愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

今のわたしを包み込むわたし♪

ひさしぶりの東京~埼玉ツアーから戻り、今日は家の周りの草刈、そして玉ねぎの収穫を終えました。家の周り、約300坪の草刈は草刈機で。。。だんだん慣れてきたとはいえ、わたしの刈りかたは、村一番のいい加減だなあ~。
畑はたいへん!これからほぼ1ヶ月留守になるというのにキュウリがグングンと収穫時を迎えてますが、わたしの手が回らない時は 隣のおじいさんが草取りしてくれていて、ひょろりと伸びたトマトまで紐で結わえてくださって ありがたい。いつもお世話になってるので、酒気帯び運転で免停になって以来、車のない暮らしをしているおじいさんのお買い物をこの頃 ことづかるように なりました。 

来年は 7月は あまり遠出をしないで近場でコンサートするようにしようかなあ~ 
冬は畑がないので 1ヶ月でも2ヶ月でも 出かけられるなあ~
d0024504_18252291.jpg

 また、引き続いて長野で2回、京都、東北~北海道、茨城と8月10日までコンサートが続くので さっそくヘンプアクセサリーの新作も編んでいます。新作が12本、ちょっと明るい垢抜けた感じです。。今夜は、お直し(ヘンプが切れたネックレス)をやろう~っと。おまもりヘンプアクセサリー切れたら直しています。お守りとしての働きで(浄化のために)切れてしまう場合も多いので、直しの時はエネルギーがダウンしていたら、あたらしい石も直感で入れることもあり ちょっと雰囲気が変わる場合もありますが よかったら それも楽しみにしてくださいね~。

さて、今日は、東京~埼玉ライブの 報告。また、6月22日にやってきた あたらしい歌の歌詞も最初に紹介しておきます。

この頃のあたらしい境地は 、親しい人から怒りや悲しみを わたしに向けられても それに反応して怒ったり、悲しんだりすることを越えて、そうしてなにかに反応している 身近な人を
「愛おしい」と思えるようになったこと。。(巻き込まれてしまうことも まだまだ ありますが)
 
不条理な怒りにさらされて 怒りを感じたり、また怒りに怒りを返していた「反応」が、リトリートや恋愛を通して解消されて、「反応」してる自分に気がついたら、自分自身に戻れる道筋を見つけることができたみたい。

愛されてるから愛してるのではなく ただ無常件に愛してる自分。今の自分を包み込む もう一人の自分の存在。。ありがたいね~。

なにかに「反応」し、「浄化」が起こっている身近な人の感情に巻き込まれず、
「愛おしい」と感じて 一歩ひいて 見守っていると、
「怒り」が収まり、怒りのほんとうの原因に向かい合おうとする姿勢に変化してゆく。

そんな場面に立ち会えていることにも感謝です。

***********************

今のわたしを つつみこむ わたし)♪

①あなたの願いと わたしの願いを もいちど白紙にもどしてみよう

 今の気持のそのむこう 隠れてる 本当の願い

今 感じてる 気持ちをそのまま 素直に わたしに伝えてね

ほんとのあなたと出会うため 今こうして 話してるんだね
ほんとのわたしと出会うため あなたは ここにいるんだね


②今、確かに あなたとむきあって 腹が立つことも 悲しいことも
すべては光に還ってく だから大丈夫だよ

自分の気持ちを抱きしめて 目の前のあなたを感じる
 
今のわたしを包み込む 感じられるよ あたらしいわたし

③ すみれや 樫の木や カマキリや ふくろうや いのししや  メダカの願いも聞いてみよう
今の地球を包みこむ 銀河はひろがっているよ

今、感じてる頼りない気持を そのまま大地に 問いかけて

ほんとの自分と出会うため 母なる大地に生まれたんだね
すべてのいのちのみなもとで 愛されてる わたしたち


自分の気持を抱きしめて 目の前のあなたを感じる

今のあなたをつつみこむ 感じられるよ あたらしいわたし
今のわたしをつつみこむ 感じられるよ あたらしいあなた ♪

*************

さて、ライブ報告です。

6月26日(金)は 前夜から泊めていただいた 下高井戸の本應寺で朝の勤行と お掃除を終えて
調布のクッキングハウスへ。。

日頃している勤行は この本應寺で行われているものを短くして 日常に組み入れています。
久しぶりのお寺は気持いい。いいものは すぐに取り入れて 一人でもすぐに素人オリジナルにして実践に入る。その始まりは、一人でも満足行く出産を~と命がけで カリフォルニアの山の中で長男をパートナーと二人で出産したことから始まりますが、やっぱり、時に専門家と一緒の時は ほっと一息つけますね。尼さん&お坊さんたちに囲まれて 気持ちのいい朝でした。

さて、クッキングハウスは もう20年のおつきあいになります。
心を病んだ人たちも地域で一緒にごはんを作って食べよう~とビルの1室から始まった「クッキングハウス」も20年の年月を経て、レストラン、ティールーム、カウンセリングルームの3ヶ所のスペースと80人の会員を支えています。主催の松浦さんの地道な活動も、全国的に有名になり 講演活動も カウンセリングもスケジュールがいっぱいの中、年に1回は コンサートに呼んでいただいて、クッキングハウスのメンバーや 松浦さんに再会できることが ほんとうに楽しみ。この頃は、お店のお客さんでも 毎回来てくださる方もいて嬉しいです。また、友人たちも 数人駆けつけてくれました。会えて嬉しかった。ありがとう。
d0024504_20115554.jpg
d0024504_20131629.jpg

さて、クッキングハウスのコンサートは主催の松浦さんが超多忙の為、終るとすぐに撤収して帰っていたのですが、今年は珍しく
「有里さん、終った後、よかったら8時くらいまで お店にいてくださらない?」
と、松浦さんがお誘いくださいました。それで、金曜日の5時から8時まで 始まったばかりの「はっぴいアワー」ビール&夕食 タイムに 5曲ほど歌いました。実は、この日は CD製作のエンジニアを引き受けてくださったひこさんがライブに来てくださっていたので、いきなりでしたが ヒコさんのピアノ&鍵盤ハーモニカと 一緒にライブ。。ちょっと いつもと違うイメージの演奏もありでしたがライブならではの 面白さを楽しみました。

また、これからリトアニアの音楽祭に行かれるという松浦さんから リトアニアの無血の独立のことをうたった「ふるさと」のリクエストがあり、これがヒコさんの鍵盤ハーモニカの哀愁とぴったりでした。

心の病を隔離せず、地域でつどい働いて 共にある道を開拓しているクッキングハウスの活動の継続と発展は いつもいつも心に響いきます。

また、この夜は クッキングハウスを出て 60歳になられてからお店を始めたという よっこさんの「さおり織り」のできるカフェに寄り、よっこさんと初めて語り合うことができました。彼女は歌も歌い始めていて これかたのご縁も楽しみです。ご縁をつないでくれた 焼津のペコちゃんありがとう。

27日(土)この日も 本應寺から出発。
26日 パーカッションを勤める八星が 朝の勤行参加の為 いつにない早起きがたたって 夜まで体力が持たなかったので 移動中はせっせと寝てもらいました。ステージ上で居眠りは困るので~~。

さて、10時に 和光市の月の工房に集合、音響を運んで準備して さて、離れた駐車場に移動しようと車に行くとバッテリーが上がってしまっていました。困った!ちょうど月の工房の向かいがガソリンスタンドだったのでこの際、消耗していたバッテリーも変えてもらい、北海道ツアーまで車屋さんに行く時間が取れそうもないので、点検から調整まで全部済ませてしまいました。暑いのにエアコンも効かなくなっていたのにガスを充填して 今 快調。車の移動も駐車もスタンドに任せてしまい、うまく流れていて感謝。。カリフォルニア時代から車は ちゃんといい場所で故障してくれる~持ち主をいつも気遣ってくれる心やさしい車にありがとう~~。です。
d0024504_20364272.jpg
d0024504_2039684.jpg

コンサートには 10時からスタッフが集って 場所の設営から 展示 受付 販売 子どもたちのお世話まで みんなで手分けしてくれて とてもスムーズでした。また、お昼ごはんの前にスタッフみんなで輪になって短い時間だけどシェアできたのも よかったね。
りなちゃん、りえちゃん、さっちゃん、おすみさん、有美ちゃん ありがとう~

また、夜は イタリアンレストランで食事。この日初めて知り合った高橋さん、そして本應寺繋がりの久美ちゃんも加わって楽しいひとときでした。
d0024504_20445489.jpg


************
28日(日)
この日は 和光市のコンサートの主催のりなちゃんの実家から出発。包み込むようなやさしいお母さん。コンサートの度に泊めていただく みんなの家で出会ってゆく家族も 心に残ります。このお母さんあっての りなちゃんなんだね~。

川越市はcocone(心音)という民家を改装したスペースでコンサートをさせていただきました。
この日の主催は 香ちゃん。りなちゃん、りえちゃん、高瀬さん、裕規さん、有美ちゃんがスタッフ。

川越市のコンサートは 和光市の月の工房が 定員を超えたので追加公演として急遽決まったのですが
1回のコンサートが2日になり、2ヶ所になったことで スタッフが継続して動き、お互いのことを思いやる懐が深くなってきていたようでした。久しぶりの再会に1日は あっという間ですが 二日一緒にいられるとお互いの存在が身体に入ってくるね。。
 りえちゃんの おばあちゃんが1ヶ月前に亡くなったこと 彼女がどんな思いで「今」を生きてるかも 短時間の言葉にやりとりではなく共に働くことや シェアリングの積み重ねで 深く伝わってきたよ。

また、この日は ツアー3日目にして声が出にくくなっていたところ 初めてお会いした 裕規さんにヒーリングしていただいたり スタッフみんなにサポートしてもらって みんながほんとうにわたしを 大切にしてくれてることを肌身に感じました。こんなふうに歌い続けられるなんて 歌手冥利に尽きるね。みんな、ありがとう。

そして 不思議なのですが 前半はいつもの6割~7割くらいの声量しか出なかったのに 後半でいきなり いつも以上に 声が出始めたのです。

後で 裕規さんが言うには
「喉は いろんなテーマを持っているから お客さんも 喉の(声が出にくいという)テーマを持っていたんじゃないかな?前半のコンサート(うたと語り)で そのテーマが解消されて 同時に 有里さんの声も出るようになったんじゃないかな~

そういえば そう、喉に限らず 2時間のコンサートでは聴き手と共鳴しあって 後半にエネルギーの通りがよくなり、抜けてゆく感じがあります。

コンサート&シェアリングは、共鳴しあって詰まったものを浄化し  クリアになってゆくかけがえのない時間なんですね。スタッフ、来てくださったみなさん、心音さん ありがとう~。
d0024504_21131611.jpg
d0024504_21134610.jpg

この夜も、スタッフのみんなで 夕食を一緒にして、主催の香ちゃんの家に泊めていただきました。
ここでは、香ちゃんの息子さんの清貴くんと ご主人に迎えられました。
 あったかい家族だね~ありがとう。

そして、翌朝 りなちゃんから連絡があり、彼女の提案で朝10時半から 香ちゃんの家でスタッフのシェアリング。丁寧にシェアリングしてゆくと個人もつながりも調整されて 全部がつながってゆくね。

心を深く耕してみれば 集れたりえちゃん、香ちゃん、りなちゃん、わたし それぞれの向う方向がリンクしてることが感じられました。すごく安心する感覚でした~また、きっと 一緒になにかできる~本気で願ってることがつながっている。

12時にコンサートに来れなかったアルクトルスの美智&しょうちゃんも加わってランチで合流。
すご~いことに ランチを食べてる間に 次の埼玉ライブの日程と場所が決まりましたよ。

11月28日土曜日 埼玉 川越市 美容室の地下で 夜コンサート  

    29日日曜日 埼玉 ふじみのし アルクトルス コンサート

d0024504_2123520.jpg


また、そのときに巡りあいましょう。

そして、このときもまた 二日間 一緒に過ごせる仲間たち、また新しい仲間も加わって 合間合間にシェアしながら 深めてゆけること 楽しみです。

また、埼玉から何人も 夏&秋のリトリート 参加&スタッフで 長野に来てくれるようで これまた 夏休みの楽しみがリアルなワクワク感が生まれています。

他のエリアからも いらしてください~どんな顔ぶれになるか楽しみ。。

出会ってゆきましょう。
by ainohanaMusic | 2009-07-01 21:26 | 心の旅日記 | Comments(0)