愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

新年 いろいろ

年が明けて、4日まで アマチと その彼女とわたしと 猫のきいなと暮らす。
わたしが 大切にしていること、祈りと瞑想、シェア、暮らしは、誰が来てもその場所が まるくなるように
場を整える魔法であるが、家族以外の誰かが そこにいるとき、その本来の意味が分かりやすく家族にも伝わってゆくような気がする。

二日、3人で昨年の畑の片づけをした。いつになくあたたかいお正月、まだ土も凍ってない、おひさまがあたたかくって。

野菜の株がなんとも太く凛々しく、茶色に枯れている。
トマト、豆、きゅうりの棚も、まだしっかり建っている。

枯れた野菜を抜いて、
枯れても棚に備え付けた網にしっかり絡みついている野菜のつたを取り払い、
ビニールひもを解いて、
支柱を抜き取り、
マルチのビニールをはぎとり

静かに3人で おてんとさまに照らされて 風に吹かれて作業をする。

アマチは支柱や、枯れた野菜を投げて少年に戻る。

最後はアマチの客人に、お土産に 菊芋を掘る。
「わぁー、こんなに!」「そう、いくらでも!!そのあたり全部菊芋だから。」

わたしたちには当たり前のことも、豊かさであることは、人と分かち合う時、感じられる。

午前中のほんの1~2時間の風景が、心を和らげる。

****
さて、3日の深夜から4日の午前中、びっくりすることが 立て続けに起こる。
ひとつは アマチと知り合いとの間で。
ふたつめは わたしと知人との間で。

予定の直前に、その予定が急にキャンセルになった。そのキャンセルの状況&事情が、似ていたので、感じたこと。

一日いちにちは 聖なる空間の連続。誰となにをして過ごすかで 人生の質が変わってくる。
外から見て いい(得する)ことでも 内側から見たらどうだろう。
始めに建てた 静かな計画(ビジョン)をキープすることは、魂の成長にプラスになるのではないか?

計画を変えるようなことを急に持ち込まれたとき、巻き込まれてゆく人と 巻き込まれない人がいるが、その違いは、どこにあるのだろう?

わたしは、コミュニティーをはぐくんでいこうと思っているが
自分の中心が定まり、安定した信頼できる友が一人でも存在することが 肝要な気がした。

世の中は、相対的な価値観の中で感じ方そのものが、揺れ動く。
いつも変わらぬ 穏やかさとクオリティー 心の豊かさを生きてゆく場所を作ってゆきたいな。

5日、予定は様々に変化して わたしとアマチと猫のきいなは 実家へ。
静岡について、アマチときいなを実家において、父とお茶してから
わたしは、息子さんを亡くして あまり年月の経っていない友人を訪ねました。
彼女の仕事のお休みが5日まで だったのです。
お言葉に甘えて夕ご飯まで いただいて、うたもうたい、いろいろ語らいました。

わたしと彼女の経験は、驚くほど重なる部分が多くて、癒されたのです。
母親が体験を共感しあい、癒されたとき、息子たちもまた、癒されているのではないでしょうか?

彼らもまた 似た状況の中でたどったお互いの想いを理解しあうことができる。
個々の体験、想いが、理解され 癒され 次への願いとつながってゆく。
一人一人が 自分の人生と向かい合い 再生してゆく不思議な道の上にいる。


そして、6日には 生まれて初めて産土神神社へ参拝しました。
d0024504_00281758.jpg
わたしが生まれたのは 磐田病院、生まれ育ったのは浜松市のひろさわ町です。
ひろさわ町の小さな神社で手を合わせ、少し大きめの五社諏訪神社で祈祷を受けました。

新しい年が 新しい波動の中で 始まりつながり 輝いてゆきますように
d0024504_00280188.jpg
きいなは、実家での3泊4日 とても快適そうでした。また 一緒に行こうね。

**************
1月13日(金) 八星が光に帰って100日目の祈りの会をします。長野駒ケ根市 遊里庵で。
        来れる方は 来れる時間帯をお知らせください。アクセスもお知らせします。お問合せ先 nijinouta-club★ez         web.ne.jp(★を@に書き換えてください)
        今のところ、朝の祈りと 午後1時か2時くらい、そして夜の 祈りの時間を持とうと思っています。
        
2月18日(土青梅 八星をしのぶ会&コンサート 場所 ひだまりの郷 時間 午前10時半~午後3時半 料金 ランチがワンコインで、八星をしのぶお志という形で行います お問合せ&申し込み(参加される方は事前にお申し込みください)090-5433-5477(清水)

2月20日(月)練馬コンサートです。詳細はチラシをご覧ください。
d0024504_15313446.jpg




by ainohanaMusic | 2017-01-10 14:47 | 心の旅日記 | Comments(0)