愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

年末年始

いつもと違う年末年始。

今までは、八星と一緒に迎えていた。
アマチは、今までは長野に帰省しても 1泊いるかいないか。

それが、アマチに、今年は「いてね。」と頼んだ。八星が光に帰って初めての年末年始 一人で迎えるのは辛いし、家族で再生する なにかがあるような気がしていた。

偶然か必然か、八星が光に帰る直前に、独立するために遊里庵に帰ってきたアマチ。すぐに あちこち出かけてしまう彼に、「いてね。」と頼んだ。子どもにわたしの本心を伝えたほうがいい、わたしの願っているのは、ほんとうの幸せ(成長)。探り合いながら、祈りと暮らし、アートを創る新しい日々が始まった。

30日、アマチと初めて山へ薪とりへ。
小学校以来 久しぶりにチェンソーを扱うというので、見守りつつ、アマチに任せた。
わたしは、今のところ機械類は突出して苦手。この辺は あまり頑張らず 男性に任せる。
d0024504_00262910.jpg
なかなかエンジンがかからず、苦戦してるのをじっと見守る。そのうち、コツを掴み、リズムが出てきて一安心。

大みそか、一緒に買い出しに行って、おせち料理を作る。「おせちってなに?」と聞かれて「作ったことなかった?」と、聞き返しつつ「お正月の間はほとんど料理しなくていいように、年末にある程度用意しておくの。」
暮らしの仕事の一つ一つ、今どきの若者、無理もないが、めんどうだという気持ちが顔に出ていたが、その中身に触れて、若者の感性に昔の知恵が受け入れられて、豊かさを注ぎ込まれてゆく不思議な実感がありました。
d0024504_00271125.jpg
わたしも アマチも出かけることが多いから、二人がそろっているときに 一年を通して家の仕事も、外仕事も、わたしの知ってることは伝授してゆけたらいいな。暮らしを丁寧に・・そこから 生まれるアート。

そして お正月。
わたしは、久しぶりに温水プールへ行ってきました。

この記事は フェイスブックから転載

******
【フェイスブックより】

元旦・・一か月以上ぶりで温水プールで泳ぎました。
約一ヵ月、宮古島の海で毎日泳いでいたので、帰っても しばらくプールへ行く気になれなかったの。

でも、温水プールの良さ 味わったよ

笑えるけど、リアルな 感想としては・・・・


①サメがいないので 泳ぐ前に 偵察して確認したりしなくていいのが気楽、背泳ぎもできる(海では 周りを確認しながら泳 いだので 背泳ぎは 危ないな~と感じてた)


②波がないので、水を飲むことがない


③人が泳いでるので、ここで泳いでいいのだと安心感がある


④足が着くので、連れの友達が溺れないか見張ってる必要がない


⑤ロッカールームとお風呂とジャグジーは極楽

*************

でも 一ヵ月 12月の島人の泳がない美しい海で一人で 毎日1キロくらい泳いでいて・・・

海はいつも 波や風、海の生き物を微細に感受しながら、
いのちがけで泳ぐ

なにをやるにも好きなことをやり続けるって 命がけだし、一人から始めることなんだと分かる。

塩水の浄化力 波の荒れた海の中でも 色とりどりの魚たちは
波に身を任せながら 泳いでいる。いつもと変わらない いのちの姿。

*****
プールもよし
海もよし

長野の山もよし
南の島もよし

どちらの世界も堪能したので、いつでも どちらでも暮らせる風通しが良くなったことが よかったなぁ~

******

元旦からは、アマチのパートナーが遊里庵に。
数日 一緒に暮らして感じたのは、女性とは、話がしやすいし、理解が深まりやすい。
二人がいることで、コミュニケーションの橋渡しになる感じ。母がいて、パートナーがいて、コミュニケーションが つながり無理なく深まってゆくような気がする。

そして、コミュニティーが 育ってゆけば安心だなぁ~と感じている。
同じビジョンを描ける少数の仲間と、確かな 安心な世界の基盤を 紡いでゆけたらいいな。
子どもたち、動物たち、野菜も花々も 安心して大きく育つ。きめ細やかで 安らぎと心の豊かさがあたりまえにある暮らし。


そして、2017年は、 たくさん たくさん うたい分ちあう年にしてゆけますように。

天まで届かせる響きは祈りであり、供養でありビジョン。
成し遂げられなかった思いも これから 無理なくつないでゆけるように うたい 踊り、分かち合い 暮らしを丁寧に紡いでゆけますように。

2月は東京
3月は愛知~関西~四国~九州まで行きます
4月は東北方面へ

ゆっくり分かち合い うたも たくさん聞いてくださいね。
うちに来てねという方は、早めに声をかけてくださいね。

長野の遊里庵に来られたい方も どうぞ。1月2月は 長野にいることが多いです、いらしてください。


そのときの季節の仕事を分かち合いながら 確かに出会いを深め、豊かに暮らせたらいいですね。





by ainohanaMusic | 2017-01-10 01:09 | 心の旅日記 | Comments(0)