愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

新月リトリート 終了 過去も未来も今もありがとう。

8月4日(月)
7時半 朝の勤行。。
子どもたちが 自然に遊んでいる。賑やかに遊んでいても 波動が揺れていない穏やかさ。
8人の2歳から12歳までのこどもたちは、一時
「あのコキライ!」という仲間はずれも始まっていた。

時に
「みんなであそぼ~!」とちょいと子どもたちに 鬼ごっこや「だるまさんころんだ」で乱入したり、八星に「〇〇ちゃんと遊んでね」とか頼んだりもしたけれど、自然な流れは それぞれの癖を超えてつないでくれたみたい。。大人のリトリートとこどもたちの世界は見えないところで影響しあってる。。

リトリートは大人のためと思っていたけれど、この頃 子ども達の世界にも そしてプログラムを直接うけとっていない スタッフたちも 同じ世界を共有してる事を 感じている。

さて、勤行を終えて 朝食の後はクロージングコンサートと シェアリングだった。

Nちゃんから 語られたこと それは素敵な思いがけない方向性だった。
「パートナーを愛しつくしていないことに気がついたから、愛しつくしたい。」

そうだった。ご縁というものは やり尽くすまで付きまとってくるものだから。
別れたって、やりつくしてなければ その続きを新しいパートナーと学ぶ事になる。

同じやるなら 喜んで。。。

そして、感情に蓋をしていたKさん 生まれたての赤ちゃんみたいに なにを聞いてもなにを話しても泣いている。。素敵だなあ。。いい男、いっちょあがり(笑い)でも 日常生活 大丈夫かなあ??考えてないのに言葉が出てしまった。
「スタッフで残らない?」で、、、彼は 一旦帰ってから 再び 星祭りリトリートのスタッフとして戻ってきたのでした。

さて、Hちゃんの発案で、スタッフに感謝のうたを歌うことになりました。

♪過去も未来も 今もみんな ありがとう
d0024504_20305184.jpg

スタッフたちは 本気で参加者の目覚めを支えてるので、感謝のうたには 弱い。。イントロからもう、涙が溢れそう。。
スタッフと参加者の輪がひとつに溶けて 幸せの時でした。

クロージングランチをいただいて 記念撮影 そして見送りの時。
d0024504_20333693.jpg
d0024504_20341830.jpg

一人ひとりの道が 魂から溢れてくる愛の道であり 離れていても お互いの幸せが響きあってゆきますように。

そしてまた、再会できますように。
by ainohanaMusic | 2008-08-13 20:35 | 心の旅日記 | Comments(0)