愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

一歩 踏み出す その勇気


1週間ほど前、痛む手が急に心配になった。

毎日時間を見つけては、包帯に巻かれた手でギターの弾き語りに取り組んでいるのだが、なんだかツッパリ気味の手の甲の皮が伸びなくて、
「もしかして、このまま固まってしまうの?」 と ドキッとした。

必ず元どうりになる~~という思い込みに似た確信を持って、手術をせずご縁と直感とに任せ、光線治療にテルミー治療、さまざまな軟膏や自然薬を試しては観察している。順調に変化してきたが、なんだかこのまま固まりそうな気配だった。

ちょうど、不安がつのった頃に パソコンの不都合を直しに来てくれた多才多忙の友人に珈琲を入れながら そのことを 話してみた。

すると、夕方にはフィリピンの「護膚霊」という軟膏を届けてくれた。これが、とても効いて皮膚が柔らかくなり、なおかつ日々治ってきている。友人の友人が、時々、フィリピンへ行くときに必ず買ってくる常備薬らしい。気になって、友人から分けてもらい、わざわざ持ってきてくださった。それほど高くもない。タイミングを外さず届く、ご縁からくる治療法や治療薬に守られて、わたしの手も自在に動くようになるだろう。
 
東京にある火傷の専門医も、軟膏で直す。それをつけると肌が固まらず柔らかくなって安心なのだが、1週間に3万円もかかる軟膏なので完治するまでに まだあと数ヶ月はかかるので、このところは、他の取り組みをしていた。

ありがたいなあ。
わたし、火傷専門医になれるくらい人体実験もして その効果を検証。どの薬がリーズナブルなラインなのか~その辺も分かるようになりました。

ゆうちゃん絹のやわらかな布地を送ってくれてありがとう。今は、軟膏を塗り、絹でくるんでから包帯を巻いています。ゆうちゃんの 優しい気持ちが伝わってきたよ。
d0024504_13342082.jpg


さて、このごろ野外に心が惹かれます。
それで、八星と二人であちらの川原、こちらの川原へと夕暮れ時を過ごしに出かけました。
どこの川原にも、あるあるいろんな表情の石ころたち。

そして、川上を見るとなんだか懐かしい。
これからやってくる世界が、懐かしい。

気持ちよかったね~~。
また、気持ちいい場所探そうね。
わたしと八星の共通の楽しみになりそうです。
d0024504_13345841.jpg
アマチは、昨日は中学校の球技大会。
帰るなり賞状を見せてくれました。

「最優秀選手賞」

バスケット、本当に好きで、実力もついてきたんだね。
ほんとに良かった。
********
さてさて、このごろわたしは自分のあたらしいパートを、受け入れようとしています。
それはね、ライブ活動で誠さんにまかせっきりで無知だった分野をわたしがマスターすること。

手始めに、PA(音響)機材の購入から始めているのだけど、これが最初なんだかさっぱり分からなくて、友人に質問メールを何回も送りました。わたしに必要なPA機器を、今やっと注文できたところです。

それで、今度はその使い方。調整の仕方。静岡の友人の家まで習いに行きます。

そしてまた、録音(レコーディング)機器を手に入れて、その使い方をマスターすることも考え始めています。
これは、とてもハードルが高いです。機械音痴のわたしには、そう、簡単ではない気がして。日常を運営しているお母さんで、ライブ活動を運営し、ライブをするミュージシャンでもあるわたし。時間が足りるだろうか?

でも、わたしが、それをマスターすれば、いつでも誰とでも、自分のペースでレコーディングができる。時間に追われるCD製作を したくない。じっくり、何度でも取り直したい。

もちろん、得意な人にお任せするのもいい。より、いいものが安心してできるから。これは、出会いの必然が運んでくること。わたしのうたを愛して、本気で取り組んでくださる方との出会い。

自分でもやれるし、適任者に任せることもできる状態に、気持ちは一歩、踏み出しているよ。
***************
それで、機械音痴のわたしは、考えるだけで、このごろ緊張気味なのです。
できなかったらどうするの?
手に負えなかったら?

でも、やってみようかな。
今は、そう、思っています。

ローランドVS2000を手に入れようかな、と思っています。(安く譲ってくださる方がいましたら連絡してくださいね。)
誠さんが愛用していたのはローランドのVS840でしたが、5人でいっぺんにレコーディングしようとするとトラック数が足りませんでした。

自分でも努力しますが、
これを使いこなしてる方で、わたしに伝授してくださる方がいたら、よかったら 教えてください。
そんな人がいたら、ほんとにありがたい。天の助けです。(笑い)VS2000を使ったことがなくても、機械が得意で、マニュアルを読み解いてくださる方でも、助けてくれたらありがたいな。

そんなことを思いついたおかげで、誠さんの昔の職場「尚美学園」に電話をしました。同僚で、誠さんもいろいろとレコーディングについて教えていただいていたというM先生と電話で初めてお話し、一度東京で、お会いできることになりました。自分が取り組もうとしていることの概要が、まずは、掴めますように。

VSを持って、あの人、この人、たくさんのミュージシャンの音を拾い集めていた エネルギッシュな誠さんの姿。あの姿がとても愛おしい。

よかったら、誰か、教えてね~~。

また、4月以降のコンサートの企画が 全国各地ご縁のある場所で始まっています。
今は なにより、力づけられます。

ありがとう。

3月18日は 名古屋の願王寺で、復帰第1回目のコンサートです。
主催者、関係者たちと日々メールのやり取りをして、もう始まっている感じです。
とても、楽しみです。
是非、いらしてくださいね。(お問い合わせ先 052-413-0810 スペースDELPPHI)
d0024504_15232456.jpg

by ainohanaMusic | 2007-03-08 13:31 | 心の旅日記 | Comments(0)