愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

新春コンサートツアー②京都宮津

1月28日 天心快でのコンサート&シェアリング、片付けを終え、その夜 泊めていただく 大阪は箕生のかなやんの家に向かったのは 深夜1時。ウメちゃんを送ってから目的地に着くまでの間に ナビが袋小路の小道に案内し、大きな車体はUターンができず 縁石で思い切り車体を傷つけてしまった。疲労が出てくる深夜、分からない道で迷うと ほんとに辛い。体力には限界があるんだ~と思いしらされる。
 ほんとうは 主催のゆうちゃんの京都の家に泊まる予定だったのだが 出発直前 29日のコンサート主催者のあまねさんから丁寧なメールをいただいた。「雪の心配もあるし、京都の街中は混むので、宮津に出るのに時間の短縮を考えて せめて大阪に泊まって欲しい」と。。
 そこで、ちえちゃんが ライブの主催でもなくお客さんでもなかったかなやんさんの家を泊まりをお願いしてくれた。。深夜2時、迷いに迷って かなやんと同じ建物に住むひろちゃんとたけさんに電話。ひろちゃんが 小道の多い箕生近くのナビをしてくれることになっていた。
 
身が縮む思い。。こんな深夜に電話するなんて。。でも、どうにもならない。。一生懸命勤めるのだが迷惑をかけてしまう。。。非常識だなあ~という感情は当然わたしにも相手にもあり、それでも丁寧に気持ちよく対応してくれたたけしさんありがとう。深夜に失礼しました。待っててくれたひろちゃん、そしてあたたかいお風呂とお布団を用意してくれたかなやん、ありがとう。。

翌朝、あまねさんの心配(雪でスピードが出せなくなるんじゃないか)があり、とにかく早く出発して現地で休んでくださいというので 6時半に起き、7時に出発。道は問題なく、11時までに着く予定が朝9時半には着けると分かったので、途中で1時間仮眠しました。とにかく休めるところで休まないと 体が持ちませんからね。休むのも仕事のうち。現地に早く着いても 初めてお会いする人たちが、準備してくださっている中で眠ることは難しいのです。。

10時半に到着。
スタジオ樹は 気持ちのいい 明るいスペースでした。
ネットで出会った主催のあまねさん、初めて出会うスタジオ樹の植田さん、お手伝いの石山さん
この3人のバランスが ほんとにいいんです。
会場設営、リハ、お弁当を食べて、ライブ、シェアリングを終えて休憩 そして夜の部のコンサート、片付け、それから石山さんの料理を食べて和む~解散は深夜12時 そんな一日の流れの中で3人への信頼と親しさが増してゆきました。
d0024504_21234757.jpg
d0024504_2124265.jpg

また、お昼の部で 大浦さんとかえるさんというお二人連れの男性との出会いが面白かったです。わたしより年長のお二人が盛んにいろいろ教えてくださるので圧倒されて、シェアリングが いつもと違う感じになりそう、と危ぶんだのですが、水晶のハートの石とチベタンベルを鳴らし祈ってからサークルを始めたら とてもいい感じで聞き入ってくださるのですね。そしてハートから話してくださる。大浦さんは石笛を吹かれ、宮津の聖なる場所にも通じておられるようで きっとまた 季節を変えて再会しそうな気がしています。

今回の旅は いろんなタイプの精神世界に通じる男性と出会えて 面白いかったです。いつもは、出会いのほとんど女性。男性の中にも歌に共鳴してくださる方が出てきたのは嬉しいです。

さて、翌朝は 思い切り寝坊。
コンサートを聞きに来てくれた 初対面のももちゃんと同じ部屋で 彼女は7時には起きて 朝食をいただいているのを知っていましたが、休むときに休まないと、事故を起こすので 9時半まで寝ることに勤めました(笑い)

あまねさん、植田さんが朝10時には 真名井神社に案内していただくことになっていたのです。
9時半に起きてゆくと 植田さんの義理のお母さんがおいしい朝食を出してくださいました。
お味噌汁も、煮豆も、野菜もみな飛び切りおいしいのです。すごい愛情がこもっている。
お料理が大好きなお母さんは、ときどき老人たちのためにお料理に出かけてることを知りました。
「お年寄りに 音楽も届けたいですね。。」
そうポロリと言ったら、お母さんの目が輝きました。

そう、ずっと思ってることは料金をいただくコンサートができ経費や必要な経済が回るなら せっかく地方まで行くときには 自分ではコンサート地まで行けない お年寄りや障害を持つ方や施設などの慰問もできたらいいな~
施設やホームに入ってる方ばかりではなく、そこで働く方たちも一緒に聞いてくださって、シェアリングもできて日常に目に見えない変化やふくらみが生まれるお役に立てたらいいな。

さて、みんなと真名井神社へ。
美しい波動の整った場所でした。
最後に神社の本堂の前で挨拶をしたら、
「うれしいうれしい」という言葉とメロディーがこぼれ出てきたので ささやかながら奉納しました。
また、来ることになりそう。
d0024504_22123787.jpg
d0024504_2213169.jpg

天橋立を見下ろせる丘まで行き、自然の中でセミナーハウスや喫茶、広いスペースを素敵に整えている場所にも行きました。次にここに来るのはいつになるかな?
 あまり遠くないうちに行きたいです。あまねさん、植田さん、石山さん、大浦さん、かえるさん、植田さんのお母さん、、みなさんのことが あったかくハートにあります。愛がいっぱい。そんな感じ。


あまねさん ありがとう。
一人との出会いが こんなに広がるなんて。
あまねさんと わたしは どこか似ているようですね。

植田さんに言わせれば
「心配で手伝いたくなるタイプ」だそうです。

宮津からは、福井経由で 長野に帰りました。
へえ~こんなふうに道はつながってるのか~
方向音痴のわたしが こうして縦横無尽に日本を走り回って ちゃんと目的地まで時間までにたどり着いてるのは不思議ですね。

あまねさん、植田さん、石山さん、ももちゃん そして来て下さったみなさん ありがとうございました。
by ainohanaMusic | 2008-02-03 21:30 | 心の旅日記 | Comments(0)