愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

八星の誕生日に寄せて

ここ数日、八星のことが思い出され仕方なかった

d0024504_21222175.jpg

もう大丈夫、と思っていても 波のように記憶がありありと蘇り、
なぜ死んでしまったのか?と 変わることのない過去を、丹念に調べてみたりするのは
一緒にいたいという「想い」が今も、なにも 変わらないからだ。

ありありと思い出すその不思議な記憶の波にさらされていないときは、彼への思いをさりげなく「祈り」にしている。
いつどこにいても、あの世とこの世に別れても、幸せでいてほしい、満たされていてほしいと願う親心。

ここ数日は、わたしが八星のことが大好きだったというリアリティーにさらされた。
おなかに宿ったときから、水を感じる存在だった。
d0024504_21234976.jpg
          (毎日食べきれないほどの美味しい野菜を畑からいただいてます)

優しくサラサラとした柔らかな それでいて とても繊細で過敏なところがあり、よく体調を崩していた。

わたしは、彼は、半農半音楽で自分の能力を生かして自然の中(遊里庵)で生き方を学び取ってゆくことがいいので、なにも問題を感じていなかったが、彼は ある人物から、大人になるには、母親の元を離れないといけないと、ささやかれ続けていたらしく、出ることばかり考え、方法が分からず悩み、それが心身に影響を及ぼし、わたしは、そのことに全く気がつかず、うかつだった。

八星の家出の背景を読み解いてくださったのは、宮古島のユタさんたちで、その縁を導いたのは、天に還った八星だと、最近、伝えてくださった方がいた。真実を知ることで、無用な悩みを抱えないように・・ということだ。

いきさつはどうであれ、家出をして2か月は 独立資金を得るために、山小屋でのバイトをした八星は、美しい自然に出会うことができ、彼はたくさんの写真を残した。
d0024504_21242433.jpg

ところで、最近、次のCD制作の準備段階として、ひとり多重録音を始めている。
そして、昨日は3曲目で、「君はなぜ?」を撮りかかっていた。
八星への率直な想いのうた。

そして、今日 八星の誕生日なので、
八星が映した貴重な写真を携帯から取り出して歌とあわせたらどうか?とインスピレーションがやってきた。
それが、なによりの八星の誕生日のプレゼントになるのでは?と閃いたの。

八星が、体験した美しい世界を みんなに手渡すことができる。
八星は、母の気持ち みんなの気持ちを受けとめることができる。
双方の気持ちがつながるスライドを作ることにしたの。

波にのみこまれさらわれるようにして、誰も予測しなかった「死」に至ったことも、
その家出が、潜伏していた「洗脳」から始まったとしても、

それは、かけがえのない八星の「体験」で、ぎゅっと濃縮されて、自然界の美しさと出会えた時間もあったことに わたしは救われた思いがした。

美しい写真と動画に、八星の澄んだ瞳を感じながら、彼と一緒に山や花々、雲や、空、光、木々を見ながら歌を注入してスライドショーにしました。一番最後に貼り付けておきますので よかったら 観てくださいね。

*****************************

ギター
うた
ベース
キーボード
バイオリン
コーラス すべて 一人でやって、さいごに志織ちゃんのスキャットが加わりました。

ベースは つい先日初めて触ってみたのです。
誠さんの遺品であり、それを使った八星の遺品であるベース。
d0024504_21232297.jpg

キーボードは八星の遺品。

両方とも、まだ弾き方は分からないのですが頑張りました。

機械の操作、ミキシングも まるで分からなくて四苦八苦。
志織ちゃんとマニュアルを何度も読み直し、本を買ってきて、一歩一歩。
d0024504_21224437.jpg




八星 生まれてきてくれてありがとう💛

そして、ご縁をいただいた みなさん ありがとう!!



そして!! もうすぐ一周忌

◆八星の一周忌を行います。よかったら 長野の遊里庵にこの機会にいらしてください。◆
 八星が生きたかった人生を みなさんとつながって作ってゆけたら幸いです

八星一周忌の祈りとコンサート

場所 遊里庵 駒ケ根市東伊那  アクセスは個々にお知らせしますね。 高速バスが便利です。
時間 14時~15時 祈りの時間(お寺式)
   15時半~17時半 コンサート
料金 コンサート 宿泊 送迎など、  封筒をお渡しするのでお志をお願いいたします

申し込み(お知らせください)090-4535-4776 ainohana@air.ocn.ne.jp(有里)


by ainohanaMusic | 2017-09-08 21:08 | 心の旅日記 | Comments(0)