愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

めぐり巡りて①~11月コンサートツアー報告~神戸、奈良、吉野

11月11日から26日まで 2週間に 長野から関西、山陰を巡り 広島を通って 最終地は四国は松山まで 12ヶ所を巡るコンサートツアーを 一人で車を運転し 敢行した。

このコンサートツアーは きっと わたしが一人で地に足をつけてミュージシャンとして、いやミュージシャン以前にひとつの魂として、この地上でのお役を喜んで生きるひとつの節目になるだろう~と感じていたけれど~巡り巡りて 出会ったのは 誠さんが この世を旅立つ その瞬間の「愛に生ききった姿」でした。

運転、設営、リハーサル、心を込めての2時間のコンサート、シェアリング、撤収、主催者の家で休み、また 移動 の繰り返しの中で 人の心に 寄り添い、自分の心の奥をシェアしながら 魂から歌い、移りゆく紅葉の美しさの中を運転する その最中に 腑に落ちていなかった出来事と謎が 突然に解けたりするんですね。

あ~、そうだったんだ。
誠さんは、最後の最後まで わたしを探し、そして炎の中で 観音さまにすくいとられて逝ったんだ。

わたしの中の観音と 光の世界の観音の住まう場所。そこはひとつ。

だから、今もつながっている。

不思議な不思議な めぐり愛。
d0024504_12142048.jpg

さて、やっと 2週間の一人旅を報告させていただきます。

********************
11月11日 長野を出発。一路神戸へ。
5月の兵庫のお花畑コンサートで出会ったゆみあさんが声をかけてくださって、初めて「神戸スピコン」の講師として2時間弱 歌わせていただきました。

広い会場の中 たくさんのテーブルが並び、精神世界に通じるグッズやセッションが行われていました。わたしもひとつテーブル(ブース)をいただいて とりあえず「夢を織る家」の草木染とヘンプアクセサリー、CDを並べました。知り合いが5人。。久しぶりに再会する彼女たちは、それぞれにヒーリングのブースを出しているんですね。お店をほったらかしにして 涙を流してハグしてくれた友人と しばし時を過ごしました。
 そのあと、その日の講師でセドナから来ていたメディスンマンのアダムが ブースに来られ「夢を織る家」の草木染の上着とわたしのCDをインスピレーションで、速攻で買っていかれました。
 面白いですね。
「そのうち、セドナに行きますよ。また会いましょう。」と名刺を交換しました。
これも出会い。

ライブは、広い会場の隅の開放された中2階の部屋で たくさんのブースの並ぶ会場からざわめきは流れてきますが、人の通行はなく それなりの集中はできました。2~30人の方が集まってくださったかな。
会場に入るのに みなさん入場料を払っているので 気になるお店も あったかと思うのですがほとんどの方が 最後まで聞かれて ライブが終了しても 立ち去らなかった5人と シェアリングをしました。その中のお一人は 赤穂の普門寺のコンサートにも来られました。雑踏の中の出会い。 出会いは 奇跡です。 

撤収を終えて、大阪のももちゃんに電話。この夜のお泊りは 彼女の高層マンション。
今や、9人のスタッフのいるヒーリングスタジオの代表で、夜9時になっても仕事の終らない彼女の打ち合わせを聞きながら 夕ご飯。それでも会えて嬉しいね。深夜に近況を報告しあい就寝しました。

12日は奈良は柳生へ。
バイオリンをお借りしていた友人の出した珈琲焙煎のお店に立ち寄りました。
バイオリンをお返しして、おいしい珈琲をいただきました。
あ、これおいしいな~と思ったら リトリート用に長野にグラインダーと珈琲豆を贈ってくださいました。すごく ありがたいですね~。

夕方 柳生のRUPAに到着。
この日は RUPAのおいしい夕食と、今井てつさんの即興ピアノ、わたしのうた そして深いシェアリング~という 一晩でリトリートの醍醐味を味わおう~みたいな企画が偶然にたちあがり ほんとうに濃い時間を共有することが できました。

わたるくん、直ちゃん、てっちゃん、みつゆきくん 来て下さったみなさん ありがとね。
深夜1時に、やっとクロージングができましたが 一人も帰らなかったね~。思い出深い夜になりました。シェアリングの輪の中でしっかりパフォーマンスしてた子どもたち 不思議な調和。一人ひとりが本気で自分に触れるとき こどもたちも ちゃあんと子どものままで 輪の中にいるんだね。
d0024504_132652.jpg


13日、お昼前にRUPAを出て、目指すは吉野。
ちょっと、一息入れようと 寄ってお店がハーベストクラブというレストランで 席に座ったとたん、親しい感じが湧き上がってきました。心の病を持つ人たちが楽しく働いているレストラン東京は調布の「クッキングハウス」と、なんだか似ています。

食材も自然な感じ。テーブルの上にコンサートの案内がありました。
「わあ~、ここでコンサートしたら とっても良さそう。。」
会計をしたときに、そのことを話してみました。
エプロンをした子どもみたいな笑顔のおじさんが、嬉しそうに聞いています。
CDを車から 持ってきてお店に 置いてきました。
後から 担当者から電話がありました。
「こちらも施設としての活動をしていまして、それほど支払えないのですが わたしの家も火事で全焼しまして すでに立ち直って活動されてる吉本さんに個人的にも関心がありますので 折を見て是非 コンサートをしましょう。」
と、言われました。

これも出会い。奇跡ですね。

さて、吉野のコンサートは まだ一度もお会いしたことのなかったゆかさんとネットで出会い、彼女はすでに友人を通じてわたしのことを知っていて、通じるものがたくさんあったので実現したコンサートでした。
d0024504_13241176.jpg

ほとんど初めてお会いする方ばかり。30人弱くらいだったかな?初めてのシェアリングに涙されながら いい時間を分かち合えました。

この夜は、コンサートには来れないけれど、是非泊まってください~と声をかけてくださった安田さんのお宅にお世話になり、翌日はオフだったので すすきの美しい場所で 散策し 土の上に座り込んで話し込み うどんをたべ ここでも 出会いがありましたね。

ありがとう、ゆかさん、安田さん。
安田さんのおかあさんの素朴さ おとうさんのかっこよさ。。。ご近所の方たちまで歌を聞きに集まられて。。素敵な空間でしたよ。本應寺にも訪ねてくださったんですね。ありがとう。
by ainohanaMusic | 2007-12-28 13:04 | 心の旅日記 | Comments(2)
Commented by rupa-ajia at 2007-12-28 22:30
有里さん、ありがとう。
シェアリングに続いて、共に一夜を過ごして迎えた朝、素晴らしかったです。
朝の光で、有里さんの歌、とても響きました。
その流れのなかで、朝の奏奈人の写真、我が子ながら、かわいい!
Commented by 有里 at 2007-12-29 00:55 x
ほんとに柔らかな笑顔だな~安心して直ちゃんとわたるくんに育てられてるだなあ~と、改めて写真を見てた今日でした。
 シェアリング。。
さまざまなシーンがよみがえってきます。
みつゆきくんの ハープに涙がこぼれそうでした。。
また、行くね~。