愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

春のリトリートへのお誘い

【春のリトリートへのお誘い】

今日は、4月14日から始まる「春のリトリート」へのお誘いをさせていただきます。
少し長くなりますが、よかったら読んでくださいね。どんな思いで、どんなことをやっているのかを感じてくださると、とても嬉しいです。

リトリートは、「魂の家族」「光のサークル」を形成し、魂の中心からつながり、循環してゆく「世界」を起こしてゆく動きのはじまりとしてささやかながら始めました。「ほんとうの自分」と出会うことで「ほんとうの繋がり」と出会ってゆきます。「ほんとうの自分」が立ち現われ、中心を感じながら人生を歩いてゆける。たったの4日間の体験が、なぜか、その後の人生を変化させてゆきます。自分の奥深くを感じれるようになると、ゆっくりとであっても、起きることも変化してゆくんですね。今まで参加された方々からのフィードバックでは、この変化はずっと続いています。
d0024504_16202489.jpg

来られる方が今後たくさんいることを、わたしは知っています。でも、「リトリート」とはなんなのか、知る方はまだ少なく、腰を上げるのが難しいことも、わたしは知っています。始まったばかりのリトリートの素晴らしさ。それを、みなさんにお伝えして、是非「光のサークル」が力強く育っていくように祈っています。すべては、今、用意されています。あなたが来られるのを待っています。是非、いらしてください。
*********
リトリートというのは、英語で直訳すると「隠遁(いんとん)」です。いつも、目の前のことの対応に追われる繰り返しの日常から離れて、自分の魂の滋養になる時間を、自然に恵まれた場所で過ごすのが「リトリート」。自分の心や人生を深く感じる時間を自然の中で過ごすのがリトリートです。わたしも、世界各国のリトリートを参加者としていくつか体験しました。

わたしの家でのリトリートのやり方は、他では見たことがありません。サンプルになるものも、ありません。そこは私自身の暮らしの現場であり、歌が生まれる現場であり、来られたあなたも、スタッフも、みんなありのままで深いところで「ともだち」になってゆく場所です。ちっともファンシーでなく、ゴージャスでもない。でも、一過性のものではなく、ずっと続いてゆく始まりが、ここにあります。このリトリートの青写真は、わたしの魂の奥にずっと存在していました。こうしたら、人は本当に「目覚め、つながることができる」という「指針」の存在を胸に感じていましたが、これを始めるには、まず自分の生き方、暮らし、人との繋がりが整わなくてはならない。あたため、学び、時が来て、今、導かれるままに始まっています。
d0024504_16205335.jpg

我が家のリトリートの核になるのは、「コンサート」「シェアリング(分かち合い)」それから「自然に調和した祈りのある暮らしの現場」です。わたしのこどもたちの育つ長野の古民家であるわたしの家、暮らしの現場にみなさんをお迎えします。みなさんのお泊りするお部屋は、子どもの部屋だったり、祈りの部屋だったり、レコーディングの部屋だったり。みなさんのお食事を用意したり、子ども達と遊んだり、薪のお風呂を焚いたりするスタッフは、わたしのお友達です。彼らもまた、「心のチューニングのためのリトリート」を裏方として支えるために、みなさんが来られる前に、スタッフだけのシェアリングや祈りの時間やミーティング、前準備をします。自分の感性を働かせ、コミュニケーションしつつ、参加者が安心して自分の心と体を解放できる場を支えていく「現場」でスタッフも成長してゆきます。

リトリートのプログラムは、その時のインスピレーションで、柔軟に進めています。重要なのは、参加者の心と体が解放できるように、個々が自由でありながらつながれる流れを具体的に整えることです。
今まででしたら、1日目は、みなさんが来られたら、まず、お部屋に案内し、お茶をいただいてリラックスしてから、オープニングサークル(始まりの輪)を開始します。心をこめてウェルカムソングを歌い、そして、みなさんが夫々に、「なぜjここに来たのか」を話しつつ自己紹介をします。夕方、温泉に浸かり、さらにリラックスして帰宅したら、スタッフの心のこもった手料理が用意されています。夜は、キャンドルコンサートとキャンドルシェアリング。いつもそうですが、持ち歌の中から、その場で選ばれ歌われる歌は、その時に決まります。話される内容もそうです。インスピレーションは明確にやってきます。歌を聞かれて、リラックスした気持ちで、ろうそくを囲んで、今度はみなさんが語る番になります。
d0024504_16212840.jpg

二日目の朝は、スタッフの手料理、おいしい朝食をいただいてから、我が家の勤行(祈りの時間)をみなさんと分かち合います。南無阿弥陀仏(思惑を超えた偉大なる光に全託します)という、マントラは、とても力強く、リトリートをも導いてくれるようです。朝、歌う歌のインスピレーションが降りてくるときもあります。そんなときは、朝から数曲歌ったりします。二日目は、たいてい自然の中を歩き、その後、それぞれの気づきを交換します。この日は、天気がよければ、午後、野外でコンサート。昼ごはんも外で食べます。夕方は、薪で焚いた山の清水のお風呂に順番に入ったり、オプショナルワークショップで、ヘンプ(麻)とビーズのオリジナルアクセサリーを作ったり、ヒーリングを受けたり。焼き芋や、薪割りをしたこともありました。今回、初めてスタッフをされるむちゅうさんも、もしかしたらカードリーディングなどのオプショナルを提供してくださるかもしれません。
夜は、またキャンドルシェアリングですが、このあたりから、夫々が思いがけなく「語るつもりもなかった、気がつかなかった重要なこと」を語り始めます。みなさんは、わたしも含めて外の世界の対応に追われ、本当の自分の「魂」を安心して感じ、開く機会を、あまり持っていないので、どこか滞っていたりします。「神性」に触れ始めるまでに2日くらいかかったりするんですね。涙、笑い、震え。輪に集ったみんなが、どんな話をも全身で聴く。話す人が「真実の言葉」を語りだせるように支える心の輪は次第に整ってゆきます。

「魂」が語りだすと「真実の言葉」が、その人の人生を開いてゆくことになります。本来、言葉は「力」を持っています。人の輪の中で獲得したボディ、マインド、スピリットの統合と共にこぼれだした「言葉」。断片的な言葉であっても、誰かの心の真実を開く鍵になる「言葉」。一人が自分の体裁をすてて、その人の真実を語り始めると、空気が変わります。場が変化します。そして、みんなが「自分の真実」を語り始め、その絆は、一生変わらぬものになるのです。ありのままの姿で愛し、愛されてる絆。5回のリトリートで、なによりも豊かなギフトは、この「絆」の実在感ですね。リトリートがやってくるたびに、「魂の家族」が増えてゆく。毎回、なにがおこるか分からないリトリート。でも、絶対に大丈夫。来られた人の魂そのものが、光となって導いてゆくのが、「観音道場遊里庵」のリトリートなのです。
*******
d0024504_16221184.jpg
リトリートは、その後3日目、4日目まで続きますが、全部を語るととても長くなりますので、このくらいの紹介とさせていただきます。
私自身、数日前、自分の心が深まる大きな体験をしました。それは、まさに「冬から春へ」。「雪解け」です。みなさんの人生は、今、どこにありますか?

桜が開花する頃、長野のわたしの家「観音道場 遊里庵(ゆうりあん)」に是非、足を運んでください。
まさに「今」、「雪解け」を感じる方、「春」を心に迎えたい方、是非いらしてください。偶然ではありません、必然の出会いが待っています。

春のリトリート詳細 http://amanakuni.net/yuri
申し込みは3月28日までにお願いいたします。参加を決めた時からリトリートは始まります(気づきを深める偶然の一致が始まります。

【♪4月14日~17日 長野は高遠町 観音道場 遊里庵(ゆうりあん)有里の自宅で吉本有里とその仲間たちによる春のリトリート♪】
心のチューニングのための3泊4日~繋がりの中で自分自身を知る~
コンサート、シェアリング、瞑想、自然の中でウォーキングメディテーション、心のこもったおいしい食事、ボディーワーク、薪のお風呂、温泉
*今回はアメリカから地蔵カフェのシェフむっちゃんがスタッフにきてくれます。http://jizocafe.blog9.fc2.com/
《日程》 4月14日(金)午後2時半までに現地集合17日(月)午後3時解散(バス停、電車の駅まで送り迎えいたします)
《料金》 大人45000円 こども9000円(宿泊、食事、コンサート&シェアリング、ワークショップ、お迎え、託児すべての料金を含む)*オプショナルワークショップ&ヒーリングは別
《スタッフ》下村誠(ミュージシャン&ヒーラー)むちゅうさん(地蔵カフェ、お坊さん、カードリーディングなど多方面で活躍中)みどりちゃん(きめ細やかな優しい人)
《申し込み》3月28日(火)までに申込金5000円をお振込みください。振込先 口座名称:愛の花Music 番号:00530-3-41882
残金は来られる前にお振込みください

♪観音道場 遊里庵♪

心に沁みる声がある 心を照らす光がある  見上げれば 山々が 輝いている 見上げれば星たちがまたたいている

心をひらく言葉がある 心育む 愛がある 見上げれば鳥たちが うたっている 見渡せば花たちがささやいている 

手を合わせ心を合わせて 祈りの中でひとつになって 輝いた 輝いた 涙のしずくが

溶けてゆく 溶けてゆく 慈しみの愛に つつまれて  観音さまの手のひらで   (2006,2,18)
by ainohanaMusic | 2006-03-19 16:16 | ライブ | Comments(0)