愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夏のリトリート&いのちのフロンティアin坂島

家の購入が決まった翌日、(このいきさつは、今日書いたもうひとつの日記を読んでください)高遠から車で片道2時間、夏のリトリート予定地の豊岡村の坂島へ1泊2日で準備に行ってきました。八星と、スタッフのえこさん(指田さん)と、現地スタッフ(命のフロンティア)のゆうとくんと4人で、豪雨の中、疲労困憊するまで働いてきましたよ~~。

実は、夏のリトリートの開催地については、迷いがありました。
せっかく、広い家が決まったのだから、そこへみんなを迎えたらどうだろう??と。

坂島の家には片道2時間かかります。
生活水は山水だけなので限られているし、必要なものは運び込まないとなりません。
自分のスペースでないところでリトリートを開くのは、昨年の夏、久高島のリトリート以来。
借りた場所でリトリートするのは、その場所に馴染んでいないリスクがあります。

でも「坂島」という既に廃村になった静かな山あいの古民家の静けさ、すぐそばを流れる川の穏やかさ、風光明媚な光りに満ちた空間は、忘れがたい魅力がありました。夏のリトリートは、川にこだわりたいなあ。。こどもたちの歓声が川から響き渡ってる。。大人も子ども心をとり戻し、水と戯れる。。
d0024504_14314321.jpg

10日の夜、エコさんから電話。
「有里さん、明日、集中豪雨警報が出てるけど、行くの?」
「え~、知らなかった。もちろん、明日しかないからね。大丈夫だよ。予定どうりで~す。」

雨の中、道に迷いつつ、現地に到着。
わあ~。やっぱり間違いない。この場所は素晴らしい。。来年の夏も、ここかもね~。

「過疎を逆手に取る」という本を執筆し、日本中の川を取材して歩いたことがあるというエコさんが、「ここはすごい。川が膨らんでいるじゃない。。美しいわねえ。」
と涙を浮かべて、感動してくださいました。
光満ちる場所。
d0024504_14405098.jpg

使えるようになってる1階は、畳の部屋が5つ、板間がひとつ、ゆとりを持って宿泊するには少し狭いなあ~~。
物置になっていたワンフロアの2階を大掃除。。
八星とゆうとくんと3人で奮闘しました。
とてもとても広い会場のできあがり。泊まることもできるし、こどもたちの隠れ家にもなるスペース。
夏のリトリートまでに、古畳を入れ、障子を張っていただけたら幸せ。。
いのちのフロンティアの吉田さんに、お願いしました。

そして、お風呂炊きのリハーサル。
この家には 家の中に五右衛門風呂がひとつ、外にドラム缶風呂がひとつ。(こちらには、3方向に覆いを張る予定)
d0024504_14503351.jpg

ネックは、少ない水量の沢水が、1本のホースから出ているだけなの。
その水量では、風呂釜には直接登る力がなくて、なんと!風呂の水を桶に運ぶだけで数時間かかり、(バケツにためては、運ぶ)その間に沸かし始めていたお風呂はかんかんに熱くなり、これをうめる水をためるのに数時間。。。。。

エコさんの奮闘は、、夜まで続きました。

なんとかならないだろうか???
スタッフがお風呂を炊くことだけに5~6時間奮闘してたら、リトリートが成り立たない。。
どうしたらいいんだろう。
川には、ふんだんに水が流れているというのに。。。

そして出た結論は、豊かな量の川から水を引くこと。できれば、台所に。現地のゆうとくんが、チャレンジしてくれることになりました。
こちらは、お風呂やお皿洗い、沸かしてお料理に。
生水で使う遠くから引いた沢水は、流しっぱなしにしないでコンテナーかプールにためる方式に。

リトリート当日まで、間に合わなければ、風呂水は参加者&スタッフみんなで川からバケツリレーで運ぶと早いし、面白いかも。。。

夜、エコさんの奮闘して沸かした沢水も薪風呂は気持ちよかった。。

いのちのフロンティア主催の吉田さんご夫婦と、塾生の19歳のゆうとくん、福井から来られた家族、わたしたち一行が夕食を囲みました。犬2匹、ヤギ2匹もいて、なんだかにぎやか。そして、うたい、ゆうとくんを残して、フロンティアのみなさんはお帰りになり、川の流れの響く山の家で眠りに着きました。

翌朝は、エコさん、ゆうとくんと3人で勤行とシェアリング。
もう、夏のリトリートが始まっている。

雨の切れ目を縫って、川原で石を焼き、ナチュラルサウナをたてる平地をならし、骨組みを作る竹を切りましたが、めちゃくちゃ豪雨になって、びっしょり濡れて家に引き上げました。着替えを用意してあってよかった!!
d0024504_1515077.jpg


続きは、8月6日から。

八星が、おばあちゃん、おじいちゃんに会いたがっているので、あさって15日から焼津に行ってきます。


18日には帰宅し、19日には本應寺のお上人に東伊那の家を見ていただき、20日にピアノのシーナを迎え、21日は飯島の風の谷絵本間でコンサート。22日はシーナと二人でレコーディング。

そして、25日には、東京でベースの水野さんと初音あわせ。26日から8月4日までは九州コンサートツアーで屋久島まで行きます。

8月6日からはリトリートの準備に入り、10日からリトリート。

すべての要素が有機的にパズルのように あるべき場所に はまって行くようです。それにしても、ちょっとぎりぎりだなあ。(まことさん、たのみますよ~~。。)すべてが無理なくつつがなく。。

夏のリトリート。。すごい楽しみだよ。川原でのナチュラルサウナ、バーベキュー、焚き火。キャンドルシェアリング。沢山の体験が待っています。こどもたちが遊ぶのにも最適の環境、広がり。。竹林の向こうに草地の広場。。。時間の流れが違うんだよね。

夏のリトリートの場所の最寄り駅は、高速バスでは高森駅、電車(飯田線)市場駅、最寄インターは松川インター。送り迎えが必要なので、これから みなさんと調整に入りますが、みなさんも下調べしてくださいね。10日の正午~午後2時くらいには近場まで来てください。

参加者&スタッフの持ちものは。。
懐中電灯、水着、履き替えようサンダル、着替え(洗濯機はないので、洗濯するなら川で。。)虫の苦手な方は虫除け。オプショナルもありますし、夢をおる家の衣類やCD,アクセサリーも展示しますので、いくらか余裕を持って。。

今までの文章だけだと、この場所の魅力は伝わらないかもしれませんが、
夏のリトリートの開催地として今のところ「坂島」が、ベストの場所かな。。
自然の持つ柔らかさと広がり、光りの満ちた場所です。

待ってるね。

そして、九州地方のみなさん、もうすぐ行きます。
待っててくださいね~~。
by ainohanaMusic | 2007-07-13 14:25 | 心の旅日記 | Comments(0)