愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ライブ( 111 )

秋のリトリート

このところ、夕方には雷がなり、雨が降る。
なんだか、子どものころ見ていた夏の終わり~と同じ。
雷の音、夕立、気持ちがいいな。
このところ、次のツアー(仙台~日立)までの限られた時間の中で、誠さんと二人で次のCDレコーディングのためのデモ録音(レコーディングメンバーに送る)が始まった。また、9月には渡米し、23日、サンフランシスコで久しぶりにソロコンサートをするので、一人の弾き語りの時間もとって、ひさびさに緊張&新鮮。

次のCDの仮タイトルは「一角獣のうた」。11曲が選曲されていて、そのうち2曲はカリフォルニア時代の歌。2曲は歌のないインスト。7曲は、新曲。
 そして、10月7日、8日、9日と「吉本有里withサークルオブフレンズ」のライブツアーがあるので、選曲を済ませ、離れた地域に点在するメンバーへライブ用デモCDとコード譜を送る準備がほぼ整った。久しぶりに本業の音楽に集中すると、暮らしの奥行きが深くなる。

そして、10月20日からは、今年最後のリトリート。
今年は実に、新年のリトリート、春のリトリート、久高島リトリート、夏のリトリート川の部、星の部~と既に5回もリトリートを企画運営した。夏を2回もやってしまったら、精根尽き果てるかな~と思っていたら、星の部が終わって、数日後から、秋のリトリートが楽しみになっている。我ながらタフだなあ~。

第10回目で、今年最後の秋のリトリートは、紅葉の山々に包まれた「観音道場遊里庵」で10月20日から3泊4日です。
 
リトリートの醍醐味であるシェアリング。それが、充実するシンプルであたたかい、思い出深いものにしようと思っています。みなさん、是非 思い切って参加されてくださいね。

 今のところ、参加の意志を伝えてくれているのは、東京から3人、松山から一人、鹿児島から一人。小倉から一人。定員は12名です。わたしは、9月14日~28日はカリフォルニアに出ます。その前に申し込んでくださるといいな。スタッフは、もうすでにお二人、立候補してくれて決まっています。スタッフは二人とも、子ども連れで来ますよ。焼き芋しようかな~~。

今日は、2006年7月の久高島リトリートの感想と、8月の夏のリトリート星の感想を紹介させていただきます。

***************
2006年7月 久高島リトリートの感想
d0024504_23302969.jpg

【Oさん】

久高島リトリート参加出来て良かったです。帰りのバスの中でスタッフを含む参加メンバーの誰ひとりが欠けても違っても、同じ体験は無かったんだろーな、なんて感じてました。

久高島から帰ってから一週間、あのゆったり流れる時間に馴れた体には、あまりに、あわただしく目の前出来事をこなすのが精一杯でした。しかし、内面は落ち着いている、リトリート参加前には無かった体験でした。

久高島の海が教えてくれた体験があったからこその体験だったと思っています。この体験こそが参加の目的だったと今はっきりと自覚しています。実は参加前には、はっきりとした目的は無くただただ行きたかった、と言うより行かなければいけないぐらいの思いが湧き起っていました。なんだか分からないければど、湧き起る思いに従った結果、大きなプレゼント貰えたと感じています。感じて動いて見る事の大切さも体験出来て良かったです。そして、自分にとって心のベースキャンプが出来た、そんな感じです。疲れたら、いつでも戻って休み、また、トライする心の居場所を見つけたと感じてます。

ありがとうございました。

【Yさん】

久高に入り、内観。
周りの全てが殺ぎ落とされて自分自身になった時、はっきり認識したことは、持って生まれたきた『孤独』。これに気づいた時は、どうしようもなく底に落ちていってしまいました。
ただ、ただ、孤独の海をひたすら泳ぐ。悶絶しました。

救ってくれたのは、久高の自然。島のエネルギー。偶然のようにそこに集まった仲間。有里さんの歌、誠さんのギターの音、しおりんの声。八星君の純粋な心。

久高の海に浮かびながら、ただ身を任せていると、かすかな光を感じ、喜びを感じられる自分が生まれていました。そう、任せて、生きていけばいいんだ。

苦しくなった時、きっと久高を思い出すことでしょう。そして、地に足をつけて「生きる」ということを、また選択できるような気がします。

数回のシェアリングで、心のどこかがみんなとつながり、帰る頃には離れがたいものが生まれていました。

ありがとうございました。

【Nさん】
リトリートで自分が感じたことを話す。それは1回だけではないので、自分が自分の気持ちに近づいてあげる、寄り添っていく、それを通して本当の自分が見えてくる。~~リトリートから1ヶ月経って、今思うのは、それがリトリートの目的だったのかもしれない、ということです。(たぶん有里さんの意図はそこにあるのです!きっと)

シェアリングで、人が本当に感じていることを話すとき、そのことが深く深く自分のハートに入ってきて、同じ気持ちを共有できる、それは、わたしの人生の中で初めての経験でした。
 
つい最近、家に誰もいなかったので、お風呂から裸であがってきました!そして、その時、小さいときのように、お母さんがいて、バスタオルを持って待ち構えていて、頭を拭いてくれて、気持ちいいバスタオルで身体をつつんでくれたらなあ~と、感じました。
リトリートは、まさにそんな感じ。~お母さん有里さんが全身で受けとめてくれると思います!~後略~

2006年夏のリトリート星の感想
d0024504_2331284.jpg

【Yさん】(家族で2回目の参加)

①リトリートに参加して心に残ったこと

2回目の参加をしてみて、初めてよりずっとみんなとリトリートと深くつながることができたと感じているよ。やっぱり参加してよかった。私が求めていたのは確かに『これ』なんだって。奇跡の4日間でした。
特にうれしかったのは、夫の変化。劇的というわけじゃないけど、夫の魂がリトリートの心地良さ、光を感じているのが伝わってきたこと。特に3日目、4日目と顔は出会って8年位になるけど初めて見る顔をしてたの。きっとあれが本当の顔なのかな?私までニッコリしてリラックスできるような・・・。今ではまた現代会社員??の顔になっちゃってるけど。
 Gくんの怒りの出来事は本当に素晴らしい体験をさせてくれました。みんながいて、その人との輪の中で光が何かを変えてゆく。私はその場にいたの。あんな素敵な空間に居合わせたら・・・
「私は人との輪の中で生きて生きたい。」そんな風に思った。どちらかといえば、人を拒絶して面倒な係わり合いは避けてとずっと思っていた。まだ抜けない部分もあるけど。私の暮らしで輪ができるといいな。リトリートは人とのつながりの暮らしの純粋な形、原型があるんだよね?だから家族になれちゃう。
今回もたくさんギフトを受け取ってるんだろうな。まだ自分では気がついていないだけで。それがこれから月日を経て出てくるのがとても楽しみです。

②お部屋、環境について
子連れには(そら)のお部屋は良かったと思います。おいしい心のこもった食事。幸せのひとときでした。酵素玄米がおいしくて家に帰って白米を食べたらすごく味気なくて、うちも酵素玄米にしようかなぁ。

③コンサート、プログラムについて
屋外でのコンサートやシェアリングの開放感。ナチュラルサウナの爽快感。気持ちいいプログラムばかりでした。

④これからの自分自身について
私の周囲にいる人たちの光をもっと感じることができるんじゃないかな。言動や性格に惑わされることなく。自分の感じていることを話す力?心地よさ?を知り、人との会話でいつもいつも緊張している自分がいて、それは頭で聞いて頭で上手く返事をしようとしてるからだって気づいた。ハートで感じハートで話したい、そうシェアリングみたいに。私の暮らしでも少しづつできると思う。あーこうして感想を書いているとまた有里ちゃん家でみんなとシェアリングしたいな。とっても。

⑤リトリートへの要望、スタッフへメッセージ
みどりちゃんにはお礼を言うこともできずにお別れになってしまい心残りでした。立ち働いている姿とても美しかったです。もっとお話できるといいな。どうもありがとう。
 誠さんの陰陽霊法、夫にとっても効いたみたいで家に帰宅して長時間運転したのに肩も腰も凝ってないし疲れもないって元気でした。毎日やってもらえばよかったって。ありがとうございました。
 さほちゃん、家に帰って数日してからさほちゃんの夢をみました。となりにいて私が泣いているの。悲しみではなくて、心の奥から湧き出る気持ちで。泣いて目が覚めてちょっとビックリ。さほちゃんに感じるなつかしさと関係あるのかな~?どうもありがとう。
 有里さん、リトリートという時空感を本当にどうもありがとう。自分と深く出会ってゆける素晴らしいギフトの中心に有里さんがいます。
d0024504_2337977.jpg

【Aさん】
①リトリートに参加して心に残ったこと

最後の廃校跡地でのコンサートが、この3泊4日がどんなに素晴らしかったかを物語っていました。大きな桜の木の下で、心地よい風、鳥の声、セミの鳴き声を聞きながらの有里さんと誠さんのコンサートは、まるで映画のシーンのようでした。有里さんと誠さんの後ろの方で、こどもたちがブランコをゆっくりとこぎ、カモたちが行列をつくってちょこちょこ歩く。時折Dくんの可愛い声が耳に入ってくる。太陽が木々の間から木漏れ日を作る。そしてたくさんの魂がそこで安らぎのひと時を過ごしている。完璧な気がしました。家に帰ってからも、この安らぎを忘れないようにしたいなあ。

②これからの自分自身について
自然の素晴らしさと共に、都会のようには快適ではない生活の不便さを知れたこと、それに慣れていく自分に安心しました。自分の魂に近づいている時は、とっても穏やかな気持ちでいられます。リトリートに参加して充電したので、9月からわたしの仕事に元気で戻れそうです。

*******
夏のリトリートを2回終了して、私自身が、気がついたこと。

わたしは、参加者やスタッフのみんなが、「心のチューニング」ができる空間とプログラムを、提供しよう思っていた。「暮らしと繋がりの中で自分自身を知る」というテーマで、「暮らし」の中に大切にしたい要素が全部ある中で「自分自身」と「自然や人との繋がり」を体験してもらおうと思っていた。

ところが、気がついたこと。
わたしにとっては、このリトリートを企画運営、さらに体験するということが、わたしにとっての大きなギフトであり、わたし自身のリトリートになっているということ。

わたしが、まず参加させてもらっている。

ありがたいなあ。
d0024504_23373564.jpg

*****
この秋、一緒に、このリトリートを体験できるのは、誰かなあ?

待ってるよ。

申し込みの方法など、詳しくはホームページを見てくださいね。
http;//amanakuni,net/yuri
by ainohanaMusic | 2006-08-26 22:29 | ライブ | Comments(0)

夏のリトリートかわの部・子ども係ボランティアスタッフ1名募集

毎日があっという間。

明日から、再び九州へコンサートツアーに出ます。

畑の野菜が豊作なので、田舎の母に送ることにしました。出かけてる間の野菜は、隣人に食べていただきます。
d0024504_1447669.jpg


さて、リトリート川の部、7月28日から31日の「心のチューニングのための3泊4日のリトリート」に子ども係りのボランティアスタッフを募集します。

川の部は、現在のところ参加者大人6名、スタッフ4名とこじんまりして、料理やお風呂、その他のスタッフの手は充分足りていますが、子どもが9名で、若年霊は、0歳、2歳、3歳、4歳、5歳、7歳と、これはちょっとした保育所が開けそうですね。

0歳、2歳、4歳、5歳の4人のお子さんを連れて、一人で長距離運転し、参加するお母さんもいて、彼女が少しでもリラックスしてリトリートを楽しめるスペースをサポートしてあげたいなあと、思い巡らせています。

リトリートに関心があり、子ども係りのボランティアスタッフをすることに心惹かれる方、是非連絡ください。既にスタッフが4人もいるので謝礼(交通費)は出ませんが、3泊4日の流れに寄り添い、リトリートの空間の中で同じ食事、同じ空気を吸い、子ども係りとして連携しあって、過ごすことできっと、「暮らしと繋がりの中で自分自身を知る」いい機会となると思います。
 来ていただくのは、他のスタッフも集合する前日27日。解散は31日の午後3時くらい。その夜は、泊っていただいてもいいですよ。

リトリートの詳細については、ホームページをご覧ください。http;//amanakuni/net/yuri

どなたが来てくれるかな?楽しみに待っています。

わたしは、明日から九州ツアーなので、連絡は携帯にお願いいたします。
090-4535-4776(有里)コンサート中、移動中など、出られませんが、メッセージを入れてくだされば折り返し連絡します。
by ainohanaMusic | 2006-07-10 15:04 | ライブ | Comments(1)

偶然の恵みに満ちた穏やかな春のリトリート

子彼岸桜で全国的に有名な高遠城址公園。今年、なかなか咲かず、咲いたらあっという間に満開.。昨夜、子ども達とみどりちゃん、誠さんとお弁当を持って夜桜を見に行ってきました。見事な桜でした。
d0024504_135192.jpg
みどりちゃんは、4月14日~17日まで我が家「遊里庵(ゆうりあん)」で行われた「心のチューニングのための3泊4日の春のリトリート」のスタッフとして、10日から来てくれています。彼女の働きぶりは素晴らしく、細やかな行き届いたお掃除、心遣いが、リトリート、そして、わたしの生活を照らしてくれて本当にありがたいです。みどりちゃんは、今月末まで遊里庵に残り、東京へも一緒に出て、月末まで畑の準備など、手伝ってくれます。

毎日の朝の勤行と瞑想、シェアリングでは、わたしと誠さん、みどりちゃんの心が感応し、いつも到達できないところまで自分たちの心に触れているような気がします。生活の中にありのままで支えあう輪があり、リトリートが日常生活になってゆく、思わぬ流れ。偶然も重なり、メッセージがあちらこちらに感じられます。

夜桜を見た後、ちょっと遠出をして静かな鉱泉に行きましたが、露天風呂で見知らぬおばさんに話しかけられました。

『いいこと教えてあげましょうか?素敵な男性と出会うにはどうしたらいいか知っている?あなたは、お父さんに愛されている?愛されていたら大丈夫。素敵な男性にめぐり合うわよ。愛されてなかったら、努力をすることね。あなたと、あなたのお父さんとの関係、コミュニケーションのあり方が、あなたの出会いを、左右するのよ。』

これは、どうやらみどりちゃんに語りかけた言葉のようでした。

わたしの方を見たおばさんは、

『パートナーがいる場合はね。不満に振り回されないようにすることね。人の心は変えられないけれど、自分の心は変えられる。切り替えるのよ。不満の反対はなあに?そう、感謝ね。不満を感謝に切り替えるのよ。そうしたら幸せな家庭ができるわよ。』

彼女はどうして、わたしには生活を共有するパートナーがいて、みどりちゃんには、そこまでのパートナーはいないと分かったのでしょうか?息子さんが結婚して、可愛らしいお嫁さんが息子さんを心から信頼して、幸せ一杯だという彼女。朗らかに笑いながら露天風呂から立ち去ろうとして再び戻ってきて、自分の名前を名乗り、私たちの名前を聞いてから、また朗らかに立ち去っていきました。

通りすがりの人ですら、メッセージを運んできます。「春のリトリート」は、参加者が4人と少人数だったにもかかわらず、素敵な人材(スタッフ)がやってきて、さらに、隣のフリーキッズビレッジの動きともタイミングがばっちりで、タイの「夢を織る家」で、現在17人の孤児を育てるナートさん&ユパさんのワークショップも組み入れられ、彼らの人生や心にも触れ、日常を豊かにしてゆくヒントのたくさん詰まったリトリートになったような気がします。参加者のみなさんの心にたくさんの種が撒かれました。どの種が着床し、根を伸ばし葉を茂らせ花をつけるか、楽しみにしていてくださいね。心にお日様のあたる場所にいてくださいね。きっと、自然に芽が出てきますよ。

オーガナイザーのわたしに、「春のリトリート」は、現在も進行中。役得ですね。リトリートの度にギフトがあります。来年の3月、タイの「夢を織る家」でのリトリートの構想が動き出しました。今回のシェフむちゅうさんの創作精進料理、そして、彼の軽やかなフットワークは素晴らしく、ナートさんにむちゅうさんを紹介しました。むちゅうさんは、今年の7月28日からの夏のリトリートのシェフとして遊里庵にカムバックするばかりでなく、来年3月のリトリートinタイの「夢を織る家」のシェフ&通訳を引き受けてくれます。みどりちゃんもリトリートin「夢を織る家」のスタッフを名乗り出てくれました。自然な流れの中にあっという間に決まってゆく。なんだか、びっくりですね。「暮らしと繋がりの中で自分自身を知る」というリトリートのテーマが、思惑を超えて、より、グローバルに育っていきそうです。「ほんとうの自分を制限なく生きる」その生きた見本のようなナートさん。彼の暮らす場所で彼のお話をたくさん聞き、シェアリングを深め、こどもたちと一緒に遊び、水辺のオープンスペースで毎夕、コンサートを開きましょう。
d0024504_13215596.jpg

今夜は、ナートさん&ユパさん、マットくんを夕食に招待しました。明日の朝の念仏&瞑想、シェアリングにもお迎えします。~暮らしと繋がりの中で自分自身を知る~リトリートのテーマは、遊里庵(ゆうりあん)では、まだ続いています。
*********
今回、春のリトリートの二日目にナートさん&ユパさんのワークショップを、場所をフリーキッズビレッジに移して組み入れ、午後は、ナートさんたちを含めたフリーキッズビレッジのみんなが我が家の玄関前の桜の木の下に集いました。
d0024504_13231149.jpg

 フリーキッズビレッジは、隣の孝子が3年前、パートナーを亡くした後、立ち上げた「自然豊かな田舎で自給的暮らしを育てる大家族ビレッジ」です。

2年前、わたしにとって初めてのタイ旅行の最終地が「夢を織る家」でした。「宇宙の愛」を体現したような生き方の年若いナートさんと出会い、啓発されました。

タイから帰国した1週間後に、偶然、隣人の孝子もタイの「子どもの国学園」を訪問するためにタイに向かうことになっていました。家の前の坂道でばったり顔を合わせたわたしと孝子。歩きながら交わした会話から、孝子も「夢を織る家」に行くことを急遽決めました。昨年2月は、「夢を織る家」に2回目に訪ねた時、到着したら、孝子を含めたフリーキッズビレッジのみんなが手を振って迎えてくれました。下は、まさにその時のショットです。日程を相談したわけでもなく、それぞれに決めたそれぞれのスケジュールがひとつの流れにはまっているかのようです。
d0024504_13291518.jpg

人との出会いが、思惑を超えて流れを作り出す。今回のナートさん&ユパさん、マット君の来日は、「わたしたちの暮らしも見てもらい、相互の交流を深めたい」と、フリーキッズビレッジが、ご招待したのです。それは「春のリトリート」の日程と偶然重なり、「夢を織る家」でのリトリートの計画を相談できる流れになりました。
*********
ところで、今回、スタッフとして初めて遊里庵(ゆうりあん)に来てくれたむっちゃんは、実はお会いするのは2回目でした。初めて会ったのは昨年11月、サンフランシスコのジャパンタウンのお寺でのコンサートでした。コンサートの打ち上げで日本食レストランに行ったとき、少し会話しました。「リトリートで僕が料理しましょうか?」と言ってくれたような。でも、ほんとに来てくれるなんてね。そう、わたしはむっちゃんのお料理をなにも知らなかったのです。もちろん、ホームページなどでお料理の写真を見て、「大丈夫そうだ(笑い)」と確認は、してありましたが。

それが、素晴らしかった。なにを食べても
「すごく、おいしい。でもこれなあに?」と食べたこともない食材の組みあわせのお料理なのでした。「想像したこともない食材の組み合わせなのに、なんでこんなにおいしいの?」

しいたけが、お肉の役目を果たしていたり、サラダのドレッシングが、豆乳とフルーツなど、思いがけない素材だったり。また、ピーナッツをすり鉢ですってバターにしてくれたり、濃厚な手作りゴマ豆腐やら、豆から作った豆乳とあんこのデザートやら。一番好きだったのは、酵素玄米と野菜の精進寿司。人参、えのきだけ、大根、しいたけなどの生の野菜をオリーブオイルやしょうゆ、お酢で漬け込んで、巻き寿司や、にぎり寿司に。「「料理はおいしいと思うけど、感動したのは初めて。」とTさん。わたしも含めて、みんな感動していましたね。夏には、畑でもぎたての野菜に感動し、料理に感動し、またまた豊かなリトリートになりそうですね。
d0024504_16242118.jpg

最終日、一足早く帰ったUさんを見送りにみんなで外に出て、そのまま散歩に出たくなりました。リトリートの前半は曇りがちで、雨も降りました。その日の午前中、ウォーキングメディテーションの時間には奇跡的に晴れて、明るい太陽の日差しが、みんなの気持ちを湧き立たせ「散歩にいこ~よ。」と自然な気持ち。

廃校跡地で、Kちゃんとシーソー、Aちゃんとブランコで遊び、背の高い木の真ん中のツリーハウスで寝転がって青空を流れる雲をぼんやりと眺めました。Tさんは、生き生きとさらに高いところへ登っています。そうしてしばらく過ごした後、遊里庵に帰りながら、「ジャガイモ植えない?」と急にまた、思い立ちました。

Uさんが、帰る前のクロージングのシェアリングで『2泊3日じゃあ、短かった。3泊でもきっと足りない。1週間くらいいて、有里さんたちと畑もしたりしたかった。』と話してくれた言葉が、心に留まっていたのかもしれないですね。人数も私を入れて4人。長靴と麦藁帽子の数も4つ。人数が少ないから思い立ったことは、すぐに実践できたんですね。
d0024504_16385993.jpg

Kちゃんが、とたんに生き生きと輝き始めました。

「別れた彼と一緒にやったことは、思い出すことが哀しくてみんなやらなくなってしまっていたの。でも、彼との事を思い出しても、それ以上に楽しいっていうことが分かった。畑をやれてほんとに良かった。開こう開こうと思っても心が開かない、大好きなことを始めたらとたんに心が開く。これだって、気がついたよ。」

たくさんのコンサート、たくさんのシェア、感動的なお料理の数々、「葛藤に取り組むことをやめて、ただ愛を与えることに切り替えた」ナートさんの人生のお話と、信念を証明する実験(*)、自然の中で一人でくつろぎ、自然からのメッセージを受け取るウォーキングメディテーション、自分を水の入った袋だと思って、原初的な生物アメーバーになって、揺らめくアメーバータイム、朝のお念仏と瞑想、畑、散歩、薪でたいた煙もくもくのお風呂、温泉、誠さんのヒーリング、むっちゃんのカードリーディング、そしてわたしのヘンプアクセサリーワークショップetc。楽しい時間だったね。
d0024504_1374648.jpg
次は、7月1~2日 1泊2日久高島リトリート。7月28日~7月31日 3泊4日の長野は遊里庵 夏のリトリート(かわ)8月4日~7日 夏のリトリート ほし が待ってます。是非、いらしてくださいね。夏は、川辺でのバーベキューやナチュラルサウナもあり、家族で大いに楽しめます。かわの部にむっちゃん、ほしの部にももちゃんがヒーラー参加してくれます。

〔*エンピツを葉っぱで切る実演をしました。エンピツをバターだと想像し、葉っぱをナイフだと想像して、切る。これは、ナートさんしかできませんでした。わたしも試したけれど、できなかった。なんでも信じればできるし、できなければ、落ち込まないで、練習すれば必ずできるよ~とナートさんの助言です。柔らかな葉っぱで硬いエンピツが切れるのは、集中力と信念の力だそうです。葉っぱがエンピツに当たる前にもう切れている、とイメージするのだそうです。〕

さてさて、「春のリトリート」の流れはこれから、東京に向かいます。

22日、東京は府中のスローカフェで昼12時半からナートさん、ユパさんをお迎えしてのフリーキッズビレッジ主宰のコンサートがあります。是非、是非、いらしてくださいね。

場所 カフェスロー 府中市栄町1ー20ー17(tel042-314-2833) タイの孤児たちの家 夢を織る家バン・トー・ファン フェア(21日~23日までナートさん&ユパさんのお話会と作品展示会) 22日 11時半開場 12時30分~15時 吉本有里コンサート「こどもたちの心」 出演 吉本有里(うた、バイオリン、お話)下村誠(ギターとコーラス) 料金(1ドリンク付) 電話予約2500円 当日 3000円 小学以下無料 お問い合わせ&申し込み tel&fax 0265-94-5028 http://www.freekidsvillage.org E-mail freekids@abox23.so-net.ne.jp *カフェスローでランチもとれます(別料金)
by ainohanaMusic | 2006-04-19 13:15 | ライブ | Comments(2)

春のリトリートへのお誘い

【春のリトリートへのお誘い】

今日は、4月14日から始まる「春のリトリート」へのお誘いをさせていただきます。
少し長くなりますが、よかったら読んでくださいね。どんな思いで、どんなことをやっているのかを感じてくださると、とても嬉しいです。

リトリートは、「魂の家族」「光のサークル」を形成し、魂の中心からつながり、循環してゆく「世界」を起こしてゆく動きのはじまりとしてささやかながら始めました。「ほんとうの自分」と出会うことで「ほんとうの繋がり」と出会ってゆきます。「ほんとうの自分」が立ち現われ、中心を感じながら人生を歩いてゆける。たったの4日間の体験が、なぜか、その後の人生を変化させてゆきます。自分の奥深くを感じれるようになると、ゆっくりとであっても、起きることも変化してゆくんですね。今まで参加された方々からのフィードバックでは、この変化はずっと続いています。
d0024504_16202489.jpg

来られる方が今後たくさんいることを、わたしは知っています。でも、「リトリート」とはなんなのか、知る方はまだ少なく、腰を上げるのが難しいことも、わたしは知っています。始まったばかりのリトリートの素晴らしさ。それを、みなさんにお伝えして、是非「光のサークル」が力強く育っていくように祈っています。すべては、今、用意されています。あなたが来られるのを待っています。是非、いらしてください。
*********
リトリートというのは、英語で直訳すると「隠遁(いんとん)」です。いつも、目の前のことの対応に追われる繰り返しの日常から離れて、自分の魂の滋養になる時間を、自然に恵まれた場所で過ごすのが「リトリート」。自分の心や人生を深く感じる時間を自然の中で過ごすのがリトリートです。わたしも、世界各国のリトリートを参加者としていくつか体験しました。

わたしの家でのリトリートのやり方は、他では見たことがありません。サンプルになるものも、ありません。そこは私自身の暮らしの現場であり、歌が生まれる現場であり、来られたあなたも、スタッフも、みんなありのままで深いところで「ともだち」になってゆく場所です。ちっともファンシーでなく、ゴージャスでもない。でも、一過性のものではなく、ずっと続いてゆく始まりが、ここにあります。このリトリートの青写真は、わたしの魂の奥にずっと存在していました。こうしたら、人は本当に「目覚め、つながることができる」という「指針」の存在を胸に感じていましたが、これを始めるには、まず自分の生き方、暮らし、人との繋がりが整わなくてはならない。あたため、学び、時が来て、今、導かれるままに始まっています。
d0024504_16205335.jpg

我が家のリトリートの核になるのは、「コンサート」「シェアリング(分かち合い)」それから「自然に調和した祈りのある暮らしの現場」です。わたしのこどもたちの育つ長野の古民家であるわたしの家、暮らしの現場にみなさんをお迎えします。みなさんのお泊りするお部屋は、子どもの部屋だったり、祈りの部屋だったり、レコーディングの部屋だったり。みなさんのお食事を用意したり、子ども達と遊んだり、薪のお風呂を焚いたりするスタッフは、わたしのお友達です。彼らもまた、「心のチューニングのためのリトリート」を裏方として支えるために、みなさんが来られる前に、スタッフだけのシェアリングや祈りの時間やミーティング、前準備をします。自分の感性を働かせ、コミュニケーションしつつ、参加者が安心して自分の心と体を解放できる場を支えていく「現場」でスタッフも成長してゆきます。

リトリートのプログラムは、その時のインスピレーションで、柔軟に進めています。重要なのは、参加者の心と体が解放できるように、個々が自由でありながらつながれる流れを具体的に整えることです。
今まででしたら、1日目は、みなさんが来られたら、まず、お部屋に案内し、お茶をいただいてリラックスしてから、オープニングサークル(始まりの輪)を開始します。心をこめてウェルカムソングを歌い、そして、みなさんが夫々に、「なぜjここに来たのか」を話しつつ自己紹介をします。夕方、温泉に浸かり、さらにリラックスして帰宅したら、スタッフの心のこもった手料理が用意されています。夜は、キャンドルコンサートとキャンドルシェアリング。いつもそうですが、持ち歌の中から、その場で選ばれ歌われる歌は、その時に決まります。話される内容もそうです。インスピレーションは明確にやってきます。歌を聞かれて、リラックスした気持ちで、ろうそくを囲んで、今度はみなさんが語る番になります。
d0024504_16212840.jpg

二日目の朝は、スタッフの手料理、おいしい朝食をいただいてから、我が家の勤行(祈りの時間)をみなさんと分かち合います。南無阿弥陀仏(思惑を超えた偉大なる光に全託します)という、マントラは、とても力強く、リトリートをも導いてくれるようです。朝、歌う歌のインスピレーションが降りてくるときもあります。そんなときは、朝から数曲歌ったりします。二日目は、たいてい自然の中を歩き、その後、それぞれの気づきを交換します。この日は、天気がよければ、午後、野外でコンサート。昼ごはんも外で食べます。夕方は、薪で焚いた山の清水のお風呂に順番に入ったり、オプショナルワークショップで、ヘンプ(麻)とビーズのオリジナルアクセサリーを作ったり、ヒーリングを受けたり。焼き芋や、薪割りをしたこともありました。今回、初めてスタッフをされるむちゅうさんも、もしかしたらカードリーディングなどのオプショナルを提供してくださるかもしれません。
夜は、またキャンドルシェアリングですが、このあたりから、夫々が思いがけなく「語るつもりもなかった、気がつかなかった重要なこと」を語り始めます。みなさんは、わたしも含めて外の世界の対応に追われ、本当の自分の「魂」を安心して感じ、開く機会を、あまり持っていないので、どこか滞っていたりします。「神性」に触れ始めるまでに2日くらいかかったりするんですね。涙、笑い、震え。輪に集ったみんなが、どんな話をも全身で聴く。話す人が「真実の言葉」を語りだせるように支える心の輪は次第に整ってゆきます。

「魂」が語りだすと「真実の言葉」が、その人の人生を開いてゆくことになります。本来、言葉は「力」を持っています。人の輪の中で獲得したボディ、マインド、スピリットの統合と共にこぼれだした「言葉」。断片的な言葉であっても、誰かの心の真実を開く鍵になる「言葉」。一人が自分の体裁をすてて、その人の真実を語り始めると、空気が変わります。場が変化します。そして、みんなが「自分の真実」を語り始め、その絆は、一生変わらぬものになるのです。ありのままの姿で愛し、愛されてる絆。5回のリトリートで、なによりも豊かなギフトは、この「絆」の実在感ですね。リトリートがやってくるたびに、「魂の家族」が増えてゆく。毎回、なにがおこるか分からないリトリート。でも、絶対に大丈夫。来られた人の魂そのものが、光となって導いてゆくのが、「観音道場遊里庵」のリトリートなのです。
*******
d0024504_16221184.jpg
リトリートは、その後3日目、4日目まで続きますが、全部を語るととても長くなりますので、このくらいの紹介とさせていただきます。
私自身、数日前、自分の心が深まる大きな体験をしました。それは、まさに「冬から春へ」。「雪解け」です。みなさんの人生は、今、どこにありますか?

桜が開花する頃、長野のわたしの家「観音道場 遊里庵(ゆうりあん)」に是非、足を運んでください。
まさに「今」、「雪解け」を感じる方、「春」を心に迎えたい方、是非いらしてください。偶然ではありません、必然の出会いが待っています。

春のリトリート詳細 http://amanakuni.net/yuri
申し込みは3月28日までにお願いいたします。参加を決めた時からリトリートは始まります(気づきを深める偶然の一致が始まります。

【♪4月14日~17日 長野は高遠町 観音道場 遊里庵(ゆうりあん)有里の自宅で吉本有里とその仲間たちによる春のリトリート♪】
心のチューニングのための3泊4日~繋がりの中で自分自身を知る~
コンサート、シェアリング、瞑想、自然の中でウォーキングメディテーション、心のこもったおいしい食事、ボディーワーク、薪のお風呂、温泉
*今回はアメリカから地蔵カフェのシェフむっちゃんがスタッフにきてくれます。http://jizocafe.blog9.fc2.com/
《日程》 4月14日(金)午後2時半までに現地集合17日(月)午後3時解散(バス停、電車の駅まで送り迎えいたします)
《料金》 大人45000円 こども9000円(宿泊、食事、コンサート&シェアリング、ワークショップ、お迎え、託児すべての料金を含む)*オプショナルワークショップ&ヒーリングは別
《スタッフ》下村誠(ミュージシャン&ヒーラー)むちゅうさん(地蔵カフェ、お坊さん、カードリーディングなど多方面で活躍中)みどりちゃん(きめ細やかな優しい人)
《申し込み》3月28日(火)までに申込金5000円をお振込みください。振込先 口座名称:愛の花Music 番号:00530-3-41882
残金は来られる前にお振込みください

♪観音道場 遊里庵♪

心に沁みる声がある 心を照らす光がある  見上げれば 山々が 輝いている 見上げれば星たちがまたたいている

心をひらく言葉がある 心育む 愛がある 見上げれば鳥たちが うたっている 見渡せば花たちがささやいている 

手を合わせ心を合わせて 祈りの中でひとつになって 輝いた 輝いた 涙のしずくが

溶けてゆく 溶けてゆく 慈しみの愛に つつまれて  観音さまの手のひらで   (2006,2,18)
by ainohanaMusic | 2006-03-19 16:16 | ライブ | Comments(0)

春のコンサート&春のリトリートのご案内

今日から、こどもたちは春休み。
リトリートのスタッフで活躍してもらっているビーナス(旧呼び名*じーま)が昨日から遊びに来てくれて、今朝は5人で朝の勤行をしました。これから3月20、21日が山梨でコンサートです。26日から4月2日まで静岡の実家へ戻り、4月3日からデザイナーのスミエちゃんと歌の歌詞とイラスト入りのポストカードの製作に入ります。4月8日(土)は長野でコンサート。そして、4月14日(金)から17日(月)までが、長野の観音道場 遊里庵(ゆうりあん)~わたしの自宅~で待望の♪「春のリトリート」♪です。
d0024504_16182498.jpg

子彼岸桜で有名な高遠。我が家の庭には、チューリップが顔を出しています。よかったら思い切って、仕事や学校(子ども達のこと)を休んで、心のチューニング、人生の軌道修正、心のリフレッシュ、出会いにいらしてください。おととしの新年から始まった3泊4日のリトリート。参加者の大変身、心も体も健康になってゆく姿に私自身も感動しています。なにより嬉しいのは、「魂の家族」「光のサークル」魂の出会いが確実にあり、その輪が育っていること。違う時期に参加した参加者同士も、逢えばすぐに深いともだちになってゆける不思議。人生が豊かになってきた感じがします。このミラクルは、参加しないとわかりません。以下3月~4月のライブ&リトリートのご案内をさせていただきますね。

【3月20日、21日 山梨でコンサート】
20日(月)長坂町塚川1392-9ヒマラヤンカレー『ぼんてんや』にて6時半より 吉本有里with下村誠ライブ*料金 お志*カレーバイキング*℡&fax 0551-32-5242
080-5492-0536
21日(火・祝)春分の日 南佐久郡相木村*木工房アマナ 吉本有里さんのコンサートを開催します。下村誠さんのギター&コーラスで。午後3時より 参加費1000円 
要予約です。(定員25名くらいかな)0267-77-2485(きょうこ&たーぼう) コンサートの後は交流パーティしましょう。 (交流
パーティ・夕ご飯まで参加の方は一品持ち寄り大歓迎)

【4月8日 長野でコンサート】飯島町44-10 風の谷絵本館 入場料 1800円(℡予約)2300円(当日)午後6時半オープン7時開演
お問い合わせ&予約 0265-86-5546(絵本館)

【♪4月14日~17日 長野は高遠町 観音道場 遊里庵(ゆうりあん)有里の自宅で吉本有里とその仲間たちによる春のリトリート♪】
心のチューニングのための3泊4日~繋がりの中で自分自身を知る~
コンサート、シェアリング、瞑想、自然の中でウォーキングメディテーション、心のこもったおいしい食事、ボディーワーク、薪のお風呂、温泉
*今回はアメリカから地蔵カフェのシェフむっちゃんがスタッフにきてくれます。http://jizocafe.blog9.fc2.com/
《日程》 4月14日(金)午後2時半までに現地集合17日(月)午後3時解散(バス停、電車の駅まで送り迎えいたします)
《料金》 大人45000円 こども9000円(宿泊、食事、コンサート&シェアリング、ワークショップ、お迎え、託児すべての料金を含む)*オプショナルワークショップ&ヒーリングは別
《スタッフ》下村誠(ミュージシャン&ヒーラー)むちゅうさん(地蔵カフェ、お坊さん、カードリーディングなど多方面で活躍中)みどりちゃん(きめ細やかな優しい人)
《申し込み》3月28日(火)までに申込金5000円をお振込みください。振込先 口座名称:愛の花Music 番号:00530-3-41882
残金は来られる前にお振込みください。

参加された方の感想、来方など 詳しくはhttp://amanakuni.net/yuri

【4月22日(土)東京で吉本有里コンサート】タイの「夢を織る家」孤児20人以上を養子にして育てているナートさん&ユパご夫婦をお招きし、草木染衣類の展示販売の中でのコンサートです。是非、いらしてくださいね。
4月22日(土)会場 東京都府中市栄町 カフェスロー 開場11時半 開演 12時半料金 2500円(℡予約)3000円(当日)お問い合わせ&予約0265-94-5028 *カフェスローでは別料金にてランチも食べれます。042-314-2833(カフェスロー)
************
わたしの暮らす高遠は、全国的に有名な桜の名所です。
ですから、「春のリトリート」来られたい方は、お早めにバスなどの席の確保をお願いしますね。
わたしの家は、過疎の村ですから、とても静か。
玄関前の桜の木の下で、野外コンサートも計画しています。ランチも、外で食べたりしましょうね。
パートナーと一緒に、あるいは親子での参加も歓迎いたします。
キャンドルコンサート、キャンドルシェアリング(分かち合い)で、ふか~いところまで自分を感じて、そして出会いなおす機会になります。
必然の出会い、どんなみなさんと春を過ごすのかな?楽しみにお待ちしております。

5月は関西~米子、出雲~名古屋へコンサートツアー6月は沖縄へ。7月は九州。9月はカリフォルニアへ行きますよ。また、お知らせいたしますね。読んでくださってありがとうございます
by ainohanaMusic | 2006-03-18 16:22 | ライブ | Comments(0)

明日から大阪~四国へコンサート

2枚のCDのデザイン入稿も終え、11日の日曜日は、子どもたちとアイススケートへ。
d0024504_2211826.jpg
そして、ふたりの子ども達としばし別れて、明日から23日までコンサートツアーです。
大阪、滋賀県、兵庫、奈良、四国(松山、徳島)へ行きます。
クリスマスには自宅に帰ります。
d0024504_2214572.jpg

今日は、八星の先生との懇談日で学校へ行ってきました。
明日から長距離ドライブをするので、オイルチェンジ、エンジンルームの点検も済ませました。さて、コンサートのスケジュールを載せておきます。
どこかに来てくださると嬉しいな。
d0024504_2221787.jpg

待ってますよ~。

*********
12月16日(金)大阪満月の祈りのコンサート 

リトリートでヒーラースタッフとして活躍してくれている小島ももゆかりさんの企画。リトリートのスタッフ、参加者(朋ちゃん、京ちゃん、きよちゃん、みどりちゃん)の協力であたたかい夜になりそう。

 午後6時半開場 7時開演 会場 カフェバー GATO大阪市北区本庄東2-12-18
 前売り: 3000円  当日 3500円 出演 吉本有里(うた、バイオリン) 下村誠(ギター、コーラス) 山本公成(サックス)
● お申し込み、お問い合せ
なるべくお早目にメールか電話にて問い合せの上、ご予約ください。(定員30名)
メール : kara@momo.mu 090-2061-4860(小島) 080-3111-7838(田中)

12月17日(土)赤穂市 普門寺 

2003年12月17日より、3年目に入る納め観音の日のコンサートです。毎年、確実に変化してゆくわたしを普門寺の千手観音様が見守り、導いてくださってるのを感じるありがたい夜です。とても素敵な女性の住職さんのお寺です。

 開場6時 開演6時半 観音様の手の平でコンサート part3 出演 吉本有里(うた、バイオリン) 下村 誠(ギター、コーラス) 山本公成(サック
ス) 料金2000円(前売)2500円(当日)※前売券は普門寺にてお買い求めください 小学生 500円 中高生 1000円 前売予約とお問い合わせ 0791-42-3669(普門寺9090-4535-4776(有里)

12月18日(日)滋賀県信楽 MIHOミュージアム本館 

こちらも2年目。観音さまのお導きのミュージアムです。信楽の仲間たちの心あたたかい手作りコンサートです。

出演 吉本有里(うたと語り、バイオリン)下村誠(ギター&コーラス)  時間 午後1時開場 1時半開演 3時半から交流会
入場料 前日までの予約 2500円 当日 2700円 小学生以下 無料 中高生 1000円
※ 日頃、家事育児に頑張るお母さんのために子どもも参加できるコンサート企画にしました。お子様も楽しめる「わくわくミュージアム」の特別プログラムも用意しています。当日会館では、エジプト、西アジア、南アジアの部屋が拝観できます。

問い合わせ 信楽自然育児サークル なちゅらるまま 高橋りえこ 0748-82-4131
trym-91119@lapis.plala.or.jp
協力 MIHO MUSEUM 0748-82-3411 http://miho.jp

12月19日(月)奈良県吉野郡天川村 

初めて訪ねます。奄美舞いを踊る「鶴さん」の紹介で、素晴らしいご縁だから~と勧められ、コンサートします。電話で打ち合わせを何度もしました。これから、毎年足を運ぶようになるかも~と楽しみです。

天川村洞川340-3 茶房・雑貨 空(くう) 出演 吉本有里(うた、バイオリン) 下村誠(ギター、コーラス) 7時開場 8時開演 料金 2500円(飲み物付) TEL/FAX 0747-64-0280
 E-mail ☆天川神社のすぐ近くです。お泊 りで来られることをお勧めします。空に温泉旅館など、紹介&予約していただけます。ゆっくりした夜を一緒に過ごしましょう。

12月21日(水)広島 

カリフォルニアに暮らしていた頃、山深いわたしの家に遊びにきてくれたけいこさんの企画です。4人の小さな子どもを育てながら、いつもわたしたちの音楽を楽しみにしてくれています。

安佐南区民文化センター3F音楽室 ℡874-3060
出演 吉本有里(歌と語り、バイオリン)下村誠(ギター&コーラス)

時間 午前 10時~12時
料金 2000円 お茶とお菓子を用意しています
申し込み&お問い合わせ 082-568-8755 090-5691-1805(シタオカ)
※ボランティアで運営しています。お手伝いしてくださる方、声をかけてくださいね。お茶の準備がありますので、必ずお申し込みください(当日OK)

12月22日(木)松山市

夏のリトリートに親子で参加してくれた岡田さんの企画。リトリートでは、深いところで出会うので家族のようになります。再会できるのが ほんとに楽しみ。ほとんど満席状態だそうですが、連絡してみてください。

 【昼のコンサート】 one‘s cafe 平和通り1-4-6村上ビル2F
出演 吉本有里(歌と語り、バイオリン)下村誠(ギター&コーラス)

時間 開場1時 開演1時半~  コンサートの後、有里さんを囲んでのシェアリングがあります。(お飲み物あり)
料金 3500円(定員 15名) 申し込み 090-4335-2749(岡田)

【夜のコンサート】茶間やまもと 古三津1-13-13 
時間 開場(お食事)午後6時半~ 開演7時半~
料金 コンサートとお食事(飲み物別途)3500円
申し込み 090-4335-2749(岡田)
※駐車場は2~3台しかありません。(駐車場は別の場所を案内しますので事前に申し込んでください)なるべく電車などをご利用ください(駅から徒歩5分)

12月23日(金)徳島 

徳島の神山は、緑豊かな静かな美しいところです。万里子さん&ひささんの織り成す手作りの音を楽しむお祭りは、ほんとに素敵。サックスの公成さん、シタールの峰彦さんと出会い、次のCD「こどもたちの心」「観音さま」には、このお二人の音が入っています。縁結びのお祭りですね~

神山町 神山スキーランドホテル 楽音落日 ★有里ライブは23日の夜。この2泊3日は、子どもたちの楽しめるプログラムも盛りだくさん。2泊3日で大人1万8千円。子ども11000円。日帰り1日 参加 大人 3000円 こども1500円お問い合わせ 宮城万里子 090-9427-3199・088-636-7288 E-mailhisamari@hotmail.com

それでは、どこかでお会いしましょう。

長野のわたしの家での次回のリトリートは 2006年1月20日~23日まで新年のリトリート、3泊です。今回から「ようさんの木削り教室」もオプショナルメニューに入ります。春は4月14日~17日。詳しくは、ホームページを見てくださいね。http://amanakuni.net/yuri
by ainohanaMusic | 2005-12-15 22:04 | ライブ | Comments(0)

今から東京へ

今朝は薪ストーブを焚きました。
アマチは、朝5時に起きて宿題をし、寝ぼけまなこのわたしに 手を振りながら1番早いバスで、学校へ。早朝バスケです。
八星は、一足遅れて、隣のシンキたちと同じバス。田園の坂道を一緒に歩いていたら「ママ、アトラス(カブトムシ)のお墓に昆虫ゼリー供えておいて。それからお水かけといてね。」だって。
アトラスのお墓には、チューリップの球根をふたつ植えたのです。

さて、今から わたしは東京へ。
よかったら、是非コンサートにいらしてください。

**********
9月30日(金)吉本有里コンサート@MARU

♪♪歌は、まぎれもなく わたしの心 そのものである。

♪♪歌は、どこからやってきたのか?
♪♪わたしたちは、どこからやってきたのか?

そよ風の囁きのような「よしもとゆり」のうたごえは 時にはやさしい母の揺りかご そして 時には妖精のような あどけない少女のうたごえとして響きわたり ひとを癒すだろう……

『MARU』(西武新宿線東村山駅西口徒歩2分)042-395-4430
2005年9月30日(金)pm6:00開場 pm7:00開演
料金:1,500円(ドリンク別)
出演:吉本有里(バイオリン、歌)・下村誠(ギター、コーラス)/フーゲツのJUN(ポエット、MC)
問い合わせ/オルガナイズ:フーゲツのJUN fuugetsudo@yahoo.co.jp
(MIXIメッセージでも可)

10月2日(日)
◎吉本有里LIVE IN 本應寺◎

~祈りのはじまり~

未来のわたしと共に生きる
過去の私と共に生きる
それが愛のはじまり
それが祈りのはじまり

日時:10月2日(日)開場13:00 開演13:30

場所:本應寺/ほんのうじ(杉並区永福1-7-2)
   03-3321-7860
   京王線下高井戸駅下車徒歩5分 MAP

出演:吉本有里(歌・バイオリン・ギター)・下村誠(ギター)・岡さやか(ピアノ) 

料金:前売2500円 当日3000円 小学生500円 中高生1000円

オリジナルCDの他、オリジナルヘンプアクセサリー、
タイの「夢を織る家」の草木染バックや服の展示即売会もあります。

終演後、16時より吉本有里さんとメンバーを囲む交流会(シェアリング)、
17:30からはお寺の勤行(お念仏)があります。
お時間の有る方はご参加ください。

10月4日(月)
場所*調布*クッキングハウス (調布市布田1-10-5稲毛やビル1F)レストラン(第2クッキングハウス) 秋のコンサート 午後2時~4時 ゲスト 吉本有里
参加費 1500円 電話 0424-88-6369
by ainohanaMusic | 2005-09-30 08:33 | ライブ | Comments(6)

秋のリトリートのお知らせ

こんばんわ。

栃木から戻って1週間。酵素玄米と、畑の野菜たちのおいしさに、ほんとうに毎食感動し「おいしいって、幸せだなあ~。」なんて単純で奥深い豊かさを感じていました。

ナスは素揚げに、しょうがじょうゆが一番おいしい。

トマトのサラダは、毎食食べていました。玉ねぎ、オクラ、みょうが、つるむらさきなど何でもスライスして乗せて、ニンニク、オリーブオイル、ビネガー、塩、こしょう のドレッシングをかけるとなんて、おいしい!そして残ったサラダは、翌朝、野菜とマヨネーズ、チーズを乗せて、トースト。ピザパンにしてあげると子どもたちが、残らず喜んで食べてくれます。

畑は、1週間の留守の間にオクラがモニュメントのように大きく固くなっていましたが、トマトなどは、声をかけてあったお隣の若者たちが食べてくれたようで、良かった。またまた、草が伸びていたので草刈をし、ジャガイモを収穫した後を耕し、大根、人参、ぱくちょい、カブ、ねぎ、玉ねぎを植えました。
 大根は、もう可愛い芽が出ています。冬になる前には、たくわんに漬けるつもりです。

*******
さてさて、秋のリトリートのお知らせをします。
今回は、締め切りを早くしました。10月25日頃からリトリート直前〔11月7日)まで、カリフォルニア行きが決まったので、参加者やスタッフと早めに意思疎通をしておこうと思っています。

カリフォルニアには一人で行きます。
ヒーラーのももちゃんとは、彼女がシャスタ~セドナを巡った後、エサレン研究所で合流します。同じ部屋をシェアして、別のクラスで学び、一緒に帰国。そして、リトリートでは一緒にお仕事する運びです。

わたしも、ももちゃんもきっと一皮向けてるんじゃないかな~カリフォルニアの風を感じてくださいね。

下記に案内を出します。良かったら 早めに申し込んでくださいね。スタッフ希望者もおられましたら連絡してみてください。(我が家のリトリート参加したことのある方がいいな~)

11月7日~10日のワーキングリトリートも考えていますが、わたしの帰宅が9日になるんですよね。わたしが帰るまで誠さんとお仕事(準備)となりますが、そんな感じでも希望があれば、連絡してください。

****
ところで、明日は、飯島の「風の谷絵本館」でコンサートです。(連絡0265-86-5546)
メンバーは、サックスの公成さん、ウッドベースのでんちゃん、ギターの誠さんと4人で。
あさってには、ピアノのシーナも来て、5日間くらいはレコーディングの日々なのですよ。

******

吉本有里 と その仲間たちによる 心をチューニングする秋のリトリート 3泊4日
「やっと集えるね~魂の家族たち」  
~暮らしとつながりの中で自分自身を知る~ at 有里ハウス   
         長野県高遠町山室
2005年 11月11日(金)~14日(月)
時間の取れない方は金~日曜日の2泊3日でもOK
コンサート めいそう シェアリング サイレントウォーキングメディテーション、ヘミシング 心のこもったおいしい食事 ボディワークタイム 散歩 薪のお風呂&希望者は薪割り体験 温泉へも行きましょう 
オプショナルメニュー(費用別途):エサレンマッサージ、クリスタル、ヒプノセラピ―by小島momoゆかりさん。ヘンプクラフトワークショップ(120分)by吉本有里 タッチセラピー&ボディートークby下村誠
★日頃、楽器を持って全国に演奏に飛び回っていますが、今年から歌が生まれ育っている我が家にみなさんに来ていただいています。~長野は高遠町田園の大きな古い家でコンサートを含めた心をチューニングする3泊4日を四季折々に企画しています。冬、春、夏のリトリートは、それぞれの季節の色に彩られ、涙と笑いに満ち、晴れ晴れとしたみんなの気が山室を満たしました。
 11月は、紅葉の山々が美しい季節。体と心を解き放ち、安心して繋がってゆく輪を体感してみましょう。みなさんが自分の心を感じ取れるようなゆったりした流れの中にも集中し、深まる輪を考えています。(プログラムは大人向けですが、お子さん連れで来られたい方は、ご相談ください。ある程度は、お子さんを自分で世話する覚悟で来てくださいね。)

ほんとうの自分を生きること、実在として存在している自分自身の輝き、しなやかさを受け取るチャンスとスペースを自分自身に与え、心をチューニングしてみましょう!
        
★場所 長野県 上伊那郡 高遠町山室3003 吉本有里自宅 
山室川が横に流れる静かな田園です。築100年、10部屋。2003年春から借りて、子どもたち二人と暮らしています。目の前に雑草だらけの畑、小さな集落はお年寄りがほとんどですが、隣人は「自然学校」を企画運営する友人が暮らしています。
★日程 金曜日 午後2時半までに現地集合(東京新宿から大阪梅田から高速バスが出ています。伊那市駅まで来てくださればお迎えにまいります)
  日曜日、月曜日、午後1時解散(バス停までお送りします)
☆プログラム  曲目を変え、お話を交えたリラックスしたコンサートが毎日あります。野外や室内でのメディテーション、輪になって気づきの交換(シェアリング)。自然の中、周囲を気にしないで心がおもむくまま大地や風、草花を感じ、自然の息吹に満たされてゆくサイレントウォーキングメディテーション。そしてゲストヒーラーのボディーワーク。心が深まり伸びやかになってゆく3泊4日をお楽しみに。1日目は近くの温泉へ。二日目は、自宅のお風呂を沸かします(薪で炊きます)。食事はこちらで用意しますが、食後の片付けなど暮らしを彩る日常のお仕事はローテーションを組みますのでご一緒にお願いします。薪割りは希望者とやります。
☆スタッフ 裏方スタッフは3~4人、心のあったかいユニークなスタッフを考えています。
★持ち物 着替え、洗面用具をお持ちください。オプショナルワーク(ヘンプクラフトやヒーリングなど)には別途の料金が必要。※またオリジナルCD、オリジナルヘンプアクセサリー、また「夢を織る家」の草木染の素敵な衣類、スカーフ、帽子、小物などのショップもあります。おみやげを買われる方は少し余分にお金をお持ちください。

★料金   3泊4日 大人 45000円 子ども 9000円 時間の取れない方のみ2泊3日 大人 35000円 子ども 6000円
(プログラムは大人向けですが、託児の体制も整えて自然な形でのリトリートを考えています)
☆食事は、酵素玄米(苦手な方は他のものを用意しますね)野菜中心の食事です。天然酵母パンや、ティータイムもお楽しみに(前回は天然酵母パンは「アルクトゥルス」に特別注文しました。)

オプショナル料金 ★小島momoゆかりさんのヒーリング リトリート価格で参加しやすくしました。1時間・一律8000円 エサレンマッサージ クリスタルヒーリング ヒプノセラピー(催眠前世療法) ★ヘンプアクセサリーワークby有里 大人3500円、子ども2500円(材料費込み・通常は、5000円)★下村誠のさんのタッチセラピー&ボディートーク 45分(裏方を務めますので、流れの中で可能な範囲で受け付けます)3000円  

申し込み 申し込み締め切り 10月15日(土) 定員12名
なるべくお早目にメールか電話、ファックスでご予約ください。

秋のリトリート参加と書いて郵便振替にて、申込金5000円を振り込んでください。先着締め切りなので、申込金の入金を持ってお席を確保いたします。残金は、10月20日までにお振込みください。(今回、有里が25日頃から10日間カリフォルニアに行くので、早めにお申し込みください。参加者が決まり次第、みなさんに簡単な参加の動機&自己紹介を書いていただき、メールかファックスでまとめたものをお送りいたします。)

★キャンセル料 申し込み金5000円を手数料としていただきます。それ以外の振込金はお返ししますが、 前日キャンセルは半額 当日キャンセルは全額をいただきます。 (ただし他の時期のリトリートの参加費とすることができます)
★申し込み先
TEL/FAX 0265-94-3378(有里)0265-94-5077(誠) 携帯 090-4535-4776(有里) E-mail ainohana@air.ocn.ne.jp
振込先  口座名称:愛の花Music  口座番号:00530-3-41882

★高遠町山室(吉本有里自宅)までのアクセス 参加される方は必ずどの方法で来られるか事前に連絡してくださいね。(高速バスの停留所は我が家から車で30~40分です。スタッフかわたしが迎えに行きます。念のために(時間の遅れや行き違いのときのため)携帯電話の番号などお知らせください。来られる方には、近くの手描き地図もお渡しします。
☆ 東京から車で *中央自動車道で名古屋方面に向かい、「諏訪南インター」で降り、20号線で茅野市内に向かう。「中河原」の交差点を左に曲がり、152号線に入る。152号線はそのまま杖突峠に入ります。伊那藤沢を越え、高遠方面に10分くらい走ると左側に派出所が見えます。「関屋橋」のバス停を左に。そこから地図を参照。
☆ 東京から高速バスで  *新宿駅新南口「高遠」行きの南アルプス号に、9時40分発「高遠駅」で下車。1時半着。JRバス関東03-3516-1950 0265-73-7171
☆ 大阪から車で *名神高速道路で名古屋方面に向かい、小牧ジャンクションで中央自動車道に。伊那インターで降ります。伊那市方面に向かい、「入船」の交差点を左に曲がると361号線に入ります。そのまま高遠へ。高遠駅前商店街の郵便局が左手に見えたら、「茅野方面」(152号線)に左折します。5分ほど走ると右手に遠照寺の看板と、派出所が見えたら、右折します。ここからは地図参照。
☆ 大阪から高速バス *阪急梅田のバスターミナルから朝8時30分発「駒ヶ根・箕輪」行き伊那バスに乗ってください。伊那市で降りてください。(13:35分着) 帰りは伊那市を16時15分 大阪(梅田)に21時20分に着くバスをご予約ください。伊那バス予約0265-78-0007
☆名古屋から高速バス
名鉄バスターミナルから、朝9時30分発の「飯田・箕輪」行きの名鉄バスにお乗りください。伊那市で降りてください。(12:30着)※伊那市での、東京方面、大阪方面からの到着時間より1時間早いので、ここで昼ごはんを食べるか休憩して待っていてくださいね。(朝11時半発 14時30分着もあります。)帰りは、伊那市を15時発。名古屋に18時03分に着くバスをご予約ください。名鉄バス予約052-582-0489

2005年夏のリトリートの参加者からのメール

こんにちは! 
リトリートお世話になりました。なんだか、今もみんなと一緒にいるようで・・・
あらためてメールするのは変な感じですね。昨夜はメールチェックする事も、日記を書く事もせず、リトリートの余韻にひたっておりました。
 なんだか、心がクリアになっていて心が頭にあるような変な感じで、ボーっとしてい
ます。変な感じだらけですよ。
 あらためて振り返ると、思っていた以上にいろんな事があったし、一つ一つがとって
も鮮明。今でもみんなの声が聞こえてきて、魂が震えます。街角で、スーパーで、思わず涙がこぼれちゃったりしてね^^。
 リトリートで自分のするべきことが見えてきたら、行く前に決めていた事が色あせて
見えます。冷静になり。あのときの精霊を感じて、地に足をつけてこれからの事を決めて行きたいです。本当にありがとうございました。みなさんによろしくお伝えください。感謝感謝

感想文から
①リトリートに参加して印象深かったこと
自然はいいなあとつくづく思いました。朝は、目覚まし時計ではなく太陽のあたたかい光や鳥の声で目が覚めて、ごはんは畑の野菜をありがたくいただき、とってもおいしくて、洗面所では水の冷たさ、外を見ると田んぼや山が『おはよう。』って言ってくれて。ありがたさを感じると、自然がより近く感じ、溶けてゆくことを感じ、自然のサイクルの中に自分をちゃんと感じることができました。
 みんなほんとうに自然で、輝いていて、ほんとうの自分をみつけたり、子どもに帰ったり~。 わたしたちは、自然の一部なんですね。

②3泊4日の中での気づきや変化
☆初日から涙がでるわ出るわでどうなっているんだろう?って思いました。
2日目のサイレントウォークで子どもにかえって、すぐにでも子どもの心に戻れるんだと思ったら、ホッとしてあーもう、すごく楽しい!って緊張なんかしなくてもみんな受けとめてくれるって思って過ごしたら今まで絶対口にはできなかった家族のこと、分かっていたけれど蓋をしていたことを開けようと思いシェアですべて話しました。
 自分の気持ちを言葉にするというのはとっても大切なことなんですね。とっても落ち着きました。今まで、人が怖かったけど、人ってあったかくて、強いんだと!そしてみんな、かわいくて大切な存在だと思いました。(Kさん)
☆シェアリングの時に、自分の順番が来たら何を言おうかと、いつも構えていしまっていました。何を語っても、語らなくても、受け入れてくれるのに、そこでも自己評価ではない、他者評価が気になってしまう自分でした。
 でも、4日目の最後のシェアリングでは、自分でも思っていなかった様々なことを、とつとつと語る自分に驚きました。自分の表の意識とは違う何かがしゃべっているようでした。(Lさん)

③コンサート
古い家の古畳の上で、みんな好きな格好で、子どもたちも混じりながら、自由に、それが何も不自然ではなく、とても自然に有里ちゃんの歌に入っていけました。子どもも感動していました。幸せすぎる3日間でした。
④これからの自分について
帰ってからの1週間、一番感じてることは自分自身の思い、感情を大切にし、自然に表現していることにびっくり!そうすると、ほんとうに水の波紋のように伝わって、周りの反応が違うんですね。今は、ほんとうにそれを楽しんでいます。
    
♪光のリトリート♪

やさしい風に乗り ふわふわ飛んできた
タンポポのわたげのような やわらかな心
心の闇を越えて つながった わたしたち
ひとつの愛を 大事に抱えて ここに集まった

聞こえるよ 聞こえるよ あなたの心の声
そう ちゃんと 伝わってくるよ
あなたのガラスのハート
出会えたね やっと出会えたね 光のともだち
出会えたね ほんとに出会えたね 魂の家族たち 

(2005.3.6)

♪語り始めてね♪
語りはじめてね あなたの心を
うたいはじめてね あなたの真実を

地球はまわりつづける すべての人の願いをのせて
時はささやいている すべての人の目覚めのために

自分を信じてね ほんとのあなたの心
湧き上がってくる 大きな愛を信じて生きてね

(2005,8,11)

                      
             
by ainohanaMusic | 2005-08-27 02:13 | ライブ | Comments(0)

出雲「女神サミット」から千葉「むすび祭り」へ

週末がやってきた。
d0024504_23191492.jpg

今日は、子どもたちと守屋山へお弁当持ってハイキング。

準備にいそしんでいたら、携帯が鳴った。

「比駕よしまるの代理の者ですが。急で、申し訳ないのですが、
21日夏至の日に、千葉のマザー牧場へ奉納演奏に来ていただけませんか?謝礼も出せないかもしれないのですが、どうしても来て頂きたい意向なので。~云々」

カレンダーに目を走らせる。頭の中で地図を思い浮かべる。

車を走らせて、6~7時間の距離。遠いなあ~。歯医者の予約をずらせて、子どもたちを隣人に託したら、なんとか行けるか~。2日がかりのお仕事になるなあ~。

出雲の「女神サミット」は、いなさの浜の御神事で出会った、沖縄のよしまるさんたち。あの時の出会いの確かさ~。

と、いうわけで、6月21日、千葉はマザー牧場で開かれる「むすび祭り」 夏至と満月 祈りの日に奉納演奏してきます。

正午の祈りと(1年で一番太陽の高い時刻)夜の祈り(太陽と月が同じ空に並ぶ時刻の祈り)に参加します。よかったら、みなさんもいらしてください。むすび祭りのホームページ http://www.musubi.jp/mother/
by ainohanaMusic | 2005-06-18 23:25 | ライブ | Comments(0)

5月の満月を屋久島で

d0024504_10425912.jpg最近、身近な友人がヒーリングしてくれるようになった。
彼は、わたしの音楽のパートナー。

わたしは、ここ数年、目覚めるとき、ハートが痛んだり、鼓動がはっきりと感じられたりで、その原因を知りたいと思っていた。
 昨年、あるヒーラーの友人に体を見てもらったとき、「わあー。たくさんの想念が、群れをなして有里さんのハートのまわりにひしめいている。」と伝えてくれた。「きっと、ハートを開いて、たくさんの人の前で歌い続けているからだね。」ということになったが、さてそれをどうしたらいいのかは~わからなかった。

このところ、またさらにスケジュールが過密になり、長距離移動をしながら、見えてる方々ばかりでなく、亡くなった方々にも歌を歌い、神様にも歌を奉納するという機会も増えた。家にいられる時間も限られているので、忙しくても子どもたちとも全面的に関わるよう心がけている。そして、自宅を開放して来られた方々と心を深め合い、出会ってゆく2泊3日のリトリートも企画運営。新しいCDの製作にも入って、いつも感性と頭を働かせ、全力投球~という状態が何ヶ月も続いている。

過密なスケジュールで体も心も疲れ、限界まで来たな~と感じた夜、ツアー先の岡山で、観音様にお祈りした。
「どうぞ、わたしのお仕事が全うできますように、体と心を調整してください。」と。

ツアーの合間にヒーラーの友人の家に泊めてもらう機会が3回あり、それぞれのときに音楽のパートナーが、ヒーラーの友人たちのお仕事を観察し、吸収した。

そんな自然な流れで、彼が手をあてて、わたしの体の中に入っているさまざまな想念をビジョンで見て、抜いてくれるようになった。

人の想念は、わたしのものではないから、本人にお返しするのが一番いい。
わたしは、わたしの人生を自分の足で歩いてゆくだけ。
人の想念と自分の想念を感じ分けることは 日常生活でも、とても大事だと思う。
人の期待に縛られることなく、自分の感性で、それぞれが生きてゆくことで、ほんとうの調和が訪れる。この道は時として厳しいけれど、魂が確実に成長してゆく実り豊かな道筋。

さて、このところ、わたしの体に訪れてくるのは、人の想念だけではなくシンボルのようなものたち。「さかさまの虹、イルカ、クリスタルの十字架、満月、砂浜、恐竜の卵、出雲のいなさの浜の岩」

 
さかさまの虹のビジョンが見えたのは4月21日だった。

 昨日、米子の友人から電話があった。
 『5月2日、米子のコンサートの日に、鳥取でさかさまの虹が見えていた~ということで話題になっているよ。なんだか有里さんたちに関係してるような気がして嬉しくなって電話したのよ。』
とのことだった。
 また同じ昨日、出雲の万理子さんから、5月3日は女神サミットで、わたしたちが奉納演奏したことへのお礼の電話があった。

「女神サミットは全体としてはいかがでしたか?」 と、お聞きすると、
『それが、ずっと日輪(虹)が出ていまして、素晴らしかったです。』とのこと。鳥取のさかさまの虹のお話をすると、
『それが、出雲でも虹は5月2日からだったんです。』

ああそうか、徳島にいたとき、10日も先にたどりつく鳥取で出る不思議な虹のビジョンが見えていたんだ。偶然の重なりでコンサートツアーをしているように見えるけれど、見えない宇宙の力も共に働いているんだね~。なんだか、嬉しいような虹にまつわるお話。4月から始まったツアーの締めくくりは、鳥取~出雲の虹で完結。

この頃のわたしは、自分のベストを尽くしながらも人知を超えた偉大なる宇宙の英知にお任せしている。そのように日々祈っているのだが、祈ると、自分の直感と外の流れが結ばれている手ごたえがある。

安心感と喜び。
d0024504_10432043.jpg


「満月と砂浜」のビジョンは、5月23日の屋久島のコンサートのことだな~と感じます。

5月21日から24日まで屋久島へ行きます。
23日の満月は特別な夜だと いろんな方々から聞いています。

21日~23日は連日コンサートで、24日は白谷雲水峡という美しい山を歩こうと思っています。23日と24日は上屋久町の「平和小館白河」という小さな素泊まり宿を借り切っています。数名でしたら、同じ場所に宿泊も可能です。一度、屋久島に行ってみたいと思われている方がいらしゃいましたら この機会にいらしてください。

それぞれの旅をしながらも、時々落ち合い、楽しむことも面白いんじゃないかな。全面的な出会いや、つながりを求めてる方は、長野の夏のリトリートの方へ来てくださいね。 

下記に友人が作った屋久島への案内を貼り付けておきます。
わたし直接に、問い合わせてくださってもいいですよ。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5月21(土)~23日(月)宇宙の祝祭日

☆*☆満月の夜に 屋久島にて☆*☆ 

  吉本有里 with 下村誠 さん

   ~ 「魂の歌」 コンサート ~

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 みなさん 今年の5月21~23日は 屋久島へ集いませんか!!

 この時期 屋久島はもっとも素晴らしい季節を迎えます。

 シャクナゲの花が咲き誇り、島の生き物や植物たちが 生命の喜びを謳歌するとき・・・

 今年の春 天界からは かつてなかったほどの大きな祝福のエネルギーが降り注がれるそうです。

 そして そのピークとなるのが、4月24日の満月(ウエサク祭)と5月23日の満月の日です。

 天使界からは、この日を「宇宙の祝祭日」として 多くの人が集まり 心を一つに溶け合わせて お祝いをしてほしいという依頼が届いているそうです。

 そんななか、魂の歌姫 吉本有里さんのコンサートを 生命の息吹が最も感じられる南の島 屋久島で計画しました。

 彼女の歌は愛の歌、本当の自分への気づきの歌 そして魂への呼びかけ。

 彼女の歌手人生は、12年前 カリフォルニアで出産した頃から始まります。

 異国の地で、財布のお金が底をついた時にも 彼女にできることは歌うことだけでした。
 そして、街角で、路上で、赤ん坊をおんぶしたまま歌い続けました。


 そして、今年の2月、津波の大被害に揺れるタイへの旅。そこで もう一度受け取ったメッセージは「私の天命は歌うこと」でした。

 どんな状況でも 宇宙を信頼して 本当の自分の気持ちを大切にして生きていこう という彼女のメッセージが清らかな歌声とともにハートに届きます。

 そして最新の歌 「祈りの始まり」は 今度の「魂の歌」コンサートのテーマ曲です。


 ☆  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

 ♪♪流れる水とたわむれる 子どもたちと虹を旅する

 それが愛のはじまり それが祈りのはじまり

 木々の匂いをかぐ 畑に苗を植える
それが命のはじまり それが祈りのはじまり

 宇宙と繋がっているわたしの心 

 輝く衣をまとい舞い降りてきた あなたの光

 未来のわたしと共に生きる 過去のわたしと共に生きる

 それが愛のはじまり それが祈りのはじまり

 いつかまぶしい草原で 深く出会ってゆく

 わたしとあなたの清らかな心♪♪

☆  ☆  ☆  ☆  ☆ ☆  ☆
 
 23日のコンサートの後には、希望者は 永田のいなか浜で、満月の光の中で 静かなひとときを過ごします。

 それぞれの方が、それぞれの計画でこの時期の屋久島を楽しみませんか!!

 そして、5月の満月の日には 有里さんのコンサートで お会いしましょう!!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
* * * * * * * * * *

吉本有里さん(うた バイオリン ギター)with 下村誠さん(ギター&コーラス)

 「魂の歌」コンサート IN 屋久島


 2005年5月21日(土)午後7~9時   リラクシン(上屋久町楠川)
    TEL 0997-49-1170

2005年5月22日(日) 午後2時から いなか浜で

 2005年5月23日(月)午後7~9時   天然村(屋久町高平)
    TEL 0997-47-2541

 ☆チケット代金☆

  前売り 2500円(当日 3000円)

 地元住民の方 感謝特別価格

  前売り 1500円(当日 1800円)

 共通 中高生 700円 小学生 500円 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
* * * * * * * * * *

申し込み・問い合わせ先

 吉本有里with 下村誠さん
 「魂の歌」コンサート IN 屋久島
   実行委員会 和 田 嘉 昭
   メールアドレス 
     yoshi-w@tree.odn.ne.jp

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
by ainohanaMusic | 2005-05-09 10:18 | ライブ | Comments(0)