愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

熊野~吉野 深化

10月19日(日)
朝、新宮の山の中水沙ちゃんちを出発。
前夜は 水沙ちゃんと朝陽くんの帰宅が遅かったので、あっちゃんと八星を彼らに紹介するのが 朝になりました。
 
あっちゃんの炊いてくれた玄米と味噌汁と、美沙ちゃんのポテトサラダ、わたしのパン(道中で買ったもの)を持ち寄って 豊かな朝ごはん。

出発前に家の前、川の流れや風、森の息吹の感じられる野外であっちゃんが笛を吹き、そして「天からの水」を3人で演奏した。

♪天からの水は流れ流れてゆく すべての出来事流れ流れてゆく~

短い再会だったけど、水沙ちゃん会えて良かった!元気でね~。

2時間ほど南へ。那智勝浦の庵(あん)では2回目のコンサート。正木さん、尾野くん、こっぺさんの協力で 昼夜2回のコンサート、新しい出会いも再会もあり そして3人の演奏も息が合ってきて いいコンサートになったと思います。
d0024504_22154348.jpg

正木さん、尾野くん、こっぺさん お忙しい中 あたたかい協力ありがとうございました。

そして、夜のコンサート後、片付けも終えてから 正木さん、尾野くん、あっちゃんと4人で打ち上げとなりました。
 
このとき、なぜか話題が地球外生命体の話になったんです。あっちゃんが、良く夢に見る「宇宙船」の話。戸惑ってる純粋で誠実な正木さんと、なんだか真面目に話したくなりました。

日本人は ちょっと昔の時代には 日本以外の世界の存在も知らず 他の文化が存在していた事も知らなかった。今の時代は アメリカも ヨーロッパも アジアも アフリカも
地球上に存在する文明のことは相互に知った上で 影響を与え合いながら暮らしている。

そして時代も進展してゆくと 地球と宇宙の関係性もきっと そのように未知だった世界が当たり前に明らかになってくるときもあるんじゃないかな~。この地球の次元が3次元より波動が細やかな4次元、5次元に移行する時、今まで見えてこなかった世界が開かれてゆくんじゃないかな?

今、地球の存在そのものが危機的な状況において それを見守る高度な文明を持った宇宙の存在が見えないところで手助けするために懸命なサポートしてくれてる気がして仕方がない。

誰にも確証はできないけれど 感じている 宇宙のたくさんの聡明な命、もともとはひとつだった同胞たちの存在の話になり、夜は更けていきました。

10月20日(月)
吉野へ。
正木さんの家を 朝 8時半に出発。那智の滝に寄り そして一路 吉野へ。
運転もスムーズで予定より 早く現地に着き ゆっくりと食事をしました。
ゆかちゃん、えみちゃん、美晴さん、MIROKUくん そして吉野のみんなと再会。

展示をしながら 可笑しかったのは 美晴さんが、あっちゃんに質問攻めだったこと。
「ピンクの波動をもらいに来た」なんて言いながら、ほんとに楽しそうに 手伝い 話しかけていました。その感じは なんだか なんにんからも伝わってきたなあ~。

「すごく嬉しくて。。」って、言われたその意味は、わたしが「恋」をしていること その相手と一緒にいることが 「うれしくて嬉しくて。」ということ。

なんて不思議だろう。

そんなふうに素直に無条件に わたしの幸せを喜んでくれるみんながいるなんて。。

コンサートでは、拍手が鳴り止まないという不思議。

シェアリングでは わたしの今の想いを 自分でも改めてくみ取りながら話すことになりました。

わたしが 今 あっちゃんと一緒にいたいと感じることと、自分の源を感じること 生きてる間にやりとげたいことに大きな願いに取り組む事 は同じところにあるんだよね。それがとても不思議なんだけど、おなじ源から 同じ願いを持って来てるって そう感じているんだよね。
d0024504_22451580.jpg
d0024504_2245417.jpg

この夜は ゆかちゃんの家に泊めてもらいました。

ネット上、ミクシーで出会い、ネットや電話で簡単な打合せしかしないわたしとゆかちゃん。
ゆかちゃんの暮らし、家や周りの自然、家族と会うことができて わたしの中のゆかちゃんのフィールドが広がりました。味わい深いときでした。

また、この夜も あっちゃんと随分話しました。

少しずつ少しずつ 深まってゆくのが ほんとに嬉しいな。

一人の人と深く出会うことは すべての人と深く出会える自分に深化すること。

そして、こんなわたしを迎えてくれて鳴り止まぬ拍手をくれた吉野のみんな、3回目のコンサートも気持ちよく準備してくれた主催者のゆかちゃんとスタッフのみなさん 素敵な演奏をしてくれたMIROKUくんありがとう。
by ainohanaMusic | 2008-11-02 23:09 | 心の旅日記 | Comments(0)