愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

千手観音とマリア

10月17日の朝 赤穂海浜公園キャンプ場のゲートを11時に出た。
普門寺に出発するには 早いので パーキングの芝生で演奏しようと 楽器を取り出した。

あっちゃんが、ふと思いつき、ネイティブドラムを八星に手渡しオリジナル神楽のリズムを教え、二人の演奏が始まった。

「いいじゃないの。」
と、あっちゃんが 八星をほめる。
2回、神楽を通したら八星は だいたい流れをのみこんでいた。

あれ~!ここにもミュージシャンがいたんだ~!

「天からの水にも、太鼓入れてみて。」と、わたしにも インスピレーションが来た。
3人で音合わせをしてみる。。いい感じ。バランスが取れている。
この日から 八星は音響助手の他、2曲 太鼓をたたくことになった。

あっちゃんが 八星に声をかけなかったら 思いつきもしなかっただろう。
八星は安定したリズムをたたき、終るところのタイミング合わせも忘れず、人前であがることもないのだから、驚いた。
設営から音響、演奏、撤収まで 八星は自分の務めを心得て、ツアー最後まで共に動いてくれた。

ありがとう。八星。

さて、1時半からの観音さまの法要に間に合うように普門寺へ。
d0024504_20545935.jpg
d0024504_2238760.jpg
d0024504_20564051.jpg

そして、八星とあっちゃんと 初めて3人で演奏する機会をいただきました。

普門寺には2003年からほぼ毎年1年に1回 観音さまの法要の日に奉納演奏させていただき、夜には、♪観音様の手のひらで と題したコンサートを させていただいて、今回で5回目。。

嬉しかったのは 地元赤穂に知り合いができ、手伝っていただけるようになったこと。。
ふきこさん、ゆっこちゃんほんとに ありがとう。

そして、今年は この日は地元ではお祭りと重なり近くの方は多くは来られなかったけれど 遠方の方々が来てくださいました。

岐阜からいっちゃん、大阪からまこさん、竜野から真智子さん、そしてみなさん 遠くまでありがとう。

本堂で歌うと毎回感じる事ですが 観音さまの波動が内側から流れ出すような明晰さがあります。翌朝、あっちゃん、まこさん、いっちゃんと朝5時からの勤行に座って感じた事は、
毎朝 暗いうちから祈りを吹き込んでいるその場所は清められ、元気をいただける場所に高まっているということ。
 
つやつやの笑顔の住職さまから、毎年 お会いするたびに いただくものがある。
まだ暗い5時に 大きな木魚を力強くたたき祈る姿に、本気で祈ることで 腹のそこから元気な力をいただく事を理解しました。

わたしも本気で祈り 本気で歌う
本気で働き 本気で休み 本気で遊ぶ

不可能を可能にする力 その姿を いただきました。

翌朝、本堂での勤行のあと、お上人さまは わたしを含めた遠方から勤行に参加したみんな一人ひとりに 今 感じてる事をお聞きになりました。

内側を語り合うことは 出会いを深めてゆく。

そのあと、不動明王の祭られているお堂でもひとしきり祈り
不動明王が動いて働かれる事、でも、すぐに元の場所に戻られるので その働きを みなは知らないこと。すべて完全にピタリと与えられる不思議を形に示して伝えてくださいました。

わたしも そのことで感じていました。
自分に与えられているご縁が完全である事。

八星、あっちゃん、わたしの不思議なハーモニー。
そして、離れているけれど、アマチの存在。
そして、たくさんの 大切な 友人 家族たち。

朝日の中で また 1年ぶりの再会を確認して
朝ごはんをいただいてから、熊野へ向かいました。
by ainohanaMusic | 2008-10-28 21:05 | 心の旅日記 | Comments(1)
Commented by 八星くんすごいね^^ at 2008-10-29 10:00 x
八星くんどんどん進化してますね。すごいすごい。楽しみですね。^^そしてあっちゃん。有里さん、いい恋してますね。わたしも恋していますよー。また有里さんと恋のお話したいなあ。