愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夏のリトリート2007 新しい家の契約、そして豊丘村へ

昨年12月6日、10回のリトリートを満了した自宅「観音道場 遊里庵」が全焼。
10回のリトリート企画運営のよきパートナーとしても活躍していた誠さんも光の世界に旅立った。 あれから8ヶ月。。

思いもよらず、8月6日に、東伊那に古民家を購入することになり、前日から来てくれていた本應寺のゆうちゃんと一緒に、午前中に駒ヶ根の不動産にて契約を済ませ、同日 夏のリトリートのスタッフるみちゃんを駒ヶ根の高速バスのバス停でピックアップして、新しい「観音道場遊里庵」に電気、水道を通し、7部屋のうちの2部屋を掃除、畳を干し、布団を買い、家開きの一夜。

この夜、可笑しかったのは、みんなで温泉に行った帰り、畑や山の夜道を迷ってしまい、なかなか新しい自宅に帰りつけなかったこと。山すそ、畑にそびえる神社の鳥居が車の前に「ぬっ!」と現れたときは、「呼ばれてしまった。。」となんだか、怖くなり、こどもたちも含めて真剣に帰路を探し、しっかり、道を覚えました。。

そして、翌日7日には、10日から始まる「夏のリトリートの」場所としてお借りした豊丘村の飯島へ向かった。東伊那の新居から車で2時間弱。松川インターから1時間弱。人里から車で15分くらい離れた廃村にある川の流れの聞こえる自然のまっただなかにある古民家を、今回はお借りして「夏のリトリート」。
d0024504_14305830.jpg



新しい自宅は、これから協力者を募りつつ本格的なお掃除と改装に入り、ここでのリトリートは秋から予定しています。赤松の美しい山の懐に抱かれ、12畳、10畳、10畳、8畳、8畳、6畳の7部屋にプラスして2階建ての蔵もあって、ひろびろと気持ちのいい家です。秋のリトリートの日程は近いうちにお伝えしますので、是非 いらしてください。
 
また、古民家お掃除&改装リトリートを通常のリトリートとは違う形で(参加費ではなく知恵と経験、労働力を提供していただく参加の仕方)企画しますので、希望者はメールでお知らせください。こちらは少人数でじっくり 長期と短期をおり混ぜて考えています。

*******************************

今回のリトリートは、わたしにとって未知なる人たちに、未知なる土地をお借りして、不確定要素を抱合しながら直感を信頼し導かれた結果、今まで以上に完全なる調和にいたった深いリトリートだった。参加者大人10人、こども5人。スタッフ大人5人、こども3人、命のフロンンティア(場所提供協力)から、大人3人。合計大人18人、こども8人 合計26人のかかわりの中で豊かな時を過ごしました。未知なる要素も全てが、光のサークルを支える要素となり、働いてくれた不思議なリトリート。。今もまだ、光のサークルが心をあたためてくれている。。

そして、姿の見えない守護者が一人。ずっと、光の誠さんの働きがあったことは、きっと参加者もスタッフも感じているはず。

川辺に近い野原でのクロージングサークルで、わたしの頭に大きな葉っぱを落としたのはだあれ?
d0024504_14314542.jpg


d0024504_14322525.jpg


少し、長くなると思います。

何回かに分けて報告させてくださいね。

d0024504_14392688.jpg

by ainohanaMUsic | 2007-08-20 13:36 | ライブ | Comments(0)