愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ツアー報告 岩手

今朝は、アマチのうなり声で目が覚めました。

昨日は早朝から1日バスケット練習で、夜は友だちと花火を見に行き、帰宅が夜11時。
親としては、車で駅までの送り迎えも 大変なのですが、本人も疲れてるのでしょう。
朝食を食べてる途中で、眠ってしまい、寝てる間に足がつったみたい。。。

今日も、朝から部活(バスケ)。。夜は社会人バスケットに参加すると言ってますが

「体が故障するまで頑張っても仕方ないよ。遊ぶのだって疲れるんだから。。時には思い切ってゆっくり寝なきゃア。。」

車で駅まで送り、そう、アマチに言いながら、自分も、この頃心がけてる事だなあ~と苦笑。。
(昨日、寝たのが2時過ぎだったのに、もうちょっと寝たかったなあ~。)

*****************
さて、ツアー報告の続きです。

7月17日(木)は、オフデー。
宮城は「みんなの家」を出てから岩手県は東和町の温泉に入ったら 疲れが出てきました。
東和町には、カリフォルニア時代からの友人家族が暮らしていて、毎年 コンサートを企画してくれています。温泉からめぐみさんに電話。
d0024504_850819.jpg

「今、もう東和町の温泉に来てるの。今何してる?」
めぐみさんはこの日は、販売用の天然酵母パンを焼いていました。
ちょうど良かった。。彼女が働いている間、わたしは部屋で眠らせてもらう事にしました。
学校を休んだという下の男の子と、買ってきていたお昼ご飯を分かち合い、夕方まで寝ました。
ほんとに疲れているときは 眠れば さらに疲れが出てきて体は重くなり、目が覚めたときには疲れが取れています。

夕方目覚めた時、めぐみさんは まだ忙しそうだったので ヘンプワークショップのために持ってきた材料を広げて、ヘンプアクセサリーを編み始めました。
 この頃、わたしの編んだヘンプアクセサリーにまつわる不思議な話を いろんな方から聞くようになりました。お守りとしてほんとに働いているみたい~という実話なのですが、必然として選んでくれた天然石には、精霊が働きかけやすいということなのか?このごろ、とてもよく売れていくので、ツアー4日目にして透明系のネックレスがかなり売れてしまい もう少し編んでおきたいなあ~と材料を広げたのでした。

すると、3人の子どもたちが「わたしもつくりた~い。」「僕もつくりた~い。」と夢中になりました。
わたしは、あえて 編み方を教えず、最終的に仕上げをサポートしただけですが、3人とも 味のある 面白いネックレスを作っていました。。人はみんなそれぞれの感性で 身につけるものを作る事が本来は大好きなのだと思います。。
d0024504_8563927.jpg
d0024504_8571386.jpg

翌日 午前中から山の中の素泊まり宿「星の宿」へ移動。
今回は、めぐみさんが主催で パートナーのアンソニーは子どもたちと過ごすことになっていて、現地にはめぐみさんのお母さん、妹さんが来てくださって、ヘンプアクセサリーのワークショップをしました。参加者5人。。わたしは、作るのは好きだけど、教えるのは疲れるなあ~と思い
この頃はワークショップをやってなかったのですが、参加してくれた人たちへ過剰なサービス精神を持たず、ただ 石選びから編み方まで、シンプルにサポートだけしてると 楽しいですね。
初めてお会いする方にも ストレートに思ったことだけを言い合いながら作ると、編み上げた時には とても親しくなってるんですね。。わたし自身が この数年でまた変化してきているのを 感じました。

コンサートの始まる前に 5~6歳くらいの女の子を連れたお母さんとお話しました。
2~3年前に、その女の子がもっと小さいとき、一緒にコンサートを聞かれたそうですが、女の子はコンサートに魅了されたようで 帰宅後「有里さん」遊び、「誠さん」遊びをして
こんなふうだったよね~こんなドレスを着てたよね~としばらく夢中だったとの事。。また、「見えない力 夢見るつばさ」のCDブックレットをずっと読んでいて、テープで貼りなおした擦り切れたブックレットを見せてくださいました。
 わたしの歌は 子ども用には特別に書いてないし、ブックレットの文章はまさに大人向けなので驚いてしまいました。

無垢な瞳の少女から かわいらしいお手紙をいただきました。

「わたしの好きなうたは ♪ふるさと♪森や花たちとの語らい です。」と。。

ご縁ですね。ご縁は年齢を超越しているね。

ツアーを終えて帰宅したら、そのお母さんからお手紙が届いていました。
親子ともども満足した事。来年は子ども連れで参加しやすい昼の部のコンサートを企画されたいということ。。。

ありがたいです。
d0024504_984796.jpg

さて、ライブを終了して シェアリングをしました。
満月の夜でしたが 平日なので 参加者の大半はお帰りになられて、
満月を見ながら1曲歌ったり、イカの煮物をいただいたり そんなふうな緩やかな時間の中で深夜までのシェアリング。。

星の宿のご夫婦とめぐみさん、ギターの先生をされてる男性ととてもしっくり出会いました。
d0024504_9153784.jpg

「来年もやろう!」と星の宿のご主人。
めぐみさんは 人にプレシャーをかけたくない~という気質なため、思いはたくさんあるのに チラシをさりげなく渡す事で精一杯な人柄なんですね。
 
星の宿のご主人はめぐみさんに言いました。
「あなたは事務やさん、必要な事をちゃんとやる人。。俺たちが本気で人集めするよ。。あんたが、この人を見出してるって事が、一番大事だよ。」

そして、わたしに言ってくださったのは。。
「あなたが、大切な事をちゃんと見すえているから、歌が 響いてくる。きれいな声だって、いくらうまくても 大切な事から外れていたら 響いてこない。。出会えてよかった。」

そして、星の宿の女主人(名前がまだ出てこなくてごめんなさい。。)は気持ちのいいストレートな人で、また会いたい存在感。。

また、帰りたい場所が ひとつ。。

また、行くね。。

アンソニー、今回は 話す時間がなくて残念でした。。また巡りあうときを楽しみにしてます。
今回は3人の子どもたちとネックレスを編む時間があってよかった。。 それぞれが、それぞれでありながら 分かち合える時間は貴重だね。。

恵さん いつもいつも 心からありがとう。
by ainohanaMusic | 2008-07-27 09:25 | 心の旅日記 | Comments(0)