愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

チェンマイでの濃い日々③

さて、ゲストハウスまで迎えに来てくださったうさぶろうさん、ゲストルームに案内してくださりつつ曰く
「あんまり人を泊めないんですよ。プライベートは選んでますからね。」

そうですよね。うさぶろうさんほど、顔が広ければ みなさんを受け入れていたら大変なことになってしまいます。。けれど、わたしとしては 今回は 彼のお仕事や、生き方に触れられるように、身近に滞在できるといいなと思っていました。それを察したのでしょう。ひとつの出来事を越えて、これからを調整中の今。わたしには まだ備わってないなにかをお持ちの方の側にいるだけで そのエッセンスは流れ込んできます。ありがたい2日間でした。

この夜、うさぶろうさんのお仕事のパートナー、ソムヨットさん、寝具や草木染の衣類や小物を作っているみゆきさん、有香ちゃんに、旅の途中の二人が加わり8人での夕食。うさぶろうさんは 誰に対しても等距離、細やかであたたかいんですね。2004年も感じたのですが、スタッフとの関係も とてもいい。彼の作られてる草木の衣類は特別だなあ~といつも感心してるのですが、人との関係や、素材との関係が細やかで確か。それがそのまま息づいてるのですね。安心できます。

翌朝、ソムヨットさんとうさぶろうさん わたしたちの4人の朝食。八星に随分 いろいろ教えてくださるお二人でした。ソムヨットさんは僧侶として、家から離れて修行している多くの若者のお世話もしているようです。食事前のお祈り、気持ちいいです。

さて、午前中は溜まってしまった洗濯などを済ませ、午後5時に うさぶろうさんやスタッフのみなさんにささやかなミニコンサートをさせていただく約束をして町に出ました。すると、昨日 出会ったばかりの あきこさんから電話。お互いの用事が終ったら会わないか?とお誘い。。もちろんです!わたしも ゆっくり話したかったので。。でも、あんまり時間はないな~。
 わたしは 行きそびれていた二つのお店に走りました。お土産として決めていたものがあったので。すると、今度は有香ちゃんから電話。
「近くにいるんだけど、会わない?」
有香ちゃんには、結局あき子さんのいるところまで車で送ってもらい、(有香ちゃんが来なかったらたどり着けなかったかも?)あきこさんと30分ほどお茶しました。

話途中で 時間になり、彼女は自転車でミニコンサートに駆けつけました。

ミニコンサートは わたしが日本語で話すと、うさぶろうさんが英語に直し、英語の分かるスタッフがタイ語に約す~というすごく ありがたいものでした。
言葉が分からなくても 音楽は響きますが、やっぱり意味が伝わると違います。

うさぶろうさんの詩の朗読も聞かせていただきました。すごく響いてくる。いい時間でした。

コンサートが終ったころ、有香ちゃんが真弓ファミリーを連れて合流。

この夜は満月。
うさぶろうさんに誘っていただいて、みんなでお寺ワット・ジェッド・ヨードに出かけました。
この夜は、マカブーチャ(万仏祭)
お花とお線香とロウソクを持ち、祈りながら本堂の周りを3周歩きました。
お釈迦様の説法を聞くために、申し合わせたわけでもないのに1,250名の使途が集まってきたことを記念した日。わたしたち一向も申し合わせたわけではないのに こうして一緒に裸足で歩いている。なんだか、ありがたい美しい満月の夜でした。
d0024504_1252490.jpg
d0024504_125445.jpg
d0024504_1261359.jpg

このあと、マクロビアンの真弓ファミリーも食べれるようにベジタリアン料理の充実しているホールアースで夕ご飯。YちゃんNちゃんがレストランで盛んに食べている姿を初めて見ました。うさぶろうさん、ありがとう。そのあと、また素敵なカフェへ。。夜は更けてゆきました。

2月22日はバンコクへ。午前中、うさぶろうさんたちの建設中の住まい&仕事場、憩いの場所へ寄らせていただきました。川の流れる穏やかな田舎に広々とした土地。生活の場所と仕事場、祈りの場所、そしてみんなが憩える広いスペースが点在して建設中でした。いつか わたしも あんな広々としたスペースに 仲間たちと仕事や暮らし、憩いのスペースを作っていきたいな。人は 一人では生きていけない。豊かな自然と、そして信頼し合える人や物との関係性が確かな仕事や暮らしを築いてゆく基礎になってゆくのだと思います。
 
一人ひとりに あたたかい配慮をくださった うさぶろうさんに感謝です。

このあと、バンコクで1泊、そして23日の午前中 日本に向かう飛行機に乗りましたが、
真弓さんたちと2回 タクシーを乗りあったとき、可笑しくて 嬉しかったな~。

わたしが英語で運転手に話しかけるのを、真弓さんが情感をこめて 運転手さんの顔をしっかり見ながら 日本語で念押ししてくれる。基本的に タイ語しか分からない 運転手さんだからね~。英語も日本語も同じようなものです。ハートで語りかけたら伝わるからね~。すっかり、旅なれて心を開き たくましくなった真弓さん。一緒に旅ができてよかったよ~。
d0024504_1455611.jpg

YちゃんもNちゃんも、また会おうね~。
by ainohanaMusic | 2008-03-02 01:02 | 心の旅日記 | Comments(0)