愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

だから わたしは歌う

9月8日
なんだか、久しぶりのコンサート。

北軽井沢のオーガニックレストランのカフェフルールでコンサートに朝、6時に家を出発。
朝が早いので、こどもたちは前夜から元パートナーの家に行っていて、独り。
 一人の夜は、誠さんが いないことを痛切に感じ、急に悲しみに襲われたりして、まだまだ溢れる涙を流しきりました。

火事で、全てを焼失したが、焼失した物のことは まったくわたしの心を揺さぶらない。なにが焼けたか認識すらしていない。それなのに、人のいのちってなんて尊いのだろう。忘れることはないのだから。。。

涙が溢れたその夜、ひとりではないことを体の中心で感じていました。空ろではなく、まっすぐ生きてゆこうとするわたしの芯にちゃんと誠さんがいることを。前は、こんなじゃなかったな。もっと、不安だったのに。。
 今は、悲しいけれど、信じている。。わたしも、誠さんも それぞれの光の道に立っていて、つながっていること。

彼の旅立ちを心から嘆いてるわたしが、心から祝福してる。
心の表層の感じてることと、奥底で感じてること。
そのどっちを信じる?

泣いてるわたしもわたしであり愛おしいけれど、祝福してるわたしがほんとのわたし。
起きた出来事を 魂は 泣きながらでも 前面肯定している。
だからこそ、こうして日々新しいチャレンジに、向かっていける。
このチャレンジの中に 共に誠さんも存在している。
変化してゆくのがいのちだから。

人は、見えないことも見えてることも全て感じ取ってるんだよね。

これを歌の中で自分で感じ取る。。
そう、これが わたしの本心なんだね。
d0024504_0392575.jpg

1年前は、誠さんと一緒に歌ったコンサート。
一巡りして、いろんな思いの中で コンサートを企画してくれたトモちゃん、ありがとう。

歌を聞いて、その間に背中のつばさが 大きくなって困ったというなおちゃん、出会えて嬉しかった。
d0024504_0251030.jpg

「前とぜんぜん変わったね。」
「悲しみをそのまま抱きかかえて、そしてありのままに輝いてゆくっていうのが深くてね、心に届いたよ。」
「客席との一体感。地に足が着いた感じ。昨年に比べて違うのは そういうところかなあ?なんどか、明らかに誠さんの存在を感じたよ。」
「光が降りてきたの。だから写真を撮ったよ。」

台風の去ったばかりカフェフルールの庭で、夜 バーベキュー。。

翌朝は 有志で滝に行きました。
d0024504_031384.jpg

緩やかで、でも満ち足りたこのひととき。
快く、今回も全面協力してくださったnaoさん、ありがとうございました。
**************************
わたしが、コンサートをしていることに まだまだ戸惑いを感じている人もいるみたいです。

誠さんの友人と、今日 初めて長電話をしました。美しくできあがった11月のコンサートのチラシを、彼のお友達にも渡していただこうと思ったので。。そのコンサート地には、誠さんのお友達が何人かいます。

けれど、その友人は、1年くらいは 喪に服すのが自然だと感じていました。

だから、わたしの言葉を理解できないようでした。コンサートそのものもとりやめにして、喪中の挨拶に、したらどうか、と熱心に諭されました。

『自分のことしか、考えていない。』と言われました。

そうだよね。その友達の嘆き悲しみ。。誠さんのことを、深く深く 思ってくださってありがとう。

でも、わたしも、毎日毎日 彼を感じてるよ。
わたしの感じ方は、理解は できないかもしれない。でも、わたしの感じ方で追悼しているの。。

わたしは、どうも不器用みたいで、彼が死んでしまった~そういうふうには、上手に 距離をとれないの。わたしも彼も、日々 変化して行っている。それを、本心で 感じているの。

変化するのがいのち。

この世のいのちが輝けば、あの世のいのちも輝く。

出会ってみたいと思います。。

何度も。

何度でも。

誠さんを通して、全てのものと もっと一体になれること。

目の前に見えなくても すべては存在してること。

言葉では、うまく伝えられない。

だから、わたしは歌う。

深いところで揺すぶられてる何か。

それは、あなたの深いところと共鳴して、きっと わたしたちは

忘れていた大切なことを思い出すだろう。

それを、信じてる。
by ainohanaMusic | 2007-09-13 00:32 | 心の旅日記 | Comments(2)
Commented by unigiri at 2007-09-17 00:40 x
こんにちは。
そうですよね。できることを、するのが、思い、だと思います。
いっぱい
Commented by ainohanaMusic at 2007-09-18 13:06
ありがとう。。
理解できない人も いる。

でも、精一杯 想いを込めて できることをしていくね。