愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

屋久島から九州へ。そして我が家。

10日ぶりで、長野の我が家に帰ってきました。
d0024504_1331526.jpg
トマトの苗がぐっと大きくなり、オクラ、大根、人参、春菊、とうもろこし、ジャガイモの芽が出てきています。やっと、霜の心配がなくなりました。
 
今回のコンサートの最終地は長崎は南串町のお寺でしたが、そこはジャガイモの特産地。収穫の真っ最中でした。こちら長野は、冬は凍るので畑はお休み。たまねぎ以外は すべて春からがスタートです。暖かい地方では年に2回の収穫なんですねえ~。豊かなんですねえ~。なんだか驚きました。

寒い地方では、冬になる前に残さず収穫し漬物を大量に漬けます。
 土や海の恵みに生かされて自給的に暮らす場合、どんな気候や風土にも、知恵深く適応してゆくんですね。これからの時代は、それぞれが「この地球の上で自分の足で立つ。」という感覚で、自分で食べ物を育てる人たちが増える~とわたしは思っています。その上で、誰にもコントロールされないバランスの取れた豊かな表現をしてゆける人たちが増えることでしょう。
d0024504_132823.jpg


さて、この10日間でなんと9回のコンサート。屋久島では、美しい海や川で泳ぎ、海がめの産卵にも出会え、山へも登りました。3年ぶりに再会した親しい友人たちと、お互いの存在を確認。新しい親友もできました。宮崎、小倉、長崎では、それぞれのコンサートの主催者との絆を感じとりました。唯一空いていた28日にも島原の精神病院でのライブが入りました。ライブもそれぞれによかったのです。願いをたて、預けるということを実践したら、ほんとに充実した10日間となりました。
d0024504_13284086.jpg


今回のコンサートツアーは、3月の始め「5月の満月の夜、屋久島の海辺で歌が聞きたい。」という願いのこもったメールをいただいて、その願いに応えようと、自分なりに願いをたてて他の地域にもコンサートの企画を打診してツアーがアレンジできました。
d0024504_13292892.jpg


たくさんの宝物を心にいっぱい受け取っての帰宅です。
どんな宝物をいただいたかは、また後日書きますね。
by ainohanaMusic | 2005-06-01 13:34 | 心の旅日記 | Comments(1)
Commented by momo_yukari at 2005-06-01 18:00
ゆりちゃん、おかえりなさい♪
素晴らしいツアーの日々だったようですね。ゆりちゃんの音色が広がって行くのね、嬉しいです。
長崎の方から今朝連絡が入りましたよ。ありがとう。