愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

観音道場 『遊里庵』(ゆうりあん)

11日に、東京は本應寺のお上人に誘っていただいて、名古屋へ行きました。
初めてお会いする方々の誕生パーティーで、誕生日の方々に合わせて、お上人が歌詞を書き換えた「生きているそれだけで素晴らしい」の替え歌を、歌ったのです。

「生きているそれだけで素晴らしい」は、2003年4月12日に生まれた歌です。長野は高遠町の過疎の村に移り住んで10日後、隣人が自ら命を絶ちました。とっても素敵な男性で、そこまで追い詰められてるとも気がつかず、信じられない出来事でした。でも、彼とわたしは、共通する気分を感じていたことも確かです。わたしも、彼と同じように、山のような仕事が思うようには、はかどらなくて、心は鬱々としていました。元パートナーと別れ、シングルマザーとしての暮らし、日本の田園での暮らしが、スタートを切ったばかりでしたからね。彼は、海で写真を撮る自由な暮らしから、田舎で家族、役職を引き受けて、自給自足を目指す暮らしを始めて2年目でした。

彼が命を絶った夕方、わたしは学校を休んだ次男の八星と、畑を耕していました。やらなくてはならないことは山ほどあるのに、土を黙々と耕す、そのささやかな営みが幸せそのものであることに突然気がつきました。子どもの心に寄り添う~時間がとられるなあ~と思っていたのに、そうではない。そこに、幸せがある。そして、夜、こどもたちの寝顔をみながら、♪生まれてきてくれてありがとう♪の1番と2番が出来上がったのです。
 そして、翌朝、玄関に崩れるようにして報告に来た孝子。彼が亡くなったことを知りました。

「どうして死んでしまったの。生きていて欲しかったのに。なんにもしてあげられなくて、ごめんね。」と、わたしは泣きました。おきてしまった出来事を、信じたくない、信じられない。でも、事実が目の前にありました。

「まだ有里の歌を聞いたことがなかったから歌ってあげて。」と、気丈な孝子に求められるまま隣家に行き、彼の亡骸に、「歌」を歌いました。泣いてしまっては歌は歌えない。歌い手としての真価の問われる場面でした。その直後、 3番と4番がでてきました。

♪ありがとう。生まれてきて出会えてありがとう。ありがとう。君は君のままで素晴らしい。生まれてきたそれだけで素晴らしい♪

********

2年前の夏の断食道場で、『有里、ハッピバースデイの歌だけじゃつまんないから、そのに前なにか 歌ってくれ。』とお上人に頼まれ、『生きているそれだけで素晴らしい』を、お誕生日の方に合わせて歌詞を書き換えて歌ったら、誕生日の方の瞳から涙があふれました。
♪ありがとう。生まれてきてくれて。ありがとう。君は君のままで素晴らしい♪
と、本気で歌われると、誰もが泣いてしまうのです。

お上人は、月に1回のお寺のお誕生日会のたびに、自ら、替え歌を歌っては、たくさんの方を泣かしてこられたようです。
『この歌をうたってあげるとね、みんな泣くんだよ~。』と。

そして、今回は、歌の原作者を~と、わたしは、お誕生日の歌をうたいに名古屋まではるばる出張したのです。(笑)
****
とても、いい出会いでした。きっと、これからも名古屋で歌う機会が あるんじゃないかな。

さて、それは置いておいて、その夜は温泉へ1泊し、 その翌日はわたしの家にたどり着き、ゆっくり過ごしました。

そして、次の朝、我が家で、勤行。本應寺で初めて出会った「勤行」を本應寺の住職が我が家に出張して導師をしてくださっている。なんて、ありがたいこと、と思っていたら、お上人 が振り向いて言いました。
『この観音さま(掛け軸)は有里に似ているなあ。この掛け軸は、来るべくして、この家に、来たんだなあ。 この場所の名前を思いついたんだけど。「観音道場 遊里庵(ゆうりあん)」はどうだろうか?」

実はお上人は、今まで わたしの音仲間のバンド名を2回、提案してくださったことがありました。命名してくださろうとする時は、とても嬉しそうな顔をされます。

でも、バンド名は、誠さんの夢に登場した(未来生の)わたしが「サークル・オブ・フレンズ」と伝えてきていたので、そちらにさせていただきました。

そして、今回は、ありがたく命名をいただきました。

観音道場 遊里庵(ゆうりあん)

リトリートを始めて以来、この家で何人の方々と一緒に祈り、闇と光を浴びてきたことでしょう。

また、この家もまた、わたしが引っ越してくる3年前、大家さんのご主人が人身事故を起こしたことを苦にして、自ら命を絶った辛い出来事があったんです。ですから、この家が「観音道場」と名前をいただいたことは素晴らしいですね。隣の孝子の家も「フリーキッズビレッジ」として、役割を果たすことで家が光ってきています。まだお会いしたこともない亡き「ご主人」や「彼」が、今では光になって守護してくれている、闇から光への展開、懐の深さの感じられる家々なのです。

お上人は、自然木で看板を書いてくださると言ってくださっています。
 
そして、「~観音道場 遊里庵の建立展開にあたりて、仏日はるかに照らし~と本應寺の展開祈願の中にちゃ~んと、この家を入れてくださいました。

わたしは、仏教徒でも、キリスト教徒でもなく、はたまたトルース教徒でもありません。わたしは、いったいなにものなのだろう?ひとつひとつのご縁が、わたしを支え、ありのままのわたしでありながら本質で繋がってゆく。ご縁をいただくたびに、ありがたく、大安心の気持ちです。これを、生かされてゆく~と言うのでしょうか。

さて、今週末からは、本應寺主催の「小食道場」に1週間行ってきます。栃木にある愚静庵(ぐじょうあん)という自然の中の道場です。今回は10歳の八星が、『八星も行きたい。』と最少年齢の参加者となり楽しみ。風邪が早く治りますように。

我が家は、ただ今、こどもが二人とも寝込んでおりま~す。
by ainohanaMusic | 2006-02-15 19:31 | 心の旅日記 | Comments(4)
Commented by kakko-777 at 2006-02-16 19:00
有里さん。。。
いつも、心に響く・・・深遠なるメッセージとブログシェアリングをありがうございます。
「遊里庵」・・素敵ですね!!本應寺のお上人さんとは、一度だけ面識がありますが、素敵な方ですよね。有里さんの周りに集まってくる方々は皆さん光り輝いていますね。
有里さんがいつも愛と勇気と努力で・・・全身全霊で前に突き進んでいる、そんなお姿に惹きつけられているのでしょうね。。。ス・テ・キ☆
天地君、八星君、お大事にしてくださいね。
Commented by Clareyuko at 2006-02-18 10:17 x
まだ見ぬ観音道場 遊里庵。。。。
そこに集まる方々、可愛い子どもたちの愛があふれるひとときが目に浮かぶようです。
いつか、、、子どもを連れて訪ねていきますね★
たくさんの愛を連れて
Commented by 有里 at 2006-03-01 10:37 x
kakkoさん
こんにちわ。
小食道場から戻りました。
ほんとに少しの食べ物を、200回かんでいただいた日々。
我が家の台所には、たっくさんの食材が豊かだなあ~とあまり買い物もせず楽しんでるこの頃です。

3月10日から、またコンサート再開です。
埼玉はふじみ野市にある天然酵母パン&マクロのレストランで11日、コンサートですよ。よかったらいらしてね。049-265-0525アルクトゥルス
Commented by 有里 at 2006-03-01 10:41 x
クレアゆうこさん

ゆうこさんは女神様だけど、観音さまでもあるね。
今年のどこかで、本應寺のお上人の念仏&法話とコンサートのコラボレーションを遊里庵で企画しようと思っています。

案外、近いうちにね。
その時、あるいはいつでもおいで。

リトリートもほんとにいいんだよ。
ゆうこさんは、もしかして後半、泣きっぱなしになるかもしれないよ。