愛の花

ainohanam.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

鹿児島での日々

10月29日、鹿児島薩摩川内 ちくりん温泉でコンサート。
ちくりん温泉では2年前のコンサートから、2回目。
ちくりん温泉の下市さんと再会してから、すぐ近くの温泉プールで泳ぎ、音響設営。
下市さんは、八星の訃報を知らなかったので、まずは、座り込んで話し込む。
そして、でこぼこのうたの 詩織ちゃんが友達と来てくれて2か月ぶりに再会。
d0024504_21313138.jpg
また、2年前に出会った男組のみなさん、変わらず同じメンバーに新たな顔ぶれも加えて再会しました。
ここは、「飲み会」もメインなため、1時間うたって なべものを囲んで飲み、 鹿児島弁で語るその声の大きさ。
(私の声は、どんなに頑張っても 自分でも聞こえない・・)
d0024504_21355315.jpg
 【詩織ちゃんのフェイスブック投稿より】

29日 さつま町であったゆりさんのコンサートにゆうきちゃんと聞きに行ってきました。CDでよく聞いてた歌が生で聞けて嬉しかったなー(*^^*)
ゆりさんとお話しできたし凸凹の歌も聞いて懐かしく感じました。
d0024504_21370732.jpg
10月30日は、枕崎市へ。
昨年、コンサートをさせていただいた海のすぐそば、静かなカフェ ラフィーユーで、
俵積田さんのお父さんの米寿を祝うコンサート💕波の音を聞きながら。
会場に行く直前に浜辺に降りて、泳ぎました。水はあったかくて、青空を見ながら 波に浮かんでいました。
d0024504_21385030.jpg
俵積田さんのお父さん 嬉しそうでした。家族に囲まれて。
d0024504_21401104.jpg
長く生きられる人も、短い人も、生きるということそのものが、すごいことだと思います。

この日は、米寿のコンサートに来ていたブログをずっと読んでくれているTさんと、たくさん話しました。
ある部分が突出して、ある部分が苦手な 多数とは違うタイプの繊細な息子さんを育てられる苦労・・
八星も そんなタイプでした。手をかけすぎてもいけないし、手放しにもできない、匙加減がむつかしい。
話しながら 八星のことが分かってきて、ああ~こうすればよかった!という後悔も出てきてしまいましたが、
学ぶのに、時 遅しということはないと 思うのです。

肉体を脱ぎ去っても、たましいは いま より近くにいるから、彼を理解してゆくことは 八星を癒し、希望をもたらしてくれています。

打ち上げはカラオケ屋さんへ。みなさん、ほんとにお上手でした。
俵積田さん、ラフィ∸ユーのみなさん、来てくださったみなさん ありがとうございました。


by ainohanaMusic | 2016-10-31 21:49 | 心の旅日記 | Comments(0)