愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ツアー9日目 西念寺の落慶法要でうたう in 香川

25日、岡山のすみれの家を夕方出発し、温水プールで泳ぎ 体調を整えてから、香川へ。
夜8時ころ、到着すると、落慶法要の準備でお寺はにぎわっていた。
西念寺でのコンサートは、3回目。でも、前夜から泊りの人々でにぎわう準備は初めてでした。
d0024504_22421252.jpg
150年ぶりに再建したという法然堂
d0024504_22423378.jpg
翌朝は、檀家さんと信者さんの二回に分けて、法要とコンサート。まんのう太鼓の奉納演奏もありました。
d0024504_22445908.jpg
西念寺は、法然上人が讃岐に流されたとき、最初に滞在されたお寺。現在もなお信仰心の厚さ、清まった空気を感じられて、
演奏できることが とても光栄でした。東京は、本應寺の住職と同じ師について学ばれたということで、儀式のやり方が共通していて、愛海ちゃんとびっくりして、顔を見合わせて「同じだ~~!」(笑)
d0024504_22510881.jpg
演奏は1時間を2セット、アフリカンドラムの三好東曜くんと愛海ちゃんと3人で勤めました。
東曜くんは、ヤギを飼い、畑、田んぼをやりファーマーズミュージシャンで、いま現在の人生体験についても 分かち合えるものがあり、
たのしいひと時でした。
d0024504_23513524.jpg
d0024504_22543089.jpg
みんな凸凹でいいのさ♪を歌い終えたとき、前方に座っていたおばあちゃんが、大きな声で、「けんびきとんだ!」と叫びました。
そのときは、意味不明だったのですが、けんびき=風邪だそうで、最高の誉め言葉だそう。うれしいですね~
静けさ(わたしのうた)激しさ(東曜くんのドラム)がバランスされてて、集中しやすかったのでは?と思います。
d0024504_22581964.jpg
27日、高知へ出発。
2回目の出会いというお泊りの家族を、ハグして熱い想いで見送る修薫さん、住職、
見送りに駆けつけてくれた東曜くん。
家族のよう・・。

大切な時間を声をかけていただけて、作り上げたひと時。ご縁に感謝です♥

by ainohanaMusic | 2017-03-29 23:05 | 心の旅日記 | Comments(0)