愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ただいま~

昨夜、バリから戻りました。
d0024504_1914845.jpg

20日間の旅は3ヶ月くらいに感じたな~。

久しぶりの日本です。

1週間くらいの着地期間を置いて 13日(金)から 富士山麓、浜松、焼津と コンサートの始まります。20日間のバリ 滞在のおかげでエネルギーが充実しています。

オートバイの多いバリの町の喧騒、それでいて緑が多く、宿は どこも 庭がほんとにステキだった事、小島の珊瑚礁に漂う色とりどりの魚たち、オーダーしてもお料理がほんとにゆっくりで、しょっちゅうメニューを間違える海辺のレストラン。小さなホテルで働く あまりに純粋で献身的だった若くて美しいヘニー、弁護士を目指す、海のガイドのノノさんの爽やかさ、バリ舞踏や音楽もたくさん聞きに行きました。
d0024504_1927723.jpg

全体的にゆっくりでシンプルなバリ。どこにも祈りがあり、そして出会った人の人生観やリズムがわたしの中に入りました。
d0024504_19273464.jpg

ウブドで貸りようとした自転車に鍵がなかったので鍵をください~と言うと、2時間後に来てくれたら鍵を渡すと言うので1日200円の後払いで貸してもらい、約束の時間に鍵を取りに行ったら 彼は来ていなかったので 仕方なくもとの場所に返して 別のバンガローの鍵つきの自転車を借りて走っていたら 「お金を払ってくれ!」と、鍵の無い自転車を貸してくれた男性の「代理の人」が追っかけてきたり。。

どうしてこうなるの?と思うようなコミュニケーションの行き違いもなんだかユーモラス。お互い あまり深刻でなくて ほんとは分かった上でアバウトにやってる感じ。

たくさんの人とたくさんのやりとり。

ギリマニクのサリホテルで働いていたヘニーには2泊し出発間際に歌が生まれて、部屋までお別れの挨拶に来てくれた彼女に歌を聞いてもらうことができました。
d0024504_19415097.jpg
d0024504_1942239.jpg

月3000円のホテルの給料で病気のおかあさんを養いながら明るく、初めて出会う誰に対しても友だちとして惜しみなく自分のできることをしてる27歳のヘニー。彼女は、部屋を決めて荷物を運び込むわたしたちに、「シャワーのあと、ビルの屋上に行きましょう。村が見えるし素敵な夕焼けも見えるの。」と誘ってくれて気持ちのいい屋上から村を案内してくれて、翌朝6時に彼女の家の前で待ち合わせて村の市場に買い物に行こう~と誘ってくれました。それは ほんとにステキな時間でした。
d0024504_2023146.jpg
d0024504_202546.jpg
 
メールアドレスも交換したけれど、「メールを見るには離れた町、ヌガラまでいかないといけないし、送信したらお金がかかるから 見るけれど返事は出せないから。」と話してくれたヘニーは給料のいいテンパサール(都会)のホテルで働く事も考えているけれど、今は お母さんとは離れられない、そして本当の夢は 会社でもなく、ホテルでもなく 自分自身のための暮らしがしたい~と話してくれました。
彼女は、実は首の下に癌の一種(と理解した)を抱えながら、働いていることも聞き、世界中に存在している 彼女のような人に、夢を諦めないように、ハートに届くように 歌をうたいたいと心から思いました。

また、後日「ヘニーへ♪」の歌詞を紹介するので待っててくださいね。

旅の途上で出会ったカナダ、ドイツ人、なぜかシンクロしていて何度も何度も会うので友達になりボートツアーを一日楽しんだり、ギリメノーという小島からウブドまでの移動を共にしたり、ジュゴクを聞きに行ったりしました。バリで長期滞在する外国人は直感に基づいて移動し、宿を選び、その日を過ごす。。その選択の仕方や料金の交渉を共に動いたセリーヌ、とダン。チームを組んで面白かった~
わたしの直感、選択のしかた、交渉力を 彼らは買ってくれましたが、一緒に動いているうちに彼らの方がずっと上手になってゆきました。(わらい)
d0024504_19341038.jpg

さて、ずっと旅のパートナーだった遊人が、後半で宮崎の友だちと会うために別行動をしたおかげで、わたしと八星のチームが実は とっても自由で羽ばたける事が分かりました。

わたしたちは 旅の間は 使いすぎないようにするけれど、小さな出費は気にしないし(笑い)直感による選択が とても早い。そしてまた、「日本語をしゃべれる人」とか「知り合い」と会うことを優先せず、直感による流れと、その日の出会いを楽しんでいる。また、やらなければならないことを先延ばしにせず、よく働き、労を厭わない。軽やかな最小単位の旅のチーム。

旅の間、わたし(歌とギター)と八星(太鼓)はよく練習し、コンビネーションができつつあります。
d0024504_20425046.jpg
d0024504_20373589.jpg

さて、帰宅したら、トイレの水道が凍結して水が漏れていたので 早速 設備やさんに修理をお願いしました。そして、バリの荷物の整理と洗濯。。

また、隣人のおじいさんのおかあさん(101歳)が大往生されたらしく、今日は一日 隣に人が集っていました。

さて、今夜は思いつくまま 旅の断片を綴りましたが、また あとは 流れに任せて 思いつくときに報告しますね。
d0024504_2045350.jpg

by ainohanaMusic | 2009-02-05 19:34 | 心の旅日記 | Comments(1)
Commented by jasmine at 2009-02-05 21:16 x
綺麗だねー有里さん

いいかおしてる...♪♪♪