愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

枕崎市で 想いのメモ

【フェイスブック投稿記事の転載】


起きる瞬間から、寝るまで、ずっとツアーを一緒に駆け抜けた八星、ありがとう。
九州ツアーの最終地で花束とミツロウろうそくをいただいて、さて今から 回向の時間です。

d0024504_22220456.jpg

八星の駆け抜けた21年の人生を愛し そして、今 輝いている八星を愛し、わたしと同じ・・ 母親に甘えたいのに甘えきれなかった寂しさも理解し 大きくおおきく共に歩んで行ける不思議を信頼して、

悲しみも、痛みも 受けとめて、ただただ 共に歩いて行きたいと思います。


ご縁のみなさまもまた 回向を引き続きよろしくお願いいたします。

やり方は シンプル
八星を念じながら
なむあみだぶつを唱える静かな時間です。

d0024504_22221606.jpg

【10月31日 フェイスブック投稿】


子どもを亡くすということが 母にとってどんなつらいことか体験を通じて噛みしめている。

そして 必ず通る後悔の念・・最後に会えたつかの間のうれしい再会の時、疲れて見えた。今すぐ帰っておいでと言えばよかった、あのとき・・繰り返し繰りかえし・・


そして、目の前の心をわかちあえる友に、あるがままを語り、そのひとの「胸の奥」から もたらされる 真実と 自分の真実が出会ってゆく日々。


そして 必ず 毎日 行き着くの。 いま 起きてることのすべてを あるがままに愛するという地平

いまが最幸という地平


まるで へいわの地固めをしているようだ。

古来からの悲しみを解き放つ

八星という光と共に


by ainohanaMusic | 2016-10-31 22:26 | 心の旅日記 | Comments(0)