かった~

心配かけたね。 どんどん、良くなるね。みなさんのおかげです。ありがとうございます。
d0024504_20311444.jpg

by ainohanaMusic | 2012-10-21 20:31 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

ほこりと雨との格闘

16日、 みんなを見送って残った3人で 板張りの土間に積もっている野路板や真っ黒な土を掃除した。山のように積もった土や木ぎれが 家の真ん中の板張りの廊下に積もり、まずは靴を履いて掃き掃除。そして、掃除機で吸い取って、ぞうきんがけすると、ぞうきんが真っ黒。

17日、大工さんおふたりと、てっちゃんとFくんと半日仕事をする。

大工さんたちは とんとん拭きを剥がし、新しい野路板を張り、雨養生シートをかける。
てっちゃんとFくんは引き続き 天井裏のお掃除。

昼頃 雨が降り出す。
「今日は仕事は これ以上できないので 帰ります。」と さっと帰ってゆく大工さんに、疑問を感じた。
「えっ・・このまんま?」
ふたたび家の真ん中の板張りの廊下が 昨日と同じように野路板のきれっぱしや真っ黒な土が積もっている。

大工さん二人に てっちゃんとFくんが 一緒に、野路板を燃やすためのドラム缶を取りに行く算段で 2台の車が出発。 言い出せずに見送ってしまった。

二日目の掃除を一人でやり始めて 疑問が膨らんだ。
家中ほこりだらけ、ゴミが積もっている。
靴を履いて、履きそうじして 掃除機で掃除して、それから ぞうきんがけをする、
カーテンも洗濯しないと・・・、廊下のくぼみには 土が入り込んで大変な状態。

なぜ、養生シートで覆ってから 工事をしないのだろう?なぜ、掃除をせず帰ってしまうのだろう?
わたしの家で以前工事をしたけれど、こんなこと 一度もなかったな。
大工さんたちは 必ず 養生シートしてたし、その上できっちり 自分の工事で出たゴミは掃除して帰られていた。そのあり方が すてきだなあーと感心したことを思い出した。

思ったらすぐに行動した方がいい。
電話をとったが、今 運転してるかも?・・速攻でメールした。

「今、昨日と同じように 掃除をしています。Uさんが帰ってからの掃除が すごく大変で驚いています。
家中ほこりとゴミだらけです。なぜ、養生シートをしないのでしょうか?また、なぜ、掃除をされないのでしょうか?」

しばらくしたら 電話が入る。
「すみません。屋根のことばかり考えていたので下のこと、気がつかない馬鹿な男ですみません。」 

ほっとしたのも つかの間 今度は 雨もりが始まった。
雨もりどころではない 家の中に雨降り。
あまりにひどいので ふたたび 電話する。
「すごい 雨もりです。何とかしてください。」

雨の中を Uさんは 屋根に上がって、雨養生シート(ビニールタープ)を追加したが、
あまり状況は変わらなかった。

家の中4カ所に 雨が降っていた。
大工さんは「もう、これ以上 やりようがありません。」と言われる。
てっちゃんも なすすべがないと考えているようだったけれど・・
なぜ、これ以上やりようがないと 簡単に言い切れるのか 疑問に思った。

わたしは屋根に登る自信はなかったので 家の中に雨を集める「高低差」養生シートを考案した。
夜中まで いろいろと ごはんを食べずに 駆け回っていた。状況は かなり良くなった。
雨浸しではなく、雨がたらいやバケツに集まり、いっぱいになったら雨を捨てれば 家の中が 乾いてゆく。
d0024504_1645785.jpg


(まずは 素朴に 受け皿総出動)

d0024504_1655153.jpg

(そのうち、ビニールシート 出動)

d0024504_1663220.jpg

(高低差を利用した、水を入れ物へ流す仕組み1カ所目 考案)

d0024504_1682826.jpg


(雨もりの場所が広がり 高低差を利用した仕組み 2カ所目 )

d0024504_1693445.jpg


(仕組み 3カ所目)

d0024504_1610799.jpg


(夜中に作った 4カ所目)

それでも、雨もりが広がり 畳が数カ所濡れ始めたとき、Uさんに電話した。
「今 相変わらず、前代未聞の雨もり状態です。でも、ビニールシートに高低差をつけて家の中で雨もり養生しています。 畳や板間が 水浸しにならないように 水をたらいやバケツに集めるように工夫しているのだけど、数カ所畳が濡れ始めています。大工さん すみませんが その畳は 大工さんが 天気のいいときに干してください。後が大変になるので、わたしは、Uさんが帰った後も ずっと自分の仕事もせず雨もり対応をしていますが、水浸しになったら 大工さんの責任でで干してください。」

そしたらね、なんと 大工さん、家中のビニールシートを届けてくれました。

そして、今日は やっぱり雨降り。
大工さんは仕事はお休み。

だけど大工さんは 午前中 掃除をしに来ました。
わたしも てっちゃんも 屋根から降った黒い土の掃除をやってました。ほんとにたいへんな掃除でした。

気がつかなかったけれど ロフトも雨もりしていたみたい。
そこまで 掃除ができておらず 真っ黒な土が 雨で 畳を汚してしまいました。
ロフトの畳も 大工さんが 晴れた日に 干してたたいて、きれいにするとのこと。
そして今後は 必ず 養生シートで覆ってから 工事をするとのこと。

Uさんはてっちゃんの紹介の大工さん。 どの程度の仕事をされる方かは知らなかった。いい人だけれど、 屋根葺き替え工事は 初めてだったみたいで、見通しのなさに わたしは次第に呆れ始めた。

「心を引き締めて ちゃんとしたお仕事をしてください。」
さっき、近所の弥生さんが 遊びに来て一緒に ロフトの「高低差」雨養生シートを作った直後、
Uさんに 改めて電話をした。わたしや 弥生さんが夜まで格闘しているのに、当人が格闘しないのは変でしょう?

真剣に生きること。
なにか方法があると諦めないこと。
それは、どんな仕事でも 同じ。
出会った人とは真剣に関わる。
いい仕事をしてください。
今は そんな気持ちがいっぱい。
d0024504_16301082.jpg

(今日も雨降り、廊下がきれいに掃除されて 今日も 役に立ってる「高低差」雨養生 室内型①号)

遊里庵 屋根プロジェクト 状況更新中

 
by ainohanaMusic | 2012-10-18 13:32 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

瓦下ろし

10月15日、
遊里庵屋根葺き替えプロジェクトを立ち上げたかと思ったら、季節が寒くならないうちに・・、パートナーにせかされて、大工さんとの打ち合わせ。すぐ日程が決まり、あっという間に 工事の初日になってしまった。順番があべこべだが、友人がアドバイスしてくれて、工事資金は 来年5月くらいまでに募り、つじつまが あったところで 喜びに満ちた奇跡的ありがとうコンサートができるような気がしている。

さて、急な呼びかけで 稲刈りやら行事の多い10月の平日に、ありがたいことに 頼りがいのある男衆が 集ってくれて 無事に瓦下ろし(正確には瓦投げ)を終えました。
d0024504_1592914.jpg

15日、朝8時 一番乗りで来てくれたのは 本應寺の堯愚(ぎょうぐ)さん。本應寺のお坊さんで有能な大工さん、そしてまた、妹の元夫。屋根の葺き替えの見積もり段階から、気にかけてくれてアドバイスをくれていた。群馬に住むまさよちゃん夫婦が、栃木での堯愚さんの仕事を肩代わりしてくれて、堯愚さんが 二日 遊里庵に来ることができた。ありがとう、まさよちゃん!
d0024504_29018.jpg

一日目は、堯愚さん、てっちゃん、Fくんと 大工さんのUさんが 屋根の上。わたしは 主にごはん&お茶係。一度屋根に登ったけれど 怖いけれど気持ちいい。そして、屋根葺き替えのプロセスが 理解できておもしろかった。
d0024504_2114232.jpg

瓦をはがすと、こんな野路板・・とんとん拭きっていうらしい、なんだかかわいい・・
これをはがして、新しい野路板を張ると こんな風になる。

d0024504_213969.jpg


そして、とんとん拭きを剥がし、新しい野路板を張るまでの間に、天井裏の掃除ができたことがとてもうれしかった。

この家に暮らし始めたときかた、天井裏から、ほこりが落ちてくることが 気にかかって掃除をしたかった。高いところが苦手なので 数人の友人に掃除を頼んだが、足場がないし、ほこりが密室に籠もるから、掃除は無理だと言われ、なにか方法はないかなぁ~と考えていた。また、ここ1年、 猫が天井裏に上がって ほこりをトイレと勘違いして、天井からおしっこが降ってくる珍事が数回あって、まずます 天井裏のほこりをなんとかしたいと思っていた。

願いが叶った~

ほ~ら ほうきで掃いて、集塵機でゴミを吸って、こんなにきれいになりました。もう、これでは、猫たちもトイレだとは思わないよね~
d0024504_2161746.jpg
 

天井に上がって 掃除をしてくれた てっちゃんとFくん ありがとう。

16日 瓦下ろし二日目は、堯愚さん、てっちゃん、Fくん、Hさん、愚大さん、夏秋さん、
大工さんチームはUさんの他に助っ人大工さんがもう一人。7名の 頼りがいある男性と、わたし。

二日で 瓦下ろし 終了。
仕事がはや~い。

まだ まだ ガリバリウム屋根が貼れるまでプロセスがいろいろあります。
わたしが、ツアーに出発する頃 10月26日 は まだ途中・・・その日まで 時々 現状報告しますね。

一日目、そして二日目の夜、なんだか 体がが軽くなって 背伸びができることが とってもうれしいなぁ~って、家が話しかけてくるようでした。頭の上の重し(瓦)も、ほこりもなくなって ふわ~っと 背伸びしている家と一緒に眠りました。気持ちよかった~
by ainohanaMusic | 2012-10-18 02:20 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

4トントラックが やってきた。

今日は、15日から 遊里庵の瓦下ろしが始まるので、4トントラックがやってきて、家の前に大きなコンテナーが ドーンと置かれた。そのトラックを、大工さんと一緒に 朝9時から待っていた。
 家に入り口の 道が狭いので、トラックが入れるかどうかUさん(大工さん)はとても心配していた。
庭の邪魔になりそうなものを どけて 話をしながら待っていたら、11時になってしまった。
「10時くらいに来るって言ってたのに おかしいなあ~。」とUさん。
珈琲を出して、ちょっと話し込む。

わたしは、明日は 山梨へ うたリトリート。参加者が来られる3時間半前に行って、その場所の自然の精霊たちと交流するつもり・・・なので、出発は 朝6時。朝から、車に積む荷物の算段をしていて、ギターが2台 広げてあった。

話はギターの話になり・・すると・・・Uさん、クラシック音楽と カントリーミュージックを演奏してくださった。ああ、ほ~んとうに上手。クラッシックギターの良さと フォークギターの良さを上手に弾き分けて、いい音するじゃない? わたしより、はるかに 上手・・小さい頃から、音楽が好きだったと、言われる

「音楽の道に進もうと思われなかったんですか?」と聞くと
「クラシックギターをやりたかった。でも、親に、音楽で食べていけるはずがない~と反対されてね。」

そっか~それで、今は音楽の好きな大工さんか~それもまた、素晴らしいですね。たくさんの才能に恵まれているんですね。すごいなあ~

話している目の前を 家の猫たちがちょろちょろしているので、動物の話になった。
わたしは、工事中、猫たちが車に轢かれないように~心配している。だから、工事に関わるみんなが 猫たちと仲良くなって認識してくださると安心。

Uさんは犬3匹と 羊を飼っているとのこと。

「え~!! なぜ羊なんですか?」
「羊毛でなにか作りたくて・・・」
「え~すごい、それで なにか作ったんですか?」
「いや、羊を飼うだけで精一杯で・・・」   ・・・(笑い)「そうですよねぇ・・」
(でも、羊毛でなにか作りたくて羊を飼っているっていうのもすごいですね~)

結局 コンテナーが到着したのは 昼12時
すごく迷ったという風貌の運転手さん。そのころには もうUさんは 別の場所に行ってしまっていて、電話して再度出向いていただいた。
一方、運転手さんは 上手に 方向転換させて 家の前にコンテナ-を置いて行く。あまり 上手だったので

心からほめたら、「あたりまえのことだけど。」と言いながらも うれしそうだった。
運転手さんにとっては、当たり前・・でも、わたしには 驚き。あんなに簡単に4トントラックを家の駐車場で方向転換できるって・・いったい どういうこと!?

大工さんも瓦を運んでくださる業者の運転手さんも、板金やさんも みな 穏やかでゆったりした田舎の風貌なのに、彼らの能力に わたしは すっかり 驚かされている。


たのしい 屋根瓦葺き替えプロジェクトが 来週月曜日から始まります。

屋根プロ更新中
by ainohanaMusic | 2012-10-12 19:53 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)

屋根プロ 随時更新中 ありがとうございます

11月9日遊里庵に帰りました。
 屋根葺き替え無事終了。
最後、煙突周りのコーキング(ストーブ屋さんにお願いしてある)と、雨どいの取付(パートナーと一緒にやる予定)が残っていますが 大きな仕事はきれいに仕上がっていました。

ここ数日の激しい雨でも 安心していられる。雨漏りの心配がないって いいなあ~(笑い)
そして この機会に天窓が2か所ついたので 明るくなり 家の気配が生まれ変わった感じです。
やっと、体調が回復してきたところですが、やることも山積していますが、まだ無理もできず、また、 改めて報告します。

工事の支払額は最終的に 総額206万になりました。
瓦をみんなの手伝いで降ろし、雨どいの取付など、自分たちでやることにし、大工さんの協力で信州建材を使い、省エネ工事で 県の補助金を受けられたので 最初の見積もりと比べると、44万 減額することができました。

さらに、屋根プロジェクトのカンパの総額が56万になりました。


ありがとうございます。
(11月18日記)



********

屋根葺き替え工事 終了しました。
無事 屋根瓦降ろし終了しました。
手伝ってくださった てっちゃん、ぎょうぐさん、福田くん、愚大さん、星さん、夏秋さん、ありがとう。


引き続き 工事資金(202万~212万)の工事資金カンパのお願い、
そして 資金カンパやお手伝いしてくださった方を招いて ありがとうつながってゆく心のコンサート
のアイデアを膨らませてゆきますね。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 遊里庵(ゆうりあん) 屋根プロジェクト  資金カンパのお願い


■ 遊里庵は、吉本有里が、自然豊かな半農半音楽の暮らしで授かった歌を、暮らしの波動のままレコーディングし発信し、開かれたコミュニティーとして、全国から仲間を迎え、「リトリート(自分に帰る旅)」ができる大きな家を探し、2007年に購入した築85年の古民家です。多くの人が泊まれ、祈りや瞑想、コンサート、シェアリングができるように、電気配線、水道、トイレなどを直し、この7年、遊里庵では27回のリトリート、コンサートやワークショップ、念仏会、日常にも、訪れた方々と気づきを共有し、わたしも参加された方も、調和に向かう自分自身に回帰しているように思います。

■さて、遊里庵の雨漏りは当初からありましたが、大きな家の屋根改修には、家を買うのと同じ価格(遊里庵は古民家なので、普通の家よりずっと安いですが)にびっくり。コンサートやリトリートで回すお金では及ばず、のばしのばし5年がたちました。直さないと維持が難しいので、一歩踏み出しました。この工事がきっかけに 遊里庵がみなさんの大切な「ふるさと」になってゆけたら幸いです。

■工事が終了し 落ち着いた時期に お手つだいくださった方、カンパくださった方をお招きして ありがとうつながる心のコンサート をやろうと考えています。場所は 長野の自宅(あるいは東京の本應寺をお借りし)、集えたら素晴らしいですね。いろんな場所のみなさんが どうやったら 集えるのかな?集ったとき、いろんな地方のみなさんが つながってゆけるような機会になるような気がしています。

コンサート以外 やりたいことは ありますか?アイデア募集中。 

◆資金カンパ  遊里庵屋根葺き替えプロジェクト
1口3千円(何口でも どうぞ よろしくお願いいたします)

◆振込先(郵便振替) 名称 愛の花Music 口座番号 00530-3-41882
※通信欄に 遊里庵屋根プロジェクト カンパ○○ 口 とお書きください。
機械で送金する場合は、自分の名前の最後に ヤネ と足してください。(名まえを入れ直すことができます) たとえば わたしなら ヨシモト ユリではなく ヨシモトユリヤネとする。


************************************

早速 資金カンパありがとうございます。

資金カンパの状況を随時 更新した方がいいと友人のアドバイスにより

随時更新してゆきます。


《屋根プロ カンパさっそく ありがとうございます 》


浜松 おっさま
東京都 露木久子さん 
東京都 宮野のぞみさん
茨城 せこ三平さん 
横浜 てるみぃー      
埼玉 高橋和子さん
埼玉 上野由美さん 
東京 練馬 仲田 紀子さん 
群馬 まさよちゃん 
東京 あすかちゃん
東京 慕静さん  
東青梅 清水延郎&敬子さん  
埼玉 玉置有美ちゃん 
山梨  滝下美知子さん
山梨  中川綾子 さん
山梨 栗山貴行さん
山梨 向山 邦史さん 
長野 宇津孝子さん
横浜 敦井規代さん
北海道 芹澤 一宏さん
長野 渡辺則子さん
長野 赤羽瑞穂さん
長野 山本静和&愚大さん
岐阜 青木珠代さん
岡山 たけちゃん&えみちゃん
岡山 すみれ母さん
相生市 柴原武さん
松山 小川郁美さん
広島 木野戸 由紀子さん
名古屋 岡山友美子さん
東京 本應寺 
長野 やよいさん
千葉 横川敬子さん
新潟 奥山晴子さん
仙台 鎌田のり子さん
岐阜 今村美由紀さん
長野 桜やさん
東京 佐藤泰子さん
埼玉 三井田里奈ちゃんファミリー
埼玉 岡部みさ子さん

12月26日 現在  カンパ総計  62万円5千円


★ありがとうつながる心のコンサート★

★ファーストアイデアやってきました。(メールで)

土曜日に1泊で 豚汁パーティー・・・ランチはみんなの持ち寄り 豚汁会 泊まる人は寝袋もって、遊里庵へ
ありがとうコンサート+ もちより豚汁パーティー+ 雑魚寝(お部屋はたくさんあります)
 みんなでわいわいランチを料理して、食べたあと 午後2時くらいからコンサート、夜はみんなで温泉に行けばいいですね。

時期はいつがいいですか?12月には工事が終わっていると思うけれど 慌ただしい気がする・・冬は 雪や凍結が心配なので 3月30日土曜日は どうかな?
→もっと 暖かくなってから 資金がちゃんと集まってから、やりましょうと メールをいただきました。5月頃・・ありがとうございます~がんばろう~
11月の半ば過ぎ ツアーから 帰ったら 5月頃の ありがとうコンサートの日程を決めたいと思います。
希望をお伝えください。

せっかくなので、参加者の手づくりのものがあれば、紹介しあう 出店コーナーなども作ろうかなあ~
ヒーリングや マッサージコーナーなども いいですね~
みんなで輪になっての シェアリングもしましょう。
うたいたい方 踊りたい方 それぞれの表現を披露するコーナーもいいですね。

いろいろ 考えて 5月18日 土曜日にしようと思っています。いかがでしょうか?(12月18日記)

お泊りの方は 朝は 一緒に勤行や神社への散歩もしましょうか?

いろいろなアイデア、募集中。

屋根の上で1曲うたうというリクエストが来ています。(笑い)
by ainohanaMusic | 2012-09-28 22:49 | 遊里庵屋根プロジェクト | Comments(0)