愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ツアー二日目 星の王子様(後編・コンサート)

3月19日 ハーブカフェ 星の王子さま
午後6時から コンサートの始まり。りゅうせいさんの挨拶、そしてこの日から 愛海ちゃんの新たなパートに、
音響操作が加わりました。
d0024504_09221410.jpg
星の王子様では毎日、わたしのCDをリピートして流してくれていて、この日、ヘンプワークの間に、「帰ろう」が4~5回、「竜神さま」が2回くらいかかっていたのです。それが 毎日のことらしくて、わたしは 星の王子さまに足を向けて眠れません。日本は広いけれど、そんなスポットがあるとは!!ありがたくて涙がでます(笑)

ほしの王子様の おひめさま まあやさんが「わたし、一角獣のうたが好きなの。」と言ってくれて
歌わないわけにはいきません(笑)

それでね、一角獣のうたが生まれたいきさつをお話しして歌いました。
その世界がみんなの心に深く沁みとおり、時空を超えて一角獣と共感、ひびきあいが生まれて 何人もの方に 涙が流れました。

一角獣は 中世のヨーロッパで、森の奥ふかく 森の守りびととして不思議な力を備えゆったりと暮らしていました。
森に迷ってきたかわいい女の子と仲良しになったことで、村人に その存在を知られた伝説の一角獣は、追われる身となり、
ある日、たくさんの追い手に囲まれて、殺されて 天と意思を通い合わせていた 大切な角を 不老不死の薬と思い込んだ人たちの手に渡り薬にされてしまいました。

不思議ないきさつで出会った友人の一人が その一角獣の過去生を記憶していて、その物語を聞かされた翌日、誠さん(10年前に亡くなったパートナー)の夢に出てきたわたしが、ペガサス(殺された一角獣の未来生)と一緒に、誠さんの夢の中でうたった歌が この歌です。

このうたに流れている根底のメッセージは、不思議な力は あなた自身の中にある。外に追い求めること、迫害することをやめて、自分自身を愛してね・・というものだと わたしは感じています。

CD帰ろうの中に収録されていて、裏ジャケットの絵は 天に旅立った友人Booさんの作品で 一角獣の世界を描いています。
d0024504_09215067.jpg
そして、コンサートの後半になって・・・奈穂ちゃん 真弓ちゃんが登場。ほんとに和らぐ。
d0024504_09005053.jpg
そして ハーブティー(飲み物)を飲みながら わかちあい。一角獣のうたで感じたことを話してくれた方が多かったのが驚きでした。
みんなのなかに一角獣がいるんだね。
d0024504_09404984.jpg
涙と笑いの一日 すばらしい時空をありがとう。

妖精や珍獣、精霊が 自分やみんなの中に存在していることをいつも 思い出させてくれるこの場所、ご縁に感謝だなぁ~。

by ainohanaMusic | 2017-03-25 09:42 | 心の旅日記 | Comments(0)