愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

気がつかない父 言わない娘

11月9日、岐阜から静岡へ。

四時くらいには着けるかな?途中で父に電話を入れた。電話の向こうの声は、少し元気になっていてほっとしたが、
「自転車で魚を買って来ようかな?」というので、わぁ!とんでもない!!
あわてて
「わたしが買い物して行くからお父さんはゆっくり待ってて!」と伝えた。


父は86歳、一人暮らし。

ツアーが始まって間もなく、「11月9日に静岡へ行くよ。」と連絡を入れた。3種間前くらいだろうか?
父の声に力がなかったので、体調が悪いのがすぐに分かった。
痛風が出た・・ということで、足が腫れて痛くて這って歩いているとのこと。「ご飯は食べれてる?」と聞くと、
「食べて力を出さなきゃと思うけれど、寝ていて一日一食くらいになってるかな・・」と。

コンサートツアーは、南をぐるりと回るから、静岡へ飛んで行くことはできないので、姪と近くに暮らす知人に状況をメールして、できれば行ってもらえるように頼んだ。すると、姪からも知人からも「大丈夫そうです。」と返信が来たが、父が自分の体を慎重に観察しながら自分のやり方でサバイバルしているのだろう~とわたしは感じた。病院を嫌い、人のお世話になることも極力避けたい父は、いのちの時間を精一杯自分らしくあることをなにより優先しているように見える。

そして、もしかしたら、それが一番本人の生命力にもいいのかもしれないけれど。

でもベストの状況は、そんな父を理解して、さりげなく日常をサポートする父に寄り添うことを楽しめる人がいてくださることだなぁ。
見渡して、今のところ、その条件にあう人は わたししかいないので、なるべく3~4日滞在できる日を見つけると、静岡へ行ってるのだけどね。

今回は、まつのき農園さんから出演依頼があって、ありがたいタイミングで行けたんだ。

d0024504_21051417.jpg
父の家に着くと、しばらくそうだったんだろうな・・カーテンは閉めてあるし、庭には柿がたわわになっているが鳥も満腹になったのだろう、熟して垂れ下がった柿たち、ゆずもたわわ、とるひとのいない庭は、でも愛の空間、孫やそのまた先の子どもたちのことを考えて選ばれたであろう果樹たちを植えた父と母の眼差しが感じられた。

さて、着いたら わたしは大忙し。

部屋の空気を入れ替え、掃除をして、お風呂の水を変えて、薬用風呂を作り、料理をして 温熱療法(テルミー)を施す。
しばらくお料理らしきものを食べていなかった様子なので、味噌汁から始まって、歯が悪い父が食べやすいように、サラダも温野菜。
痛風だが、肉と魚が大好きなので、ひき肉を少し入れた中華風炒め物など、父が喜びなおかつ柔らかい野菜をたっぷりの献立。

しかし、いつもと違うのが、わたし左手首を骨折していて、基本片手。
やたら時間がかかるんですけど・・・。

そして、冷蔵庫をあけて驚いたのが、父は自転車で刺身を買いに行ったんだ!!わたしでも自転車で30分くらいはかかりそうな車通りの多い道を、86歳、痛風が治りきっていない父が・・・。

お刺身の塊を切る。刺身をおさえてる左手がスナップが効かないので、手のひらを刺身に向けることができず、手の断面でお刺身を押して動かないようにおさえる。

でも、わたしより、父の方がサバイバル度が高かったと感じるので、わたしは自分の骨折を伝えたいとも思わないし、父も気づかない。
d0024504_21060780.jpg
味噌汁を満足げに飲み
「しばらく飲んでなかったけど、味噌汁が好きだなあ。」と父。

夜は、わたしは爆睡。
10日午前中は、車の荷物の整理、洗濯、ご飯の支度、父は薬用風呂にゆっくりつかりました。

父にわたしは保護手袋をした左手を隠すことなく動き回っていたのですが、父はわたしが片手を骨折していることに最後まで気がつかなかった。そんな父に、子ども時代ずいぶん傷ついた。父は、気がつかない。父は父の独自の世界の中で「研究者」として生きていて、心配する対象は唯一、病弱な母で、子どもについては まるで関心外に見えた。

子どもが、関心の対象外になっていることも、子どもの心中を察することがないことも、起きてることを気がつかないことも理解できなかった。

今は 父を理解できているので、傷つくことはなくて、逆に、大丈夫かな?と心配することが多々ある。


父に求めることがなくなり、してあげられることはなんだろう?と、やってあげたいと思う自分になれたことで自分自身が救われた。父が、文句ひとつ言わず、わたしや妹を希望の大学に行かしてくれたこと(学費や生活費を送ってくれたこと)にとても感謝している。父は苦学生で、自分で働きながら大学院まで行ったので、その苦労をさせたくないと、学生時代の学費と生活費は惜しみなく出してくれたのだと思う。

******

そして午後は、11月11日の 松の木農園祭りの打ち合わせでした。
d0024504_22191233.jpg
これが、楽しかったの。
ほんとにラフな打ち合わせで(笑)

スタートは11月11日11時11分 ちゃっきりさんの太鼓と真理子さんの踊りでスタート
ステージは松の木の下

集合は8時

出演は2回、
最後に 大地を踏みしめてとマイムマイムの踊りあり
後半は 45分ちゃっきりさんの即興+わたしもちょっとボイスで入る 15分 わたしのうた  真理子さんの踊りは コスモスの真ん中
d0024504_22274289.jpg
とても とても愉快な仲間。

さあ、本番は如何に?

by ainohanaMusic | 2017-11-15 21:49 | 心の旅日記 | Comments(0)