愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

愛の架け橋♪

早朝5時半に、目覚まし時計が鳴った。
最近の目覚まし時計は、わたしも聴きたくなるような心地いいシンプルなメロディーが選べるようになっていて、自然な気持ちで目覚めさせられる。

目覚ましをセットするのは子どもたちで、学校に行くために彼らは 自分で起きようとする。

働き者の母(わたしのこと・笑い)は眠るのが深夜なので 子どもたちも、わたしが疲れ果ててしまわないように気遣うようになった。わたしが、自然な気持ちで取り組んでる事は多岐に渡り、それでもひとつひとつに心を込めるので 時間が不足気味。朝の30分、1時間は わたしの体に必要な休養なので その心使いをとてもありがたく思っている。

さて、それでも、布団の中から
「八星、起きた?」と何度も声かけるのは わたしの役割。
だって、居間のソファーでまた気持ち良さそうに寝ていたりするので。。(わらい)

今日も、結局6時半には 起きて 八星の探し物を手伝った。
そして、今 朝9時。まだ、ソファーで「おなかの調子が悪いから。」と制服も雨具も着た上でおなかの回復を待っている。

この頃、次男が学校に行くのは 平均して1週間に2日くらいになってきた。
わたしは 「学校に行ったほうがいい。」とも「行かない方がいい。」とも言わない。

「行ってもいいし、いかなくてもいいんだよ。八星が毎日を 良くても悪くても自分で選んで しっかり味わって 自分の人生を生きていくことが大切だよ。ただ、前の晩には決めて欲しい。周囲に遠慮しないで自分の1日をしっかり生きてね。」と言う。

よく働き、自分の学びたい事も見つけている八星の体と表情は、学校に行った時より家にいる時の方が見るからに充足している。「家にいる時の方が100倍も楽しい。」と、彼は言うが、
「学校に行かない。」とは言わない。
ストレスがあっても、「行きなさい。」と言われてないのに 週に何日かは行こうとしている彼の意志。なにがいいかは誰にも分からないので、そんな彼を丸ごと応援するわたし。でもこの頃は、行こうとしても おなかが痛くなるようだ。

人生はずっと、選択の連続だから、そんな迷いの朝があっても いいと思う。
周りと違う選択でも、自分の体と心をちゃんと感じ取れるようになること、すべての体験は必要があって通過してる大切なプロセスだよね。

****************************
さて、昨日は やっと2枚目の畑にサラダ菜ミックスとカブ、とうもろこしの種を蒔きました。
今朝、庭に草取りに出たら、夜のうちに雨が降ったみたいで一面が濡れていました。。

不思議。

2003年から畑を始めて わたしは苗を植えたり種まきしても、水播きした事がないのです。水やりは、お天気任せ。 種を蒔き、苗を植える他は、収穫の時に草取りするくらいで、ほったらかしの畑。。なにもしない。それなのに。。実り豊か。

種播きしたあとは タイミングよくいつも雨が降ってくれる。この頃になって、不思議だな~、ありがたいな~と感じ始めました。

畑は、わたしからでなく
「この畑、使いなさい。」と、先方から申し出てくださって(いつもとなりのおじいさんです)、必要な事を先方から教えてくださるし、畑が一杯になると 「こちらも使いなさい。」とまたまた 別の方から即座にお話があるのも、ほんとにありがたい。後押しされてる感じです。
d0024504_9571387.jpg
d0024504_9573924.jpg
d0024504_958745.jpg
d0024504_9582824.jpg
d0024504_958573.jpg

1年半前に亡くなった誠さんが亡くなる前の2年間、
『今朝 夢の中で 有里が聴いた事もない歌を歌ったよ。』
と 朝 暗いうちにおきだして 夢の中で聞いた歌を書き起こす日々が続いていました。

その中に♪愛の架け橋という歌があるのです。

やっと、この歌が、ほんとうのことだと、日々の暮らしの中で 伝わってきましたよ。

誠さん、そして目に見えない精霊たち。。。
信じられないくらいの豊かな畑の実りは
あなたたちからの贈り物なんだね。。

ありがとう。豊かな実りに感謝です。

♪愛の架け橋

満天の星がまたたく夜に 畑の中で眠りについた
やすらかな子守唄のような静かな川の流れ

たくさんの大きな愛がわたしを支えてくれる
畑に実る 豊かな実りがわたしに話しかけてくれる

大丈夫 大丈夫 子守唄が聞こえてくる
大丈夫 大丈夫 ゆっくりお休みなさい

美しい心をつなぐ 愛の架け橋
大丈夫 大丈夫あなたは 守られている
大丈夫 大丈夫 ゆっくりお休みなさい
d0024504_11193257.jpg
d0024504_11181374.jpg

by ainohanaMusic | 2008-07-03 10:26 | 心の旅日記 | Comments(0)